冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。
こんにちは、坊主女です。

今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。

氏神様へのお詣り

私は特に信心深い方ではありません。
神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした。

ですが、今の土地へ引っ越すときにふと
この地域の氏神様ってどこにあるんだろう
と気になったのです。 

まったくの新参者なんだからきちんと挨拶しておいたほうがいい、
と何かが教えてくれたのかもしれません。 

そうやって調べた氏神様に、引っ越してからすぐにお詣りしました。
それ以後「行かなければ」というより、不思議と「行きたい」と思うようになり
1日と15日には欠かさずお詣りに行っています。

伝えるのは「感謝」の気持ち

神社といえば、今ではすっかり「お願いごと」をする場所になっていますが、
実は元々は「感謝」をしに行く場所です。

今日まで無事生きてこれたこと
日々健康で暮らせていること
こうやって自分の足でお詣りに来れたこと

そういった「生かされていることそのもの」に感謝するのです。

とはいうものの、最初の頃はつい「お願い」しそうになっていました。
それでも何度か通ううちに、自然と「感謝」の気持ちが湧いてくるようになりました。

幸いなことに神主さんもいないような小さな神社なので、神様を独り占め(笑)。
たっぷりと時間をかけ、日々の感謝を伝えることができます。

そうやってお詣りを終えると、心が穏やかになっていることに気づきます。
呼吸が深くなっていることに気づきます。

そんな効果を感じ、また感謝の気持ちで神社を後にします。

なんでもない日に、お詣りに行ってみませんか?

近所に神社がない、氏神様がわからない。
そんな方も多くいらっしゃるかもしれません。
(こちらで聞けば氏神様はわかるようです→神社庁一覧
また、「わざわざお詣りするなんて」という考えもあるでしょう。

ですが、日常生活で「ありがとう」と言ったり感謝の気持ちを持つことはあっても、
手を合わせることはなかなかありません。

神社へいけば自然と手を合わせます。
手を合わせると、日々への感謝の気持ちがより強くなります。

別に決まった日でなくてもいいんです。
「ちょっと行ってみようかな」
そう思った日に一度お詣りし、感謝の気持ちを伝えてみてください。

心が温かく、穏やかに気持ちになれますよ。