こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってからキッチンの三角コーナーを手放し、色々な方法を試みながら生ゴミを処理してきました。

どれもこれも三角コーナーを使わない方法でしたが、「いいな」と思って始めてみてもなかなか納得がいかず・・・。

でもやっと今回、「これだ!」と思う方法に出会うことができたのです!


今までの方法の問題点

先日までの私は、スーパーでもらうビニール袋をそのまま無造作に置いて使っていました。

こんな感じ。
IMG_3515
横着すぎる(苦笑)。


生ゴミってどうせ最後にはビニール袋に入れて捨てるでしょ?

という考えで始めたこの方法ですが、続けるうちにやはり問題点が浮かび上がってきました。

問題点①:袋の口をいちいち開けないといけない

ビニール袋は写真のように無造作に置かれており、もちろん自立もしません。

そのためゴミを捨てる度にいちいち袋の口を探し、両手でしっかり開けるという作業が必要でした。


わずかな手間と言えば手間です。

でも食事の準備や片付けってできる限り段取りよく、素早く終えたいじゃないですか。

そんな時にいちいち手を止めるなんて!

段取り命の私からしたら耐えられない、となったわけです。

問題点②:ゴミがうまく入らない

これは特に皮むき器を使って野菜の皮をむく時に感じました。

ビニール袋はただ置いているだけだとすぐ「へにゃっ」となります。

勢いよくむいた皮が入らないのなんのって(笑)。


結局まな板の上に皮を撒き散らし、後で集めて捨てるというやり方をしていました。

直接皮を捨てられたら二度手間がなくなるのに・・・。


と、これまた私のストレスになってしまったのです。

問題点③:見苦しい

夫婦二人暮らしの我が家ですが、主人は台所にすら滅多に入らず料理もまったくしません。

だから台所でビニール袋を目にするのはほぼ私だけなのですが・・・。

無造作に置かれたビニール袋は非常に見苦しい。

いくら機能重視、無駄な物は置きたくない私でも、見ていて決して気持ちのいいものではありませんでした。

とうとう購入したある物とは?

こんなに不便さを感じていても、頑固親父のごとくビニール袋オンリーで過ごしていた私。

ところが別の用事でニトリに行った時、ある商品を吸い寄せられるように購入してしまいました。

購入した物

私が購入した物はこちら。
正面
ニトリのポリ袋スタンドです。

アマゾンや楽天だとこういったものもありますが、ニトリの方がお安い(税込498円)です。


大きさはほぼ16cm四方なので広げてもそんなに場所を取りません。
遠目で見た図
ビニール袋だけの時と大差ない、と私は感じました。

このスタンドにビニール袋をセットするだけ。
袋セット
何もしなくても口が開いてる!捨てやすい!

坊主女、1人で声を上げて喜んでおりました(笑)。


しかもたためばさらにコンパクトで場所を取らず、シンク下に収納も可能。
たたんだ図

たとえたたまなくても、夜の間にペットボトルなどをひっかけて乾かすこともできます。
裏面
1台で何役もこなせるのはミニマリストにとってとても大切。

498円でこれだけ活躍してくれたらもう大満足です。

なぜもっと早く買わなかったのか?

このポリ袋スタンド、ずっと前からあることは知っていましたし「あれば便利だろう」ということはわかっていました。

それならなぜもっと早く買わなかったのか?


それは便利な物を買い足すことになんとなく罪悪感があったからです。

さらに、せっかく三角コーナーを手放したのに別の物を手に入れたら意味がない、とも。


なんか頭固いミニマリストの典型ですね(苦笑)。

三角コーナーは不衛生だからやっぱり手放して良かったわけだし、便利な物を使えば「時間」というかけがえのない価値まで手に入れられるのに。


実際にこのポリ袋スタンドを購入してから、ゴミ捨ても楽だしキッチンもスッキリ。

夜はペットボトルやジップロックを乾かすのに大活躍。

調理や片付け時のストレスも減り、家事の時短にもつながりました。

もっと早く購入しておけばよかったとすら思います。


便利な物は賢く利用する

今の時代、便利グッズと言われる物をあちこちで見かけます。

確かに便利なのかもしれませんが、家に代用できる物などがあるのに「便利」という言葉につられて商品を買うのはどうかな?と思います。

とはいえ、本当に便利な物は生活に役立ちますし、時間や心のゆとりまでもたらしてくれるもの。


自分の目で本当に便利な物をしっかり見極め、賢く利用する。



まだまだ修行中の身ですが(笑)、常に意識していたいと思います。