こんにちは、坊主女です。

引っ越し前に、かなり物は処分してきたはずでした。

それでもいざ引っ越してから「やっぱり要らない物」や「使いたかったのに使えなかった物」が沢山出てきます。


ハンドソープ置き場がなかったトイレ

手洗いに関して潔癖症な面のある主人のために、以前の家では洗面所やトイレなど「手を洗う場所」ごとにハンドソープを置いていました。

ですが、新居のトイレを見て「あちゃー」となりました。
水受け
わかりますか?

平らな部分がほとんどないため、ハンドソープを置く場所がないのです。

置ける容器に移し替える、という手もあるかもしれませんが不安定な上にめんどくさい(笑)。


ハンドソープが置けないというこの状況。

「あちゃー」なんて言ってましたが、実は内心「ウシシ」とほくそえんでいたのです。


トイレのタオルをずっと撤去したかった

そうなのです。
「トイレのタオル、要らないなぁ」とずっと思っていたのです。

なぜなら、トイレにタオルを置かないとメリットが沢山あるからです。

①水はねをいちいち拭き取らなくてよい

手を洗ってからタオルで拭くまでに水がしたたったり、手を洗っている最中に水が飛び散ったり。

そういった「水はね」は放っておくと汚れになるため、都度都度拭いていました。


でもこの作業、ぶっちゃけめんどくさい。

タオルがなければトイレで手を洗わないので「水はね」そのものがなくなるのです。


②タオルの数を減らせる

引っ越し前、荷造りしようと改めてタオル置き場を見て愕然としました。
タオル ごちゃ
ひどい、ひどすぎる。

頂き物のタオルばかりで統一感もないし、そもそも多すぎる。

数えてみたら夫婦二人暮らしなのにフェイスタオル30枚(!!)、ハンドタオル7枚もありました。


この場所、普段はこうやって隠していました。
タオル 伏せ
これがダメだったんだな。臭い物には蓋をするってやつです。


トイレにタオルを置かなければ、一日で使う枚数が減らせます。

そうすればタオルの総数も減らせる、というわけです。


③トイレという空間がスッキリする

物を極力置きたくないのはどの部屋も一緒ですが、 特にトイレは清潔感を出したいしスッキリさせたいもの。

タオルを置かなければそれだけトイレ内の物が減り、空間がスッキリします


このように、トイレにタオルを置かないメリットを目一杯発揮したトイレはこうなりました。
トイレ 完成下

最低限の掃除用具とトイレットペーパーの予備はここへ。
トイレ 完成上
我ながら大満足。

掃除もしやすいですし、空気も清々しいです。



「当たり前」を疑う

先程の写真を見て頂いてもわかるように、新居のトイレには当たり前のように「タオル掛け」がついていました。

以前の私ならそれこそ「当たり前のように」そこにタオルを掛けていたはずです。

ですが、きちんと考えればトイレにタオルがない方が私にとってはメリットが多くありました。


「当たり前」なんて存在しない。

自分や家族が過ごしやすく、快適な家であればそれが一番。



私はこれからも、一つ一つの「当たり前」を疑いながら自分らしい選択をしていきたいと思います。