こんにちは、坊主女です。


私は今までも定期的にミニマルライフについて迷って来ました。

時には家族との関係に悩んだり。


時には「持たない」ということに執着しすぎていた自分に気づいたり。


でも今回はそれどころではありません。

「ブログのタイトルを変えようか?」ぐらい悩み、迷っています。


私は何を望んでいるのだろう?

先日から私は「引き寄せ」を本気で再開し始めました。


奥平亜美衣さんの本を読みながら、忘れていた様々な考え方を思い出し、実践しています。

中でも「引き寄せ」の実践トレーニングは書き込みながら自分の気持ちに気づくことができるのでとても役立っています。
トレーニング 表紙

この本のワークの最初に「望みを明確化するトレーニング」というのがありました。

自分が望むものが明確でなければ叶うわけがないから、なんですよね。

その項目は
  • 欲しいもの
  • 恋愛・結婚
  • お金
  • 仕事・やりたいこと
  • 美容・健康
  • 人間関係
の6項目でした。


とにかく自分の心に正直に、正直に、本当の望みを。

そうやって心を掘り下げた先に見えてきた言葉はたった一つ。


自由、でした。



正直言って自分でも驚きました。

今の私は会社勤めもしていなければ、やりたいことをやりながら暮らしています。

状況だけ見れば相当自由な暮らしをしているはず。

それでも「もっと自由を」と望んでいたのです。


なぜこんなにも自由を望んでいるのだろう。

そう考えた時、ある思いが湧き上がってきました。


ミニマルライフが足かせになっている!

chains-19176_640
決してミニマルライフが悪いわけではありません。

私が、自分の行動や考えを「ミニマルライフ」という言葉で縛っていたのです。


こういう行動をするのはミニマリストとしてどうか。

こういう考え方はミニマリストらしからぬ。


こんな風に自分の心を縛り、何かにつけ「我慢」していたのです。

やれやれ。

これでは自由を望むに決まっています。


決して今の暮らしに不満はありませんし、幸せな暮らしをしています。

でも私はパーティのようなきらびやかな空間も大好きだし、そこへおしゃれして出かけるのもワクワクします。

アクセサリーも、賑やかな街も大好きです。

もっと言います。お金も大好きです。


これらを全部我慢して「ミニマルライフ」を送り続ける。

なんか違う、それって楽しくない。

私が最終的に望む幸せは「やりたいことだけやる」のはず。


イヤだ!もう我慢なんてしたくない!


とうとう私の心が叫んでしまいました。


自分自身の幸せのために

balloon-1046658_640
もう一度言います。

私は今もじゅうぶんに幸せで豊かな暮らしをしています。

だからと言って、自分の心に蓋をしてやりたいことを我慢したくなどありません。

もしその蓋が「ミニマルライフ」だとしたら・・・。


私はミニマルライフをやめます。


ミニマルライフをやめたからと言って私の何かが変わることはありません。

坊主女は変わらず坊主女です。


最終的には「幸せであること」が一番大切だと思っています。

これから少しずつミニマルライフから軸足を移し「やりたいこと」をもっと突き詰めていきたい。

これが今の私の正直な気持ちです。