こんにちは、坊主女です。


「休日」と聞くだけで楽しい気持ち、幸せになる方も多いかもしれません(私はなります)。

そんな休日を皆さんはどのように過ごしていらっしゃいますか?


夫婦でピクニック

IMG_6752
私の住んでいるところは、車で30分も走れば海があります。

以前、ドライブがてらその海へ行った時から主人はすっかり気に入ってしまい、「いつかここにピクニックへ来たい」と言い続けていました。

最初は面倒だと思っていた

とはいうものの、主婦の立場からしたらちょっと面倒だなぁと最初は思っていました。

だって、いくら「おにぎりだけでいいよ」と言われたってそのおにぎりを朝から用意しないといけないし、ちょっとぐらいはおかずもいるし、それなら入れる容器も・・・。

なんてあれこれ準備が必要だったからです。

実際に1週間ほど前から「買い物リスト」を作り、材料や必要な物を買い揃えていました。

なんて楽しくて幸せなんだろう!

そして当日。

いつもの休日よりはるかに早く起き、せっせとお弁当作りを始めたのですが・・・。


これが楽しくて楽しくて!



遠足当日の子供の気分と言えばいいのでしょうか(笑)。

このお弁当を見て主人が喜んでくれるかな?という気持ち、出かけるワクワク感、いろんな気持ちを感じながらお弁当を作り上げました。
お弁当
自分で作った刺し子の花ふきんでおにぎりを包んでさらにテンションUP!

そしていざ海へ。
IMG_6755
IMG_6757
私たちが行った吉良ワイキキビーチは夏場は海水浴場として賑わうらしいのですが、今の時期は人気(ひとけ)もまばら。

誰もが思い思いに休日を楽しむ中、私たちもお弁当を食べ、ずっと海を眺めていました。


その間じゅう、私は何度も「幸せだなぁ」と思い、口にしました。

ただ海を見ながら主人とお弁当を食べ、たわいもない会話をする。

それだけのことが幸せで仕方なかったのです。


お金をかければいいわけではない

かつての私は、休日と言えば買い物に行ったり遠出をしたり、とにかく「お金のかかる遊び方」をしていました。

そもそも「遊ぶにはお金がかかるものだ」と心のどこかで思っていた節もあります。


でも今となっては「お金をかけるより手間をかけた方が幸せだ」と思うようになりました。

それは休日に限った話ではありません。

掃除だって、お掃除ロボットに頼るより、自分で雑巾掛けをした方が家に愛着が湧きます。

外食よりも、想いを込めて作った料理の方が美味しいです。


こう思うようになったのは、結婚して落ち着いたのもあると思います。

歳をとったせいももちろんあると思います。

それでも、手間をかけるだけの時間があり、家族がいることはお金には変えられない幸せではないかと私は思うのです。


大切なものを見失わない

私たちが生きていくのにお金は必要です。

だから私は、清貧の思想を説くつもりはまったくありません。


でも「お金がなければ何もできない」「お金がないから不幸」とも思いません。

お金では買えないものはこの世の中に沢山あり、幸せはちゃんとこの手の中にあると思います。


本当に大切なものは何か。

見失わない生き方をしていきたいです。