こんにちは、坊主女です。


私はこの1年間で「やりたいことだけをやる人生」に舵を切ることができました。

その経緯、そして私にどのような変化が起こったのか。

今回はそんなお話をしてみたいと思います。
the-eleventh-hour-1254207_640

やりたいことだけをやる人生に至った経緯

まずはじめに「なぜ私がやりたいことだけをやる人生に至ったのか?」という経緯を改めて。

①ミニマリストになった

2016年6月に私はミニマルライフを始めましたが、やはりこの影響は大きいです。

物を減らす中で自分と向き合う時間が増えたからです。

私が本当にやりたいこと、望む生き方は何だろう?

そんな自分の心の声に耳を傾け始めたのが「やりたいことだけをやる人生」のスタート地点だったと思います。

②時間が有限だと気づく

このことに気づいたのは1冊の本がきっかけでした。
IMG_3768

何度もご紹介しているのですが「この本に出会っていなければ今の私はないだろう」と思うぐらい衝撃を受けた本です。

この本を読み「時間は有限な希少資源なのだ」とやっと気づきました。

だからこそやりたくないことはやらない、やりたいことだけやる

そう決意するきっかけになりました。


③緊急搬送

2017年4月、私は救急車で緊急搬送されました。

この時私は初めて「死」を現実的に意識しました。


私は本当に明日死ぬかもしれない。

そんな今日、やりたいことをやれているか?

後悔しない1日を送れているか?



いつしか私は毎日自分にこう問うようになりした。

そして「やりたいことだけやる人生」へ完全に舵を切ることができたのです。


私に訪れた変化

このように「やりたいことだけをやる人生」を送るようになった結果、私には多くの変化が訪れました。

①毎日がとても楽しい!

sun-flower-2510555_640
自分が好きなことだけやっているのですから当然といえば当然です。

でもやっぱり、どんなことをしていてもすごく楽しいです。

例えば毎日の家事だって、以前は「面倒だなぁ」と思う時がありましたが今はそれすら楽しいと思えます。

毎朝ワクワクしながら目が覚める。

こんな幸せなことはないと思います。

②精神的に落ち着いた

lily-2221182_640
以前の私はちょっとしたことですぐ落ち込んだり、ヤケになったりすることが多くありました。

そのせいで主人を始め多くの人に迷惑をかけたと思います。

ですが今は感情の浮き沈みがとても少なくなり、特に落ち込むことが激減しました。

これが私にとって一番嬉しい変化です。

③自分で自分を認められるようになった

achievement-1238472_640
自己否定の塊だった私。

それが今や自分で自分を褒められるようになりました。

「出来なかったこと」ではなく「出来たこと」に目を向けられるようになりました。

こうやって自分で自分を認められるようになった結果、自分を愛し、他人を認めることができるようになりました。

こんなに心穏やかな日々は今までなかったです。


一度きりの人生だもの

「やりたいことだけをやる人生」と聞くとこう反発したくなる人が必ずいると思います。
  • それはただのワガママだ
  • 現実はそんなに甘くない
  • あなたは恵まれているだけ
本当にそうでしょうか?

それはただの思い込みではないでしょうか。


私は決して「今すぐ会社を辞め、家族を放り出して世界一周旅行に行けばいい」と言っているわけではありません。

まずは日々の小さなことから「やりたいこと」を選択していく

その積み重ねが「やりたいことだけをやる人生」だと思うのです。


今やっていることは本当に自分がやりたいことなのか?


私はこれからも、常に自分にこう問いながら一度きりの人生を歩んでいきたいと思います。