坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

2017年01月

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!こんにちは、坊主女です。ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由そのため、どうやったら「楽 ... 続きを読む
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。
▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由

そのため、どうやったら「楽して綺麗」を維持できるかを日々模索中です。

<目次>

2か所の「蓋」を取っ払う

今回、本来備え付けられている「蓋」を取っ払いました。 

まずはキッチンのシンク。 
排水溝カバーがプラスチックタイプのものです。
IMG_3309
カバーを取っ払ったうえで、ゴミ受けもプラスチック→アルミタイプに変更しました。
IMG_3310 IMG_3311
私はニトリで購入しましたが、こういうタイプの物です。

続いてはお風呂。
こちらも排水溝の蓋です。
IMG_3397
これを取っ払って・・・
IMG_3425
この状態に。

取り外した物は退去の際元に戻さないといけませんから、まとめて保管します。

蓋を外した理由

蓋を外してしまうと、正直見た目はあまりよくありません。
それでも私が蓋を外したのには理由があります。

①蓋をすると、その下の汚れから逃げてしまう

これが一番の理由です。

蓋をしたらゴミや汚れが見えなくなります。
見えなくなると、表向きは綺麗なので「ま、いっか」ってなります(めんどくさがりな私の場合)。
そのうちに汚れが溜まってしまって、蓋を開けた時に
「うげっ!」
ってなりますし、溜まった汚れを取るのは一苦労です。

蓋をしなかった場合、とにかく強制的に汚れが見えます
見えたらゴミをこまめにとったり、洗ったりと綺麗にします。
結果、汚れが溜まることなく綺麗が維持できます。

基本自分に甘いので、
「見えないもの=ないもの」
になっちゃうんですよ。

だからこそ、強制的に掃除させる手段として蓋を外したわけです。


②蓋そのものがヌメるので掃除が面倒
これ、本当に面倒です。

汚れ、洗剤、水といった物がすべて蓋を通っていくわけですから、一日で汚れの宝庫になります。
不衛生だし、毎日綺麗にするのがめんどくさい。

それならいっそ、なければ問題そのものが生じない、というわけです。

<最後に>臭い物こそ、蓋をするべからず

2か所の蓋を外してから、掃除が格段に楽になりました。
掃除する箇所も減りましたし、マメに綺麗にするので汚れが溜まらない。

そして、この「蓋をしない」ということは掃除に限らず収納などにも当てはまると思うのです。 

たまった物をとりあえずクローゼットに押し込む。
ごちゃごちゃしているから布で覆って隠す。

隠しても問題は解決しません。
汚れや物と向き合うためには蓋をしない、隠さない。

私はこうすることで、より快適な暮らしを求めていきたいと思います。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

「サヨナラ」と聞いて思い出す曲はなんですか?私は「セーラー服と機関銃」(ふるっ)。こんにちは、坊主女です。ミニマリストのくせに使ってるの?なんて思われるぐらい、使っている人が少ないキッチンの「洗い桶」。ですが私は今までずっと使っていました。関連記事:ミニ ... 続きを読む
「サヨナラ」と聞いて思い出す曲はなんですか?私は「セーラー服と機関銃」(ふるっ)。
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストのくせに使ってるの?
なんて思われるぐらい、使っている人が少ないキッチンの「洗い桶」。
ですが私は今までずっと使っていました。
関連記事:ミニマリストだけど、私の家にあるもの3つ。

今後もずっと使い続けるだろうと思っていたのですが・・・。

<目次>

引っ越し後のキッチンが狭かった(涙)

部屋を決めた時点で狭いのは承知していたつもりでした。
でもでも、実際に暮らし始めてみるとやっぱり狭い。

引っ越し前が広すぎたから余計だと思います。
前のキッチンを左、今のキッチンを右に並べてみます。
IMG_3101 IMG_3417
比較したら歴然ですね。

シンク内も今はこんな感じ。
IMG_3415
手持ちの洗い桶が大きすぎるのもありますが、全体的に狭いキッチンでは収納場所にも一苦労。
洗い桶に罪はないのですが、はっきり言って「邪魔」になってしまいました。

「邪魔」なだけではない、手放す理由

邪魔になったから手放す。
ちょっと安直な行動に思えます。

実は、洗い桶を手放そうと思ったのは
以前メリットだと思っていたことがそうでなくなった
からでもあります。

以前の記事では、「洗い桶を手放さない理由」を3つ挙げていました。
  • つけ置きで汚れが取れやすくなるので水道代の節約になる
  • ガサツなので割れないように水を張ってそこに食器を入れたい
  • ふきんなどの漂白にもしっかり使える

しかしよく考えてみると、引っ越す前から食事が終わればすぐに洗い物をするので、汚れがこびりつくこともありませんでした。
また、ガサツなのは間違いないけれど(笑)食器を割ったことなどほとんどありません。
漂白も、ボウルなどで代用可能です。

メリット、なくなっちゃいました。
「邪魔になった」というのは手放すための後押しでしかありませんでした。 

<最後に>快適に暮らすために、手放す

便利な物があれば快適に暮らせる。
以前の私はそう思っていました。

ですが、 物が増えれば整理も管理も大変。
便利と言われる物に囲まれて、実は不便な暮らしを送っていたのだと今なら思います。

ミニマルライフを送るようになってから、本当の快適さは
「物を減らし、空間を増やす」ことによって得られる
と実感しています。

これからも、一つひとつの物としっかり向き合いながら
快適な暮らしを実現できるようにしていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

大浴場で誰もいないと泳ぎますよね?ね?こんにちは、坊主女です。主人のたっての希望だった旅行から帰ってきました。▶旅行は贅沢?ミニマリストはケチ?私なりの考え方 今回の旅行の目的は「温泉でゆっくりする」こと。もちろん温泉も満喫したのですが、折につけ「ミニマ ... 続きを読む
大浴場で誰もいないと泳ぎますよね?ね?
こんにちは、坊主女です。

主人のたっての希望だった旅行から帰ってきました。
▶旅行は贅沢?ミニマリストはケチ?私なりの考え方 

今回の旅行の目的は「温泉でゆっくりする」こと。
もちろん温泉も満喫したのですが、折につけ「ミニマルライフを送っていて良かった!」 と再確認した旅行でもありました。
snow-monkeys-1394883_640 
<目次>


良かったこと① 荷物が少なくて身軽だった

これは予想通りですよね。
もう荷ほどきをしてしまったため画像がないのですが、主人が大きなスーツケースをゴロゴロ言わせている横で、スカスカのボストンバッグ一つで出かけました。

着替えも「途中で洗濯すればいい」と思っていましたし、
宇津木式スキンケアに湯シャンを実践しているため、首から上で必要な物が何もないのです。
関連カテゴリー:美容のこと

荷物が重いとそれだけでしんどいものですが、とっても身軽。
多少のお土産を買っても問題なし。 

旅の疲れがほとんどなかったのはこの身軽さが大きかったと思います。

良かったこと② 行きたい時に温泉に入れた

女性の場合、お風呂に入る時には髪やお化粧、そういったことが気になります。

温泉に早く入りたいけど、お化粧はまだ落とせないし・・・、とか
髪を洗ったら乾かすのが大変、とか。

こういった煩わしさが私にはまったくありません。
普段からお化粧しなくても大丈夫な肌ですし、なにせ坊主頭(笑)。

宿に着いたら子供のように温泉へ一目散!
自分でもこんなに楽だとは思いませんでしたよ。

良かったこと③ かけるべきところにお金をかけることができた

普段はミニマルに暮らしているので、勝手にお金を使わない生活になっています。
ということは勝手にお金も貯まっているので、「ここぞ!」という時に気持ちよくお金を使うことができます。

年に何回も旅行に行く私たちではないので、行く時にはケチケチしません。
そうやってお金を使い、素晴らしいサービスを受けることは心の豊かさへとつながります。

お金の使い方を間違えなかったこと。
これもミニマルライフを送っているおかげだと思います。

<祝200本!>充電完了!気持ち新たにブログに取り組みます!

glasses-213156_640
ライブドアブログさんへ移転してからブログの更新が加速しているのはわかっていたのですが、
あっという間に200本目の記事となりました。
【お知らせ】ライブドアブログに移転しました。ご縁と運命に感謝!

日頃読んで下さっている皆様に改めてお礼を申し上げます。

年始から引っ越しや旅行とお祭りのような日々を送ってきましたが、いよいよ地に足をつけて日常生活を送っていかなければならないと思っています。
また、やっと落ち着いてブログを更新できる環境になってきましたので、これからますます皆様のお役にたてる記事を更新していかなければと気持ちを新たにしています。

どうぞ皆様、これからも宜しくお願いいたします!


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

まだまだ柔軟性が足らずに反省しきり。 こんにちは、坊主女です。 ミニマルライフを始めてからただでさえ掃除が大好きになったのに、 引っ越してから掃除がしたくてしたくてたまらない状態です(笑)。 そんな私に立ちはだかる大きな問題が。 <目次> 引っ越し前後で ... 続きを読む
まだまだ柔軟性が足らずに反省しきり。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてからただでさえ掃除が大好きになったのに、
引っ越してから掃除がしたくてしたくてたまらない状態です(笑)。

そんな私に立ちはだかる大きな問題が。

<目次>

引っ越し前後でしもやけが悲惨なことに

寒い中での引っ越しだったのである程度覚悟はしていたのですが、
年末年始の大掃除の時点ですでにしもやけだった手が悲惨なことになってしまいました。
▶水仕事でしもやけ!?やせ我慢はいけません・・・。  

見てください、これ。
IMG_3316
あまりの痛さに夜も寝られないぐらいです。
ここまで来ると、お湯だろうが水だろうが関係なしに痛いです。

でも!
私は掃除がしたいんです!
雑巾がけに拭き掃除、キッチンも洗面所もお風呂もガッツリ掃除したい!

もはや狂ってるんじゃないかというぐらい掃除したい衝動にかられ、
今までかたくなに拒んでいた「これ」に手を出しました。

「ビニール手袋」を使ってみた

え?それ拒んでたの?
って言われそうですが、すごく嫌いだったんですよね、ビニール手袋。

だって、ビニール手袋をはめると指先の感覚が鈍るじゃないですか。それが嫌いで。
でも、しもやけの痛さ掃除したさには勝てませんでした。 

近所のドラッグストアで手始めに使い捨てタイプを購入。
IMG_3314
沢山入っている物だとこういったのもありますね。


ファミリー ビニール 手袋 極うす手 炊事・掃除用 Mサイズ 半透明 50枚


実際に装着してみるとこんな感じ。
IMG_3320

そしてさらに雑巾をしぼり、そのまま掃除を始めてみました。
しもやけが痛くない!しかも快適! 

意固地になってた自分をグーパンチです。
指先の感覚が鈍るのもしれていますし、もちろん破れることもありません。
さらに使い捨てタイプなので衛生的。 

これで狂ったように(笑)掃除ができます。

<最後に>毎日雑巾がけができる幸せを噛みしめる

毎日掃除すること、雑巾がけすることが楽しくて仕方なくなるなんて、
以前の私からは考えられませんでした。

でも、楽しいだけではなく
「毎日雑巾がけができること」ってとても幸せなことだと思うようにもなりました。

いつでも雑巾がけができるぐらい、物がないこと。
雑巾がけを毎日できる時間があること。

ミニマルライフを始めなければ、この環境にはなりませんでした。
今の幸せを噛みしめながら、これからも毎日雑巾がけをしたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

意外と、料理もデキる女。 こんにちは、坊主女です。 引っ越し前から宣言していたキッチンの大改革。 引っ越し先がプロパンガス、以前のガスコンロは引っ越しを機に処分決定。 とにかくコンロをどうするかが最重要課題でした。 関連記事:ミニマリストとして、引っ越したら ... 続きを読む
意外と、料理もデキる女。
こんにちは、坊主女です。

引っ越し前から宣言していたキッチンの大改革。
引っ越し先がプロパンガス、以前のガスコンロは引っ越しを機に処分決定。
とにかくコンロをどうするかが最重要課題でした。
関連記事:ミニマリストとして、引っ越したらキッチンの大改革をしたいんです!
関連記事:私が、手放す物こそ綺麗にする理由


<目次>


コンロの買い替えへ向け、主人へのプレゼン

コンロの買い替えは家計からの出費であり、決して安くはない買い物です。
プロパンガスについて、IH調理器について、一生懸命調べました。


まずはプロパンガス。
「プロパンガスは高い」と聞いていましたが、実際に調べてみて愕然。
都市ガスと同じぐらい使うと想定してシュミレーションしたところ、
我々夫婦では3倍以上の価格差になりました。

もちろんガスの使用量の大部分は「給湯」なので、キッチンのガス使用量は全体の20%ぐらいのようですが、
気持ち的にも高いものをわざわざ使いたくないと思いました。


続いてIH調理器。
調理器自体は様々ありますが、
据置型でも必要なボルト数が上がってしまうものは工事の必要が出てくるので、
設置費用が相当かかってしまいます(合計15万以上かかることもあるとか)。

う~ん、それならガスコンロでも一緒かなぁ、と諦めかけたのですが、
工事の不要な調理器もあると知り、「これだ!」と主人にプレゼンをしました。

パワーポイントまでは使っていませんが(笑)、具体例や数字を示してけっこう必死にプレゼンしたところ

「それ、いいやん」

とのお言葉。やった!
ま、主人は料理を一切しませんから口を挟めなかったのかもしれませんけどね。

実際に購入したクッキングヒーターがこちら

今回購入したのはこちらの機器です。

山善(YAMAZEN) 2口IHクッキングヒーター (幅59cmタイプ) IHW-S1460G(B)


山善(YAMAZEN) 2口IHクッキングヒーター専用台 ダークブラウン IHW-5736(DBR)
 
本体自体は6㎝と大変薄く、移動も楽です。
また、下の台もスペースが空いているのでフライパンなどを置けます。 

届いて早速キッチンに設置しました。
IMG_3231
なんかカッコイイ!
使わないくせにデザインにはうるさい主人も「なかなかええやん」と太鼓判。

空いているスペースは結構広いです。
IMG_3233
設置はコンセントをさすだけでとても簡単。
IMG_3235
電源を入れるとすぐに使えました。

そこで早速手持ちの鍋がどこまで使えるかをチェック。
ある程度覚悟はしていたものの、お役御免になった鍋がこんなにもありました。
IMG_3242
ティファールが全滅だったんですよね・・・。これは辛い。
あと、アルミの鍋はアウトです。
ちなみに言うと、陶磁器や土鍋もダメです(IH対応ならOKですが)。

その結果、我が家に残った鍋はこれだけとなりました。
IMG_3245
この二つ、20年以上連れ添ってます。
ティファールなんざまだまだ甘ちゃんよ。
とでも会話していそうな鍋とやかん。今回ばかりは頼もしさを感じました。

鍋の断捨離もしていなかったわけではないのですが、あればあったで使ってしまっていました。
このように強制的に断捨離せざるをえなくなって、むしろ良かったと思っています。

また、実際の使用感についてですが、
まだ数回しか料理していないものの火力に不満は感じません。
2口合わせて1400ワットまで、というリミットがあるので、
2口同時に強火にすることはできませんが、夫婦二人なら問題なさそうです。

<最後に>料理が楽しくなりそうな予感がします!

暮らし始めた土地は、食材がどれもこれも美味しくて、スーパーに行くたびにワクワクします。
関連記事:田舎に引っ越して良かった3つのこと 

そのうえ、新しい調理器が加わってワクワクも倍増! 
決して嫌いではなかった料理ですが、これからは大好きになりそうです。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

自分でもこんなに早く馴染むとは思っていませんでした。 こんにちは、坊主女です。 田舎に引っ越して1週間。 いくらなんでもこの記事は早いんじゃない? なんて思われるかもしれませんが、とんでもない! 義父の介護・義両親の面倒を見るという事情があっての引っ越しでは ... 続きを読む
自分でもこんなに早く馴染むとは思っていませんでした。
こんにちは、坊主女です。

田舎に引っ越して1週間。
いくらなんでもこの記事は早いんじゃない?

なんて思われるかもしれませんが、とんでもない!
義父の介護・義両親の面倒を見るという事情があっての引っ越しではあったのですが、
私は田舎に引っ越して本当に良かった!と思っています。
関連記事:引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

<目次>

良かったこと① 食べ物が美味しい!

今の時代、流通も発達したので日本全国どこでも同じ物が食べられると思っていました。

ところがどっこい。
素材の味が全然違います!
本当にびっくりしました。

農業をされている家も多い地域であり、
お米や野菜、果物などはスーパーにも地場の物が多く並んでいます。
そのどれもこれもが新鮮でみずみずしく、大きい!美味しい!

また、海も比較的近くにあるため、お魚も安くて美味しい!

こちらの地域の食材を使って初めて作ったおにぎりと味噌汁の美味しかったこと!

水のおかげなのか空気の綺麗さのおかげなのかわかりませんが、
大阪に住んでいた頃との違いに驚きつつも幸せです。
食べ過ぎで太りそうですが。

良かったこと② 主人がイキイキし始めた!

決して大阪に馴染んでいなかったわけではない、と主人も言っていますが、
今思うと大阪での暮らしはしんどかったんだろうなぁと感じます。

しゃべるペースや行動が、少し遅いのです(大阪と私が早すぎる)。
だからよく人にぶつかったりしていました。

ところが、引っ越した直後から水を得た魚のようにイキイキし始めました。
それは、主人の行動ペースと街のペースが同じだからと気づいて納得。

やっと本来暮らすべきところに帰ってきたのだと思うと、私もとても嬉しく、幸せに思います。

良かったこと③ 生活が勝手にミニマルになる!

田舎は、欲しい物がすぐ手に入る環境ではありません。
 
引っ越し前の家は徒歩5分以内にコンビニが6件(!)もあるような場所にありましたが、
今は探すのに一苦労。

また、お店が集まっている場所が限られているため行動範囲も決まります。
一見不自由にも思えますが、今の私にはちょうどいいです。

なぜなら、必死にならなくても勝手に生活がミニマルになるから。

また、店が少ない、行動範囲が狭いということは、選択肢が減るということ。
選択肢が減ると迷うことがなくなるので、気持ちが楽になります。 

<まとめ>ミニマルライフ、加速の予感

この朝日は、毎朝ブログを書いている時に真正面から昇ってきます。
こんな景色、引っ越し前には絶対に見れませんでした。

こういった一つひとつのことが幸せでなりません。
田舎に引っ越してきて本当に良かった。 

そして、暮らしが勝手にダウンサイジングしていくのを日々感じています。
私が何もしなくてもミニマルライフが送れそうなぐらいですが、さらにギアを入れて加速させていきたい、と思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ    

もう、髪が長かった頃の自分を思い出せない。 こんにちは、坊主女です。 田舎の人は閉鎖的だから・・・ なんてあちこちで心配されていましたが、今のところ坊主頭だからといって何か問題があったかというと特にはありません。  閉鎖的とか言ってる方がよほど偏見だと思うん ... 続きを読む
もう、髪が長かった頃の自分を思い出せない。
こんにちは、坊主女です。

田舎の人は閉鎖的だから・・・
なんてあちこちで心配されていましたが、今のところ坊主頭だからといって何か問題があったかというと特にはありません。 
閉鎖的とか言ってる方がよほど偏見だと思うんですよね。 

<目次>

新しい暮らしは「探す」ことから始まる

hand-1701969_640
今まで一度も引っ越したことがない、
という人は少数だと思うのでご理解いただけると思いますが、
新しい土地で暮らし始める時に、まずは「探す」ことから始まると思います。

手続きをする役所はどこか。
安いスーパー、新鮮な物を置いているスーパーはどこか。
銀行は?クリーニング屋さんは?

今でこそインターネットが普及しているので調べやすくはなっていますが、
それでもインターネットを使って「探す」という点でやはり同じです。

そんな沢山の「探す」の中でとりわけ高度なもの。それが
自分に合った腕のいい美容院を探す
ではないでしょうか。

「美容院」に関するストレスがない幸せ

言うまでもありませんが、私は坊主頭です(今更すぎる)。
最初は美容院でカットしてもらいましたが、ほどなくセルフカットを始めて今ではお手の物。
▶美容院代がついに0円!坊主じゃなくても(笑)セルフカットはメリットいっぱい! 

そして今回の引っ越しで、しみじみと
坊主頭にして、セルフカットにして良かった
と感じています。

だってですよ。
住み慣れた街でも自分に合った美容院・美容師さんを探すのは至難の業です。
それを見知らぬ土地で一から探すなんて!

それに、当分はやらなければならないことがありすぎて、美容院探しにまで頭が回りません。
さらに、引っ越しでお金が相当ぶっ飛んでいってますからお金もかけたくない。

ビバ!坊主頭!
ビバ!セルフカット!
 

<最後に>迷う対象が減るほど、楽に生きられる

生きていれば人は誰でも迷うもの。
なんて言いますが、迷う心はとても苦しい。

それならば、迷う対象がなくなれば良いのです。
対象がなくなれば迷うこともなくなり、心穏やかに生きることができます。

そのための断捨離であり、そのためのミニマルライフ。 
物であれ事であれ、迷う対象をどんどん手放していきたいです。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ    

ついこの間まで「夜行バス弾丸ツアー」を平気でやっていました。 こんにちは、坊主女です。 「引っ越して、旅行に行ったら転職活動頑張る」 という主人の言葉を真に受けて計画した今回の旅行。 ▶「プロに頼む」という選択肢で、ストレスを手放し時間と満足を手に入れる。 ... 続きを読む
ついこの間まで「夜行バス弾丸ツアー」を平気でやっていました。
こんにちは、坊主女です。

「引っ越して、旅行に行ったら転職活動頑張る」
という主人の言葉を真に受けて計画した今回の旅行。
▶「プロに頼む」という選択肢で、ストレスを手放し時間と満足を手に入れる。
 
正直なところ、引っ越しの後片付けに追われていて旅行の準備はまったくなのですが
出発の日が近づいてきました。

<目次>


旅行は贅沢なのか?

元々、私は「趣味=旅行」ではありません。
旅に出る時には「目的(誰かに会う、何かを見る、など)」が必要で、
その目的さえ達成できれば、交通手段や宿泊場所はなんでもOKです。

そのためか、私にとって「旅行そのものが目的」の旅行は、どこか「贅沢なもの」という感覚がありました。

では主人は私と反対なのか?
というと、主人も旅行そのものすらほとんど行ったことがない人です。
そんな主人が「旅行に行きたい」という理由は、

夫婦としての思い出作りがしたい

ということのようです。

普段からあまり外出をしない私たち。
共に無職の時期なんて人生でそうそうありませんから、
「思い出」というお金に変えられないものを得るための旅行は決して贅沢ではないのだと思います。

ミニマリストはケチなのか?

旅行が贅沢、と思う私はケチなんだろうか?
と考えているうちに、
単に私がケチなのか、ミニマリストとしての私がケチなのか
と頭がこんがらがってきました。

これについてはっきり言えることは、

ミニマルライフを始めてから自然とお金を使わなくなった。
しかし、必要な物には潔く(大きなお金でも)払えるようになった。

ということです。

ミニマルライフを始める前の私は「ただのケチ」でした。
「捨てるのがもったいない」と着ることのない服をためこみ、
欠けている食器も平気で使い、食費を削っていました。
それなのにお金は貯まらず、心はどんどん貧しくなってくる一方でした。

ですが、ミニマルライフを始めてからは、
不要な物を手放すことで空間が生まれ、心にゆとりが生まれました。
必要な物が減った分、本当に必要な物にお金をかけることができるようになったため、
大切な物だけに囲まれ、心豊かに、幸せに暮らすことができるようになりました。

だから、ミニマリスト=ケチではありません。
これは断言しておきたいです。 

<最後に>気持ちよくお金を使って循環させていきたい

今年は様々なことを「循環させる一年」だと年始から考えています。
▶年始7日間で10万以上の臨時収入!私がやった2つのこと。
▶「現金すくい取り」に見る、お金を循環させることの大切さ。 

旅行に行けば美味しい食材もあるだろうし、大切な人に贈りたいお土産もあるはず。
旅先の人々のもてなしも楽しみです。

そういったことには惜しみなく、気持ちよくお金を使い、循環させていきたい。
それが必ず自分のところへ帰ってくるのだと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ    

気分上々↑↑、なんて書くと世代がバレますね。こんにちは、坊主女です。布団カバーを替えたら運気が上がるの?と思われるかもしれませんが、引っ越しというきっかけもあり実証実験です。<目次>ニトリで一式揃えました 「運」は寝ている間に作られる <最後に>これからも ... 続きを読む
気分上々↑↑、なんて書くと世代がバレますね。
こんにちは、坊主女です。

布団カバーを替えたら運気が上がるの?
と思われるかもしれませんが、引っ越しというきっかけもあり実証実験です。

<目次>

ニトリで一式揃えました

ミニマリスト=無印良品
と思ってらっしゃるかもしれませんが、個人的にはニトリが好きです。

無印は私としては無機質すぎるというか・・・。
あと、ちょっとお高めですし。

あとは引っ越し先でも大きなニトリがあることがわかっていたので、
今後の買い替えのことも考えてニトリで一式揃えることにしました。

購入したのはこちら。
IMG_3160
十分無機質ですが(笑)。
茶色い枕カバーは主人用。
汗かきなので2つ用意しておきました。

これを引っ越し前に買っておき、引っ越しのタイミングに合わせて付け替え完了です。

「運」は寝ている間に作られる

以前の布団カバーは5年以上(!!)使っており、元々引っ越しを機に替えるつもりはしていました。 
逆に言うと、今までの私なら引っ越しぐらいのイベントがなければ替えることもありませんでした。

ところが、先日から度々ご紹介している「月の浄化術」という本を読んで以来
「もっとこまめに替えなければ!!」
と思うようになりました。

「運のつまり」を取れば、幸運はあたりまえにやってくる! Keiko的 月の浄化術

[著:Keiko]
楽天ブックスはこちら 

Keikoさんは「布類は邪気の温床」と仰っています。
布はただでさえ邪気を吸いやすいうえ、
直接肌に触れる物が多いために私たちの古いエネルギーを目いっぱい吸い込んでいると。

そして、エネルギーシフトに直結するのが寝具類を替えること。
なぜなら、「運」は私たちが寝ている間に作られるから、とのこと。

おぉぅ・・・。
私は邪気にくるまって寝ていたのか。

こらあかん、こまめに替えなければ!
となるのも当然の話です。

<最後に>これからも物を減らして運気をアゲていきたい!

私は風水などに関してはそんなに詳しくありませんが、
ミニマルライフを始めてから運気は上がっていると感じています。

引っ越したことも私のミニマルライフを加速させてくれましたし、
ライブドアブログさんへの移転は私の今後を左右する大きな節目でした。
▶【お知らせ】ライブドアブログに移転しました。ご縁と運命に感謝!

なぜ運気が良くなったのかな?と考えると、やはり
物を減らすことで新しいものが入りやすくなったから
だと思うのです。

私たちはもっともっと幸せになれます。遠慮は無用。
だから私は、これからも物を減らし続け、運気をアゲていきます!


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

髪がないのも幸せですよ。こんにちは、坊主女です。少しずつ、少しずつ部屋が出来ていっています。それはもう、とても至福な作業です。そして、出来上がった部屋を見て改めて幸せを噛みしめています。関連記事:引っ越し先が決定!ミニマリストとしてどんな部屋を作る?ワク ... 続きを読む
髪がないのも幸せですよ。
こんにちは、坊主女です。

少しずつ、少しずつ部屋が出来ていっています。
それはもう、とても至福な作業です。
そして、出来上がった部屋を見て改めて幸せを噛みしめています。
関連記事:引っ越し先が決定!ミニマリストとしてどんな部屋を作る?ワクワクが止まりません! 

<目次>

いくつかの部屋をご紹介します

キッチンや洗面所はまだまだ試行錯誤中ですが、
今回は「リビング」と「寝室(和室)」をご紹介します。

まずはリビング。
IMG_3276
ほぼ理想通りです。

コタツは以前から使っている物ですが、床の色味にも合っているので満足。
レースカーテンの向こうは出窓になっていて、日の出が真正面に見えます。 
とっても幸せです。

ただ、このリビング、普段は机の上に主人のお菓子が載っています。
IMG_3277
この点にはあまり満足していませんが、そこまで神経質になるのも、ね。

続いて「寝室(和室)」です。
IMG_3279
以前の部屋も和室があり、そこで寝ていました。
ですが、布団をしまうスペースがなくてとても不便でした。 

今回、物を減らしたおかげで押入れにスペースができ、収納できて大満足。

着物が入っている桐箱は、押入れの奥行よりも幅があるので収納を模索中。
でも毎日着物生活のためには出しっぱなしの方がいいかな、なんて思っています。
関連記事:本気で着物生活へ!洋服の断捨離ルールも決め、いざ! 

物がないと、なぜ幸せなのか

沢山の物に囲まれた生活の方が幸せなんじゃないの?
と思う方もいらっしゃるとは思うのですが、
私はやっぱり物がない暮らしの方が幸せだと実感しています。

①心にゆとりが生まれる
自然のあるところに出かけると、気持ちいいのはもちろん心が落ち着きます。
それは空気がいいなどの理由もありますが、
目の前に広がる空間の広さ
も大きな理由だと思います。 

部屋も同じ。
空間があればおのずと心が落ち着き、ゆとりが生まれます。

②掃除・片づけが楽
物が多ければそれだけ掃除が億劫になります。
掃除を怠れば部屋は汚れ、快適な空間ではなくなります。

逆に、物がなければどける必要もありませんし、掃除する場所も少なくて済みます。
綺麗な部屋に住めば気持ちも明るくなります。

③迷わなくなる
服選びなどが典型的かと思いますが、 
「今日何を着ていこう」
と考えることは楽しくもあり面倒な作業です。

自分が「何かに迷っている」時の心を思い出してほしいのですが、
焦りやストレス、苦しみといった「ネガティブな心」になっていると思います。

物がなければそもそも迷う対象がありませんから、ネガティブな心になることもありません。 
こうやって心穏やかに暮らせるようになります。

<最後に>もっと物を減らしたい

まだ減らすの!?
と言われそうですが、物の配置が決まっていないキッチンなどを片づけていると
あ~~、物が多すぎる!!
ってイライラしてしまいます。 

物を収納するために収納用品を買うのは最後の最後。
まずは可能なところまで物を減らしていきたい。 

物がない幸せを、これからも突き詰めていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ  

根拠のない自信、という言葉が好き。 こんにちは、坊主女です。 引っ越しは、持ち物の整理ができるという点も良いのですが 「持ち物の徹底的な掃除ができる」というのもメリットだと思います。 <目次> 冷蔵庫掃除に対する誤解 YOU!分解しちゃいなヨ! ... 続きを読む
根拠のない自信、という言葉が好き。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しは、持ち物の整理ができるという点も良いのですが
「持ち物の徹底的な掃除ができる」というのもメリットだと思います。

<目次>

冷蔵庫掃除に対する誤解

我が家は夫婦二人暮らしなうえに、元々が食材のストックをあまりおかないようにしていたので
「冷蔵庫の中身が多すぎて掃除が面倒」な状態ではありませんでした。

ですが、どうも私は冷蔵庫掃除に抵抗があったのです。
その抵抗とは
冷蔵庫を開けっぱなしで掃除することに対する抵抗
でした。

だって、開けっ放しにしてたら庫内の温度があがるし、
調味料程度しかなくても鮮度に影響が出そうだし、
再び冷やしなおすのに電気代かかるし、
冷蔵庫のアラームが「ビービー」いうのも鬱陶しいし。

こんな風に思って、いつもサッと拭き掃除程度で終わらせていたんです。

YOU!分解しちゃいなヨ!

ところが引っ越し前。
冷蔵庫を徹底的に掃除し始めた時に気づいたんです。

あ、分解すればいいんじゃね?

今まで、トレイが外せることぐらいはわかっていました。こんな風に。
IMG_3141
でも、これも外せるんですよね。
IMG_3139
そしてこの状態にすれば。
IMG_3133
扉は閉じられるし、トレイなどは外でゆっくり掃除ができます。

今までそんなことも知らなかったの?
と他のミニマリストさんから呆れられそうですが、知らなかったものは仕方ない。

反対に、気づいたことが嬉しくてテンションが上がりまくってしまったので
私にとっては知らなくて良かったのかも。

そしてこのまま勢いづいて冷蔵庫へ。
冷蔵庫は棚だけでなく、トレイ類も片っ端から外せるんですよ。
ほら。
IMG_3150
下から押し上げたら取れます。
ただ、しっかりめについているので力任せに押して破壊しないように(笑)。

庫内も取り外してすっからかん。
IMG_3154
庫内は庫内で掃除し、またまたトレイは外でゆっくり拭きます。
食材を入れる場所なので、私はアルコールスプレーを使って掃除しました。

最後に元に戻して完成!
IMG_3155
ピッカピカです。めちゃくちゃ気持ちいい。

<最後に>怖がらずにやってみる勇気

男性は元々「物を作ったり、分解したり」することが好きなんだとと思うのですが、
女性って苦手な方が多いと思います。

私は苦手な方でした。
「壊したらどうしよう」「元に戻らなかったらどうしよう」と考えてしまって。

でも、ミニマルライフを始めて以来、いろんな場所を分解して掃除するうちに
人間が組み立てた物なんだからなんとかなる(笑)
という変な自信が生まれました。

それに、分解して徹底的に掃除するのは楽しくて仕方ないです。
この楽しさを知ってしまったらもう元には戻れません。 

大丈夫、そんなに簡単に物は壊れませんしちゃんと元に戻せます。

まずはやってみる。
そんな姿勢が大切なんだと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

引っ越しって、引っ越してからの方がずっと大変。こんにちは、坊主女です。引っ越し前にかなり物は処分してきたつもりなのですが、いざ引っ越してみると「やっぱり要らない物」や「使いたかったのに使えなかった物」が沢山出てきます。<目次>ハンドソープ置き場がなかった ... 続きを読む
引っ越しって、引っ越してからの方がずっと大変。
こんにちは、坊主女です。

引っ越し前にかなり物は処分してきたつもりなのですが、いざ引っ越してみると
「やっぱり要らない物」や「使いたかったのに使えなかった物」が沢山出てきます。

<目次>


ハンドソープ置き場がなかったトイレ

手洗いに関してだけは潔癖症な面のある主人のために、
以前の部屋では洗面所やトイレなど、「手を洗う場所」にはハンドソープを置いていました。

ですが、新居のトイレを見て「あちゃー」となりました。
IMG_3228
わかりますか?

平らな部分がほとんどないため、ハンドソープを置く場所がないのです。
容器を移し替えて細いボトルにする、という手もあるかもしれませんが
不安定な上にめんどくさい(笑)。

ハンドソープが置けないというこの状況。
「あちゃー」なんて言ってましたが、実は内心「ウシシ」とほくそえんでいたのです。

トイレのタオルをずっと撤去したかった

そうなのです。
トイレのタオル、要らないなぁ
とずっと思っていたのです。

なぜなら、トイレにタオルを置かないとメリットが沢山あるからです。

①水はねをいちいち拭き取らなくてよい
手を洗ってからタオルで拭くまでに水がしたたったり、手を洗っている最中に水が飛び散ったり。
そういった「水はね」は放っておくと汚れになるため、都度都度拭いていました。

でもこの作業、ぶっちゃけめんどくさい。
タオルがなければトイレで手を洗わないので、その分楽になります。

②タオルの数を減らせる
引っ越し前、荷造りしようと改めてタオル置き場を見て愕然としました。
IMG_3131
ひどい、ひどすぎる。
頂き物のタオルばかりで統一感もないし、そもそも多すぎる。
数えてみたらフェイスタオル30枚(!!)、ハンドタオル7枚もありました。

この場所、普段はこうやって隠していました。
IMG_3130
これがダメだったんだな。
臭い物には蓋をするってやつです。

トイレにタオルを置かなければ、一日で使う枚数が減らせます。
そうすればタオルの総数も減らせる、というわけです。

③トイレという空間がスッキリする
物を極力置きたくないのはどの部屋も一緒ですが、 
特にトイレは清潔感を出したいしスッキリさせたいもの。

完成したトイレはこうなりました。
IMG_3226
我ながら大満足。
掃除もしやすいですし、空気も清々しいです。

<最後に>「当たり前」を疑う

先程の写真を見て頂いてもわかるように、
新居のトイレには当たり前のように「タオル掛け」がついていました。

以前の私なら、それこそ「当たり前のように」そこにタオルを掛けていたはずです。
ですが、きちんと考えればトイレにタオルがない方が私にとってはメリットが多かった。

「当たり前」なんて存在しない。
自分や家族が過ごしやすく、快適な家であればそれが一番。

私はこれからも、一つ一つの「当たり前」を疑いながら
自分らしい選択をしていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

絶望的に絵心がありません。こんにちは、坊主女です。街を歩いていてパッと目につく服、かわいいなぁと思う雑貨。これらの共通項は「カラフル」なんじゃないかなぁ、とふと思いました。<目次>こんなにいらない、蛍光ペン カラフルってワクワクする。ワクワクは物欲を刺激す ... 続きを読む
絶望的に絵心がありません。
こんにちは、坊主女です。

街を歩いていてパッと目につく服、かわいいなぁと思う雑貨。
これらの共通項は「カラフル」なんじゃないかなぁ、とふと思いました。

<目次>

こんなにいらない、蛍光ペン

私が「カラフル」に着目したきっかけは、先日文房具の整理をしていた時のこと。
こんなにいらんやろ、と思ったのが「蛍光ペン」です。
IMG_3110
これらの蛍光ペンは、かつて某資格を取得するためのテキスト書き込み用に購入しました。
結局その資格は受験したものの取れず、テキストはとっくに断捨離。
蛍光ペンだけが残っていたのですが・・・

正味ピンクしか使ってない。


そもそも、テキストへの書き込みだって半分は「自己満足」で色を変えていた部分があります。
ましてや日常生活では蛍光ペンを使う機会すら数えるほど。

あ~、いらんいらん!
ピンク以外をバッサリ断捨離です。

カラフルってワクワクする。ワクワクは物欲を刺激する。

子供の頃、色鉛筆のセットや色とりどりの折り紙にワクワクした記憶は誰しもあると思います。
こんなセットを見たら今でもワクワクしますよね。

絵心ゼロ、美術大嫌いの私でも(笑)ワクワクします。
人間って、カラフルなものにはワクワクするようにセットされているのかもしれません。

そしてこれって、大人になっても同じなんじゃないかと思います。

似合うかどうかは別としても、ショーウィンドウに飾られたカラフルな服は目を引きますし、
「SALE!」の派手な貼り紙は、私たちの脳を興奮させます。
それらが物欲を刺激していくんじゃないかと思うのです。
caramel-1952997_640

<まとめ>「カラフル」を上手に暮らしに取り入れるために

「ミニマルライフ」と「シンプルライフ」は少し違うと思うのですが、
ミニマルに暮らし始めると、やはり持ち物がシンプルになっていく傾向はあると思います。

だからといって、部屋が無味乾燥になってしまうのも面白味がありません。

アクセントとして取り入れたり、自然の緑や花を取り入れたり。

物欲にまみれることなく、生活に潤いをもたらす。
口で言うほど簡単なことではありませんが、私も意識しながら上手に「カラフル」を取り入れていきたいと思います。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ