冷凍保存
こんにちは、坊主女です。


生ゴミを冷凍保存なんて!!

しょっぱなからそう思った人もいるかもしれません。


でも、実際に1ヶ月間生ゴミの冷凍保存を続けてみた私はメリットばかりを感じています。

そこで今回は、生ゴミを冷凍保存する方法と私が感じたメリットをご紹介します!


始めたきっかけ

私は2017年1月半ばに主人の故郷に引っ越しました。

そこで真っ先に直面したのが「ゴミの分別」問題。


今まで「分別が面倒→ゴミを減らせばいいじゃない」と思い、試行錯誤を重ねていました。

現在徐々にゴミは減ってきていますが、生ごみは完全にゼロにはなりません。

かといってゴミ箱に放置していると、冬場でも臭いや汚れは気になります。

どうしよう、と考えた時に食材と同じように冷凍保存すれば長く保管できるのではないか?と思いついたのです。


だって、その日に調理するまでは食材だった物ばかりです。

毎日処理すればなんの問題もないと考えました。


私の方法

では実際に、どのような方法で生ゴミを冷凍保存しているのかをご紹介します。

①毎日最後に生ゴミをまとめる

私は三角コーナーを使わず、普通にスーパーでもらえるこんなゴミ袋を使っています。
IMG_3514

一日が終わってまとめるとこれぐらい。
IMG_3888
夫婦二人暮らしのため、そんなに多くはありません。

まとめる際のポイントは水気はできる限りしぼること、かさを小さくすることです。


②冷凍庫内の箱に移動

冷凍庫にはこのような箱を置いています。
IMG_3843
セリアで買った普通のタッパーです。

容量は1リットルや3リットルの物もありますが私は2リットルのものを選びました。


私がなぜ、あえて中身が見えるこのタッパーにしたかというと
  • ゴミが目に見えた方が「減らそう」と意識する
  • 少し小さめの方が「減らそう」と意識する
という、「減らす」を強制的に意識するためです。


このタッパーを冷凍庫の隅にセットておき、生ゴミを入れます。
冷凍保存

③燃えるゴミの日に捨て、タッパーを洗う

燃えるゴミの日の朝、ゴミ袋に入れ替えて捨てれば終了。

空になったタッパーはその時に洗うと決めているので、洗い忘れもありません。


感じたメリット

このサイクルを1ヶ月間続けてみましたが、本当にメリットばかりです。

①ゴミ箱の臭いや汚れが気にならない

なぜ人はゴミ箱に嫌悪感を抱くのか。

それは生ゴミから発せられる臭いや汚れのせいなのだと今回はっきりわかりました。


生ゴミがなければ、それ以外のゴミからはほとんど臭いは出ません。

私はこのようなゴミ箱を使っていますが、それでも快適です。
IMG_3468
山崎実業 ゴミ箱 分別ゴミ袋ホルダー ルーチェ ブラック 7553


②ゴミ捨てが週1回で済み、ゴミ袋のサイズも最小に

私の住んでいる地域は、燃えるゴミの収集は週2回です。

でもゴミ箱から臭いも出なければ腐りもしないので、1週間溜めても問題ありません。

さらに冷凍してしまえば砕いてかさを減らせるのでゴミ自体もコンパクトになります。

おかげで「大中小」とあるゴミ袋の「小」で一週間分のゴミが捨てられるようになりました。


③食材を使い切る、を一層意識するようになった

ゴミに意識をしっかり向けることで、食材を出来る限り使い切ろうという意識がとても高まりました。

今まで捨てていた野菜の皮やヘタもお味噌汁へ入れたり、茶殻はほうきでの掃き掃除の際に埃が舞わないように撒いたり。

このように「食材に感謝し、使い切る」を意識できるようになったのは何よりも良かったと思っています。


まとめ

生ゴミの冷凍保存の方法とそのメリット、いかがでしたか?

「生ゴミの冷凍保存ってメリット多いんだな」ということがわかっていただけたかと思います。


生きている以上、生ゴミがなくなることはありません。


だからこそ上手に処理をし、快適な暮らしをしていこうと思います。