こんにちは、坊主女です。


着実に作り上げられつつある新居。

今回は玄関です。


<目次>

何を読んでも「極力物を置かないこと」と書いてある

ミニマリストになって以来、片づけの本、掃除の本、風水の本など沢山の本を読みました。

その中でどの本にも書いてあったのが玄関には極力物を置かない方が良いということ。


靴や傘の出しっぱなしなど論外。

できれば何も置かずに、常に綺麗な状態を保つのが良いと。


そりゃそうだ。

物があれば埃もたまる。

掃除するには物をどけなければならず、それが億劫で掃除を怠ってしまうことにもなる。


じゃあ、目指す玄関はただ一つ。

何も置かない玄関、でしょ。


こうして出来上がった玄関

元が極端な人間(笑)なので、やる時はとことんやります。 

出来上がった玄関はこちら。
玄関
本当に、何も、ない(笑)。

私の中では「究極の玄関」です。


そもそも靴箱の据え付けがなかったのが幸いしました。

ではその靴や傘はどこへ行ったの?

となりますが、実は玄関の向かって右側にある収納スペースがあるのです。
収納 閉

本来は靴や傘を入れる場所ではないのかもしれませんが、ここに収納しました。
収納

収納 下



靴を置いている棚はこちらです。
靴箱


高さは166㎝ありますが、使わなければ上の段は組み立てなければOK。

また、5段ずつなどに分けることもできます。 

工具類は不要なので組み立ても簡単です。


<最後に>物がないって、やっぱり素晴らしい

以前の暮らしでは「何もない玄関」は絶対に作り上げられませんでした。

先述のシューズラックでは私一人分の靴すら全部収まらなかったですし、玄関横の収納スペースは他の物で埋め尽くされていたはずです。


ですが、今の暮らしなら夫婦二人分の靴を収めても余るぐらい。

収納スペースも有効活用できています。

玄関の掃除もすごく簡単なので毎日綺麗にできます。


それもこれも、物がないからできたこと。

これからも物を減らしながら、常に良い「気」で部屋中を満たせるようにしていきたいです。