坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

角にぶつけた小指の痛みも忘れちゃいけません。 こんにちは、坊主女です。 物を手放す時の選択肢として、 「できれば買い取ってもらい、お金に替えたい」 と思うのは当然の話です。 もちろん私も、今まで多くの買い取りサービスを利用してきました。 ただ、そのほとんどは ... 続きを読む
角にぶつけた小指の痛みも忘れちゃいけません。
こんにちは、坊主女です。

物を手放す時の選択肢として、
「できれば買い取ってもらい、お金に替えたい」
と思うのは当然の話です。

もちろん私も、今まで多くの買い取りサービスを利用してきました。
ただ、そのほとんどは「インターネットでのやり取り」でした。

<目次>


リサイクルショップに売りに行った時のこと

先日、「財布からパワーを感じなくなった」ために手放すことを決めた記事を書きました。
▶財布買い替えのタイミングって、いつ?


といっても他に手放す物はなく一品だけ。
どうしよう、と調べていると比較的近所にハードオフ系列の「オフハウス」さんがあるのを発見。
ブランド品の買い取りをしてくれるというので散歩がてら出かけました。

お店に入ると所狭しと並べられた商品たち。
そのどれもが「要らないから」と売られてきた物たちです。

お財布を査定に出し、終わるまでの間店内をうろうろしていました。
こんな物も?あんな物まで!
と、最初のうちはけっこう楽しんでいたんです。
でもそのうち、徐々に息苦しくなってきました。

物に乗っている「元の持ち主」の想い
「要らない」と言われた物たちの想い


そんな「想い」が私に襲いかかり、最後は
「早く、査定終わって!」
とベンチでうずくまってしまいました。

なぜこんなにも「要らない物」があるのか

そのお店にあった品物は、次に使ってもらえる誰かがいるだけ幸せなのかもしれません。
ですがそれを手放した人からすれば、もらったにせよ自分で買ったにせよ、
「要らないもの」に変わりはありません。

なぜそんなに要らない物を買ったのだろう。
なぜもっとよく考えて買わないんだろう。
物が、可哀想じゃないか。

そんな風に憤慨しそうになった時、我に返りました。

私だって、同じことをしている。

今でこそ、物を手に入れる時は手放す時のことまで考えるようになりました。
でもそれまではどうだったのか?

流行っているから、みんなが持っているから、安いから、可愛いから。
そんな安易な理由でどれだけの物を購入していたのか!
そして結果的に「要らないから」と手放した物がどれほどあるのか!

そう考え始めると、店内で感じた息苦しさは
私が手放した物の「想い」が襲ってきたからではないか

そんな風に思えました。

感じた心の痛みを忘れない

私のブログを読んで下さっている皆様から見れば、
私は「よくそこまでポイポイ手放せるな」と思われているかもしれません。

が、そんなことはまったくありません。
今でも「物を手放す」という作業は辛いです。
物に対して「使い切れなかった」という申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そして今回、リサイクルショップへ行ったことでよりその気持ちは強くなりました。

本当に必要な物だけを手に入れ、大切に使うこと。
ただ使うだけでなく、「使い切る」を意識すること。


お店で感じた心の痛みを忘れず、常に心に留めておきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

「引きの強い人」って、本当にいるんですよね。こんにちは、坊主女です。お財布は春に買い替えると良い(「春=張る」財布だから)。お財布の寿命は1000日。お財布にまつわるエトセトラは世間にあふれかえっています。 買い替えのタイミングもしかり。でも・・・本当にそう ... 続きを読む
「引きの強い人」って、本当にいるんですよね。
こんにちは、坊主女です。

お財布は春に買い替えると良い(「春=張る」財布だから)。
お財布の寿命は1000日。

お財布にまつわるエトセトラは世間にあふれかえっています。 
買い替えのタイミングもしかり。

でも・・・本当にそうなの?

<目次>

いわゆる「お金持ち」から頂いた財布

我が家の財布(通帳)は「家計用が1+夫婦それぞれ」であることは以前記事にしました。
▶夫婦二人暮らし。私達のお財布事情を大公開!

そして実際のお財布も、家計用としてはっきり分けて持っていました。
それがこちら。
IMG_3995
このお財布を手に入れたのは、忘れもしない2014年の暮れのこと。
当時働いていた職場の忘年会で、会長から頂きました。

その会長は毎年お正月にお財布を新調されているそう。
で、忘年会のクライマックス。
1年間使った財布に1万円を入れて(!!)大ジャンケン大会が催されました。

ビンゴやジャンケンにからきし弱い私だったのですが・・・なんと!
結婚したての「幸せオーラ」のせいか、勝ち残ったんですよ(笑)。

おかげで、会長という「お金持ち」の方からお財布を頂くことが出来ました。

「あ、もうパワーがない」という直感

それから2年と少し、この財布は大切に大切に使ってきました。
IMG_3997 IMG_3999
ね?汚れもないし角も擦れてません。

大切に使ったからか、「お金持ちから財布をもらうと良い」というのが本当なのか、
この2年間不思議と出費は減り、お金には困りませんでした。

そんなお財布だったのです。
でも、先日直感的に思ったのです。

あ、このお財布にはもうパワーがない、と。

「理由を述べよ」と言われても、ごめんなさいわかりません。
ただもう、「そう感じた」だけなのです。パワーがなくなってたんです。

だから手放しました。
最後にめいっぱい磨いて、感謝の気持ちを伝えて。

<最後に>物にある「賞味期限」を見極める力を持つ

以前にもご紹介した「お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ」の中で、
著者のKeikoさんはこのようにおっしゃっています。
物のエネルギーには「賞味期限」があるの。
一見綺麗だしまだ使えそう。
そう思っている物も、実は賞味期限切れでエネルギーがないかもしれない。
それを感じられるのは自分の「直感」だけ。

でも、そんな直感なんてどうやって磨けばいいの?

・・・ミニマルライフが、あるじゃないか。

物を手放す過程で、最終的な判断基準は
これを持っていたいかどうか
という自分の気持ち=直感ではないですか?

それならもっと自分と向き合い、心を研ぎ澄ましていけばいい。
そうやって培った「直感」が、物の賞味期限を見極める「力」になります

物の賞味期限を見極め、期限が切れた物は潔く手放す。
私はそういう風に生きていきたいな、と思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

聖子派ではなく断然明菜派でした。こんにちは、坊主女です。私服の制服化に向けてスタートを切ったものの、なかなかうまくいきません。▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】▶ユニクロで品数の多さに吐き気を覚えた話【私服の制服化計 ... 続きを読む
聖子派ではなく断然明菜派でした。
こんにちは、坊主女です。

私服の制服化に向けてスタートを切ったものの、なかなかうまくいきません。
▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】
▶ユニクロで品数の多さに吐き気を覚えた話【私服の制服化計画②】 

どうしたものかと天を仰いでいたのですが(大袈裟な)、ふと思いました。

そもそも、なぜ制服化するんだっけ?

迷ったら原点、です。
私はなぜ「私服を制服化」したいのか?
を改めて考えみることにしました。
  • 服選びに迷いたくない
  • 迷うことで疲れたくない
  • 迷う時間をなくしたい
  • その時間を別のことに充て、心のゆとりを持ちたい
  • 服を減らしてすっきりしたい
  • 空間にゆとりを持ちたい
書きだすとよくわかります。
迷いを手放し、服を手放し、ゆとりを持つために制服化がしたいのです。

制服化する服に「迷ってる」時点で本末転倒なのです。
制服化するために服を増やしたら意味がないんです。 

だったら・・・
手放すが先、だろ? 

というわけで手放します

私は「制服化」という言葉に憧れていただけで、その目的を見失っていました。
これじゃあ雑誌のモデルに憧れて服買うのと同じです。やれやれ。

迷いを手放すためには、服を手放すのが先です。
そこで、この期に及んでぐずぐず持っていた服を手放すことにしました。
IMG_4007

タートルネックのセーター2枚。長袖カットソー2枚。キャミソール1枚です。

どれも毛玉だらけ、グリーンのセーターに至っては15年選手(!!)。
とっくに限界超えているのは気づいていたのですが、
「着る服がなくなったらどうしよう」
と思って手放せませんでした。

そして残った服をオールシーズン分数えてみました。
  • アウター・ジャケット 5枚
  • パーカー 4枚
  • ワンピース 4枚
  • 長袖カットソー 2枚
  • 半袖カットソー 2枚
  • Tシャツ 2枚
  • ミニスカート 2枚
  • ジーンズ 1本 
合計22枚です。さすがに全部把握できます。

この数字を見て思いました。
制服化もへったくれもない、これでよし、と。

<最後に>飾りじゃないのよミニマルライフは

ここ数日浮かれて「制服化」を連呼していた私、本当に情けないです。

自分への戒めのために書きますが、
ミニマルライフとは本当に大切な物だけに囲まれ、心豊かに暮らすこと。

制服化も全捨ても、掃除も断捨離も節約も。
すべては心豊かに過ごすため。

ミニマルライフは飾りでもなんでもなく、生き方そのものだと私は思っています。
今回の反省を教訓によりミニマルに生きていきたい、そう思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「-40℃の世界ではバナナで釘が打てます」というCMに衝撃を受けた子供の頃。こんにちは、坊主女です。生ゴミを!冷凍保存なんて!!とタイトルを見てのけぞったアナタも、すでにやってるよ~というアナタも。生ゴミの冷凍保存はメリットしかありません。1ヶ月間続けてみて、 ... 続きを読む
「-40℃の世界ではバナナで釘が打てます」というCMに衝撃を受けた子供の頃。
こんにちは、坊主女です。

生ゴミを!冷凍保存なんて!!
とタイトルを見てのけぞったアナタも、
すでにやってるよ~
というアナタも。

生ゴミの冷凍保存はメリットしかありません。
1ヶ月間続けてみて、心から思います。

<目次>

始めたきっかけ

私は1月半ばに主人の故郷に引っ越しました。
そこで真っ先に直面したのが「ゴミの分別」問題。
▶「指定ゴミ袋」が私のミニマリスト魂に火をつける!

分別が面倒→ゴミを減らせばいいじゃない
と思い、試行錯誤を重ねていました。

徐々にゴミは減ってきましたが、生ごみは完全にゼロにはなりません。
かといってゴミ箱に放置していると、冬場でも臭いや汚れは気になります。

それなら、食材と同じように冷凍保存すれば長く保管できるのではないか?
そう考えたのです。 
だって、その日に調理するまでは食材だった物ばかり。
毎日処理すればなんの問題もないと考えました。

私のやり方

では実際にどのようなやり方をしているのかをご紹介します。

①一日の終わりに生ゴミをまとめる
私は三角コーナーを使わず、普通にスーパーでもらえるこんなゴミ袋を使っています。
▶三角コーナー変遷の歴史と今のスタイル
IMG_3514
一日が終わってまとめるとこれぐらい。
IMG_3888
夫婦二人暮らし、もう少し多くなる日もありますがだいたいこの程度です。

②急速冷凍できるスペースに入れる
ありがたいことに、今使っている冷蔵庫には「急速冷凍用スペース」があります。
真ん中右がそのスペース。
IMG_3853 IMG_3855
そこで夜の間に冷凍してしまいます。
でも「急速」モードは使いません(笑)。
他の食材と分けて冷凍するために使っているだけだからです。

③翌朝、メインの冷凍庫に移動
冷凍庫にはこのような箱を置いています。
IMG_3843
セリアで買った普通のタッパーです。
容量は1リットルや3リットルの物もあります。

私がなぜこタッパーにしたかというと、
  • ゴミが目に見えた方が「減らそう」と意識する
  • 少し小さめの方が「減らそう」と意識する
という、「減らす」を強制的に意識するためです。

このタッパーを冷凍庫の隅にセットし、入れ替えます。
IMG_3856
④燃えるゴミの日に捨て、タッパーを洗う
燃えるゴミの日の朝、ゴミ袋に入れ替えて捨てれば終了。
空になったタッパーはその時に洗うと決めているので、洗い忘れもありません。

感じたメリット

このサイクルを1ヶ月間続けてみましたが、本当にメリットばかりです。

①ゴミ箱の臭いや汚れが気にならない
なぜ人はゴミ箱に嫌悪感を抱くのか。
それは、生ゴミから発せられる臭いや汚れのせいなのだと今回はっきりわかりました。

生ゴミがなければ、それ以外のゴミからはほとんど臭いは出ません。
私が使っているこのゴミ箱でも、快適です。
IMG_3468
山崎実業 ゴミ箱 分別ゴミ袋ホルダー ルーチェ ブラック 7553

②ゴミ捨てが週1回で済み、ゴミ袋のサイズも最小に
私の住んでいる地域は、燃えるゴミの収集は週2回です。
でもゴミ箱から臭いも出なければ腐りもしないので、1週間溜めることができます。

さらに冷凍してしまえば砕いてかさを減らせるので、ゴミ自体もコンパクトになります。
おかげで、「大中小」とあるゴミ袋の「小」で一週間分のゴミが捨てられるようになりました。

③食材を使い切る、を一層意識するようになった
タッパーを小さくしたこともありますが、ゴミに意識をしっかり向けることで
食材を出来る限り使い切ろう
という意識がとても高まりました。

今まで捨てていた野菜の皮やヘタもお味噌汁へ入れたり、
茶殻はほうきでの掃き掃除の際に、埃が舞わないように撒いたり。

このように「食材に感謝し、使い切る」を意識できるようになったのは、何よりも良かったと思っています。

<最後に>ゴミの量はミニマルライフに比例する

「断捨離」という言葉の最初に「断つ」という漢字が使われているように、
物を減らす際には「物が入ってくる道筋を『断つ』」ことがとても大事です。
入ってくる物が減れば出ていくゴミが減るのも当然の話。

また、ミニマルライフはただ捨てるだけではなく、
一つひとつの物を大切に使い、使い切る暮らしです。
使い切れば、中途半端なゴミは出ません。

このようにミニマルに暮らせば暮らすほど、ゴミの量は減っていきます

今現在、我が家のゴミの量はどれくらいだろう。
私も、自身のミニマルライフの指標として見ていきたいな、と思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

看板の赤色にも圧倒されますけどね。 こんにちは、坊主女です。 「私服の制服化」をひとたび口にして以来、すっかりスイッチが入っている坊主女。 ▶「私服の制服化」に、素朴な疑問  先日の記事で「実はパーカーが好きだったんだ」という事実に気づき、 「パーカーを制服 ... 続きを読む
看板の赤色にも圧倒されますけどね。
こんにちは、坊主女です。

「私服の制服化」をひとたび口にして以来、すっかりスイッチが入っている坊主女。
▶「私服の制服化」に、素朴な疑問 

先日の記事で「実はパーカーが好きだったんだ」という事実に気づき、
「パーカーを制服として採用しよう!」というところまで来ました。
▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】 

次は「どのブランドのパーカーにするか」です。
同じく先日の記事で「adidas好き」も発見されたのですが、正直お手頃感に欠けます。

そんな私に天の声が。
パーカーならユニクロにあるでしょ?

すごいなユニクロ、いつの間に私の心に入り込んだんだ?(笑)
という感じですがたしかにありそう。
そこで早速近所のユニクロへ向かいました。

<目次>

品数の多さに吐き気を覚える

「パーカーなんてすぐ見つかるはず」と楽観的に構えていたのですが、
お店に入った瞬間「バカ!バカ!私のバカ!!」と頭をポカポカしました。
だってですよ。

商品があふれすぎてる!
どこにパーカーがあるかもわからない!
見つけたら見つけたで種類多すぎ!
何が違う?どれがいい?全然わからない!

もうね、クラクラして吐き気を覚えました。
なので早々に退散。

店の外で呼吸を整えながら、
あ~、私が歳取ったからかなぁ・・・
なんてしょんぼりしていました。

吐き気を覚えた本当の理由

帰宅後、改めて冷静に「なぜ吐き気を覚えるほど苦しかったのか」を考えてみました。
簡単なことです。

身の回りに物が少ないから、でした。

人が疲れるのは、選ぶや判断するといった「意思決定」であること。
物が少ないと「意思決定」の回数が減るため、疲れないということ。

これはDaiGoさんの「自分を操る超集中力 」に書かれていたことで、以前ご紹介しました。
▶物を減らすと楽になる。その本当の理由がやっとわかりました

DaiGoさんのお話を今回の出来事に置き換えるとこうなります。

普段の暮らしでは物が少ないため「意思決定」で疲れない

しかし、お店には物があふれかえっており、選択肢が多すぎる

疲れる。判断力が鈍る。決められない。

文字にすると最悪のループです(苦笑)。
このループがお店に入った瞬間に起こり、吐き気を覚えたというわけです。

パーカーは欲しいのですが・・・。
「私服の制服化」の道は険しいです。

物の多さは、あなたから大事な「何か」を奪っている

でもこのお話、実はユニクロさんに限った話ではありません。

どれだけ沢山服を持っていても、
あ~!今日着ていく服が決まらない!
なんてこと、今までにありませんでしたか?

これも結局、「選択肢が多すぎて決められず、疲れている」ということ。
そう、物の多さはあなたから「決断力」を奪ってしまうのです。

それだけではありません。
選ぶための時間を奪い、置いておくための空間を奪います。
そしていつか、「あなた自身」すら奪ってしまうかもしれません。

決して大げさなことは言っていません。
物が多いと、物に支配されてしまうのです。

物に支配されず、自分らしい人生を送る。
そのためのミニマルライフを、これからも続けていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

高校時代はどれだけ食べても太らなかったのにな・・・。こんにちは、坊主女です。あれ、坊主女って「物はなくても思い出は心の中にある」って豪語してなかったっけ?と思ったアナタ、すっかり坊主女フリークです(笑)。確かにアルバムは全捨てし、趣味の物も手放しました。▶ ... 続きを読む
高校時代はどれだけ食べても太らなかったのにな・・・。
こんにちは、坊主女です。

あれ、坊主女って
「物はなくても思い出は心の中にある」
って豪語してなかったっけ?

と思ったアナタ、すっかり坊主女フリークです(笑)。

確かにアルバムは全捨てし、趣味の物も手放しました。
▶アルバムをごっそり捨てる。思い出は心の中にあればいい。
▶どっぷりハマった趣味の物が捨てられない!を解決するたった一つの考え方。

それでも!思い出の品はまだまだなくならないのです。

<目次>

それは、高校時代の部活動を記録したビデオテープ

ワタクシ、中学・高校とゴリゴリの吹奏楽部でした。
特に高校は、マーチングで全国大会常連校。
(注:マーチングとは隊列を作りながら演奏するものです。)
土日も夏休みも関係なし、朝から晩まで部活、部活!
今でもしょっちゅう夢に見るほど、辛くも楽しい3年間でした。

その時代の写真や、多くのビデオテープはとっくに手放していたのですが、
どうしても手放せないものがありました。
IMG_3730
※高校名などは消しております。

体育会系で言えば引退試合でしょうか。
3年生の最後の演奏会、定期演奏会のビデオテープ(VHS)です。

どれだけ思い出の品を断捨離しても、これだけは手放せませんでした。
こっぱずかしいから観るわけないのに。
しかも、VHS用のビデオデッキは2016年7月で国内製造が終了しているのに。

だからもう、墓場まで持っていこうと腹をくくったんです。
くくったんですが・・・
いかんせんかさばる(そこか)。

もう一度観たい、という気持ちよりも「ちょっとでもかさを減らしたい」。
そんな気持ちで何か良い方法はないかと探していました。

「ビクターダビングサービス」にお願いしてみた

ビデオテープをDVDにダビングしてもらえるサービスのことは知っていました。
ただ色々ありすぎて、選ぶのがめんどくさくなってたんです(やれやれ)。

いかん、やると決めたら探さねば。
そう思って調べた結果、「ビクターダビングサービス」 にお願いすることにしました。

同様のサービスを行っているショップは、
富士フィルム」や「DVDダビング工房
などがあります。
その中で私がビクターを選んだ理由は、
  • 価格
  • 追加料金等の料金システムの明瞭さ
  • 適度な納期
  • ビクターブランド(VHSを開発した会社です)
です。

どこのサービスも
  • 1本当たりのダビング料(多ければもちろん安くなります)
  • 送料(本数により無料になることも)
  • 追加料金(テープ切れやカビの補修など)
がかかるのですが、そのわかりやすさと「2本だけ」という条件を考慮しました。

実際にかかった費用です。
  • こちらからの送料(ゆうパック) 620円
  • ダビング料(2本分) 2,260円
  • 先方からの送料 540円
  • 代引手数料(クレジットカードなら無料) 324円
合計 3,744円 となりました。

この費用を高いとみるか、安いとみるか。
実際にDVDになって戻ってきた時、私は「安い!」と思いました。

丁寧に梱包され、
IMG_3977
VHSテープも一緒に戻ってきてました。
IMG_3978 IMG_3982 (1)
コンパクト!超コンパクト!

これだけでも十分「安い!」と思いました。
でもビクターの本気はここからです。

せっかくDVDになって戻ってきたんだから・・・
観ますよね?
こっぱずかしいけど、「ちょっとだけ」って思いますよね?

で、観たんですよ。

映像がキレイ!音はさらにキレイ!

今から22年前のビデオテープの映像が、です。
当時VHSで観た時よりキレイな気さえします(あくまで感覚ですが)。

おまけに懐かしさや青春や、ありとあらゆる感情が沸き上がり、
震えや脂汗や涙といった、ありとあらゆる生理現象が起きました(笑)。

手放せない思い出の保存方法として、本当にお勧めしたい

いやほんと、なんとも言えない気持ちでした。
でも間違いなく言えるのは「DVDにして本当に良かった」ということ。

物なんてなくてもいいと言っていた私ですら、こう思います。

もし手元に「どうしても手放せない思い出のテープ」があるのなら、
DVDダビングサービス、本当にお勧めです!


※現在ビクターダビングサービスで対応しているテープは
VHS,S-VHS,VHS-C,S-VHS-C,MiniDV(DVC),8mmビデオ,Hi8(Video8,Digial8)です。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

思い立つと同時に行動するので、いつも周りに驚かれます。こんにちは、坊主女です。先日、「私服の制服化」についての記事を書きました。▶「私服の制服化」に、素朴な疑問言語化する、とは本当に恐ろしい。今まではぼんやりと「制服化したいなぁ」と思っていただけなのに、 ... 続きを読む
思い立つと同時に行動するので、いつも周りに驚かれます。
こんにちは、坊主女です。

先日、「私服の制服化」についての記事を書きました。
▶「私服の制服化」に、素朴な疑問

言語化する、とは本当に恐ろしい。
今まではぼんやりと「制服化したいなぁ」と思っていただけなのに、
一気に「制服化、やっちゃうよ!」に変わりました。

まずは「何を制服とするのか」を考える

制服化の目標はもちろんスティーブ・ジョブズ。
でも彼が着ていた黒のタートルネックは、イッセイ・ミヤケのオーダーメイド。
(参考記事:スティーブ・ジョブズのファッションのこだわりがスゴイ

更に言うと、黒のタートルネックが私に似合うわけではない。
つまり、私が着たいと思う制服を探さなければならない、というわけです。

そこでまず、「これなら毎日同じでいい!」と思える服を探し始めたものの、即挫折。
当たり前です、対象が広すぎる。

ならば、今手元にある服にヒントがあるのではないか。
そう思ってじ~っと眺めてみました。

・・・見えてきましたよ。
大量の服に囲まれてきた時には気づかなかった、意外すぎる私の好みが。

残された服から探る、傾向と対策

私は常々言っているようにミニスカートハイヒールが大好きです。
こう聞くと、「派手好み」なイメージが湧きません?
そもそも私自身がそう思ってました。

でも、残された服をじっくり眺めてみてわかったことは・・・
  • パーカーが4着もある
  • そのうちadidasが2着もある
  • ジャケットでもadidasを持ってる
この結果を見て思いました。

私、そんなにパーカーとadidasが好きだったのか!

てか、それならadidasのパーカーを制服にすればいいじゃん!


これは少し短絡的思考すぎますが(笑)。

私自身、「パーカーが好き!」と思ったことは実は一度もありません。
adidasもしかり。
ただよく考えてみると、確かにパーカー便利なんですよね。

アウターにもトップスにもなるし、
ジップアップタイプならカーディガン的に羽織ったりもできる。
もちろんミニスカートにもハイヒールにも合う。
さらに夏には紫外線対策にもなり、オールシーズンOK。

決めた!制服はパーカーで探していこう!
adidasかどうかはその次ね。

物を減らせば、自分の「本当の好き」が見えてくる

heart-583895_640
物に溢れていた頃でも、私は
自分の好きな物しか持っていない
と思っていました。

でもそれは、物を買い続ける自分を正当化するための言い訳だったのかもしれません。
その証拠に、これだけ物を手放しても不自由しないどころか、
手放さなければ良かったと思う物が何一つないのです。

そして今手元にある物たち。
これらが「本当に好き」な物なのだと思います。

物を減らしたからこそ「本当の好き」に気づきました。
これからも自分の心に正直に、好きな物だけに囲まれた生活を送っていこうと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

坊主頭にしてから、実は頭の形がめちゃくちゃ良かったことに気づきました。 こんにちは、坊主女です。 ミニマルライフを送るようになってから、いろんなことに気づきます。 自分自身のことも、もちろん。 <目次> 昔から「器用」で「要領の良い」子供だった ... 続きを読む
坊主頭にしてから、実は頭の形がめちゃくちゃ良かったことに気づきました。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを送るようになってから、いろんなことに気づきます。
自分自身のことも、もちろん。

<目次>

昔から「器用」で「要領の良い」子供だった

私は小さい頃から、親や親戚、学校の先生などに
「しっかりしてるね」「いい子だね」
と言われ続けてきました。

でもそれは、半分本当で半分嘘です。 
私はみんなに褒めてほしかった。いい子だと思われたかった。
だからいつの間にか、大人の顔色を窺い、大人の思う「いい子」を演じる要領の良さを身につけ、それが本当の自分だと思い込んでいました。

そして大人になり、私に残ったのは
他人の評価ばかりを気にして、 思うように振る舞えない自分。
自分で自分の価値を認められない、好きになれない自分。


それはまるで、「いい子」という仮面をつけ続けるうちに、
仮面が取れなくなってしまったかのようでした。 

ミニマルライフを始めてから、自分の不器用さに気づく

ですが、ミニマルライフを始めてから「自分の基準」で物事を判断するようになりました。
坊主頭にしたことで、他人の目が気にならなくなりました。

その結果、
他人の評価が気にならなくなり、自分で自分を認められるようになりました。

もう他人の顔色を窺わなくても、「いい子」を演じなくても、
どんな私も、私が認めてあげる。 

そう思えた時、今まで隠れていた「ダメな自分」がにょきにょき顔を出してきました。
落ち着いているようですぐにテンパる自分。
テキパキこなしているようで二度手間の多い自分。
器用だと思っていたのに実は不器用だった自分。

不器用でしたね、私。
手先がどうとかいうより、生き方が。
今までならそんな自分を絶対に見せたくありませんでした。
でも「そんな私も私」と受け入れている今、他人にどう思われようと気になりません。

そんな今の自分が大好きだ

要領よく「いい子」を演じていた自分と、
ダメなところもいっぱいあるけどありのままの自分。

どちらの自分が好きかなんて言うまでもありません。

こうなれたのも、ミニマルライフを送る中で常に「自分」を軸に置くようになったから

「自分」に必要だから手元に残し、「自分」に不要な物は潔く手放す。
これを繰り返すことで、考え方の「軸」が他人から自分に戻ってきました。

今の自分が好きじゃない。
本当の自分がわからない。

そんな方は、一日ひとつつずつでも「要る、要らない」の判断を自分基準でしてみてください。
その「ひとつ」がきっと、自分を好きになるきっかけになるはずです。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

バナナはおやつに入るんですか? こんにちは、坊主女です。 ミニマリストのキーワードTOP5に入るであろう「私服の制服化」。 私もずっとやりたいなぁとは思ってます。 思ってるんですけどね・・・。 最終目標はスティーブ・ジョブズのっけからゴール地点が高すぎる(笑)。 ... 続きを読む
バナナはおやつに入るんですか?
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストのキーワードTOP5に入るであろう「私服の制服化」。
私もずっとやりたいなぁとは思ってます。
思ってるんですけどね・・・。

最終目標はスティーブ・ジョブズ

のっけからゴール地点が高すぎる(笑)。
でも究極はここだと思ってます。

イッセイ・ミヤケの黒タートルネック。
リーバイスのジーンズ。
ニューバランスのスニーカー。

来る日も来る日も同じ服。
新商品のプレゼンも、普段の仕事も同じ服。

憧れる、憧れるわぁ。
だがしかし、翻って今の私。

先日購入したリーバイスのジーンズは毎日穿き倒してます。
▶ボトムスの購入は3年ぶり!?新しい服はやっぱりテンション上がります。

トップスはパーカー2枚をとっかえひっかえ。
IMG_3984
ほぼ制服化されてる、と思います?
違うんですよ。
私には大きな大きな疑問があるんです。

お出かけ用の服は、置いてちゃダメなの???

確かに、日常生活の範囲内はもはや制服化されてると言ってもいいです。
そもそも持ってる服自体が少ないですし。

でもね、たまにお出かけする時ぐらいはおしゃれしたくないですか?
ワンシーズン10回も着ないけど、置いてちゃダメですか?

ってことなのです。

私はミニスカート&ハイヒールが大好き。 
お出かけの時は必ずこのスタイルです。
▶坊主でミニスカート。譲れない戦いがそこにはある。  
▶坊主だろうがミニマリストだろうが、ハイヒールだけは譲れない

今数えてみたら、自分が「お出かけ用」と位置付けている服は、
  • ミニ丈のワンピース 4枚
  • ミニスカート 2枚
がありました。
これらの服、別枠で考えちゃダメかなぁ。
それだったら、残りの服ごっそり全捨てして「究極の制服化」するんだけど。

と、日々甘えたことを考えているのです。 
でもやっぱりダメだよね・・・。

真のミニマリストへの道はまだまだ遠い

こんなところで迷っているあたり、私もまだまだだなぁと思います。

おしゃれしたい欲もガッツリあるし、
お出かけしたい!遊びに行きたい!という欲もたっぷりある。

でも、ミニマリスト=世捨て人なわけじゃない。
欲のある自分も自分として、広い心で受け止めようじゃないか。

こんな余裕が持てるのは、やっぱりミニマルライフを送っているから。
欲も、迷いも、煩悩も。
すべてを受け入れつつ、時にはのんびり進むのも悪くないと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

本屋さんに行くとついつい時間を忘れてしまう(アカン)。こんにちは、坊主女です。本が好き、本を読むのは大切だ、本から様々なことを学びたい。本を読む理由は人それぞれでも、誰もが抱いている悩みの多くは本を読みたいけれど時間がないということだと思います。 かく言 ... 続きを読む
本屋さんに行くとついつい時間を忘れてしまう(アカン)。
こんにちは、坊主女です。

本が好き、本を読むのは大切だ、本から様々なことを学びたい。
本を読む理由は人それぞれでも、誰もが抱いている悩みの多くは

本を読みたいけれど時間がない

ということだと思います。 
かく言う私も、本を買うばかりで積読状態。
あれもこれも読みたいのに時間がない・・・。

そんな悩みを抱えていました。 

<目次>

「攻め」の読書スタイル、という考え方

どうやったら効率よく本を読めるのだろう、と考えてもらちが明くわけもありません。
それならいっそ読書に関する本を探そう!と手に取ったのがこちらの本です。
IMG_3968

赤羽さんは「ゼロ秒思考」が有名かと思いますが、こちらの著書も大変面白く読めました。

赤羽さんがこの本の中で強くおっしゃっているのは
・「受け身」から「攻め」の読書スタイルに変える
・読書を「行動につなげる」ことの方が大事
という2点です。

では実際にどのようにしていけばいいか?
これについては、
  1. 時間の作り方
  2. 集中の仕方
  3. 行動へのつなげ方
  4. 本に対する情報感度のあげ方
といった切り口を用いておられます。

ですが今回は、「1.時間の作り方」に絞り、
私が「なるほど」「実践しよう」と思った点をご紹介したいと思います。

実際に時間はどうやって作る?

①本を読む時間に「市民権」を与える
忙しい時は「ゆっくり本を読むこともできない」というよりも、「読むための心の余裕」がなくなってしまいます。
ならばいっそのこと「本を読む優先順位」を上げてしまおう、ということ。

本は生きていく上で必要だから
仕事をしていく上で必要だから
成長し続けるために必要だから

このように「読書の位置づけを変える」ことで、
「読んでも読まなくてもいい」から「読むために時間を作ろう」と意識が変わります
また、「必要なもの」ですから正々堂々と時間を取り、集中できるようになります。

これがまさに「攻め」の読書だと思います。


②本は「必要十分」だけ読めばいい、と考える
実はこの考え方を読んだ時、
そうか!そうだったのか!
と憑き物が落ちたぐらいの衝撃を受けました。

皆さんいつの間にか、「本を読むのはいいことだ」という概念に捉われていませんか?
私は捉われていました、それはもうがんじがらめに。

小さな頃から、「本をよく読む子=偉い子」みたいな風潮ってあったと思うのです。
だから、「本を読んでどうしたいのか、どうなりたいのか」を考えるよりも、
「本を読むことそのもの」が大事なことなのだと勘違いしてしまっていました。

そうではなく、大事なのは
いかに本から行動を変え、成長のきっかけにするか
ということ。

この視点から本を選ぶようになると、
手あたり次第に本を買うことも、積まれた本を見て溜息をつくこともなくなります。
結果的に一冊の本に集中できる時間が作れる、ということになります。

これもまた「攻め」の読書のやり方だと思います。

<最後に>「攻め」の読書で更なる成長を!

この記事を読んで、
え~、もっと具体的な時間の作り方を知りたかった
という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが私は実際に本を読み、実践してみて
「本を読む」ということが自分の人生の中でどれほど重要なのか
ということさえわかっていれば、時間は作り出せると確信しました。

本は知識を与えてくれます。
時に叱咤し、時に激励し、生きる指針を与えてくれます。

そんな本と出会い、いつまでも成長し続けるための「攻め」の読書。
どうか皆様が、「本を読む時間がない」という悩みから解放されますように。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

坊主にした理由の一つは「白髪が嫌だった」から。 こんにちは、坊主女です。 今から1年前、私は「ミニマルライフ」という言葉すら知りませんでした。 そんな私ですが、今では昔からそうであったかのようにミニマルに暮らしています。 あれ?なぜ私はミニマルライフを始めた ... 続きを読む
坊主にした理由の一つは「白髪が嫌だった」から。
こんにちは、坊主女です。

今から1年前、私は「ミニマルライフ」という言葉すら知りませんでした。
そんな私ですが、今では昔からそうであったかのようにミニマルに暮らしています。

あれ?なぜ私はミニマルライフを始めたんだっけ?
ちょっと振り返ってみたくなりました。

<目次>

見て見ぬふりをしていた本当の気持ち

プロフィールにも書いていますが、 私がミニマルライフを始めたのは2016年。
正確に言うと6月のことです。

40歳を迎える節目の年であった2016年。
私の人生ってこのままでいいのかなー
とぼんやり考えていたある日、ミニマルライフに出会いました。 

物を減らし、本当に必要な物だけに囲まれて心豊かに暮らす。
そんな生き方があるんだ!私もやってみたい!
そんな「軽い」気持ちで始めたつもりでした。

でも、今だからこそわかります。 
私はこのままの人生じゃ嫌だった。
何かを変えたかった、変わりたかった。

だからこそミニマルライフを選んだのだ、と。

結婚し、暮らしは安定してる。
仕事もつまらなくはないけれど、やりがいがあるわけでもない。
このまま定年まで働いて、老後はのんびり暮らす・・・。

そんな人生でいいの?
一度しかない「私の」人生、やりたいこともやらずに死んでいくの?

こんな心の叫びが、私をミニマルライフへ導いたのだと思います。

動き始めた私の人生

本当の気持ちに気づかず始めたミニマルライフでしたが、私の人生は大きく動き始めました。

坊主頭にしたことで「ブログを書こう」と思い立ち、このブログを立ち上げたこと。
▶坊主記念日

義父が倒れたことで強制的に仕事を辞め、田舎で暮らす道筋ができたこと。
▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

ライブドアブログさんからのお声がけによるブログ移転。
▶【お知らせ】ライブドアブログに移転しました。ご縁と運命に感謝!

そして今。
私が本当にやりたかったことは「自分を表現すること」だったのだと確信しています。
それは、このブログが教えてくれました。

自分の考えや思いをブログで表現する。
それはたとえ収入がなくても「やりたい!」と思えることであり、
ミニマルライフを始めたからこそたどり着いたことでした。

まだまだ道半ばですが、今現在
「自分を表現する=ブログを書く」という「本当にやりたかったこと」
を毎日しながら暮らせていることに本当に感謝しています。

行動を起こせば、人生は変わる

やりたいことはあるけれど、家族がいるからできっこない。
今更何かを始めるなんてもう遅すぎる。
そもそも、やりたいことが何かすらわからない。

私たちは、子供の頃は純粋に夢や希望を語れていても、
大人になり、社会に出ると、いろんな理由を考え「本当にやりたいこと」に蓋をしてしまいます。

でも思います。
本当にやりたいことは誰にでも必ずある。
人生に「遅すぎる」なんてない。
行動を起こすことで、人生は必ず変わる。 

ここまで断言するのは、私の人生が変わったから。
ミニマルライフに目覚め、やってみようと行動し、その結果やりたいことを見つけ、私の人生は大きく変わりました。

あなたがミニマルライフにたどり着いた理由がなんにせよ。
このブログ「坊主女のミニマルライフ」にたどり着いた経路がどうであれ。

物を手放すという「行動を起こす」ことで、あなたの人生は必ず変わり始めます。 

まずは何か一つ、手放してみて下さい。
その行動が、あなたの人生を変えていきます。

本当のあなたへ、本当に望む人生へ。
ミニマルライフの先にある「幸せ」に向かって、あなたの一歩を踏み出してみてください。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

A型のくせにO型の主人よりはるかに大ざっぱ。こんにちは、坊主女です。たかがスポンジ、されどスポンジ。小さなストレスを放っておくと大変なことになるのです。<目次>慣れ親しんだスポンジに募る不満 ミニマリスト御用達?のスポンジに感動 <最後に>小さなストレスで時 ... 続きを読む
A型のくせにO型の主人よりはるかに大ざっぱ。
こんにちは、坊主女です。

たかがスポンジ、されどスポンジ。
小さなストレスを放っておくと大変なことになるのです。


<目次>

慣れ親しんだスポンジに募る不満

ミニマルライフを始めてから、食器を洗う際は基本的にアクリルたわしを使っています。
▶食器洗いにアクリルたわしを使えば、節約・安全・時短・ツヤ肌!

裏を返せば、スポンジを使うのは油汚れがひどくて洗剤が必要になる場面。
ではどんなスポンジを使っていたかというと・・・。
IMG_3908

単体で撮ると気持ち悪いな。
とにかくもこれを愛用していたんです、なんとなく。

・・・おかしいですよね、なんとなく愛用って。
そうなのです。

新しいスポンジに替えるって言ってもどれがいいかわからないし、
考えるの面倒だからいつものでいいや。


こんなミニマリストにあるまじき思考回路でずっとこのスポンジを使っていました。

ですが、「物と向き合うミニマリスト」が目を覚ました先日。
スポンジを眺めながら沸き起こってきたのは「不満」の二文字。
  • 泡切れがすこぶる悪い
  • へたるのが早い
  • てか、不衛生じゃね?
アカン!すぐスポンジ探しの旅に出ないと!

ミニマリスト御用達?のスポンジに感動

スポンジ探しの旅先はインターネット(笑)。
他のミニマリスト様のブログを彷徨いつつ、私が選んだのは
パックスナチュロン」のキッチンスポンジです。
IMG_3904

購入の決め手は「泡切れが良い」という皆様のお言葉。
実際使ってみると・・・。

切れる!超切れる!

スポンジ自体の泡切れも良いのですが、洗った食器の洗剤すらすぐ切れる!
これには感動しました。どうなってんだろ?

あとは耐久性ですが、まだ使って1週間なので正直わかりません。
ただ、以前の物は1週間でも「ぐんにゃり」してきましたが、こちらは角もピンピンしています。
かなり持ちそうな予感。

ちなみに、スポンジの収納はこんな風にしています。
IMG_3913
シンク周りには極力何も置きたくなかったのですが、これだけは致し方ないと思っています。
でも、このスポンジ泡切れだけじゃなくて水切れもすごくいいんです。
だからゆくゆくはシンク下に収納できるかな・・・、なんて考えています。

<最後に>小さなストレスで時間を浪費しない

小さなストレス?そんなの我慢すればいい。
そう思っていらっしゃる方もあるかもしれません。

ですが、今回のスポンジを例にとってみると、
  • 「泡切れが悪いなぁ」とイライラする時間
  • 実際に泡が切れるまでの時間
  • 買い替えに行く時間(へたるのが早いので頻度も上がる)
とこんなにも時間を浪費していることがわかります。
そして一回一回はわずかでも、これが1ヶ月、1年と続けば膨大な時間になります。

何度もお伝えしているように、時間は私たちにとって貴重な資源
その資源を無駄遣いしては、日々の暮らしにゆとりを持つことなどできません。 

小さなストレスこそ見逃さず、解決していく。
こうすることで時間を作り出すことができ、心のストレスも解消されていきますよ。




いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

そもそも昔から肉食系女子。こんにちは、坊主女です。「肉食系ミニマリスト」って、ものすごく矛盾した響きに聞こえますよね。でも、私にピッタリだと思うんです。きっかけは「田舎には刺激がない」という不満「肉食系ミニマリスト」というフレーズ、実は別の記事を書いてい ... 続きを読む
そもそも昔から肉食系女子。
こんにちは、坊主女です。

「肉食系ミニマリスト」って、ものすごく矛盾した響きに聞こえますよね。
でも、私にピッタリだと思うんです。
meat-1675012_640

きっかけは「田舎には刺激がない」という不満

「肉食系ミニマリスト」というフレーズ、実は別の記事を書いている時に降りてきました。
その内容とはズバリ、
田舎には刺激がない!
というもの。

田舎は時間の流れもゆっくり、人も穏やか。
それを否定もしなければむしろ贅沢な悩みだと思う。
だけど、私は自分を成長させる刺激が欲しい! 欲しいの!

みたいな(笑)。

これだけ読んでると、全然ミニマリストっぽくないでしょ?
欲の塊ですよね。

でも私は、物は必要なだけあればそれで満足だし、まだまだ減らしたい。
そして今の暮らし、今「ある」ものには十分感謝し、幸せも感じている。
というようにやっぱりミニマリストなのです。

矛盾する二人の私。でもどちらも私。どちらも好き。
う~ん、どうしたものか・・・。

と唸っている時に思いついたのです。
そうか!私は「肉食系ミニマリスト」なんだ!

私の定義する「肉食系ミニマリスト」とは?

いきなり「肉食系」つけられても意味がわからん!
ハイ、ごもっともです。

そこで、私の定義する「肉食系ミニマリスト」をご説明します。
  • 物は少なく、暮らしはミニマルに
  • 自分の成長にはどこまでも貪欲に
要は「成長に対する姿勢が肉食系」ということです。

ミニマルライフを送ることで、「今ある幸せ」を感じるのはとても大切なことです。
ですが、そこで満足してしまうのは私はちょっと違うと思う。
今に幸せを感じたうえで、更に幸せになるために自身を成長させる。
そういった「自身を成長させたいという欲」は大いに持っていいと思うのです。

だから「肉食系」なんです。ガツガツ行くべし!なのです。

<最後に>「肉食系ミニマリスト」としてリスタート!

実はこのところ、これからの自分の方向性(ブログも含めて)をずっと考えていました。
ミニマルライフだけじゃなく、ミニマルライフのその先にあるものを探していました。

その答えが今日出た気がします。
視界が一気に良好になった気がします。

肉食系ミニマリストとして。
自分自身も成長し続けたいし、成長したい人の力にもなりたい。 

新たな展開、新たなスタート。
今とってもワクワクしています!


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ