こんにちは、坊主女です。


人は迷います。私なんか年がら年中迷ってます(笑)。

先日だってこのブログの方向性に迷い、更新さえ止まってしまうほどでした。


考えれば考えるほどドツボにはまり、迷いの沼へズブズブと引きずり込まれる日々。

そんな私が迷いを断ち切ることができたのは「たった1つのこと」をやったからでした。


あらゆる情報をシャットアウトした

censorship-610101_640
あらゆる情報をシャットアウトしたこと。

このおかげで私はブログに対する迷いを断ち切ることができました。

氾濫する情報が迷いを生む

そもそも迷いはなぜ生じるのか?

それは決断するための情報が多すぎるからです。


ジュース1本買おうと思っても、コンビニに行けば威圧感さえ感じる数のジュースがズラリ。

どれが美味しいのかしら?と調べようものならインターネットやSNSには「あれが美味しい」「これがイチオシ!」などの書き込みが山のよう。

結局決められずに店を出た、なんて経験がある人もいるはずです。


ブログの方向性についても同じでした。

いわゆる「ブロガー」と呼ばれる人たちの意見は多種多様。

調べれば調べるほど「こうやったらいい」「ああすればうまくいく」などの意見に迷いは増幅されるばかり。

ブログを書く手が止まってしまったのも今となっては納得がいきます。

助けて!という心の悲鳴

あまりの情報の多さに翻弄され、半ばパニック状態になってしまった私。

あらゆる情報をシャットアウトしたのも「冷静な判断」というよりは「助けて!」という心の悲鳴からでした。


インターネット、SNS、書籍、他人のアドバイスなどなど、とにかくありとあらゆる情報をシャットアウト

そこまでしてやっと私は迷いを断ち切ることができたのです。


なぜ迷いが断ち切れたのか?

ではなぜ、情報をシャットアウトすることで迷いが断ち切れたのでしょうか?

①自分と向き合うことができた

fantasy-2425643_640
情報を得ている時というのは、必ず何かの媒体(メディア・本・人など)と向き合っています。

でも情報をシャットアウトすると、向き合う相手は自分だけになります。

自分はどうしたいのか?どういう方向に進みたいのか?

ひたすら自分に問いかけ心の声を聞き続けたことが、迷いを断ち切れた一番の理由だと思います。

②自信を取り戻せた

board-2433978_640
自分と向き合う中で、私は徹底的に自分を肯定しました。

頭の中で「坊主女すごい!」「最高!」とかやってました(笑)。

でもこれ、ものすごく効果があるんです。

自分で自分を認めること
で私は自信を取り戻し、迷いを一蹴することができました。

③覚悟が決まった

achieve-1822503_640
情報をシャットアウトすると決断は自分の心一つです。

「誰かがこう言っていたから」「◯◯にこうアドバイスされたから」という言い訳がききません。

逆にそのことが私にとってはプラスに働きました。

「自分でこう決めたのだから」という覚悟が決まり、迷いを断ち切ることができました。


情報は多ければいいわけじゃない

social-1989152_640
情報に取り残される、情報を制する者は世界を制す、情報弱者・・・。

このように、情報というと「多く持っていることがすごくて、少ないのはダメ」というイメージはありませんか?


私は決してそうは思いません。

多すぎる情報を自分で咀嚼できず不安になるだけなら、ない方がましだと思います。


情報よりもっと大切なのは「自分はどう生きたいか」という自分軸

そしてそれは自分の心の中にしかありません。

情報に踊らされるのではなく自分の心に忠実に、私はこれからも生きていこうと思います。