思い立つと同時に行動するので、いつも周りに驚かれます。
こんにちは、坊主女です。

先日、「私服の制服化」についての記事を書きました。
▶「私服の制服化」に、素朴な疑問

言語化する、とは本当に恐ろしい。
今まではぼんやりと「制服化したいなぁ」と思っていただけなのに、
一気に「制服化、やっちゃうよ!」に変わりました。

まずは「何を制服とするのか」を考える

制服化の目標はもちろんスティーブ・ジョブズ。
でも彼が着ていた黒のタートルネックは、イッセイ・ミヤケのオーダーメイド。
(参考記事:スティーブ・ジョブズのファッションのこだわりがスゴイ

更に言うと、黒のタートルネックが私に似合うわけではない。
つまり、私が着たいと思う制服を探さなければならない、というわけです。

そこでまず、「これなら毎日同じでいい!」と思える服を探し始めたものの、即挫折。
当たり前です、対象が広すぎる。

ならば、今手元にある服にヒントがあるのではないか。
そう思ってじ~っと眺めてみました。

・・・見えてきましたよ。
大量の服に囲まれてきた時には気づかなかった、意外すぎる私の好みが。

残された服から探る、傾向と対策

私は常々言っているようにミニスカートハイヒールが大好きです。
こう聞くと、「派手好み」なイメージが湧きません?
そもそも私自身がそう思ってました。

でも、残された服をじっくり眺めてみてわかったことは・・・
  • パーカーが4着もある
  • そのうちadidasが2着もある
  • ジャケットでもadidasを持ってる
この結果を見て思いました。

私、そんなにパーカーとadidasが好きだったのか!

てか、それならadidasのパーカーを制服にすればいいじゃん!


これは少し短絡的思考すぎますが(笑)。

私自身、「パーカーが好き!」と思ったことは実は一度もありません。
adidasもしかり。
ただよく考えてみると、確かにパーカー便利なんですよね。

アウターにもトップスにもなるし、
ジップアップタイプならカーディガン的に羽織ったりもできる。
もちろんミニスカートにもハイヒールにも合う。
さらに夏には紫外線対策にもなり、オールシーズンOK。

決めた!制服はパーカーで探していこう!
adidasかどうかはその次ね。

物を減らせば、自分の「本当の好き」が見えてくる

heart-583895_640
物に溢れていた頃でも、私は
自分の好きな物しか持っていない
と思っていました。

でもそれは、物を買い続ける自分を正当化するための言い訳だったのかもしれません。
その証拠に、これだけ物を手放しても不自由しないどころか、
手放さなければ良かったと思う物が何一つないのです。

そして今手元にある物たち。
これらが「本当に好き」な物なのだと思います。

物を減らしたからこそ「本当の好き」に気づきました。
これからも自分の心に正直に、好きな物だけに囲まれた生活を送っていこうと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ