こんにちは、坊主女です。

私はミニマルライフを始めてから「音」がとても苦手になりました。

ところがその後、ふと流した音楽に涙し、今は心の氷が溶けた思いがしています。


今も積極的に音楽を聴くわけではありません。

でも、せっかくですから私がかつて好きだったアーティストと曲をご紹介しようと思います。


音楽の好みってすごく性格が出るじゃないですか(笑)。

だから、坊主女という人間のことがよりわかっていただけるのではないかと思っています。


①アンジェラ・アキ

めちゃくちゃ好きでした、アンジェラ。

髪が長かった頃は「ちょっとだけ似てる」と言われたことも(笑)。

魂をぶつけるように弾くピアノと声で、何度も涙し何度も救われた思い出があります。


一番好きだったのはやっぱり「サクラ色」かな。


思い出もたくさん詰まった曲です。


②鬼束ちひろ

少し時代が遡りますが、鬼束ちひろも大好きでした。

かなり暗いですけどね(笑)、この暗さがたまらなく好きで。

「からだじゅう血だらけになりながら歌ってる」イメージが今でもあります。


好きな曲はベタですけど「月光」です。



③Pe'z

Pe'zはご存知ない方の方が圧倒的に多いと思います。(ファンだった人是非教えて!)

路上ライブからスタートした男性5人組のジャズインストゥルメンタルバンド、Pe'z。

ほんと大好きでライブ行きまくってました(そんな時代もありました)。

2015年の暮れに解散してしまったのですがサウンドはめちゃくちゃかっこいいです。


好きな曲はありすぎて困るのですが、初期の曲の中から「Akatuski」をチョイス。



④宇多田ヒカル

宇多田ヒカルがデビューした時、私はめちゃくちゃ衝撃を受けました。

なんてアーティストが出てきたんだ!って。

だってあの時15歳でしたもんね、宇多田ヒカル。


それ以来すっかりファンになってしまいました。

一番好きな曲は「Addicted To You」です。



⑤椎名林檎

椎名林檎はその世界観にやられました。

そして何より言葉のセンスが抜群に好きです。

日本語の美しさを知っているからこそ選べる言葉の数々、韻、表現。

その歌詞というより「言葉」が好きなアーティストです。


一番好きな曲は「ここでキスして。」

ちなみにカラオケの十八番は「歌舞伎町の女王」です(笑)。



まとめ

坊主女がかつて好きだったアーティストと曲、いかがでしたでしょうか。

他にもよく聴いたアーティストや曲はたくさんあるのですが、5人選ぶとこうなりました。


あー、わかる!私と同じ!

そんなアーティストが1人でもいたら嬉しいです。