こんにちは、坊主女です。


たかがスポンジ、されどスポンジ。

小さなストレスを放っておくと大変なことになるのです。


<目次>

慣れ親しんだスポンジに募る不満

私はミニマリストになってから、食器を洗う際は基本的にアクリルたわしを使っています。

アクリルたわしは、よほどひどい油汚れでない限り水だけで汚れを落とせるので重宝しています。

でも裏を返せば、ひどい油汚れにはやはりスポンジが必要ということ。


ではどんなスポンジを使っていたかというと・・・。
黄色いスポンジ

単体で撮ると気持ち悪いな(笑)。

とにかくもこれを愛用していたんです、なんとなく。


・・・おかしいですよね、なんとなく愛用って。

そうなのです。

新しいスポンジに替えるって言ってもどれがいいかわからない。

考えるの面倒だからいつものでいいや。


こんなミニマリストにあるまじき思考回路でずっとこのスポンジを使っていました。


ですが「物と向き合うミニマリスト」が目を覚ました先日。

スポンジを眺めながら沸き起こってきたのは「不満」の二文字。
  • 泡切れがすこぶる悪い
  • へたるのが早い
  • てか、不衛生じゃね?
これはダメだ!すぐスポンジ探しの旅に出ないと!


ミニマリスト御用達?のスポンジに感動

スポンジ探しの旅先はインターネット(笑)。

他のミニマリストさんの意見を参考にしながら、最終的に私が選んだのはパックスナチュロンのキッチンスポンジです。
パックスナチュロン

購入の決め手は「泡切れが良い」という皆様のお言葉。

実際使ってみると・・・。

切れる!超切れる!

スポンジ自体の泡切れも良いのですが、洗った食器の洗剤すらすぐ切れる!

これには感動しました。どうなってんだろ?


あとは耐久性ですが、まだ使って1週間なので正直わかりません。

ただ、以前の物は1週間でも「ぐんにゃり」してきましたが、こちらは角もピンピンしています。

かなり持ちそうな予感。


ちなみに、スポンジの収納はこんな風にしています。
スポンジ収納
シンク周りには極力何も置きたくなかったのですが、これだけは致し方ないと思っています。

でもこのスポンジ、泡切れだけじゃなくて水切れもすごくいいんです。

だからゆくゆくはシンク下に収納できるかな・・・、なんて考えています。


<最後に>小さなストレスこそ素早く解決

小さなストレス?そんなの我慢すればいい。

そう思うかもしれません。


ですが、今回のスポンジを例にとってみると
  • 「泡切れが悪いなぁ」とイライラする時間
  • 実際に泡が切れるまでの時間
  • 買い替えに行く時間(へたるのが早いので頻度も上がる)
とこんなにも時間を浪費していることがわかります。

そして一回一回はわずかでも、これが1ヶ月、1年と続けば膨大な時間になります。


時間は私たちにとって貴重な資源

その資源を無駄遣いしては、日々の暮らしにゆとりを持つことなどできないと思います。 


小さなストレスこそ見逃さず解決していく。

常にこのことを意識しながら、時間にも心にもゆとりのある暮らしをしていきたいです。


☆1ヶ月使っても全く変化のなかったこのスポンジ。感動のレビューです☆