こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってからアルバムは全捨てしましたし、趣味の物も手放しました

それでも思い出の品はまだまだなくなりません。

今回は、ずっと手放せなかった思い出のビデオテープ(VHS)をビクターダビングサービスコンパクトなDVDに蘇らせました!


高校時代の部活動を記録したビデオテープ(VHS)

ワタクシ、中学・高校とゴリゴリの吹奏楽部でした。

特に高校はマーチングで全国大会常連校。
(注:マーチングとは隊列を作りながら演奏するものです。)

土日も夏休みも関係なし、朝から晩まで部活、部活!

今でもしょっちゅう夢に見るほど、辛くも楽しい3年間でした。


その時代の写真や多くのビデオテープはとっくに手放していたのですが、どうしても手放せないものがありました。
IMG_3730
※高校名などは消しております。

体育会系で言えば引退試合でしょうか。

3年生の最後の演奏会、定期演奏会のビデオテープ(VHS)です。


どれだけ思い出の品を断捨離しても、これだけは手放せませんでした。

こっぱずかしいから観るわけないのに。

しかも、VHS用のビデオデッキは2016年7月で国内製造が終了しているのに。


だからもう、墓場まで持っていこうと腹をくくったんです。

くくったんですが・・・いかんせんかさばる(そこか)。


もう一度観たい、という気持ちよりもちょっとでもかさを減らしたい

そんな気持ちで何か良い方法はないかと探していました。


ビクターダビングサービスにお願いしてみた

ビデオテープをDVDにダビングしてもらえるサービスのことは知っていました。

ただ色々ありすぎて、選ぶのがめんどくさくなってたんです(やれやれ)。


いかん、やると決めたら探さねば。

そう思って調べた結果ビクターダビングサービス にお願いすることにしました。


ビクターダビングサービスを選んだ理由

同様のサービスを行っているショップは富士フィルムDVDダビング工房などもあります。

その中で私がビクターを選んだ理由は
  • 価格
  • 追加料金等の料金システムの明瞭さ
  • 適度な納期
  • ビクターブランド(VHSを開発した会社です)
です。

どのサービスも
  • 1本当たりのダビング料(多ければもちろん安くなります)
  • 送料(本数により無料になることも)
  • 追加料金(テープ切れやカビの補修など)
がかかるのですが、そのわかりやすさと2本だけという条件を考慮しました。

実際にかかった費用

実際にかかった費用です。

内訳費用
こちらからの送料(ゆうパック) 620
ダビング料(2本)2,260
先方からの送料 540
代引手数料(クレジットカードなら無料) 324
合計3,744

2本で3,744円。

この費用を高いとみるか、安いとみるか。

実際にDVDになって戻ってきた時、私は「安い!」と思いました。


丁寧な梱包。
IMG_3977

VHSテープも一緒に戻ってきてました。
IMG_3978

IMG_3982 (1)
コンパクト!超コンパクト!

これだけでも十分「安い!」と思いました。

映像と音の綺麗さに驚き!

でもビクターの本気はここからです。

せっかくDVDになって戻ってきたんだから・・・

観ますよね?

こっぱずかしいけど、「ちょっとだけ」って思いますよね?


で、観たんですよ。

映像がキレイ!音はさらにキレイ!


今から22年前のビデオテープの映像が、です。

当時VHSで観た時よりキレイな気さえします(あくまで感覚ですが)。


おかげで懐かしさや青春といったあらゆる感情が沸き上がり、震えや脂汗や涙といったあらゆる生理現象が起きました(笑)。


まとめ

いやほんと、なんとも言えない気持ちでした。

でも間違いなく言えるのは「DVDにして本当に良かった」ということ。


物なんてなくてもいいと言っていた私ですらこう思います。

もし手元に「どうしても手放せない思い出のテープ」があるのなら。

ビクターダビングサービス、本当にお勧めです!


※現在ビクターダビングサービスで対応しているテープは
VHS,S-VHS,VHS-C,S-VHS-C,MiniDV(DVC),8mmビデオ,Hi8(Video8,Digial8)です。