トイレットペーパーの予備がなくなっても動じなくなりました。
こんにちは、坊主女です。

ストック品は安心のために置いておくもの。なかったら不安でしょうがない。

そんな方が多くいらっしゃると思います。
でも私は、「ストック品を持たない方が心は楽になる」と思っています。

<目次>
bottles-1167917_640

ストック品で溢れかえっていた過去

ミニマルライフを始める前の私は、家中ストック品で溢れかえっていました。

各洗剤には必ず詰替用を1個常備。
しかも「お得だから」と特大サイズを購入。
トイレットペーパーが特売だと聞けば買いに走り、
乾物類は持つよね?とあれもこれも買い漁る。

そんな風に買い集められたストック品たちは、私を安心させてくれるものだと思っていました。

でも現実は違いました。

大量かつ特大なストック品は収納場所を圧迫し、床にも溢れ出ます。
そのため掃除するにも一苦労、いつしか掃除すらしなくなりました。

食材はと言えば、いざ使おうと思うと賞味期限切れ。本当にもったいない。

さらに「何がどれだけあるか」を把握していないため、同じ物を買ってくることなどしょっちゅう。
強烈な自己嫌悪に陥り、自分を責める始末。

それはまるで、「ストック品がある方がストレス」という状態でした。

ストック品を手放したらかえって楽になった

ミニマルライフを始めてから、私はストック品を可能な限り持たないようにしています。

すると、不思議なことにストック品を持っていた頃より心穏やかに暮らせるようになったのです。

理由を考えてみました。

①あるかないかわからない、という不安を手放せた
ストック品が大量にあった頃は、使っている物が減ってきた時に
「あれ?ストックあったっけ?なかったっけ?」
と不安になってしまっていたのです。

今はシンプルに「なくなってきた→買いに行こう」というだけの話。
迷いは不安につながります。それがなくなり、心が穏やかになりました。

②賞味期限、消費期限を気にしなくてよくなった

ストック品は溜め込めば溜め込むほど「期限切れ」が増えます。

ストック品を持たなければ、
「あれ、まだ食べられるかしら?」
と気にしたり
「期限切れちゃった・・・」
と自己嫌悪に陥ることもなくなります。

人は「気がかりなこと」があると疲れます。

ストック品という「気がかり」がなくなり、心も疲れなくなりました。

③同じ物を買って自己嫌悪に陥ることがなくなった
ストック品を持たなくなると、「ない」が前提です。
あるとしても数がしれているので、何があるか把握できています。

そのため「あるのにまた買う」ということが起こらず、自己嫌悪に陥ることもありません。

自分を責めるのは本当に辛いです。
それがなくなり、自分を愛せるようになりました。

なくてもなんとかなる

vacation-2218989_640
結局のところ、これがすべてです。

醤油が切れたら醤油を使わない料理を作ればいい。
お風呂洗剤が切れたって、1日ぐらい水だけで洗ったって問題ない。
サランラップがなくなったところで特に困らない。

今の時代は物が溢れすぎています。
それに慣れてしまっているから、ないと不安になるんです。

なんとかなる。
不安を手放したい時、こう考えることで楽になれます。

ストック品がなくても、一人でも、先のことがわからなくても、なんとかなる。
もっと楽に生きてみませんか?