こんにちは、坊主女です。


整理収納アドバイザー資格取得のため粛々と勉強を進めているのですが、本当にためになることばかりで毎日唸りっぱなしの私。

でも思ったのです。


こんなにためになる知識を独り占めするなんてもったいない!

是非みなさんにも知ってもらい、日々の暮らしに役立ててほしい!



そこで今回は知っておいて損はない!【整理収納5つの鉄則】をご紹介したいと思います。


<目次>

5つの鉄則とは?

そもそも「5つの鉄則」とは何か?

これは、人が物を使うという前提から考えられた「整理の具体的なスキル」です。

常に全ての鉄則を使うわけではなく、アイテムや場所によって使い分けたり組み合わせたり。


ただし、大前提としてあるのは整理した物を「より使いやすくするため」に取り入れる工夫であるということ。

鉄則を使うことが目的ではなく、自分や家族にとって使いやすい状態を作るための「知識の道具」であるということを覚えておいてください。


それではここから1つずつ見ていきます。


【鉄則①】適正量の決定

適正量とは、その人(家庭)のライフスタイルに合った必要な物の量のこと。

人や家庭によって当然異なります。

服や食器、ストック品などの整理に有効かと思います。


ここで最も大切なのは、適正量を「自分で決める」ということ。

自分で決めることで物と真摯に向き合うようになり、物を選ぶことに責任感も生まれます。


また、適正量を決めるとそれ以上は増やせません。

そのため新しく物を買う時は慎重になり、おのずと質の良い物を選ぶようになります。

さらに、「増やしたら減らす」のシステムが出来上がるので物が増えません。


このように、適正量の決定は整理収納の軸とも言えるでしょう。


【鉄則②】動作・動線にかなった収納

動作とは、立ったり座ったり手を伸ばしたりといった体の動きのこと。

動線とは、家の中で人が行動する道筋のこと。

つまり、
動作・動線にかなった収納とは「動作=上下方向の使いやすさ」と「動線=平面方向の移動しやすさ」を踏まえて収納場所を決めること。


たとえば、物を取り出す時に一番楽なのは「そのままの姿勢で取り出せる」場合だと思います。

そういったところによく使う物を置く。

また、アイロンをかけた後しまう場所が遠ければ、そのまま放置してしまうかもしれません。

その場合は置く場所かかける場所を変える、など。


ここで注意すべきは物が置きやすく、人がよく通る場所は散らかりやすいということ。

下駄箱の上やダイニングテーブルが散らかりやすいのはこのためです。

「散らかりやすい場所なのだ」と意識しておくだけで全然違いますよ。


【鉄則③】使用頻度別収納

使用頻度別収納とは、物を使用頻度によって5段階+1に区別し、収納に適した場所を考えること。

以下の段階に分けます。
  • 使用頻度1→毎日使う物
  • 使用頻度2→2〜3日に1回使う物
  • 使用頻度3→週1回程度使う物
  • 使用頻度4→月1回程度使う物
  • 使用頻度5→年1回程度使う物
  • 使用頻度6→年1回も使わないが、すぐ捨てる気になれない物

ここでのポイントは2つ。
  1. 使用頻度の高い物ほど定位置を決めると良い。
  2. 使用頻度6ボックスには必ず1年先の期限を書き、使わなかったなら潔く処分する。

1.には財布や鍵などが当てはまりますね。

出かける時に見つからず、時間や労力をロスしないためにも定位置を決めるのは大切です。


2.の「期限」は特に大切でしょう。

そして、1年経てばその多くは存在すら忘れているはず。「潔く」処分することが肝心です。


【鉄則④】グルーピングの活用

グルーピングとは、複数で1つの仕事をする物をグループとみなして一緒に管理すること。

例えば「トイレ掃除セット」と「お風呂掃除セット」を作りそれぞれ置いておくなどです。

この場合、仮に同じ洗剤を使っていても別で用意します。


一見不経済にも思えますが、どちらか一方にいちいち取りに行ったり、戻すのが面倒で置きっ放しにしたりすれば今度は探す時間と労力がかかります。

時間と労力をお金に換算すれば、同じ物を用意する方が安くつくはず。


グルーピングした物はグループを壊さないように収納する。

これが大切です。


【鉄則⑤】定位置管理

定位置管理とは、物の置き場所を正確に決めること。

また、その物に関わる全ての人が定位置を知っておくこと。



物が定位置管理されている状態は、整理の理想型でありゴールと言えます。 

だからこそ、定位置を決めるためには他の鉄則もフルに組み合わせなければなりません。

そして、ライフスタイルが変われば定位置を見直すことも大切です。


また、共同で使っている物の定位置を決めても全員が知らなければすぐに崩れてしまいます。

そのために「ラベリング」などを用いることも有効です。
 

できるところから取り入れてみよう

housing-900233_640
いかがでしたでしょうか。

以前から自然とできていたこと、初めて知ったこと、色々あると思います。


いずれにせよ、この5つの鉄則はあくまでも整理収納のための手段。

本当の目的は、自分や家族が常に物を使いやすい状態を作ることです。 


そのために、まずはできるところからでいいので取り入れてみてください。
 
ここが整理できた、あれがうまく収納できた。

そんな小さな整理収納の積み重ねが、あなたを心地よい暮らしに導いてくれるはずです。