坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: ミニマルライフ

逆上がり、できません。こんにちは、坊主女です。先日の緊急搬送から数日が経ちました。相変わらず原因はわかりませんが、体調は安定しております。ご心配頂きました皆様、本当に本当にありがとうございます。この場をお借りして御礼を申し上げます。<目次> 今までの「ミニ ... 続きを読む
逆上がり、できません。
こんにちは、坊主女です。

先日の緊急搬送から数日が経ちました。
相変わらず原因はわかりませんが、体調は安定しております。
ご心配頂きました皆様、本当に本当にありがとうございます。
この場をお借りして御礼を申し上げます。

<目次>

今までの「ミニマルライフ観」に違和感を覚え始めた

私が今までこのブログを通して伝えて来た「ミニマルライフ」とは、
本当に大切な物だけに囲まれ、心豊かに暮らす
というものでした。

ところが、先日の緊急搬送で「死」を一瞬でも感じた私。
▶︎坊主女緊急搬送!「今日が人生最後の日だったら」を真剣に考えた1日。
自分のミニマルライフ観に違和感を覚え始めたのです。

大切な「物」って言うけど、物はあの世に持っていけない。
本当に大切な「物」なんて実はないんじゃないか?

心豊かに暮らす。
確かにそうだけどなんだかボヤけた感じ。

こうやって自分の考え方に疑問を投げかけるうちに、ある一つの想いが浮かび上がって来ました。

大切なのは「今」だということ

clock-439147_640
自分にとって大切なのは、「物」でもなければ「未来」ですらない。
大切なのは「今」。
「今」を生きること。
「今」を全力で、精いっぱい生きること。


ただそれだけなのだ、と思うようになったのです。

そしてこうも思います。
「今」を生きられることに感謝する気持ちこそ、何よりの豊かさだということ。
「今」にだけフォーカスすれば、雑念すら手放せるということ。

「今」を中心に置くことで、考え方がとてもシンプルになりました。

今の私が思うミニマルライフとは?

このように色々考えてみて、今の私が思うミニマルライフはこうなりました。

生きていくために必要最低限の物だけを持ち、今この瞬間を生き切る。


今まで以上に「物は要らない」という思いが強くなっています。
「今を生きる」ことが何よりも大切だと思っています。 

すべてにおいて「今」を軸に据え、これからのミニマルライフを送っていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

記憶が耳に残る私、目に残る主人。お互いに驚いてばかり。 こんにちは、坊主女です。 私は小さな頃からテレビがあまり好きではなく、今はほとんど見ません。 また、ミニマルライフを始めてから音楽もほとんど聴かなくなりました。 そんな私なのに、ここ数日頭の中でエンド ... 続きを読む
記憶が耳に残る私、目に残る主人。お互いに驚いてばかり。
こんにちは、坊主女です。

私は小さな頃からテレビがあまり好きではなく、今はほとんど見ません。
また、ミニマルライフを始めてから音楽もほとんど聴かなくなりました。

そんな私なのに、ここ数日頭の中でエンドレスに再生されている曲があります。

<目次>


ご存知ですか?このCMソング

その曲とはこちらです。


すっかりおなじみになったauの三太郎シリーズ。
その2017年新年バージョンで流れているWANIMAの「やってみよう」です。

テレビにも音楽にもすっかり疎くなった私がなぜ知っているかというと・・・
主人がこのシリーズ大好きなんです。
中でもとりわけお気に入りがこの新年バージョン。

以前から私も一緒によく見ていましたが、ぼんやり「いい曲だなぁ」と思っていた程度。
それが突然頭から離れなくなりました。

なぜだろう?でも片時も頭から離れない。
あまりにも気になるのでiTunesで曲を購入し、何度も何度も聴きました。
そして、頭を離れない理由がわかりました。

この歌詞が、私を呼んだんだ

この曲は曲ももちろんいいですが、歌詞はさらにいいです。
その中でも、ひときわ私の心に突き刺さる歌詞がありました。
同じ今日という日は二度とないんだから
私が今感じている想いと同じことを歌ってくれている!
だから頭から離れなかったんだ!私に届いたんだ!

正直、少し震えました。
でも嬉しかった。

明日は来ないかもしれない。
今日という日も二度と戻らない。
だからこそ「今」を精いっぱい生きなきゃいけない。

私にはそんな風にも聞こえました。

だから、やってみよう!

この曲の冒頭はこんな歌詞です。
正しいより 楽しい
正しいより 面白い
やりたかったこと やってみよう
失敗も思い出
ずっとやりたいと思っているけれど、「できるわけない」と周りに反対されている。
「いい歳して何夢見てるの!」という言葉を真に受けてしまっている。

あなたはそんな周囲の「正論」に屈していませんか?
それは「世間体」という名の鎖でしかありません。

あなたが楽しいと思うこと、面白いと思うこと。
それをやってみればいいと思うのです。
失敗なんて失敗じゃない。
やって後悔なんてすることはない。

一度きりの、あなただけの人生なんです。
だから、せ〜の、やってみよう!


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

あの世の存在を信じてる。こんにちは、坊主女です。物はあの世に持っていけない。そんなことわかってるよ、と言われるかもしれません。でも、日々の暮らしの中で意識している人はほとんどいないのではないでしょうか。<目次>ベッドの上で考えていたこと 死ぬ時はからだ一つ ... 続きを読む
あの世の存在を信じてる。
こんにちは、坊主女です。

物はあの世に持っていけない。
そんなことわかってるよ、と言われるかもしれません。
でも、日々の暮らしの中で意識している人はほとんどいないのではないでしょうか。

<目次>

ベッドの上で考えていたこと

先日緊急搬送された時のことです。
▶︎坊主女緊急搬送!「今日が人生最後の日だったら」を真剣に考えた1日。

「死」が頭をよぎった私は、こんなことまで考えていました。

私の持ち物の処分は主人にやってもらうんだよな。
どこに何があったっけ。
あー、けっこうあるなぁ。片付け大変だろうなぁ。


変に現実的というか、頭が冴えたというか。
その後何事もなく帰宅できたわけですが、「持ち物」について思うことがありました。

死ぬ時はからだ一つなのだと気づく

当たり前のことです。
棺桶に思い出の品を入れてもらうことはできても、自分が物を持って行くことはできないのです。
それどころか、物の処分は残された人間にやってもらわなければなりません。

どれだけ高価な物でもそう。
思い出のつまった物でもそう。

そんな風に思って私の身の回りを眺めてみました。
私の持ち物はまだまだ多いです。
そして、生きていくために本当に必要な物はそんなに多くないのだ、とも思いました。

それでもあなたは持ち続けますか?

books-768426_640
私の言っていることは極論に聞こえるでしょうか。

私は、物を持つことを否定しているわけではありません。
生きている今を潤す「物」も大切だと思います。

だからといって、むやみやたらと物を持つ、持ち続けるのは別問題だと思います。

物はあの世に持っていけない。

心のどこかでこのことを意識しているだけでいいと思います。
それは、あなたが物を選ぶ時、手放す時の揺るがない基準となるはずです。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ちゃんと生きてます。こんにちは、坊主女です。衝撃的なタイトルでごめんなさい。でも本当に起こった話です。<目次>救急車で緊急搬送 今日が人生最後の日だったら 伝えたい想い救急車で緊急搬送その日は久しぶりに主人と出かける予定でした。 私は早起きして夕食用の肉じゃ ... 続きを読む
ちゃんと生きてます。
こんにちは、坊主女です。

衝撃的なタイトルでごめんなさい。
でも本当に起こった話です。

<目次>

救急車で緊急搬送

ambulance-1822457_640
その日は久しぶりに主人と出かける予定でした。
私は早起きして夕食用の肉じゃがを仕込み、主人が起きてくるのを楽しみに待っていました。

その時突然、背中に激痛が。
「あれ?姿勢悪かったかな?」なんて呑気にストレッチをするも痛みは増すばかり。
そのうち痛みは胸を締め付け、呼吸は苦しさを増し、めまいやしびれで意識も曖昧に。

狭心症?まさか心筋梗塞!?
わからない!苦しい!早く治って!!

そうやって我慢すること1時間。
苦しさはおさまらず、起きてきた主人に
「病院に連れて行ってほしい」
と伝え、準備をしてもらっていたのですが・・・ 

血の気が引いていく。意識が遠のいていく。
もう無理。

「救急車、呼ぶ」。


そこからのことはあまり覚えていません。
あっという間に到着した救急隊員の方に矢継ぎ早に質問を受け、救急車に担ぎ込まれて病院へ。
病院でも診察、検査、検査。

連れ回される院内、テキパキ動き回る看護師、夜勤明けの充血した目で診察をする医師。
そんな周りの様子をぼんやりと目にしながら、頭にはこんな言葉が浮かんでいました。

私、死ぬのかな…。

今日が人生最後の日だったら

検査の結果、心臓や肺、その他どこにも異常はありませんでした。
じゃあなぜあんなに苦しかったんだろう?
という疑問は残りますが、ともかく点滴だけは受けて昼過ぎに帰宅しました。

意識が落ち着いてきたベッドの上で、私はスティーブ・ジョブズの言葉を思い出していました。

もしも今日が人生最後の日だとしたら
今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?


今まで私は、このブログで何度も
「時間は有限」「やりたいことをやるべき」
といったことを伝えてきました。
▶︎「私は、やらない」こう決めると本当にやりたいことが見えてくる
▶︎今だからわかる、私がミニマルライフを始めた本当の理由

自分ではわかっているつもりでした。
でも本当は何もわかっていませんでした。

「死」は遠い未来の話ではない。
本当に、本当に、明日死ぬかもしれない。 
じゃあ私は今、本当にやりたいことをやれているのか?

何事もなかったとはいえ、今回の痛みは一瞬でも私に「死」を感じさせました。
「明日死ぬかもしれない」というフレーズが、生まれて初めて自分の言葉になりました。
だからこそ思いました。

明日死ぬかもしれないのに、やりたくないことをやっている時間なんてない。
やりたいことだけを、後悔ないようにやらなければ!

伝えたい想い

message-in-a-bottle-1694868_640
私がこの記事を書いたのは、今回の私の体験を皆さん自身に置き換えて考えて欲しかったからです。

自分も明日死ぬかもしれない。
そんな今日、やりたいことをやれているか?

そう心に問うてみてほしいのです。

色々な事情があり、制約があると思います。
それはわかってます。
それでも私は伝えたい。

一度しかない人生なんです。
明日死ぬかもしれないんです。
あなたが本当にやりたいことをやってほしい。
生きたい今日を生きてほしい。


私もそうやって生きていきます。
だからあなたも、あなたの人生を、あなたのために生きてください。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

「人」という字は、右側がしんどそうだとずっと思ってる。こんにちは、坊主女です。私は以前から定期的に人間関係を整理していることを記事にしています。▶︎「いつか連絡するかも」は、しない。携帯電話の連絡先も定期的に整理する。そのことは後悔していませんし、実際困 ... 続きを読む
「人」という字は、右側がしんどそうだとずっと思ってる。
こんにちは、坊主女です。

私は以前から定期的に人間関係を整理していることを記事にしています。
▶︎「いつか連絡するかも」は、しない。携帯電話の連絡先も定期的に整理する。

そのことは後悔していませんし、実際困ったこともありません。
でも、ほんのちょっと弱気な自分が顔を出したことを告白します。

<目次>

話し相手が、いない・・・

引っ越しを機に一番大きく変化したのは、今思うと「人間関係」でした。

40年間ずっと関西に住んでいた私。友人も親族もほぼ関西在住です。
頻繁に行き来ややりとりをするわけではありませんでしたが、
連絡を取ればすぐ会える
という安心感が心のどこかにありました。

でも今は遠く離れた地。
下手に連絡をすれば心配されるだけ。
それなら新しい土地で新しいつながりができているかというと、まだ。
気がつくと引きこもりがちになり、話し相手は主人ぐらい。

話し相手が、いない・・・。

一度そう思ってしまうと湧き上がる淋しさ。
あの人はどうしているだろう、あの人は元気かしら。
あぁ、SNSを復活させてみようかな。

そんな風に「過去の人間関係」にばかり心が捉われる時間が増えてしまっていました。

人間関係は、自分から作ればいい

そんな当たり前のことを思い出したのは、先日の記事です。
▶︎「運」は「動」より生じる。まずは自分から動いてみること。

運気の停滞を感じていた私、とにかく動こう!と思いました。
地元のネイルサロンへ行ったり、
▶︎時には自分に手をかける。感じた幸せは周りにも伝わるから。
おすそ分けとしてお隣さんへ声をかけたり。
▶︎「与える」ことで得られるのは、物だけではないんです。

そうやって自分から積極的に人と関わっていくうちに、私は元気を取り戻していきました。
そして思ったのです。

過去は過去。
これからの私にふさわしい人間関係を、私が作っていこう。


思い出と同じ。すがっていても何も変わらない。
あるのは「今」と「未来」。
前を向いて、これから新しく作っていこう。

こう思えるようになると、過去の人間関係への思いはスッパリ断ち切ることができました。

成長のために人間関係は必要不可欠

smartphone-1445489_640
ミニマリスト=孤独。
そんなイメージが私にあったのも事実です。
この3ヶ月間、あえて新しい人間関係を築かなかったのはそのせいでもあります。

でも、やっぱり思います。
人は決して一人で生きていけるわけではない。
そして成長していくために、人との関わりは必要不可欠だ、と。

これからは自分のために、さらに成長していくために、
過去に捉われず、自分の手で新しい人間関係を築き上げていきたいと思います。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

得意そうに見られるのですが、運動は苦手。こんにちは、坊主女です。運は目に見えません。でも「運気」って確かに存在すると思うし、自分次第のものだと思います。<目次>運気が停滞してきた気がしていた 自分から動かなければ何も変わらない できることから、まず動いてみ ... 続きを読む
得意そうに見られるのですが、運動は苦手。
こんにちは、坊主女です。

運は目に見えません。
でも「運気」って確かに存在すると思うし、自分次第のものだと思います。

<目次>

運気が停滞してきた気がしていた

田舎に引っ越してきて3ヶ月が経ちました。
▶︎旅立ちの朝。「安定」を手放し、羽ばたきます!

部屋作りも日々の暮らしもすっかり落ち着きました。
昔からこの土地に暮らしている感覚すら覚えます。
1日のサイクルもほぼ同じ。
話し相手も主人ぐらい。

・・・ちょっと、運気が停滞してきた気がするんです。

これは決して田舎に引っ越したから、というわけではありません。
私自身が、いつの間にか行動範囲を狭め、人間関係を狭めた結果です。

あ〜、なんかうまくいかない。
そんな風に考え、「原因は自分の中にあるのだろう」とじっと向き合っていました。

自分から動かなければ何も変わらない

でも違うんですよね。
それを教えてくれたのはKeikoさんの「リッチな人だけが知っている宇宙法則」でした。
Keiko 宇宙法則

この本で、Keikoさんはこうおっしゃっています。
運やチャンスをつかむのはもちろんのこと、よい運を安定させ、持続させるには、それだけのエネルギーが要るのね。
エネルギーは「動く力」。そして「動かす力」。
私が止まれば、エネルギーは小さくなる。
エネルギーが小さくなれば、運もチャンスも逃げて行く。

じっとしてちゃダメ!
まずは自分から動かなきゃ!

そんな風にKeikoさんから背中を押された気がしました。

できることから、まず動いてみる

やってみたいけどお金がかかる。
興味はあるけど大変そう。

何かを始めようとするとき、ついこんな言い訳をしてしまうことがあると思います。
でも、いきなり大きなことをしようとしなくてもいいと思うのです。

やりたいことがあるなら、資料を取り寄せたりネットで調べたりする。
興味があるなら、そのことに関する本を読む。

今の自分にできることから、少しずつ。
そうやって「まず動く」ことで、運も開けていくのだと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ふと顔をあげたら、窓の外に止まった鳩と目が合いました(ちょっと怖い)。こんにちは、坊主女です。前回は、時短家事の秘密として「1」をポイントにご紹介しました。▶︎時短家事の秘密を伝授!【その1】「2」じゃ、ダメなんです。でも、この記事を読んでこう思った方もいら ... 続きを読む
ふと顔をあげたら、窓の外に止まった鳩と目が合いました(ちょっと怖い)。
こんにちは、坊主女です。

前回は、時短家事の秘密として「1」をポイントにご紹介しました。
▶︎時短家事の秘密を伝授!【その1】「2」じゃ、ダメなんです。

でも、この記事を読んでこう思った方もいらっしゃると思います。
1ヶ所なんて、1回でなんて、物が多くてできない・・・。

そう!そこです。
物を減らせば、家事の時短は簡単なのです。

<目次>

なぜ「物を減らす」と時短になるの?

これはもう、具体的な家事にあてはめてみるのが一番わかりやすいです。

食器洗いなら、10枚より5枚の方が洗う時間・拭く時間・しまう時間は短くなります。
洗濯物なら、10枚より5枚の方が洗濯時間・干す時間・たたむ時間は短くなります。
掃除なら、10個より5個の方がどける時間・戻す時間は短くなります。

時間時間と連呼しているように見えますが、してます(笑)。
それぐらい、物を一つ減らすことによって家事の時間が短縮できるということ。

しかも、物を減らして短縮できるのは単純な家事の時間だけではありません。

物を減らせば、イライラする時間が減る

例えば洗いあがった食器。
拭きあげたいけど場所がない。どこに置こうか迷い、イライラする。
例えば洗濯物。
干しているうちに洗濯バサミがなくなった!あ〜もう!とイライラする。
例えば掃除。
床にあるものをどける作業の段階ですでにイライラする。

こんなイライラ、感じたことありませんか?
このイライラこそが、実は一番家事を「時間がかかる」と感じさせているのです。

でも、物を減らせばこういった余計なストレスも減ります。
むしろ、単純な家事の時短よりもこの「イライラする時間」が減る方が、心理的に時短効果を感じられるはずです。
say-yes-to-the-live-2121044_640

<最後に>物を減らして家事も人生も楽に

何事でもそうなのですが、結局小手先だけのテクニックでは限界があります。
やはり一番手っ取り早いのは「物を減らす」ということ。

一つ減らせば時間が生まれ、身軽になります。
二つ減らせば余裕が生まれ、楽になります。

もっともっと楽に生きるために、物を減らしていきませんか?


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

自称「段取りの鬼」。こんにちは、坊主女です。 嫌いな言葉は「二度手間」なぐらい、段取りを大事にする私。なので、仕事も家事も「段取り最優先」で考えるのが当たり前になっていました。でもこれって、もしかしたら誰かのお役に立てるかもしれない。そう思ったので少しず ... 続きを読む
自称「段取りの鬼」。
こんにちは、坊主女です。 

嫌いな言葉は「二度手間」なぐらい、段取りを大事にする私。
なので、仕事も家事も「段取り最優先」で考えるのが当たり前になっていました。

でもこれって、もしかしたら誰かのお役に立てるかもしれない。
そう思ったので少しずつご紹介していこうと思います。

今回のポイントはズバリ。
「2」じゃ、ダメなんです(笑)。

<目次>

一緒に使う物は「1」ヶ所にまとめる

早速具体例を上げます。
我が家では、トイレ掃除に使う物たちをこのようにまとめています。
トイレ洗剤
ケースはseriaで売っていた取っ手付きの物。
ここに洗剤とウエスを入れ、トイレ上の突っ張り棚に収納しています。

以前はウエスを洗面所ですべて保管していました。
そうすると取りに行く手間が発生してしまうんですよね。
そのため、今は使う場所ごとに洗剤と一緒に保管しています。

その他、ゴミ箱のそばにゴミ袋を収納する、食器は1つの扉の中に納めるなど。
一緒に使う物は「1」ヶ所にまとめると、無駄な動きがぐっとへります。

同じ作業は「1」回で終わらせる

例えば食器の後片付け。
スペースが狭いからといって「洗っては拭き、洗っては拭き」していませんか?
そうすると、その度に手を拭いたり、洗剤つけたりという「二度手間」が発生します。

スペースが狭いなら「先に確保」です。
私の場合はこんな感じ。
IMG_4183
水切りかごは随分昔に断捨離し、今はこの「ドライングマット」を使っています。

あ、でもポイントはここじゃないです。その横のIHクッキングヒーターです。
一気にドライングマットに洗い上げ、一気に拭き上げてIH上に置き、一気にしまう。
使える場所はどこでも使えばいいんです。 


続いて掃除も、同じ作業は「1」回でが鉄則です。

床の荷物をどける→掃除機→雑巾掛け

この作業を部屋ごとにやってしまうと・・・
  • いちいち掃除機止めないといけない
  • しゃがんだり立ったりといった「余計な動作」が増える
といった「手間」が発生します。
実はこの手間が、積もり積もって「膨大な時間のロス」になるんです。
これは本当に気をつけた方がいいです。


さらに洗濯。
洗い上がった洗濯物は「1」回で干すところまで持って行き、「1」回で干します。
洗濯物が多いのならこんな方法も。
IMG_4186
我が家で使っている洗濯かごです。

幅が約28cmと狭いのに意外と沢山入ります。
さらに積み重ねることもできる、サイズ違いあり、すこぶる頑丈!

洗面所が狭い、でも洗濯物が多い。1回でなんて運べない!
そんな方にはオススメしたいです。

<最後に>時間という「限りある資源」を大切に

家事が趣味の方はともかく、多くの方にとって家事とは「やらねばならぬこと」。
そこに余計な時間をかけてしまうのは本当にもったいないです。

家事の時短ができれば、
  • 心に余裕ができ、笑顔も増える
  • 家族との時間が増える
  • 自分のやりたいことにも時間が使える
といいことずくめ。

まずはできることから「1」つずつ、取り組んで頂ければと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。こんにちは、坊主女です。 今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。 氏神様へのお詣り私は特に信心深い方ではありません。 神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした ... 続きを読む
冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。
こんにちは、坊主女です。

今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。

氏神様へのお詣り

私は特に信心深い方ではありません。
神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした。

ですが、今の土地へ引っ越すときにふと
この地域の氏神様ってどこにあるんだろう
と気になったのです。 

まったくの新参者なんだからきちんと挨拶しておいたほうがいい、
と何かが教えてくれたのかもしれません。 

そうやって調べた氏神様に、引っ越してからすぐにお詣りしました。
それ以後「行かなければ」というより、不思議と「行きたい」と思うようになり
1日と15日には欠かさずお詣りに行っています。

伝えるのは「感謝」の気持ち

神社といえば、今ではすっかり「お願いごと」をする場所になっていますが、
実は元々は「感謝」をしに行く場所です。

今日まで無事生きてこれたこと
日々健康で暮らせていること
こうやって自分の足でお詣りに来れたこと

そういった「生かされていることそのもの」に感謝するのです。

とはいうものの、最初の頃はつい「お願い」しそうになっていました。
それでも何度か通ううちに、自然と「感謝」の気持ちが湧いてくるようになりました。

幸いなことに神主さんもいないような小さな神社なので、神様を独り占め(笑)。
たっぷりと時間をかけ、日々の感謝を伝えることができます。

そうやってお詣りを終えると、心が穏やかになっていることに気づきます。
呼吸が深くなっていることに気づきます。

そんな効果を感じ、また感謝の気持ちで神社を後にします。

なんでもない日に、お詣りに行ってみませんか?

近所に神社がない、氏神様がわからない。
そんな方も多くいらっしゃるかもしれません。
(こちらで聞けば氏神様はわかるようです→神社庁一覧
また、「わざわざお詣りするなんて」という考えもあるでしょう。

ですが、日常生活で「ありがとう」と言ったり感謝の気持ちを持つことはあっても、
手を合わせることはなかなかありません。

神社へいけば自然と手を合わせます。
手を合わせると、日々への感謝の気持ちがより強くなります。

別に決まった日でなくてもいいんです。
「ちょっと行ってみようかな」
そう思った日に一度お詣りし、感謝の気持ちを伝えてみてください。

心が温かく、穏やかに気持ちになれますよ。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ステップと聞くと、♪スコ〜ン スコ〜ン コイケヤスコ〜ン♪を思い出す。こんにちは、坊主女です。 今の若い人は知らないよね、このCM(苦笑)。それはさておき、食器の収納は誰もが悩むところだと思います。 それはキッチンの大きさを問わず、食器の量を問わず。 でもやっ ... 続きを読む
ステップと聞くと、♪スコ〜ン スコ〜ン コイケヤスコ〜ン♪を思い出す。
こんにちは、坊主女です。

今の若い人は知らないよね、このCM(苦笑)。

それはさておき、食器の収納は誰もが悩むところだと思います。
それはキッチンの大きさを問わず、食器の量を問わず。
でもやっぱり、少ないからこそできることもあります。


<目次>

我が家はシンク下に収納しています

今の家はキッチンが小さく、食器棚など到底置けません。
それに、私は一人暮らしの頃からずっと食器はシンク下に収納していたので、特に抵抗もありませんでした(抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)。

今収納しているのはこのスペースです。
IMG_4112
ここを開けると・・・
IMG_4122
こんな感じ。棚は元からありました。

下にはニトリのすべり止めシートを敷いています。
滑り止め ニトリ   滑り止めシート 説明
他のシートに比べてお値段は高いです(35×180で税込399円)。
その代わり、本当にすべらないのでシートのずれるストレスがありません。

食器の数は夫婦二人暮らし、少し多いでしょうか。
あとは統一感がない(笑)。

実はあまり自分で買った食器がないんです。
母から譲り受けた物がほとんど、あとは主人が持ち込んでくれた物など。
100均で買った食器も多くあります。

そのあたりにこだわりはないんですよね。
でも、食器の置き方にはこだわりがあります。

取り出す時の基本は1ステップ、多くて2ステップまで

これはどういうことかというと。
例えばこの味噌汁やスープを入れるお皿。
IMG_4124
これは毎日使うお皿なので、一番手前に一種類だけで置いています。
これが1ステップ。

続いてこちら。
IMG_4127
おかずを盛るお皿ですが、大きくて重い物が多いのでやはり手前に。
かつ、サイズが不揃いですが、全てを毎日使うわけではないので入れ子にしています。

一番上のお皿はもちろん1ステップで取れます。
一番下のお皿もこのように。
IMG_4125
上のお皿を持ち上げるのに1ステップ、目的のお皿を取るのに1ステップ。
合計2ステップで取り出せます。

目標は「すべての食器を1ステップで取り出せるように」ですが、今の所はここが限界。
改善の余地があるのも楽しみの一つと思って、今後も取り組もうと思います。

手順をミニマルにすれば、家事が楽になる

食器が大量にあった頃は、収納のための棚をいくつも買って重ねていました。
そこへ入れ子にしたお皿を置くわけですから、目当てのお皿を出すのがとても大変で。

今は日々使うお皿だけに減らしたおかげで、出し入れの手順もミニマルになりました。
手順が減ると、それだけで家事はグンと楽になります。
時間も短縮できますし、ストレスも減ります。

その一歩はやはり「物を減らす」こと。 
食器に限らず、定期的に見直していきたいです。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

風紀委員だけにはなりたくありませんでした。こんにちは、坊主女です。「服装の乱れは心の乱れ」なんて、昔風紀の先生に言われたような(風紀って今もあるのかしら)。その頃は反発していたけれど、今ならこう思います。部屋の乱れは心の乱れ、だと。<目次>心も体も乱れた ... 続きを読む
風紀委員だけにはなりたくありませんでした。
こんにちは、坊主女です。

「服装の乱れは心の乱れ」
なんて、昔風紀の先生に言われたような(風紀って今もあるのかしら)。
その頃は反発していたけれど、今ならこう思います。

部屋の乱れは心の乱れ、だと。

<目次>

心も体も乱れた結果

4月に入り、悩む時間が増えたと思ったら体調不良、という日々が続いていました。
そんな中でも定期的に部屋の掃除はしていました。
・・・していたつもりでした。

ふと気づくとあそこにもここにもチリやホコリが。
IMG_4154 IMG_4152
わかりにくいかもしれませんが、いたるところにありました。

決して掃除をしていなかったわけではないのです。
でもきっと心ここに在らずだったんだろうな。
そして、汚れが目に入っていても気づかないぐらい手一杯だったんだろうな。

そんな風に思い、いつも以上に丁寧に、心を込めて部屋中を掃除しました。
IMG_4155 IMG_4157
綺麗になってスッキリ、です。

なぜ心が乱れると部屋が乱れるのか

心が乱れている状態とは、悩み事があったり物事がうまく行っていない状態。
そんな時って、どうしても思考のベクトルが内側に向きがちになります。
そしてどんどん余裕がなくなってしまいます。

余裕がなくなると、今度は周りが見えなくなってきます。
部屋の汚れ、散らかり具合。
普段なら気づくことに気づけなくなり、いつしか部屋が乱れてしまうのです。

気持ち良い部屋づくりは、気持ち良い心づくりから

部屋を綺麗にすれば心がスッキリするのは確かです。

でも、綺麗を「維持」するためには
心を常に整え、安定させておくこと
が大事なように思います。

なかなか簡単にできることではないのですが(苦笑)。
私も、もっと自分をコントロールする力を身につけたいな、と思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは、坊主女です。 若い頃は、自分が40歳になるなんて考えもしませんでした。 ましてや「老いる」なんて。 <目次> 歳を取るにつれ感じる体の変化 「老い」を受け入れたら、楽になった 「老いていく自分」を愛でながら生きてゆきたい ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

若い頃は、自分が40歳になるなんて考えもしませんでした。
ましてや「老いる」なんて。

<目次>

歳を取るにつれ感じる体の変化

実は2年ほど前から、時折腰痛に悩まされるようになりました。
さらに昨年暮れあたりから、調子を崩すと必ず片頭痛が起きるように。
先日の体調不良も片頭痛が原因でした。
▶︎ミニマリスト、常備薬がなくて苦しむの巻

で。
治らないんですよね・・・なかなか。
若い頃は一晩寝たら治ったのに治りません。

当然無茶もきかなくなりました。
もっと言うと、物忘れも多くなりました。

そんなことがある度に思うのです。
やっぱり、歳のせい?って。

もう少し若い頃ならきっと、「認めたくない」と思っていました。
でも、今の私は不思議と「抗う」気持ちがありません。
そして、そんなに嫌でもありません。

「老い」を受け入れたら、楽になった

40歳の私がこんなことを言ったら諸先輩方にお叱りを受けるかもしれません。
でも、最近こう思うようになったのです。

どうやったってこれから若返ることはない。
それなら「老いていく自分」を受け入れ、寄り添って生きればいい。

こう思ったら途端に楽になりました。

無理がきかないなら、ないなりにやればいい。
ゆっくり丁寧にこなせば、今まで見えなかった景色も見えてくる。
一つや二つ忘れたって命が取られるわけじゃない。

それに、年齢を重ねることでしか生まれない「美しさ」もあります。
老いていく自分を憂うより、素敵に歳を重ねる方法を考えた方がいいに決まってます。

そんな風に考えると、むしろ老いていくことが楽しみにすら思えるようになりました。

「老いていく自分」を愛でながら生きてゆきたい

誰もが歳をとり、体も衰えていきます。
それはもうどうしようもないことだし、恐れたって仕方がない。

むしろ怖いのは、学ばなくなることであり、成長への意欲を失うこと。
そんな自分にだけはなりたくありません。

先日、主人と散り始めた桜を観に行きました。
IMG_4139   IMG_4148
私は、桜の中で散り際が一番好きです。
生命力に満ち溢れた満開の頃の桜は、ちょっと眩しすぎるのかもしれません。

散ってしまうにはまだまだ早いけれど。
散りゆく桜を愛でるように、老いていく自分を愛でながらこれから生きてゆこうと思います。
 

いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

こんにちは、坊主女です。中身は減っていくのに入れ物の大きさはそのまま。はっきり言って「邪魔」ですよね。そういった物は、いっそ「中身だけ」にしてしまった方がいいかもしれません。<目次>我が家ではこんな物を中身だけにしています 中身だけにするメリット そのひと ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

中身は減っていくのに入れ物の大きさはそのまま。
はっきり言って「邪魔」ですよね。
そういった物は、いっそ「中身だけ」にしてしまった方がいいかもしれません。

<目次>

我が家ではこんな物を中身だけにしています

中身だけにしているのはやはり消耗品関係が多いです。
代表的なのはやはりこちら。
バンドエイド
バンドエイドの箱ってほんと大きい。
買ってきたらすぐにこのスタイルにします。

続いてこちら。
サロンパス
いやだって、もう40歳ですから・・・。
2年ほど前から時折腰痛に悩まされるようになり、購入頻度があがりました。
箱のまま収納すると臭いがどうしても漏れますが、このスタイルなら気になりません。

そして先日、これも中身だけにしました。
綿棒 ケース 綿棒 中身
なぜ綿棒って大容量でしか売ってないんでしょう。私は滅多に使わないのに。
ともあれ一気に入れ替え、入れ物を処分してスッキリです。

中身だけにするメリット

こういった物を中身だけにすると、様々なメリットがあります。

①物のかさが減る
当たり前といえば当たり前です。
入れ物は空気を収納するためにあるのではありません。
かさが減れば引き出しもスッキリします。

②中身が見えるので減り具合が一目瞭然

私が使っているのは100均でも売っている普通のチャック付きビニール袋です。
こんなタイプ。
大きさが色々あるのでとても便利。

そして、このように収納すると中身が一目瞭然のため、
買い過ぎることもなければ、なくなって慌てることもありません。
私にとってはこれが一番のメリットです。

③劣化が防げる
サロンパスにしてもバンドエイドにしても、長く使わないでいると少なからず劣化します。
ですがこの収納方法に変えてから、劣化は随分と遅くなりました。
結果的に長く使うことができ、一石二鳥でした。

そのひと手間が暮らしを楽にする

中身だけにするなんてわずかな手間でしょ?
と思われるかもしれませんが、忙しい日々に追われているとそれすら手間に思えます。
そしてそのわずかな手間を惜しんだばかりに、後々より面倒になることも。

片付けの基本が「出したらしまう」であるように、
掃除もこまめにした方が楽なように。

最初のほんのひと手間が暮らしを楽にします。 
身の回りで「中身だけ」にできる物、探してみてくださいね。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ