開業届 TOP
こんにちは、坊主女です。

趣味で作ったアクセサリーをネットで販売。
ブログを書いて副収入。

でもこれってお小遣い程度。何かしなきゃいけないの?

と思っている人は多いと思います。

しなきゃいけないんです!
そして、した方がいいんです!


「なぜ」しなければいけないのか?
「何を」しなければいけないのか?

そのすべてをお役所手続きに滅法強い坊主女が詳しく解説します!

<目次>

一定の所得があれば確定申告が必要

いきなり「???」となる言葉が連発されましたね。ゆっくり解説していきます。

まず確定申告ですが、国税庁のHPにはこのように記載されています。
所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続です。
ややこしい・・・。

要するに1年間の総所得をきちんと「確定」させ「申告」することです。

会社員のように会社勤めだけをしている場合は、月々の給与から「所得税」が概算で天引きされており、「年末調整」という形で会社が清算してくれるので確定申告は不要です。

年末になったら会社から「これ書け、あれ出せ」と言われるのは年末調整に必要な書類だからなんですね。


となると「会社勤めだけではない場合はすべて確定申告しなければいけないか」というとそうではありません。

一定の所得を超えた場合だけでいいのです。

一定の?所得?
見ていきましょう。

  1. 給与の支払いを受けている→給与所得以外の所得の合計額が20万円を超えた場合

  2. 個人事業が専業→年間の所得金額が38万円を超えた場合

1.は「副業で20万を超える所得があれば」ですからわかりやすいと思います。

では2.がなぜ38万円なのかというと、所得税を計算する際には「基礎控除」と言って所得から一律に38万円が控除されるのです。

所得が控除額を超えなければ所得がないのと同じこと。

だから38万円を超える所得があって初めて申告の必要性が出てくるというわけです。


ここで大切なことを一つ。
所得=収入ではありません。

所得とは、収入(売上など)から必要経費を引いたもの。

物を作って売っているなら材料費は「必要経費」となりますし、ブログを書くために買った本なども「必要経費」です。

それらすべてを引いたものが「所得」となります。


年間で20万円もしくは38万円。
そんなに稼げないと思っているかもしれませんが、月々だと約17,000円もしくは32,000円

実はあっさりクリアしてしまう可能性だってあります。

そこで!いよいよ開業届のお話になります。

なぜ開業届を出さなければいけないの?

一定の所得があれば確定申告をしなければいけないことはわかったけれど、なぜここで開業届?

そうですね、おっしゃる通りです。


そもそも開業届の正式名称は「個人事業の開業・廃業等届出書」と言います。

文字通り「個人が事業を開始する時に届け出る書類」です。


で、この書類は絶対に出さないといけないかというと・・・。

出さなくても特に何も起こりません。
(ルール上は出さないといけませんよ!)

じゃあ面倒だから出さない、ではないんです。

出すことによってメリットがあるんです!

それは、開業届を出すことによって「青色申告特別控除」が受けられるようになるということ。

青色申告?特別控除?
ゆっくり解説しますね、大丈夫。


個人が確定申告をする場合、その方法は「白色申告」「青色申告」があります(どこかで耳にしたことはあるのでは?)

「白色申告」
は届出の必要もなく、簡易な帳簿で構わないのですが節税効果はほとんどありません

「青色申告」は届出の必要はあり、きちんとした帳簿を揃える必要がありますが最大65万円の控除が受けられます

この控除額がめちゃくちゃ大きいのです!


たとえ所得(収入ー経費)が100万円だったとしても

  • 白色申告:100万円ー基礎控除38万円(一律控除)=62万円
  • 青色申告:100万円ー基礎控除38万円ー特別控除65万円0円

に対する課税になります。


副業であればもちろん助かります。

また、主婦であれば配偶者控除も影響してきますからご主人にまでメリットが!


え、でも・・・。
さっき「きちんとした帳簿を揃える必要がある」って言ってたけど、そんな知識ないし・・・。


ご心配なく!
きちんとした帳簿とは「貸借対照表と損益計算書」のことなのですが、今は多くの会計ソフトが出回っています。

会計ソフトに入出金を入力しておけば、ほとんどのソフトで帳簿はアウトプットされます。

税務署の方曰く「会計ソフトで作成された帳簿があればまず65万円の特別控除は受けられます」とのこと。


また、会計ソフトも有料のものばかりではありません。

少ない仕訳数(お金の出入りが少ない)であれば無料のソフトも多くあります。

ちなみに私は「MFクラウド確定申告」と「クラウド会計freee」を無料で試した結果、「MFクラウド確定申告」に決めました。


楽に帳簿をつけることができ、大きな節税効果も生まれる青色申告特別控除。

そのための大前提として「開業届」の提出が必要!というわけです。


いざ!開業届の提出へ

開業届の必要性とメリットがわかったところで、いざ!開業届の提出です。


開業届を提出し青色申告の恩恵を受けるためには次の2枚の書類が必要です。
  • 個人事業の開業・廃業等届出書(ダウンロードはこちら
  • 所得税の青色申告承認申請書(ダウンロードはこちら
どちらも最寄りの税務署で受け取ることもできますし、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。

私は税務署が近かったので直接受け取りに行きました。
開業届 青色申告
開業届の提出期限は法律上「事業開始から1ヶ月以内」となっています。

しかし実際は「じわじわ収入が増えてきたからそろそろ出しておこう」と思ったタイミングでも大丈夫です。

実際に私はそのように判断し、提出日当日を開業日としました(キリよく1日にはしましたが)。


むしろ「所得税の青色申告承認申請書」の期限の方が大切です。

原則は、青色申告書による申告をしようとする年の3月15日まで。

ただし1月16日以後事業を開始した場合はその日から2ヶ月以内となっています。

忘れることのないよう開業届と同時に提出するのがよいと思います。


2枚の書類のめちゃくちゃわかりやすい書き方と提出方法は、こちらの記事にて解説しています。


提出には持参と郵送の2つの方法がありますが、どちらにせよ無事提出が終われば晴れて個人事業主となり、青色申告の特別控除を受けることができるようになります!


<まとめ>やるべきことをやり、賢く節約・節税しよう

お役所の書類はわかりづらく、手続きも煩雑です。

だからと言って後回しにしたりやらなかったりすると、受けられるはずの恩恵が受けられないことが多くあります。

気づいた時にはすでに遅し、ではあまりにももったいない。


煩わしいからこそ早めに手を打ち、賢く節約・節税する。

その手助けとなるよう、これからも有益な情報をお届けしたいと思います。



☆私はこの2つの会計ソフトを無料で比較しました☆

(参考:国税庁HP