こんにちは、坊主女です。


ミニマリストのくせに使ってるの?なんて言われそうなキッチンの「洗い桶」。

でも私は今までずっと使っていました。

今後もずっと使い続けるだろうと思っていたのですが・・・。


引っ越し後のキッチンが狭かった(涙)

部屋を決めた時点で狭いのは承知していたつもりでした。

でもでも、実際に暮らし始めてみるとやっぱり狭い。

引っ越し前が広すぎたから余計だと思います。


まず引っ越し前のキッチン。
キッチン 前

引っ越し後のキッチン。
キッチン 今
比較したら歴然ですね。

シンク内も今はこんな感じ。
キッチン シンク
手持ちの洗い桶が大きすぎるのもありますが、全体的に狭いキッチンでは収納場所にも一苦労

洗い桶に罪はないのですが、はっきり言って「邪魔」になってしまいました。


「邪魔」なだけではない、手放す理由

邪魔になったから手放す。

これではちょっと安直な行動に思えます。

実は、洗い桶を手放そうと思ったのは以前メリットだと思っていたことがそうでなくなったからでもあります。


以前の記事では、「洗い桶を手放さない理由」を3つ挙げていました。
  • つけ置きで汚れが取れやすくなるので水道代の節約になる
  • ガサツなので割れないように水を張ってそこに食器を入れたい
  • ふきんなどの漂白にもしっかり使える

でもよく考えると、私は食事後すぐに洗い物をするので汚れがこびりつくこともありません。

また、ガサツなのは間違いないけれど(笑)食器を割ったことなどほとんどありません

漂白も、ボウルなどで代用可能です(ボウルも漂白されて一石二鳥です)。


このように、洗い桶を使う理由がなくなってしまいました。

結局「邪魔になった」というのは手放すための後押しでしかなかったのです。 


快適に暮らすために、手放す

洗い桶を手放した今、なんの不便もなくむしろ快適に暮らせています。


かつての私は「便利な物があれば快適に暮らせる」と思っていました。

でも物が増えれば整理も管理も大変。

便利と言われる物に囲まれて、実は不便な暮らしを送っていたのだと今なら思います。


ミニマリストになった今、本当の快適さは「物を減らし、空間を増やす」ことによって得られると実感しています。

だからこれからも、快適に暮らすために物を減らしていこうと思います。