センチメンタルモード発動中。
こんにちは、坊主女です。

とうとう引っ越しの日。

慣れ親しんだ関西地方を離れる日です。

40年暮らした関西地方を離れます

bird-76002_640
私は京都市内で生まれました。

大学から兵庫県(西宮市)で一人暮らし。今は大阪市内に住んでいます。


沢山引っ越しをしましたが、生まれてこのかた関西地方から出たことはありません

しかし今回は、主人の実家の方へ引っ越すため関西地方を離れます。


同じ日本国内だし、生活がひっくり返るようなことはないとわかっているものの、やっぱり淋しさがあります。


見知らぬおっちゃんが突然話しかけてくる関西。

スーパーのレジで会話が弾む関西。

思い出の場所がいっぱい、思い出の人がいっぱいの関西。


うーん、ちょっと目から汗が(恥)。

淋しいけれど、反対に思うこともあります。

新しい暮らし、新しい出会いにワクワク

引っ越し先は帰省時に何度か足を運んだことがあるものの、ほぼ未知の世界。

風土も、人柄も、エスカレーターで立ち止まる側も(笑)違います。


不安はあるけれど、それ以上にワクワクしています。


新しいスーパーを開拓したり、新しい出会いがあったり。

そして何より、「引っ越す」ことで部屋が一旦リセットされているので、ミニマリストとして新たな部屋作りができます。

本当に楽しみ!

手放すものが大きいほど、手に入れるものも大きくなる

手放すものが大きいほど、手に入れるものも大きくなる。

このことは、年始からつくづく感じています。

そして今年一年は、「循環させる一年」になるとも確信しています。


40年間過ごした関西地方での「安定」を手放し、未知なる世界へ旅立つ。


私の新しい人生の幕開けです。

では、いってきます!