坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: ミニマルライフ

こんにちは、坊主女です。ミニマリストなんだから、そりゃゴチャゴチャした部屋が苦手なんでしょ?と思った人。残念ながらそうではありません。昔は大好きだったのに苦手になったものがあるのです。それは・・・「音」私は子供の頃から音楽が大好きでした。母に頼み込んで小 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストなんだから、そりゃゴチャゴチャした部屋が苦手なんでしょ?

と思った人。
残念ながらそうではありません。

昔は大好きだったのに苦手になったものがあるのです。

それは・・・「音」

music-1874621_640
私は子供の頃から音楽が大好きでした。

母に頼み込んで小1からエレクトーン教室に通い、中学・高校と吹奏楽部。

大人になってからはまさに" NO MUSIC, NO LIFE "。

iTunesの中には2,000以上の曲が入っていました。


それなのに、です。

ミニマルライフを送るようになってから「音」のある環境がとても苦手になってしまったのです。

もともと苦手だったテレビは観れなくなりました

ずっと大都会に住んでいたのに、急に人混みの喧騒に疲れるようになりました。

そして、音楽を聴くこと自体まで苦手になってしまいました


今、私の生活に「音」はありません。無音です。

それが心地よくとても快適なのです。

どうしてそうなってしまったんだろうと考えてみました。


物が減ると五感が研ぎ澄まされる

これはあくまでも私の感覚です。


部屋の中の物が減ると、感覚を遮る邪魔な物がなくなります。

邪魔な物がなくなると、感覚は解放されます。

解放された感覚に従うようになると、どんどん五感が研ぎ澄まされる
のではないかと思うのです。


言われてみれば確かに、音だけではなく匂いや景色にも敏感になりました。

そして何より「心の声」に。


物が多かった時代には聞こえなかった「心の声」。

それが聞こえるようになったからこそ「やりたいことだけをやる人生」に舵を切れたのだと思うのです。


心の声に耳を澄ませて

hare-2286915_640
物にあふれ、情報にあふれた今の社会。

感覚が麻痺してしまい、そのことにすら気づかないのも仕方ないかもしれません。

でも、だからこそ物を減らし、感覚を研ぎ澄ます必要があると思うのです


やりたいことがなんなのかすらわからない。

そんな人は心の声が聞こえていないだけなのかも。


心はずっと叫んでいます。

その叫びを聞き取るために、まずは物を減らしてみませんか?

こだわりは少ない方だと思う(と言ってる人ほど多い説)。こんにちは、坊主女です。私が物について「こだわらない」ことはこちらでご紹介しました。じゃあ反対にこだわっていることはないの?と思った方もいらっしゃるはず。当然、あります(笑)。そこで今回は、私がミニマ ... 続きを読む
こだわりは少ない方だと思う(と言ってる人ほど多い説)。
こんにちは、坊主女です。

私が物について「こだわらない」ことはこちらでご紹介しました。


じゃあ反対にこだわっていることはないの?と思った方もいらっしゃるはず。

当然、あります(笑)。

そこで今回は、私がミニマリストになってから物について「こだわっている」ことをご紹介したいと思います。


【その1】何役もこなせるか

物を減らしたい、そう思った時によく考えるのが「他の物で代用できないか」ということです。

例えば私の場合、
というようなことをしています。


そのため新しい物を購入する際は「一台で何役もこなせるか」にとてもこだわります。

そうやって購入した商品が例えばこちら。
IMG_3288

この「ウォックパン」は「炒める・煮る・焼く・茹でる」が1台でできる超スグレモノ。

ウォックパンのおかげで我が家の鍋は2つだけです。

このように何役もこなせる物は、物の少ない暮らしでは本当に重宝します


【その2】使い切れるか

これは主に消耗品に対するこだわりです。

お得用だから、セールで安いから。

そう思って大量に購入しても、賞味期限や消費期限がありますから使い切れなければ結局ゴミになってしまいます。

さらに収納場所も圧迫しますし、何があるか把握できずに同じものを買ってしまうという最悪な循環まで招きかねません。

だからこそ「使い切れるか」にはこだわります。


いくらお得用で安くても、夫婦2人暮らしでサラダ油1リットルは多すぎます。

そのため多少割高でも小さめのサイズを選ぶようにしています。


また文房具などは、「可愛いからちょっと買ってみよう」となりがちですがもちろんNO。

付箋一つでも「きちんと使い切れるか」を考え、迷いが生じたのなら買いません


「使わないから捨てる」は最後の最後です。

まずは「使い切る」を一番に考えることが大切です。


【その3】扱いが簡単か

扱いが難しいとだんだんその物を使うことが面倒になり、そのうち使わなくなってしまいます


例えば洋服の場合、絶対にクリーニングに出さなければいけないような物は極力持たないようにしています。

また食器なども、高価な物は「割ったらどうしよう」と思って結局使わなかったので手放しました。


物は使って初めてその輝きを放ちます。

扱いが簡単であるということはその物をたくさん使ってあげられるということ。

ですから私は「扱いが簡単か」にはこだわります。


【その4】丈夫であるか

消耗品でなくても「使い切る」ことは常に意識します。


丈夫であればそうそう壊れません。

壊れなければ長く使うことができます。

長く使うことができれば、物の命をまっとうさせることができます


その意味でも「丈夫であるか」へのこだわりは忘れません。
cup-of-tea-1100829_640

なぜこれだけこだわるのか?

私がこれだけ物についてこだわるのには理由があります。

それは、使わない物を手放した時の心の痛みがものすごく辛いものだったから。


一度は「欲しい」と思って買ったのに結局着なかった服、使わなかった物。

それらを手放すのは本当に申し訳なく、辛いものでした。

もう二度とそんな思いはしたくない。

だからこそ物を選ぶ時はここまでこだわり、慎重になるのです。


自分にとって大切な物を、使い切る暮らし。

そのために私はこれからもこだわり続けます。

坊主頭にはこだわります。こんにちは、坊主女です。物を減らして心豊かな暮らしを送るミニマリスト。そんなミニマリストのことをいいものを厳選して持っていそうこだわりが多そうなんて思っていらっしゃる方も多いかもしれません。そこで今回は、ミニマリストの私が「こだわ ... 続きを読む
坊主頭にはこだわります。
こんにちは、坊主女です。

物を減らして心豊かな暮らしを送るミニマリスト。

そんなミニマリストのことを
  • いいものを厳選して持っていそう
  • こだわりが多そう
なんて思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

そこで今回は、ミニマリストの私が「こだわらない」ことをご紹介します。

【その1】統一感にこだわらない

服や食器、その他あらゆる物を今まで手放してきましたが、あくまでも不要な物を手放しただけ

必要な物はきちんと残しています。

その必要な物に統一感はありませんし、なくても気になりません

一番わかりやすいのが食器。
IMG_4122
今残しているのはすべて現役バリバリ1軍ですが、驚くほど統一感がない(笑)。

自分で買った物もあれば母から譲り受けた物、主人が持ち込んだ物などバラバラです。

でもどれも使えるし必要。使い勝手もいい。


統一感のなさなどまったく気になりません。

【その2】値段にこだわりがない

ミニマリストになってから自分がいいと思う物、好きだと思う物だけを選び、使っています。

ただ、値段にこだわりはまったくありません


ミニマリストはブランド物はすべて手放すイメージもあるかもしれませんが、私は持っています。
prada
母から譲り受けたこのバッグは使い勝手も良く、本当に大好きなデザイン。

傷んだら修理に出し、これからもずっと使っていくつもりです。


反対に、ハンガーなどはほぼクリーニングから返ってきた物(つまりタダ)。

いろんなクリーニング店の物がありますが全く気になりません。


さらにこちらのボウル。
ぼうる
ボウル+ザルで100円だったこのセット。

かれこれ10年近く使っていますが使い勝手がいいので愛用しています。


両極端ですが、これぐらい値段にこだわりはありません。

【その3】見た目にこだわらない

統一感とも若干被りますが、私はそもそも機能が備わっていれば見た目はなんでもいいタイプ。

キャラクター物とか可愛い物とか、ほんとどうでもいいです。むしろ目障り。


また、いわゆる無印良品なんかで収納ケースを統一して「見せる収納」なんて言いますが、そもそも物がないから収納の必要がありません。

見た目を重視して収納を選ぶ時点で、すでに物が多いと言っているようなものです。


見た目が一番「こだわらない」というより「どうでもいい」かもしれません。

こだわりは「どうしても譲れないもの」にだけ

人それぞれ「こだわり」は当然あるはずです。

むしろ少しぐらいこだわりがある人の方が興味が湧きます。

ただあれもこれもとこだわってしまうと、結果的に自分のこだわりで自分の首を締めることにもなりかねません。


私は自分の生き方に関係ないところにまでこだわるほど、時間もパワーもありません。

自分の生き方、やりたいことにだけは徹底的にこだわり、あとはもうどうでもいい。

それぐらい極端に自分の感覚を研ぎ澄まし、これからも生きていくつもりです。


☆こだわらないことがあれば、もちろんこだわることだってあるんです☆

こんにちは、坊主女です。2008年にiPhone 3Gが発表された日、私は体じゅうが震えるほどの興奮を覚えました。以来、2台持ちをしてでもすべてのiPhoneを手に入れるほどのiPhoneマニアになりました。ミニマリストになった今はiPhone6だけを使っていますが、iPhone大好きに変わり ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

2008年にiPhone 3Gが発表された日、私は体じゅうが震えるほどの興奮を覚えました。

以来、2台持ちをしてでもすべてのiPhoneを手に入れるほどのiPhoneマニアになりました。


ミニマリストになった今はiPhone6だけを使っていますが、iPhone大好きに変わりはありません。

今回は、そんな私が「ミニマリスト×主婦」の目線から選ぶ暮らしに役立つ厳選アプリ(もちろんどれも無料!)を5つご紹介したいと思います!

<目次>

メモ(標準アプリ)

Notes
え?いきなり標準アプリ(最初から搭載されているもの)なの?

そう思った人、あなどってはいけません。

このメモアプリ、シンプルゆえに使い勝手がすごくいいのです!

私も「evernote」など様々なメモアプリを試したのですが、結局ここに戻ってきました。

何がいいって、1枚のメモに1項目書いていく感覚で使えること。

単語1つでもサッと入力しておくだけで全然違いますからね。


さらに、シンプルですが決して機能が不足しているわけではありません。

①フォルダ分けができる

日々の気づき、スーパーの買い出しリスト、ブログネタ・・・。

メモですから何を入力してもいいのですが「どこに行ったかわからない!」となるのは困りもの。

でもご心配なく!
このメモアプリは「フォルダ」が作れます。

アプリを起動すると右下に「新規フォルダ」の文字があります。
メモ 新規フォルダ 矢印

ここをクリックすると・・・。
IMG_4979
このようになりますのでお好きなフォルダ名を入力すればOK。

とっても簡単です!

②字が書ける

文字入力ってめんどくさいのよね・・・。

そんなあなたには「手書きモード」をオススメします。

新規メモ画面を開くとこんなアイコンが出てきます。
メモ 手書き2

この矢印で指したアイコンをクリックすると・・・。
IMG_4973
なんか可愛い(笑)。
文字の太さや色まで選べます。

その他写真も添付できますし、内容をメールで送ることもできます。


もちろんミニマリスト的には「手帳を手放せる」というメリットがあります(後でご紹介するカレンダーアプリと合わせて)。

私は毎年手帳を買うのですが、このメモ機能のおかげで結局毎年使い切れません(やれやれ)。

<ミニマリスト×主婦的メリット>
  • 手帳を手放せる
  • スーパーで買うべき物はもう忘れない!

時計(標準アプリ)

Clock
また標準アプリか!
なんて言わないでくださいね。

ミニマリスト的には「機能は最小に、効果は最大に」が良いのです。


この時計アプリの「ミニマリスト×主婦」的良さは2つ。

①アラーム機能で目覚まし時計を手放せる

IMG_4976
最近は携帯電話のアラーム機能で起きている人が増えたとは思いますが、やっぱり便利。

音色や音量も変更できますし、時間も細かく設定できますから起きられない人も安心です。

②タイマー機能でキッチンタイマーを手放せる

IMG_4977
キッチンタイマーってはっきり言って邪魔なんです。

やたらカラフルなので目立つし、電池も意外と持たないし。

なので私は料理中に時間を測る場合は「タイマー機能」を使っています。

秒までは測れませんが、秒単位で料理することってそうそうない(笑)。

なんの問題もありません。

<ミニマリスト×主婦的メリット>
  • 目覚まし時計やキッチンタイマーを手放せる
  • 台所がスッキリし、料理もスムーズに!

Zaim(家計簿アプリ)

家計簿Zaim
待ってました!の家計簿アプリです。

家計簿アプリといえば「Zaim」か「マネーフォワード」に勢力が二分されるかと思いますが、使い比べた結果私は「Zaim」を選びました


2つのアプリはどちらもレシートの読み込みはできますし、パソコンとの連携も可能です。

また金融機関との連携機能もあるので、入出金やカードの引き落とし額の管理は便利です。
(この機能、実は私は怖くて使っていませんが・・・)


ではなぜ私が「Zaim」を選んだのか?
ですが、あくまで私の主観でお話しします。

①小分類までの入力のしやすさ

私はざっくり「食費」「生活用品」といった分類ではなく、

食費>野菜

とか

生活用品>キッチン用品

まで分類して入力したい人です。

その細かい分類の入力が「マネーフォワード」はしにくく、「Zaim」はやりやすかったのです。

②購入した店舗の管理がしやすい

「マネーフォワード」も、レシート読み込みをすれば店舗名は拾ってくれます。

ただ、すべての商品をレシート入力するわけではありませんし「どこの店舗で買ったか?」を思い出したい時もあります。

だから「店舗名」を別でも入力したいのですが、なぜか「マネーフォワード」はできないんです。
(私のやり方が間違ってるのかしら・・・)


このような理由で私は「Zaim」にしています。

いずれにせよ「家計簿アプリ」の導入は、家計管理が抜群にわかりやすくなるのでオススメです。

<ミニマリスト×主婦的メリット>
  • 紙やエクセルの家計簿を手放せる
  • 家計管理は主婦に必須!簡単でわかりやすいアプリは最高!

ハチカレンダー2 Lite(カレンダーアプリ)

ハチカレンダー2 Lite - 日、週、月表示カレンダー
こちらは「ハチカレンダー2(有料)」の無料版です。

無料版だったら機能が制限されるのでは?

と心配されるかもしれませんが、私は5年以上使っていて不便と感じたことは一度もありません


画面は「日・週・月」と表示方法がありますが、私は「月」表示にしています。
ハチカレ画面

同じ月のカレンダーを標準アプリのカレンダーで見て見ます。
iPhone カレンダー

ハチカレンダーは画面を見ただけで「どの日にどんな予定があるか」までわかるのですが、標準アプリは該当の日付をタップしてみないとわかりません。

また、ハチカレンダーの場合は好きな曜日に好きな色をつけることができます(私は主人が水曜休みのため水曜に赤色をつけています)。

これも標準アプリではできません。

視覚的に見てハチカレンダーが一番いいんですよね。


もちろん標準アプリともgoogle calenderとも同期はできますから、データ面での心配はありません。

ハチカレンダー2 Liteとメモ機能を合わせれば手帳を手放せますし、身軽になりますよ。

<ミニマリスト×主婦的メリット>
  • 手帳を手放せる
  • 主婦だって予定はいっぱい!管理をシンプルにして手間も省ける!

weathernews(天気アプリ)

ウェザーニュース
最後は超有名サイト「weathernews」のアプリ。

ダウンロードしていらっしゃる方も多いかと思います。

このアプリの良さは「天気情報の正確さと変化の速さ」です。

アプリというよりweathernewsの良さですね(笑)。


私はweathernewsを毎朝チェックして、洗濯物や布団を干す判断をしています。

また、外回りの仕事の主人のために「傘が必要かどうか」を伝えることも忘れません。


weathernewsこそ主婦に欠かせないアプリだと思っています。

<ミニマリスト×主婦的メリット>
  • 洗濯や掃除に不可欠なお天気情報がすぐ手に入る!
  • ご主人やお子さんに適切な持ち物のアドバイスができる!

まとめ

ミニマリスト×主婦の目線で選んだ「暮らしに役立つ無料アプリ5選」、いかがでしたでしょうか。

有料でなくても十分使えるアプリは多いです。


「これはいい」と思ったアプリや使い方、是非真似してみてくださいね!

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第8回目は「捨てられません!どうすればいい?」でした。今回のテーマは手放す時の判断基準は?です。正解は一つではないまず最初にお伝えしておかなければいけないのは手放す時の判断基準は一つではないとい ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第8回目は「捨てられません!どうすればいい?」でした。

今回のテーマは
手放す時の判断基準は?
です。

正解は一つではない


まず最初にお伝えしておかなければいけないのは

手放す時の判断基準は一つではない

ということです。

それぞれのライフスタイルによっても変わりますし、「服か?家具か?」といったアイテムによっても変わります。

ですので今回ご紹介するいくつかの判断基準を組み合わせたり、アレンジしたりして使うようにしてください。

判断基準あれこれ


ここからは実際に、私が物を手放す時に使ったいくつかの判断基準をご紹介します。

①ときめくかどうか

これは、今や「世界で最も影響力のある100人」(TIME誌)にも選ばれた近藤麻理恵さんがおっしゃっている判断基準です。

ベストセラーにもなった著書「人生がときめく片づけの魔法」はご存知の方も多いのではないでしょうか。

その基準とは
実際に手に触れてときめくのなら残し、ときめかないのなら手放す。

ポイントは「実際に手を触れる」ことです。

物にもパワーがあり、波動や波長があると私は思っているのですが、ただ見ているだけではそれはわかりません。

実際に触れることで「直感」が働きます。

その直感を大切に「ときめかない」と思ったら迷わず手放すことが大切です。

②1年以内に使ったかどうか

この基準は「服」や「食器」など、本来なら使用頻度の高い物に使える基準です。


もう何年も着ていない服、食器棚の奥に埋もれた食器。

ずっと気になっているけど高かったしなぁ。

もしかしたらいつか使うかもしれないし。



そんな風に思って結局手放せない物が沢山あるのでしょうが、断言します。

まず使いません。

それをキッパリ割り切るために「期限という基準」はとても役立ちます。

③「今」必要かどうか

私はこの基準が一番大切だと思っています。


物を買う時に「これは必要じゃないんだけど」と思いながら買うことはまずありません。

どれもこれも「必要だから」買っているわけです。

ただ、月日の流れとともに趣味嗜好も変わればライフスタイルも変わります。

体型や暮らす環境だって変わるかもしれません。

それだけ多くのことが変わっていくのに持ち物が変わらないのはおかしな話です。


大切なのはいつも「今」です。

「今」必要でないものはスッパリ手放す。

そのように常に「今」にフォーカスを当てれば、余計な悩みすら手放せるはずです。

まとめ

物を手放せない、捨てられない人はなにかと言い訳をします。

別に手放したくなければ手放さなければいいだけの話なのですが、状況は何も変わりません。


このブログにお越しいただいた方は、少なくとも

ミニマルライフを送りたい、物を手放すことで心豊かな生活を送りたい

と思っていらっしゃるはず。


それならば是非、今回ご紹介した基準を色々組み合わせ、物を減らしてみてください。

そうやって一つひとつの物と向き合うことで、「物を手放す基準」だけではなく「自分らしい生き方の基準」を見つけることができるはずです。



☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆


☆ご紹介した近藤麻理恵さんの本はマンガでも発売されていますよ☆


こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第7回目は「何から手をつければいいの?」でした。今回のテーマは捨てられません!どうすればいい?です。捨てられない理由物にあふれ圧迫された部屋。もういや!物を減らしたい!そう思っているのにやっぱり ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第7回目は「何から手をつければいいの?」でした。

今回のテーマは
捨てられません!どうすればいい?
です。

捨てられない理由

物にあふれ圧迫された部屋。
もういや!物を減らしたい!

そう思っているのにやっぱり捨てられない、と堂々巡りをしている人は多いと思います。

ではなぜ捨てられないのでしょうか。

①もったいないから

高かったから、ブランド物だから、まだ使えるから。

捨てられない理由の多くはこの「もったいない」だと思います。

また「物を大切にしなさい」という教育を受けてきたために「物を捨てる=悪」となってしまっていることも「もったいない」に拍車をかけているはずです。

②いつか使うから

痩せたら着る、そのうち読む、あれば使う。

今は使っていないけど「いつか」使うかもしれない。

「いつか」使うときになければ困るはず。

「いつか使う」も捨てられない理由に多くあげられます。

③思い出が詰まっているから

重たいアルバム、旅行のお土産、ハマった趣味のグッズ。

その物を見れば思い出が蘇り、気持ちがタイムスリップする。こんな大切な物捨てられる訳がない。

このように「思い出が詰まっているから」捨てられない、と思う人も多いはずです。


捨てられない理由、どれもこれも「そうそう!だから捨てられないんだよね!」と納得するものばかりのはずです。

捨てられない理由をメッタ切る

捨てられない人にとってここから先を読むのは苦痛なはずです。

でも「本気で物を減らし、スッキリした暮らしを送りたい」と思っているなら勇気を出して読み進めてください。

捨てられない理由、メッタ切ります。

①本当のもったいないは「物を使わずにいること」

「もったいないから捨てられない」と言いますが、それは違います。

物を使わずにいることの方がよほどもったいないのです。


物は物の使命どおり使って初めて輝きます。

服はタンスの肥やしになるために作られたわけではありません。

本は横に積まれて埃をかぶるために作られたわけではありません。


どれだけ高価な物でも、使わなければ物は死んだ状態。

使わない物を捨てないということは、死骸を部屋に溜め込んでいるのと同じことなのです。

②いつか使うは「使わない」

捨てられない人も、本当はもうとっくに気づいているはずです。

いつか使うと思って残しておいた物を、一度も使っていないということに。

断言します。使いません。

そして、捨てても困りません。


なければないでなんとかなりますし、本当に困ればまた買えばいいだけのこと。

「ほら、それがもったいない」というかもしれませんが、本当に困る日が来るなら捨てませんよね?

不確実な未来に不安を抱くぐらいなら、今幸せであることを選択した方がよほどいいです。

③思い出は心の中にある

「物を見ると思い出が蘇る」なんて言いますが、大切な思い出はちゃんと心の中にあります

人間の能力を過小評価しなくていいです。


現に私はアルバムもすべて捨てました趣味のグッズもすべて手放しました

だから思い出が消えたかというとまったくそうではありません。

逆に物があることで過去にとらわれる方がよほど不健康です。


どうしても捨てられないなら写真に撮って捨てるという方法もあります。

ビデオテープなどは「ビクターダビングサービス 」のようなダビングサービスで小さくすることもできます。


私たちが生きていくのは今であり、未来です。

まとめ

少し辛い回になったかもしれませんが、いかがでしたでしょうか。


捨てられない理由の多くは、実は「不安」だったり「執着」だったりという「心の問題」です。

心の問題に向き合うのは辛いです。

だからそこから逃げ、理由をつけて「捨てられない」と終わらせてしまうのです。


ですが、自分の心と向き合わない限り物は減らせません。

そして、向き合い続けた結果手に入れられるのは、スッキリした部屋以上に「新しい自分」そのものです。


捨てることとは変わること。


自分を変えたいなら、捨て始めてはいかがでしょうか。



☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第9回目は
手放す時の判断基準は?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第6回目は「ミニマルライフを始めるといいことあるの?」でした。今回のテーマは何から手をつければいいの?です。何から手をつけていいかわからないミニマルライフっていいな。物が少ないっていいな。そんな ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第6回目は「ミニマルライフを始めるといいことあるの?」でした。

今回のテーマは
何から手をつければいいの?
です。

何から手をつけていいかわからない

ミニマルライフっていいな。物が少ないっていいな。

そんな風に思い始めると「よし!早速片付けよう!」と腰をあげたくなります。

ところが見渡した部屋には物、物、物・・・。


しかも部屋は一つではありません。

リビングも、台所も、子供部屋も寝室も洗面所も!


あ〜〜〜、何から手をつけたらいいの!?



こんな風に頭を抱え、結局「や〜めた!」となってしまった経験がある方は少なくないと思います。

でも大丈夫。

きちんとポイントを抑えれば、必ず片付くようになります。

手のつけ方 3つのポイント

それでは実際に「何から手をつければいいか」のポイントを3つご紹介します。

ポイント① 自分だけが使う物・場所から手をつける

以前このコーナーで「家族との折り合い」について取り上げましたが、ある日突然

今日から家中の物を減らすから!

と宣言したところで誰も協力してくれません。

それどころか「めんどくさい」「捨てたくない」と反発ばかり起き、こちらの心まで折れてしまいます。


ですから、まず手をつけるのは自分だけが使う物・場所からが良いです。

例えば化粧品、服、本、文房具など。

これなら誰の許可も必要ありませんし、自分の判断だけで手放すことができます

ポイント② できるだけ狭い範囲から手をつける

片付けるとなった時、どうしてもリビングや台所といった大きな散らかり具合が一番に目につきます。

でも、そんなところから手をつけたら一向に片付かず、そのうちやる気がなくなってしまいます。


ではどうすればいいかというと、できるだけ狭い範囲から手をつけると良いです。

衣装ケース1つ、引き出し1つ、本棚1段など。


狭い範囲なら片付け自体も簡単ですし「片付いた!」という達成感も得やすく、次の片付けへのモチベーションにもつながります。

ポイント③ ベビーステップ

ベビーステップとは、文字通り「赤ちゃんの一歩」。

つまり「とても小さな行動を始める」という意味です。


最初は完成を求めなくてもいいです。
  • とにかく5分だけ片付けをしてみる
  • 1つの衣装ケースの中の「靴下だけ」整理してみる
大切なのは「まず始める」こと。


片付けに手をつけることができただけで素晴らしい。

そうやって自分を褒めてあげれば次の一歩も簡単に踏み出すことができます。

まとめ

たとえば「フルマラソンを完走したい!」と思ってもいきなり42.195km走ることは無理ですよね?

まずは1km 、慣れたら3kmとジョギングの長さを増やし、ハーフを走って・・・と段階を踏んでいくはずです。


片付けも同じです。

いきなり物の少ない部屋には(絶対に)なりません。

決して焦る必要はないのです。


まずは、今回ご紹介した3つのポイントを意識しながら片付けを「始めて」みる

それが最終的に物の少ないスッキリした部屋へとつながります。大丈夫。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第8回目は
「捨てられません!どうすればいい?」
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

加速する坊主女(コワイ)。こんにちは、坊主女です。私はミニマルライフを始める以前から瞑想を続けています。それなのに、今までは瞑想とミニマルライフの関係など考えたこともありませんでした。最近になってやっと「この2つは密接につながっていて、なんなら瞑想がミニマ ... 続きを読む
加速する坊主女(コワイ)。
こんにちは、坊主女です。

私はミニマルライフを始める以前から瞑想を続けています。

それなのに、今までは瞑想とミニマルライフの関係など考えたこともありませんでした。

最近になってやっと「この2つは密接につながっていて、なんなら瞑想がミニマルライフを加速させたのでは?」と思うようになりました。

瞑想は「今」に集中するための方法と気づく

瞑想の方法や効果についてはこちらをご覧ください。


これらの記事を書いてから、私は瞑想そのものについて色々考えることが多くなりました。

その中で一つ出てきた答えが、
瞑想は「今」に集中するための方法なのではないか
ということです。


瞑想中は何も考えるな、と言われてもありったけの雑念(笑)が湧いてきます。

それらを受け流し、雑念だらけの自分を客観的に見つめながら意識を「今」に戻していく

そうすることでいつしか雑念も消え、気持ちが「今」に集中していく


だから瞑想すると集中力が増すんだ!とやっと納得できました。

瞑想がミニマルライフを加速させた理由

瞑想が「今」に集中する方法だとして、それがなぜミニマルライフを加速させたのでしょうか。


「今」に集中できるようになると、過去や他人、日々の雑然としたことが気にならなくなってきます。

そうやってどんどん余計なものが頭の中から追い払われた結果浮かんでくるもの。それは

今生きているということに対する限りない感謝の気持ち

です。


健康であること。
食事がとれること。
美しい空を「美しい」と感じられること。
大切な人が側にいること。


当たり前のことは決して当たり前ではない。自分はなんて幸せ者なんだろう!


そう思えた時、自分がすでに満たされた存在であることに気づきます。


何もなくてもすでに満たされているのなら・・・もう物はいらなくなりますよね?

だから物を減らすことに迷いがなくなり、ミニマルライフが加速するというわけなのです。
rocket-launch-67643_640

まとめ

新しい商品が次々と発売され、情報はどんどん入ってくる今の時代。

あれも欲しい、これも欲しい、となるのは致し方ないのかもしれません。

でもそんな時代だからこそ、時に立ち止まり「自分は何もなくてもすでに満たされた存在である」ということに気づく必要があると思うのです。

そしてその気づきは、1日10分程度の瞑想で得ることができるのです!


「もっともっと」と欲しがることに疲れた人。ぜひ一度瞑想してみませんか?


☆瞑想中に雑念から離れられない。そんな人はこんな「音」をかけるのも効果的です☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第5回目は「どこまで物を減らせばいいの?」でした。今回のテーマはミニマルライフを始めるといいことあるの?です。結論:いいことしかない!ここまでミニマリストをアピールしている私が「いいことなんて何 ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第5回目は「どこまで物を減らせばいいの?」でした。

今回のテーマは
ミニマルライフを始めるといいことあるの?
です。

結論:いいことしかない!

ここまでミニマリストをアピールしている私が「いいことなんて何もないよ」なんて言うワケはないのですが(笑)、それでも言いたい。

ミニマルライフを始めてからいいことしかありません!


ではどんないいことがあるのか?
ご紹介していきますね。

いいこと① 部屋がスッキリする

物を減らすのですから当然と言えば当然の話です。

最初は引き出し一つから始まった片付けがクローゼット全体に及び、いつしか家から「必要でない物」がなくなる。

そうなった時の「スッキリ感」は、まるで山頂にたどり着いたかのような清々しさがあります。

ちなみに我が家のリビングは現在こんな感じ。
リビング
このぐらいスッキリすると、部屋を流れる空気まで変わったような感覚になります。

いいこと② 掃除が楽しくなる

掃除の何が億劫かと言うと「掃除を始めるまで」が億劫なんですよね。

掃除機をかける前に床にある物をどける。
その掃除機を取り出す前に手前の物をどける。

物が減るとこの手間がなくなります。しかも掃除自体も楽になります。


また、一度部屋をスッキリさせてしまうとその清々しさにスッキリをキープしたくなります

もっとスッキリさせよう、もっと綺麗にしよう。

そうなると掃除がどんどん楽しくなります


私はミニマルライフを始めてから掃除が大好きになりましたよ。

いいこと③ 暮らしにゆとりが生まれる

物が多いと「選ぶ」という作業が発生します。

この「選ぶ」という作業、物が多ければ多いほど「迷い」に変わり、「疲れ」を生み出します。

更に時間も取られますし、見つからない日にはイライラします。


物を減らすと選択肢が減る分「迷い」が減り、疲れることがなくなるので「心のゆとり」が生まれます。

また、選ぶ・探す・片付けるといった無駄な時間がなくなることで「時間のゆとり」も得られます。


こうやって、物を減らすことで暮らしにゆとりが生まれるようになります。


いいこと④ 今に幸せを感じられるようになる

物を減らすとあることに気づくようになります。

それは、物が自分を幸せにしてくれていたわけではないということ


物が多い時には気づきませんし「沢山の物に囲まれて幸せ」とすら思います。

でも減らしていくとわかります。


生きていくのに必要な物はそんなにないということ。

自分が選び取った「必要な物」に囲まれて暮らす方が幸せだということ。

幸せは与えられるものではなく、すでにこの手の中にあったのだということ。


こう思えるようになり、生きている「今」に幸せを感じられるようになります。

まとめ

ミニマルライフを始めるといいことが沢山あるということ、知って頂けたでしょうか。

他にも暮らしにお金がかからなくなったり、身軽になって行動力がアップしたりといいことづくめ。


その中でも「私が感じた特にいいこと」を今回はお伝えしました。

あとはぜひご自身で感じてみてくださいね!


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第7回目は
何から手をつければいいの?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

坊主頭にはできるんですけどね。こんにちは、坊主女です。今頃気づいたのか、と自分でも思います。でも、今だからこそ認められるのです。自分に「やり抜く力」がなかったことを。すぐに結果が出ないとイヤだった私はミニマリストであり、自他共に認める「いらち(せっかちな ... 続きを読む
坊主頭にはできるんですけどね。
こんにちは、坊主女です。

今頃気づいたのか、と自分でも思います。
でも、今だからこそ認められるのです。

自分に「やり抜く力」がなかったこと
を。

すぐに結果が出ないとイヤだった

私はミニマリストであり、自他共に認める「いらち(せっかちな人)」です。

今までその「いらちっぷり」は日常生活においてだけだと思っていました。


でも、先日ヒビノケイコさんのこの記事を読んで「人生においても同じだったのだ」と気づかされたのです。

私は40代ですが、非常に興味深く読みました。

この記事の冒頭で、ヒビノさんはこう仰っています。
単発的なひとの思考は、仕事でも暮らしでも「すぐに結果が出る」と思いこみ、プロセスに必要なステップを一段ずつ上がっていけない。
ゴールから自分を見て「まだ?」と焦る。
もうすでにできている人と自分を比較して「自分はやっぱりできないんだ」と諦めてやめてしまう。
まさに私のことでした。


何かを始めた時すぐに結果を求めてしまい、結果が出ないとすぐにやめてしまう。

それがどれだけ「やりたい!」と思ったことだとしても、でした。

やり抜くことの大切さ

やり抜くことの大切さはこれに集約されていると思います。

結果が出ない→面白くない→やめる

ではなく

(中途半端だから)結果が出ない→やり抜く→面白くなる


なのだと思います。


結果がすぐに現れないから辛い、面白くない、つまらない。

私は今までそういった「目先のこと」だけしか見えておらず、すぐにやめてしまっていたのだと思います。

でも、本当は自分が「中途半端に」しかやっていなかったから面白くなかったのだと気づきました。


本気でやれば、やり抜けばきっと面白くなる。

これからの私の心の支えとなる記事に出会えたことに感謝したいと思います。

ミニマリストだからこそ、やり抜く力を身につけたい

gaishorn-2080139_640
私はミニマリストなので手放すことは得意です。

見切りをつけるのも得意ですし、そのうえ早い。

でもそれは、ともすれば「逃げ」をごまかす口実になっていたのかもしれません。


そんな私だからこそ、「本当にやりたいことだけはやり抜く力」を身につけたい

やっと見つけた「やりたいこと」です。

これだけは、私は手放さない。だからこそやり抜きたいと思います。

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第4回目は「家族との折り合いはどうつける?」でした。今回のテーマはどこまで物を減らせばいいの?です。どこまで、という基準はない食器は1枚。下着は3組。タオルは4枚。ここまで減らせたらあなたをミニマ ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第4回目は「家族との折り合いはどうつける?」でした。

今回のテーマは
どこまで物を減らせばいいの?
です。

どこまで、という基準はない

食器は1枚。下着は3組。タオルは4枚。

ここまで減らせたらあなたをミニマリストに認定しましょう、なんて基準があるわけではありません。

ライフスタイルや家族構成、住んでいる場所などにより必要な物は人それぞれ。

一概に決めつけることこそおかしな話です。


むしろ「より少ない生き方」の著者であるジョシュア・ベッカーさんはこう仰っています。
理想の人生に必要なら、何を持っていてもかまわない
えー!
そんなこと言っちゃったら物を減らす理由すらなくなっちゃうじゃない!

と思うかもしれませんが、違うのです。

物を減らす、が目的ではない

そもそも、ミニマルライフの目的は「物を減らす」ではありません。

自分にとって不要な物を手放すことで、その物にかかっていた時間やエネルギー、お金を手に入れることができます

それを使ってより大切なこと(夢だったりやりたいことだったり)を実現させる。


つまり、物を減らした先にある「幸せや豊かさ」を手に入れることが目的なのです。


物を減らすのは、幸せや豊かさを手に入れるための「手段」にすぎません

そのため、「どこまで減らせばいいか」という議論をするのはナンセンスなのです。

まとめ

部屋はガラーン。
スーツケース一つで暮らす。

そんなミニマリストの方達を見れば「あのレベルまで減らさないといけないのか・・・」と思い、ミニマルライフを諦めてしまいそうになります。


決してそうではありません。

何度も言いますが、ミニマルライフの目的は「物を減らした先にある幸せや豊かさを手に入れる」こと。

自分の基準でいいのです。自分らしくでいいのです。


物を減らした結果幸せや豊かさを感じられたのなら、もうあなたは立派なミニマリストですよ。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第6回目は
ミニマルライフを始めるといいことあるの?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

☆ミニマルライフを知るのにオススメです☆


こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第3回目は「断捨離との関係は?」でした。第4回目は早速読者の方から頂いた質問にお答えしたいと思います。今回のテーマは家族との折り合いはどうつける?です。家族には絶対に押し付けてはいけないミニマル ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第3回目は「断捨離との関係は?」でした。

第4回目は早速読者の方から頂いた質問にお答えしたいと思います。

今回のテーマは
家族との折り合いはどうつける?
です。

家族には絶対に押し付けてはいけない

ミニマルライフを始めた頃に特に陥りがちなのですが(私もそうでした)、自分の物が減っていくと他人の物の多さがとても気になり始めます。

そして「減らした方がスッキリするよ」「物を減らしてよ」と言いたくなる、もしくは言ってしまうのですが・・・。

これは絶対にしない方がいいです。というよりしてはいけません。


家族といえども他人です。

物に対する考え方も違いますし、ましてや他人の持ち物です。

それを「手放せ」「捨てろ」なんて言われれば私だって反発します。


物が減れば部屋がスッキリして、家族も過ごしやすく幸せに暮らせる。

確かにミニマルライフを送ると結果的にそうなります。

ただしそれは家族全員の理解があってこそ

「私は家族の幸せのためにこんなに頑張って物を減らしているのに!!」

という気持ちは残念ながら家族にとっては迷惑です。

それでも家族に物を減らしてもらいたいなら

ミニマルライフを家族に押し付けてはいけないのは理解できる。

でも現実問題、家族の物が暮らしを圧迫しているのでなんとか減らして欲しい。


そう思っていらっしゃる方も多いと思います。

そこで、実際に私が家族の物を減らすことに成功した方法をご紹介したいと思います。

それは「楽しみながら自分の物を手放し続け、幸せになる姿を見せること」です。

詳しくは過去のこちらの記事をご覧ください。

簡単に言うとこういうことです。

自分の物だけを粛々と手放し続ける

物が減るので自然と家族も気づき始める

自分は物を減らすのが楽しい、スッキリした部屋で幸せ!というオーラを出す(押し付け厳禁)

あなたがそんなに楽しいなら自分も・・・となる


実際にこの方法で、私の主人(マキシマリスト)は少しずつではありますが物を手放すようになりました。

ポイントは「相手に何も働きかけない」ということ。

人は、楽しそうにしている人を見ると「いいなぁ、自分もやりたいなぁ」と思うものです。

その気持ちになってもらうために「まずは自分がミニマルライフを楽しむ」ことが大切なのです。

家族みんなが幸せに暮らせることが一番

今回はややきつめに「やっちゃダメ!」とお伝えしてきました。

なぜかというと、私自身が何度も失敗してきたことだからです。


ミニマルライフを押し付けてはいけない。

頭ではわかっていても、態度や言葉の端々に「捨てろ」オーラが滲み出ることで家族の反発を受けたり話し合いを繰り返したりしました。

だからこそみなさんにはそうなってほしくないのです。


ミニマルライフは心の豊かさを手に入れられる素晴らしいライフスタイルです。

でも、それよりも私は「家族全員が幸せに暮らせること」の方が大切だと思います。


自分はどういった暮らしを望むのか。

ミニマルライフを通して考えていただければと思います。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第5回目は
どこまで物を減らせばいいの?
です。

☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第2回目は「シンプルライフと何が違う?」でした。今回のテーマは断捨離との関係は?です。断捨離の定義2010年の流行語にも選ばれた「断捨離」という言葉。この本の表紙を一度はご覧になった方も多いのではな ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第2回目は「シンプルライフと何が違う?」でした。

今回のテーマは
断捨離との関係は?
です。

断捨離の定義

2010年の流行語にも選ばれた「断捨離」という言葉。

この本の表紙を一度はご覧になった方も多いのではないでしょうか。

これはやましたひでこさんが独自で考案された言葉で、現在はやましたさんの登録商標となっています。

元々はヨガの考えである「断行・捨行・離行」を、やましたさんが応用されたんですね。

それぞれの意味をやましたさんはこう仰っています。

「断」=入ってくる要らないモノを断つ
「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる
「離」=モノへの執着から離れる
「断」と「捨」を繰り返すことで
「離」の状態=モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間で生きていく。

このように定義されています。

ミニマルライフと断捨離の関係

ミニマルライフも物を減らし、心豊かに生きるライフスタイル。

いったい何が違うの?
と頭の中が「???」となってしまうかもしれません。

これについてやましたさんが仰ったことが記事になっています。
“最小でも最大でもなく「最適」な量と関係で ~ダンシャリアンがミニマリストと違う理由(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース”

少し長くなりますが引用します。
モノを最小限に絞り込むミニマリスト。そこに垣間見えるは、モノをひたすら「排除」していこうとする姿。
けれど、ダンシャリアン<断捨離に励む人>は、モノを捨ててはいるけれど、それは過剰となって対応対処できなくなったモノに始末をつけているだけ。決して、ミニマムなゾーンまで手は染めてはいないですね。
別にミニマリストも「ひたすら排除」じゃないんだけどな・・・。

という思いはさておき、やましたさんとしては

断捨離とは「過剰」に焦点をあて、その過剰を元の最適レベルにまで戻そうとしている

ということなのです。

ミニマルライフ→最小化
断捨離→最適化

ですね。


ただ・・・
そんな細かいこと言わなくても、というのが私の正直な気持ちです。


物と向き合い、本当に必要かどうかを見極める。

不必要な物は潔く手放し、空間と自由を手に入れる。



これは断捨離にもミニマルライフにも共通です。

それを「最適」で止めるのが「断捨離」、「最小」まで進むのが「ミニマルライフ」なのかな、と。

まとめ

私はミニマルライフを始める前に

ミニマルライフシンプルライフ断捨離

の3つの言葉がごちゃごちゃになってとても混乱しました。

だからこそ、一番最初に「3つの言葉の違い」を解説しておきたかったのです。


そして、言葉の違いがわかることで

「自分が望む暮らしはミニマルライフなのか?」

「本当に望む暮らしは実はシンプルライフでは?」

といった「暮らしの方向性」を見つけていただきやすくなると思います。


次回からは「ミニマルライフ」についてどんどん深堀りしていきますね!


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第4回目は
家族との折り合いはどうつける?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆