あなたが幸せなら、私も幸せ。
こんにちは、坊主女です。

多くのミニマリストさんが「ミニマルライフは幸せだ」と言います。
私もそう思います。

ただ、「ミニマルライフを送れば必ず幸せになれる」わけではないのです。
baby-203048_640

改めて「ミニマルライフ」とは?

このブログを通して幾度となく伝えていますが、それでも書きます。
ミニマルライフとは、本当に必要な物だけに囲まれ心豊かに暮らすこと。

そのため、ミニマルライフを送る中で多くの「不要な物」を手放すことになります。
時には「え?そんな物まで?」という物を手放したりもしますが、
本人にとって不要な物であれば世間の目など関係ありません。

こうやって物を減らしに減らした結果、わかることがあります。
一つは「多くの物がなくても生きていける」ということ。
もう一つは「物が自分を幸せにしてくれるわけではない」ということ。

今までは「物がある=幸せ」だと思い、せっせと物を集めていた。
だけど多くの物を手放して初めて気づいた。
幸せは、すでにこの手の中にあったのだと。

わかりますか?

幸せは「なる」ものではなく「気づく」もの

そうなのです。

五体満足で暮らせていること。
食事を「美味しい」と感じられること。
今、生きていること。

これらはどれもこの上なく幸せなことなのに、
物を持ち過ぎ、「物がある=幸せ」と考えている時には気づけないのです。

ミニマルライフを送る中で物を減らし、物がなくても生きていけるとわかったからこそ
「本当の幸せ」に気づくことができるようになります。

ということは、厳しい言い方をすれば
単に物を減らしただけでは幸せには「なれ」ないのです。
今ある物に感謝し、今生きていることに感謝する。
それができるようになって初めて幸せに「気づく」ことができるようになります。

幸せは、自分の心が決める

「物がある=幸せ」と捉えると、物がいくらあっても幸せを感じることはできません。
「物がない自分=不幸」「物を買うお金がない自分=不幸」となり、
不足感でいっぱいの毎日を送ることになります。

一方、「今生きていること」に幸せを感じられるミニマルライフ。
「生きてるだけで丸儲け」状態なので、毎日幸せな気持ちで暮らすことができます。
だからこそミニマリストは幸せなのです。

いつまでも不足感にさいなまされる毎日か、
どんなことにも幸せを感じられる毎日か。

どちらを望むかはあなた次第。
そして幸せに気づくのもあなた次第。

でも一つだけ言えるとするならば。
ミニマルライフを送れば、幸せに「気づく」ことはとっても簡単ですよ。