こんにちは、坊主女です。


ミニマリストとは、とにかく物を捨てる人。

どうもそういうマイナスイメージが定着しているような気がします。

でも本当は違います。

ミニマリストだからこそ、捨てられないのです。


壊れてもなお捨てられなかった物

私は元来、物持ちがものすごくいいです。

電化製品などはまず壊れませんし、服も10年以上普通に着ていました(今はほとんど手放しましたが)。

壊れた物

そんな私が20年以上ほぼ毎日使い続け、壊れてしまった物があります。

これ。
やかん 旧
やかんです。


大学入学と同時に一人暮らしを始める際、親と一緒に近くのお店で買ったこのやかん。

健やかなる時も病める時も、ただひたすらに毎日お茶を(お茶のみを)沸かし続けてくれました。


彼氏と別れて泣きはらした夜も。

結婚式のその夜も。

ガスだろうがIHだろうが関係なく。


もうね、物じゃないです、戦友です(マジで)。

そんな、私の半生以上を共にしたやかんですが、1年以上前(!!)からある部分が壊れていました。
やかん ネジ
取っ手と本体をつなぐネジがアホになってたんです。

(注:「アホになる」とは、ゴムが伸びきってしまったりバネが戻らなくなってしまったりというような「本来の機能を失ってしまうこと」という意味です)


危ないですよね、これ。

もし沸騰したお茶が入っているときに取っ手が外れてしまったら・・・。


というのはわかっていたのですが、どうしてもどうしても捨てられませんでした。

だって「戦友」だから(笑)。

そして「お茶を沸かす」という機能に問題はなかったから。

そのため、私にしかわからない神業的なバランスで持ち続け、使い続けていました。


涙をこらえて買い替え

でも冬が近づき、主人もやかんからお茶を入れる季節になりました(夏は入れ替えて冷やしてた)。

お茶を沸かす機能に問題はなくても、私1人が使う物ではなくなります。


いよいよ買い替えの時。

悩みに悩み、涙をこらえ、ニトリのやかんを購入しました。
やかん 新
ニトリ タグ

今のやかんは口が広くて中が洗いやすくなっていますね。

新旧比較したらよくわかります。
やかん比較 上

なんとなくスタイルも「シュッ」としてるし(大阪人)。
やかん比較 斜め

実際にお茶を沸かしてみましたが、快適でした。


・・・うん、でも実はまだ古いやかんを捨てられてない('д` ;)



もういい加減使い切ったとは思うのですが、最後は愛着が残ってまだ手放せていません(苦笑)。


ミニマリストとは物を使い切る人

古いやかんに愛着がありすぎて長々と書いてしまいましたが、ミニマリストは決してなんでもかんでも捨てる人ではありません。

ミニマリストとは必要な物だけを持ち、それを大切に使う人のことです。

予備や代わりがないから手入れをして使い続け、使い倒し、そして使い切ります。


今回のやかんの例で言うと

「ネジが壊れても『お茶を沸かす』という機能に問題がなかったのでギリギリまで使い切った」

という部分です。


「可愛いから」と同じ用途の物をいくつも揃えたり、まだ使えるのに買い換えるのは簡単です。

でもそれは「物を大切にしている」とは思えません。


本当にその物が大切なら、本来の役割を果たす使い方をしてあげるべき。

そういう物の使い方をしようと思ったら、自ずと物が少なくなるのは当然の話です。


だからこそミニマリストは最低限の持ち物しか持っていない、というわけです。


「捨てられない自分」も認める

とはいうものの、「愛着のある物」はたとえ使っていなくてもなかなか捨てにくいですよね。

まさに今回の古いやかん(笑)。


以前の私なら「何言ってるの?いらないものなら捨てるべし!」と一刀両断していましたが、「別に捨てられなくてもいいんじゃないかな」と最近は思います。


納得いくまで持ち続けたら、そのうち自然と感謝して手放せる時が必ず来ます。


だから「捨てられない自分」を責めずに、そんな自分も認めて愛してあげてほしいと思います。

ちなみに私は、愛着がありすぎてやかんを捨てられない自分が大好きですよ(笑)。