こんにちは、坊主女です。


早起きがいいのはわかっているけれどなかなか起きられない。

早起きするぐらいなら毎日1分でも長く寝ていたい。


そんな方がたくさんいらっしゃると思います。

でも!やっぱり早起きって本当にいいことばかり。

今回は毎日5時起きの坊主女が早起きするメリットを語ります!


5時起きスタートのきっかけ

lunch-box-749367_640
結婚するまでの私は「少しでも長く寝ていたい」人でした。

そのため起床時間はいつもギリギリ。

毎日疾風のごとく準備を済ませて家を飛び出していました。


そんな私が毎朝5時起きをするようになったのは、結婚しお弁当を作るようになってから。

それまでも自分のお弁当は作っていましたが、主人の分もとなると力も入ります。

本当はもっとゆっくり起きても間に合ったのですが、新婚だったのもあり(笑)毎朝張り切って5時に起きてお弁当を作っていました。


ところがこの「あえて早く起きた」ことで、私は早起きの良さに気づきました

だからこそお弁当を作らなくなった今でも5時起きを続ける結果となったのです。


早起きするメリット

それでは私が思う「早起きのメリット」をご紹介したいと思います。

①余裕を持って1日のスタートを切れる

run-2181103_640
朝にバタバタしてしまうと、出かける時に忘れ物をしたり、電車に乗り遅れたり。

さらにその流れを1日中引きずってしまって「何をやってもうまくいかない」なんてことにもなりかねません。


朝に時間ができると心の余裕が生まれます。

持ち物の点検だけでなく、1日の予定や「今日やるべきこと」の確認までできます。

このように、早起きすると余裕を持って1日のスタートを切れるようになります

②1人で考える時間を確保できる

考える
会社勤めをしていたり、結婚したりしていると「1人の時間」はなかなか取れません。

しかも「考える時間」となると尚更難しい、というのが正直なところだと思います。

この「1人で考える時間」を早起きすることで手に入れられます


しかもその考える時間が「朝」であることにはものすごくメリットがあるのです。

というのもDaiGoさんの「ポジティブ・チェンジ」という本にこんなことが書いてありました。
朝起きてからの2時間というのは、人間が最もクリエイティブな活動ができる時間であると言われています。
(中略)
平たく言えば、頭を使う仕事に一番向いているのは朝の2時間だ、ということです。
せっかく頭がクリエイティブになっている朝を使わない手はない、ということなのです。

ちなみに私は瞑想も取り入れながら、毎朝を「今後の自分のための時間」として使っています。


③ポジティブになる

ポジティブ
早起きでポジティブ?

そう思うかもしれませんが、朝からネガティブなことを考えるのはけっこう難しいです。

逆にネガティブなことを考えやすいのは「夜」。

外も暗いうえに疲れていますから、どうしても物事を良くない方向へ考えがちです。


早起きし始めると夜更かしが辛くなるので早く寝るようになります。

それはつまり、ネガティブに物事を考える時間が減るということ。

さらに早起きすればクリエイティブに物事を考える時間が増えますから、結果的に気持ちもポジティブになるというわけなのです。


まとめ

IMG_3225
早起きのメリット、いかがでしたか?

これぐらいのメリットじゃ早起きなんてしないよ、という人もいらっしゃるでしょう。

でも私は、毎朝昇ってくる朝日を見るだけで理屈抜きに「早起きして良かった!」と思います。

むしろそれだけでじゅうぶんかもしれません。


清々しい朝は自分が生まれ変わったような気持ちになります。

そんな気持ちを早起きで少しでも味わっていただけたらな、と思います。