坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: 幸せ×ミニマリスト

こんにちは、坊主女です。このブログを始めてからこんなにも更新が止まってしまったのは初めてです。いつも更新を楽しみにしてくださっていた読者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたことと思います。本当にごめんなさい。でもやっと、やっと心から「書きたい!」と思え ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


このブログを始めてからこんなにも更新が止まってしまったのは初めてです。

いつも更新を楽しみにしてくださっていた読者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたことと思います。本当にごめんなさい。

でもやっと、やっと心から「書きたい!」と思える状態にまで戻って来ました。


更新が滞った理由、それは・・

ブログを始めて1年。

ここまで更新が滞ったのには2つの理由があります。

ミニマルライフへの迷い

desperate-2293377_640
更新が止まるほんの少し前の記事です。

このブログを始める数ヶ月前から始めたミニマルライフ。

今まで数え切れないほどの物を手放し、心も体も軽くなったはずでした。

でも私は、いつのまにかミニマルライフに生き方を束縛されているような気持ちになり、ミニマルライフそのものに迷いを覚えるようになってしまいました。


このままミニマルライフを続けていくべきか。

やめるなら、このタイトルはもう掲げられない。

そもそも私はこのブログをどうしていきたいのだ?


ミニマルライフへの迷いは、いつしか自分のブログの方向性の迷いに変わっていきました。

ブログを書く手が止まった理由の一つは間違いなく「ミニマルライフへの迷い」です。


でも実は、更新が滞った最大の理由は別のところにありました。

甲状腺機能低下症、という病

thermometer-1539191_640
今だからこそわかるのですが、かれこれ1ヶ月以上前から慢性的な体調不良が続いていました。


体がだるい、すぐ疲れる、頭が回らない、気力が出ない、など。


でも私は「一時的なものだろう」「暑さにやられているだけだろう」などと思い、病院へ行くことなど考えもしませんでした。

ところが体調はどんどん悪化。

ブログの文章を書くことはもちろん、日中起き上がっていることすら困難になってしまいました。

そこでやっと病院に行って検査を受けたところ「甲状腺機能低下症」と診断を受けたのです。


詳しい説明は省略しますが、座っているのも本当に辛い状態でした。

もちろん頭も全く回らないし、パソコンの画面を30分見続けるのも困難なほど。


ブログは書きたい、でも書けない。

気持ちの焦りと書けない悔しさの狭間で本当に苦しかったです。


復活ののろしは「捨ててやる!」

lyzz-hana-2553162_640
結果的にほぼ寝たきり生活を2週間近く送っていたのですが、薬が徐々に効き始めてきたのか私の心にも少しずつ力が戻って来ました。

そんな先日、昼寝から目覚めた私は突然こう思ったのです。

捨ててやる!

なんでもいいからとにかく捨ててやる!

そう思った私は布団から飛び出し、自分の身の回りを徹底的に見直しました。


とはいうもののすでに要らない物などほとんどありません。

それでも私を突き動かしたもの。

それは捨てなければ変わらないという狂いそうなまでの衝動でした。

捨てたもの

このままじゃダメだ、私はもっと先へ進みたい。

そう思いながら捨てたものの数は多くありませんが、私にとって「訣別」の覚悟を込めたものばかりです。

①多動力(他10冊以上の本)

あれだけ激推ししていた堀江貴文さんの「多動力」。
IMG_4564

今回手放しました。

理由は強すぎる言葉に疲れたから。

言っていることはもっともだし、納得もしました。

でも私が最終的に目指したいのはそこじゃない、と思ったのです。


この「多動力」以外にも、長らく手元に置いていた10冊以上の本を手放しました。

本を手放すのは「考え方」を手放すのと同じこと。

私の「新しい考え方を取り入れたい」という気持ちの現れなのだと思います。

②整理収納アドバイザー関連のテキスト

3ヶ月ほど前「整理収納アドバイザーの資格を取ろう」と通信教育を始めました。

でも・・・最初からなんとなく思っていました。

私がやりたいのはこれじゃない、と。

これを言ってしまうと身も蓋もないのですが、始めた手前3日坊主はいかん!と一応通信教育で学べるところまでは学びました。
2級 認定証 (1)

修了証 (1)
このまま1級まで受けることも可能です。

でも私の価値は資格で決まるわけじゃないし、そこにしがみついている自分がみっともない

そう思ってテキスト一式捨てました。

③ミニマルライフへのこだわり

chain-2421769_640
床に臥せっている間、ミニマルライフや自分のブログの方向性については幾度となく考えました。

考えに考え、時には放置し、また考えた末の私の結論。それは、

どーでもええやん(笑)

です。


だってぶっちゃけどうでもいいんですよ、自分がミニマリストでもそうでなくても。

私は私だし、私の考えは私の人生そのもの。

ミニマルライフなんて私のほんの一面でしかないんだから、こだわること自体ナンセンス。


やっとそう思えるようになり、ミニマルライフへのこだわりを捨てることができました。


舞い戻った坊主女

seagull-1926678_640
これら以外の細々したものも捨てましたが、捨てた後の私の心は「スッキリ!」の一言。

今、滞った空間からやっと抜け出せそうな気がしています。


もうブログに関して迷いはありません。

ミニマルライフに関係なく、私が思うこと、私が感じることをそのままに書いていこうと思っています。

タイトルの変更も一時は考えましたが、「坊主女のミニマルライフ」で覚えてくださっている方もいらっしゃるのでそのままにしておきます(語呂とリズム感もいいので)。


まだ体調が万全でないため更新頻度は落ちると思いますが、気持ちはしっかり持ち直しています。

どうかのんびりと更新をお待ちいただければと思います。

こんにちは、坊主女です。お墓参り、と聞くと普通は「ご先祖様の供養のために行くもの」と思うかもしれません。もちろんその側面は大きいと思いますが、私は今「自分のため」にお参りをしています。毎月お墓参りへ行っています小さい頃、私の実家には毎月お寺さん(お坊さん ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


お墓参り、と聞くと普通は「ご先祖様の供養のために行くもの」と思うかもしれません。

もちろんその側面は大きいと思いますが、私は今「自分のため」にお参りをしています。


毎月お墓参りへ行っています

a0002_005212
小さい頃、私の実家には毎月お寺さん(お坊さんのこと)がお参りに来てくださっていました。

また、毎月お墓参りに行くのも当たり前で、お寺の境内が遊び場だったほどです。


でもやっぱり大きくなるにつれお墓も疎遠に。

帰省の際にやっと行くか行かないかという状態が続いていました。


そんな私ですが、今では毎月お墓参りに行っています

きっかけは引っ越し

それまでは実家も実家のお墓もさほど遠くない場所にあったのですが、引っ越し後はそう滅多に帰ることができなくなりました。

だから余計に先祖への想いが強まったのだと思います。

幸いにも主人の実家のお墓が近くにあるので、引っ越し後は毎月お墓参りに行くようになりました。


自分のために墓へ参る

私がお墓参りに行く理由として「先祖の供養のため」というのは大前提です。

そのうえであえて「自分のため」にお墓参りに行っています。

①見守ってくれていることへの感謝

私は特に霊感が強いわけでもなければ、スピリチュアルなことを信じているわけでもありません。

でもご先祖様はいつも私たちを見守ってくださっていると思っています。

その感謝の気持ちを伝え、見守ってくださっていることを忘れないためにお墓参りに行きます。

②元気でいることの報告

せっかく見守っているのにほったらかし、ではご先祖様も精が出ないはず。

日々元気に過ごしているという報告を聞きたいと思うのです。

言ってみれば親に近況報告をするのと同じこと

元気でやっています、心配しないで。

そんな気持ちを伝えるためにお墓へ参ります。

③先祖あっての自分、という戒め

ご先祖様がいなければ今の私は存在しません。

主人のご先祖様がいなければ、主人も存在しなかったし私と出会うこともありませんでした。

そう考えると何代も、何十代も続くご先祖様あっての自分だとしみじみ思うのです。

自分は1人で生きているのではない。

そのことを強く戒めるためにお墓参りを欠かさなくなりました。


ふと心が迷ったら

MOK_oketohisyaku_TP_V
お墓参りなんて意味がない。

行きたいけど遠い場所にあるから面倒だ。

お墓参りに行かない理由は多々あるでしょうし「行かなければダメだ」と強く言うつもりもありません。


ただ、私はお墓参りに行くと心が「しゃん」とします。

ご先祖様に、そして自分に恥じない生き方をしようと気持ちが引き締まります。


ふと心が迷ったそんな時は。

お墓参りに行ってみるのもいいかもしれませんね。

こんにちは、坊主女です。好きなこと、趣味にしていること、やりたいこと。そんなことにすら理由が必要でしょうか?理由を説明し、他人に納得してもらわなければならないでしょうか?般若心経が好きです冒頭から煽りを入れておいてそれか!と突っ込まれそうですが(笑)。以 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


好きなこと、趣味にしていること、やりたいこと。

そんなことにすら理由が必要でしょうか?

理由を説明し、他人に納得してもらわなければならないでしょうか?


般若心経が好きです

般若心経
冒頭から煽りを入れておいてそれか!と突っ込まれそうですが(笑)。


以前ご紹介しましたが、私は写経も趣味です。

写経するのももちろん般若心経です。

ただ、写経はそれなりに時間もかかりますし「よし!」という気合いも必要です(それが好きなのですが)。

だから私にとって写経は「心が落ち着かない時」や「迷いが生じた時」に繰り出す必殺技のようなものなのです。


これに対し、般若心経を声に出して唱えると3分ほどで終わります。

なので私は毎日般若心経を唱えています。

かれこれ1年半にはなるでしょうか、毎日です。

旅行に行った時などは主人の目を盗んで(笑)唱えています。


もちろん般若心経に込められた意味も、この本を読んで一通りは知っています。
哲夫 本

この本を書いているのはお笑い芸人さんですが、すごくわかりやすいです。

般若心経ってありがたいお経だなって思います。


でも、私が般若心経を声に出して唱えるのは理由があってのことではありません。

唱えてたら気持ちがいいんです。ほんとそれだけなんです。


なぜ「好き」に理由がいるんだろう?

why-1780726_640
本当は般若心経のことをずっとブログに書きたいと思っていました。

私が好きな般若心経のことをもっと知ってもらいたいと思っていました。


それなのに心の奥にあったこんな気持ちが私を躊躇させてしまっていました。
  • もっとちゃんとした理由がないといけない
  • 誰にでも納得してもらえる効果を示さないといけない
  • 変な趣味だと思われて読んだ人がドン引きしたら悲しい
我ながらチキンですね。坊主頭のことは嬉々として書けるのに(苦笑)。

だから開き直って書くことにしました。


だって、そもそも「好き」に理由なんていらないと思うのです。

好きなものは好き。それだけだと思うのです。


それで読者の皆様が離れてしまったら仕方ありません(淋しいですけどね)。

それが怖くて好きなことを書けないより、自分の心に正直に書いていきたい。

やっぱり私はそう思います。


もっと心の震えを感じて!

love-2515141_640
今回の私のような迷いは、実は生き方そのものにも当てはまるのでは?と思います。


好きなことはあるけどお金にはならないから今の仕事を続ける。

やりたいことはあるけど家族のことを考えると諦めざるをえない。

夢を語ったところでバカにされるだけだから誰にも言わない。


本当にそれでいいのでしょうか?

心はそれで満足するのでしょうか?


人は誰だってワクワクやドキドキと言った心の震えがあるはず。

そんな心の震えを閉じ込めず、もっと感じてみればいいと思うのです。


このことを自分にも言い聞かせ、私はもっともっとやりたいことをやっていこうと思います。

こんにちは、坊主女です。先日から本気で引き寄せを再開しています。基本に立ち返ってみると「いかに自己流でやっていたか」ということに気づき、反省しきりです。無理やり幸せを探していたと気づく私は引き寄せに関しては奥平亜美衣さんの本しか読んだことがなく、方法も亜 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


先日から本気で引き寄せを再開しています。

基本に立ち返ってみると「いかに自己流でやっていたか」ということに気づき、反省しきりです。


無理やり幸せを探していたと気づく

mystery-1773200_640
私は引き寄せに関しては奥平亜美衣さんの本しか読んだことがなく、方法も亜美衣さんのおっしゃるとおりに実践しています。

いいことノート

亜美衣さんがおっしゃっている中で一番実践しやすいのが「いいことノート」。

その日あった「いいこと」をノートにどんどん書くことにより、毎日を「いい気分」で過ごせるようになるというものです。


このノートを、私は引き寄せの法則を知った時からずっと書き続けていました(実際にはiPhoneの日記アプリに入力しています)。

が。

どうも最近「引き寄せてる感」がなかったのです。

読み返して愕然

そこでここ数ヶ月の「いいことノート」を読み返してみたところ、愕然としました。


私は無理やり幸せを探していたんです!


もちろん本当に「嬉しい!」「幸せ!」と感じたことも書いてありました。

でもなんかこじつけというか「これ、ほんとは思ってないでしょ?」と自分で突っ込みたくなるようなことも正直書いてありました。


実は私は幸せな「フリ」をしていたんだ。

その結果「本当は幸せじゃない」という気持ちになり、不足感を引き寄せてたんだ!

こうわかると、今の自分の状況に納得せざるを得ませんでした。


大切なのは心の底から信じられること

自分は無理やり幸せを探していた。

そのことに気づけたのは亜美衣さんの本を片っ端から読み返したおかげです。

毎日読み返しています

中でも改めて書い直したこの本は、今毎日のように読み返しています。
トレーニング 表紙


この本は実際に書き込みができるようになっています。

たとえばこんな感じ。
全面 (1)
このように自分の気持ちを書き出していくことで「実践的に」引き寄せのトレーニングができるという本です。

「いい気分」でいるために

亜美衣さんは「引き寄せ力」を高めるには毎日をできるだけ「いい気分」で過ごすことが大切とおっしゃっています。

この本に書かれたそのコツを読んで、私は自分の間違いに気づきました。
現状を変えようとするのではなく、現状の中に「自分が心から”ここはいいな”と思える部分」を探すこと
(中略)
無理のない範囲、心の底から信じられる範囲で、今より少しだけ気分のよくなる考えを見つけること
心から、心の底から信じられないと意味がないんですよね。


例えば嫌なことがあったとして
  • この経験のおかげで私は億万長者になれるんだ!ありがとう!
なんて信じられません(でも私はこういう考え方をしていました)。

そうではなくて
  • こんな嫌なことがあったけど「こうされたら嫌だ」ということがわかって良かった
ならすんなり受け入れられます。


このように「自分が心の底から信じられること」を見つけて「いい気分」になることが大切なんだ。

そのことに改めて気づくことができ、本当に感謝しています。


何かが変わり始めた

fractal-1765218_640
引き寄せを本気で再開してまだ数日ですが、何かが確実に変わり始めているのを感じています。

そもそも今回ご紹介した本だって「アマゾンなんか待てない!」と思って近所の小さな本屋さんをはしごし、最後のお店で見つけたのですから。


これからもっともっとすごいことが起こるんだろう、とワクワクしています。

自分の気持ちに正直に、これからも「いいこと探し」を続けていこうと思います。



こんにちは、坊主女です。あれがない、これもない、こんなことすらできない。私たちはなぜか「ない」にばかり目を向け、悩みがちです。本当はすべて「ある」はずなのに・・・。家計簿を見てため息実は私、このところ家計簿を見てため息をつくことが増えてしまっていました。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


あれがない、これもない、こんなことすらできない。

私たちはなぜか「ない」にばかり目を向け、悩みがちです。

本当はすべて「ある」はずなのに・・・。


家計簿を見てため息

実は私、このところ家計簿を見てため息をつくことが増えてしまっていました。
calculator-428294_640

節約に対する考え方

私はミニマリストになってから固定費をしっかり見直しました。

その代わり、日々の光熱費や食費などを過度に節約することはしていません。

やりすぎると心が荒むのがわかっているから
です。


では逆に、湯水のようにお金を使い贅沢をしているかと言うともちろん違います。

むしろ必要な物にしかお金を使いませんし、どちらかと言えば「使っていない」方だと思います。

なぜ「ない」んだろう

そんな我が家ですが、家計管理は「Zaim」というアプリを使っています。
レシートの読み込みも簡単ですし、パソコンとの同期もできるので重宝しています。


このアプリに日々家計を入力しているのですが・・・。

この数ヶ月、自分では使っていないと思っていたのに実は出費がかさんでいたんです。

あれだけ固定費を減らしたのに、決して贅沢していないのに。

なぜだろう、なぜ「お金がない」んだろう。


そんな風に家計簿を見ながらため息ばかりついていました。


「ある」に気づいたら世界が変わり始めた

ダメだとわかっているのに「ない」にしか目が向かず、余計に自分を責める日々。

気持ちさえも落ち込んでいた私を救ってくれたのは先日読んだ「引き寄せ」の本でした。

「ある」に気づく

先日もご紹介したこの本。
引き寄せ


著者の奥平亜美衣さんは、どの本の中でも毎日をできるだけ「いい気分」で過ごすことが大切と仰っています。

そのためには無理のない範囲で今より少しだけ気分のよくなる考えを見つけましょう、と。


そこで私は考えました。
  • 今の生活で「買いたい」と思う物はきちんと買えている
  • 日々の暮らしには少しも困っていない
  • 住む家があり、ライフラインも整い、美味しい食事が食べられる
ここまで考えると、私はむしろ恥ずかしい思いさえしてきました。


今まで何を「ない」「ない」と思っていたのだろう。

私には何もかも「ある」じゃないか。

こんなにも幸せで豊かじゃないか!!



見える世界が変わり始めた

やっと「お金はある」に気づいた私。

すると他にもどんどん「ある」に気づくようになったのです。
  • やりたいことができる環境が「ある」こと
  • ブログを読んでくださる沢山の読者の存在が「ある」こと
  • そもそもやりたいことが「ある」こと
ここで私は「ハッ!」としました。


近頃の私は、今の環境を「自分で掴み取った」という傲慢な思いがあったのでは?

本当は最初からすべて与えられていて、そこに「あった」んだ。

なんてありがたいことなんだろう!

なんて幸せなことなんだろう!!


この瞬間、私の目の前の世界が「ガラリ」と変わる音がしました。

私には何もかもが「ある」。

そう見えるようになったのです。

そしてそれは私の心に幸せと豊かさを与え、限りない感謝の気持ちをもたらしてくれたのです。


もう一度「引き寄せ」に取り組んでみます

climbing-to-the-top-2125149_640
私は今まで、引き寄せについてはほとんどブログに書いてきませんでした。

それはミニマリストになる前からずっと実践していたし、当たり前になっていたから。

でも当たり前になっていたからこそ今回のような失敗をしてしまったのだと思います。


ちょうどいい機会なので、もう一度真剣に「引き寄せ」に取り組んでみたいと思います。

その結果がどうなったか?や実践している引き寄せの方法もご紹介していきます。

皆さんが実践している「引き寄せ」があればぜひ教えてくださいね。

今ではすっかり手紙を書かなくなった人も多いのではないでしょうか。でもそんな時代だからこそ手紙を書くメリットは沢山あります。メールや電話にはない手紙の魅力を知り、大切な人へ手紙を送ってみませんか? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は小さな頃から手紙を書くのが大好きでした。

大人になってからもあえて手紙でやりとりをしていた人も数人いたぐらい。

でもここ数年、手紙を書く機会はめっきり減ってしまいました。


暑中見舞いを書きました

暑中見舞い
今住んでいる愛知県西尾市に引っ越してきてからもう半年が経ちました。

いつのまにか住み慣れた関西地方のことを思い出すこともなくなり、すっかり今の土地での暮らしを満喫しています。


そんな先日、ふと「みんなどうしてるかな」と思うことがありました。

みんな、と言っても私はかなり人間関係を整理しているので沢山友人がいるわけではありません。

思い出したのは数人の大切な友人。


折しも時期は立秋前でした。

「暑中見舞いを書こう」

私はそう思って数枚の葉書をしたため、ポストに投函しました。

コトン、とポストの中に落ちた音が私をとても幸せな気持ちにしてくれました。


手紙の良さ

手紙には、メールや電話にはない良さがたくさんあります。

【手紙の良さ①】手書き

writing-1209121_640
文字には性格が表れ、その時の心が表れます


心の込もった文字というのは見てわかりますし、受け取った側にも気持ちが伝わります。

携帯電話やパソコンのメールでは、残念ながら文字そのものから何かを感じることはできません。


手書きであることは手紙の一番の良さではないかな、と思います。


【手紙の良さ②】相手を想う時間の楽しさ

mail-1923197_640
手紙は一文字一文字ゆっくりと書けます。

その時に相手のことを色々考えたり、想ったりできるのがとても楽しいです。


また、手紙を「書く」だけでなく便箋や封筒を選んだり、切手を選んだり。

「◯◯さんはこんな柄が好きかな?」

「この素敵なデザインは是非◯◯さんに送りたい」

そんな手紙に関わるすべての物を選ぶ時に相手を想う


この時間は手紙ならではだと思います。


【手紙の良さ③】相手の時間を邪魔しない

clock-407101_640
電話が嫌いと公言する人は随分増えました。

突然自分の時間に割って入ってこられるから、というのが理由の多くですがメールも同じ。

通知音が鳴ったり画面に表示されたりすると「放っておこう」と思いながらも頭のどこかで気にしてしまいますし「早く返信しないと」と焦ってしまいます。


その点手紙はその多くが急ぎの用事ではありませんから、相手も好きな時にゆっくり読むことができます。

送った側も「返事はまだかしら」なんてイライラすることもありません。


相手の時間を邪魔せず、心のゆとりも得られる

手紙っていいな、と思います。


時には手紙を書いてみませんか?

girl-1345800_640
今回手紙の良さをご紹介しながら、私自身「やっぱり手紙っていいなぁ」と再確認しました。

文通とか楽しいかも、なんて思ったり(笑)。


忙しい毎日、手紙なんて書いている余裕はないという方もいるでしょう。

でもそんな毎日だからこそ、手紙を書くことで心が温かく優しくなると思います。


遠くの友人や両親、一緒に暮らしている家族でもいい。

あなたの大切な人に、時には手紙を書いてみませんか?

こんにちは、坊主女です。 幸せは「なる」もの?「ある」もの? はたまた「してもらう」もの? 今回は幸せに対する考え方一つで人生は大きく変わってしまうかもしれないというお話です。 久々に「引き寄せ本」を読み返す引き寄せの法則、と聞けば今や知らない人はいな ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


幸せは「なる」もの?「ある」もの?

はたまた「してもらう」もの?

今回は幸せに対する考え方一つで人生は大きく変わってしまうかもしれないというお話です。


久々に「引き寄せ本」を読み返す

引き寄せの法則、と聞けば今や知らない人はいないぐらい有名になりました。

本屋さんにもあふれんばかりの「引き寄せ本」が売られています。

初めて読んだ本

私が引き寄せの法則を初めて知り、実践し始めたのは2015年9月のことでした。

当時は何もかもがうまくいかず、藁にもすがる気持ちでこの本を手に取ったことを覚えています。
引き寄せ マンガ


私は今でも、引き寄せに関する本は奥平亜美衣さんの著書しか読みません。

考え方や方法が合っているのだと思います。


この本を読み、引き寄せを実践し始めてから私の人生は大きく変わりました

今の私になる最初の転機だったのかな、と今では思います。

久しぶりに読み返した本

そんな引き寄せの法則ですが、自分では途切れることなくずっと実践しているつもりでした。

「いいことノート(その日あったいいことを書くノート)」は毎日書いています。

日々を良い気分で過ごすことも意識しています。


でも「なんだか最近うまくいかないなぁ」と思うことが増えていました。

そこで初心に帰ろうと奥平さんの別の著書を読み返すことにしたのです。


この本も何度読んだかわかりません。

それなのに、今回読み直してみて「私は全然引き寄せを実践できていなかった!」と目から鱗がボロボロ落ちる思いがしました。


幸せに対する甘えに気づく

奥平さんは「自分で幸せになる覚悟を持つことが大切」とどの著書でも仰っています。

周りの誰かや何かではなく、自分。

私はこの「幸せになる覚悟」というスタンスがとても好きです。

夫への甘え

ところが私は、本を読み返してみて心のどこかで「夫に幸せにしてもらおう」と思っている自分に気づきました。

今、私はやりたいことをやれる恵まれた生活をしていますが、収入はほとんどありません。

だから収入面では主人に頼りっきりです。

その引け目もあるのですが、自分のことはさておいて「主人になんとかしてもらおう」という甘えた気持ちがあることに気づいてしまったのです。

改めて覚悟を決める

このままではいけない。私はそう思いました。

夫婦と言えども他人。

夫に幸せに「してもらう」のではなく、自分で自分を幸せに「する」。

その覚悟がなければやりたいことをやり続けてはいけないんだ。


言葉にするときつく聞こえるかもしれませんが、こう考えることでむしろ私は楽になりました。

やりたいことをやり続けるという生き方に迷いがなくなったからです。


自分を幸せにできるのは自分だけ

私は心の根底にずっと一つの思いがあります。

それは人間は所詮1人だということ。

生まれる時も死ぬ時も、そして生きている今も。

だからこそ自分を幸せにできるのは自分だけだとも思うのです。


自分で自分を幸せにする。

その覚悟はきっと世界を動かす最初の一歩になると私は信じています。

こんにちは、坊主女です。いきなりどうしたの?と言われても仕方ないのですが。「愛」ってなんだろう。最近そのことばかり考えていました。「愛してる」を連呼してみた先日、他人に向けて発した愛情が自分をも幸せにすることに気づきました。この時直感的に「私にとって次の ... 続きを読む
001
こんにちは、坊主女です。


いきなりどうしたの?と言われても仕方ないのですが。

「愛」ってなんだろう。

最近そのことばかり考えていました。


「愛してる」を連呼してみた

先日、他人に向けて発した愛情が自分をも幸せにすることに気づきました。

この時直感的に「私にとって次のキーワードは『愛』だ!」と思ったのです。


でも多くの日本人と同様、私は「愛」という言葉にどこか恥ずかしさがあり、今まで滅多に使ったことがありません。

「愛」という言葉そのものへの理解が全然足りていないのです。

うむ、どうしたものか。


色々考えた結果、私はある方法を思いつきました。

それは「思いを込めなくてもいいから『愛してる』を連呼してみる」というもの。

なぜこの方法を思いついたかというと、以前同じように「ありがとう」を連呼してみたら心が感謝の気持ちでいっぱいになるという経験をしたからです。

きっとこれは「愛してる」にも応用できるはず。

そう思ってとにかく「愛してる」を連呼してみることにしました。


「愛してる」が持つパワー

woman-591576_640
その日は暇があれば「愛してる」と呟いていました。

そしたらやっぱりすごいんです、「愛してる」という言葉って。


目に入るすべての物事が愛おしく思え、すんなり受け入れることができたんです。

自分の心も愛に満たされ、幸せな気持ちになったんです。


でも「ありがとう」という言葉ももちろんすごい。

「ありがとう」と「愛してる」の違いがわかれば「愛」について理解ができるかも。

そう思って考えてみました。


私が思うに「ありがとう」は
  • 自分が今ここに存在する、ということに対する感謝の気持ち
  • 必要なものは既にすべて持っている、ということに対する感謝の気持ち
というように「既に在るものに対する気持ち」ではないか。


反対に「愛してる」は
  • 自分という存在、他人という存在、すべての存在を受け入れる気持ち
  • 自分が持っているもの(感情なども含め)を惜しみなく与える気持ち
というように「自分から何らかの働きかけをする気持ち」と言えるのではないか。


つまり「ありがとう」が「静」の感情なら「愛してる」は「動」の感情

こんな風に考えると「愛」はとても積極的な感情なのだと理解することができました。


「ありがとう」から「愛してる」へ

rose-812765_640
このブログを始めてからもうすぐ1年になります。

この1年で、私は今ここに生きていることに心から「ありがとう」と思えるようになりました。

そしてブログが書けること、多くの人に読んで頂けること、何から何まで感謝ばかりの1年でした。


2年目を迎えるにあたり「私はそろそろ次のステージに進むべきではないか」と思っています。

それは「ありがとう」というステージから「愛してる」というステージ

私はもっと多くのことを受け入れられる人間、惜しみなく与えられる人間になりたい。


「愛」という言葉を口にするのに恥ずかしさはもうありません。

心にいつも「愛」を抱きながら、自分にできることを考えていこうと思います。

こんにちは、坊主女です。突然ですが、あなたは「若返りたい」「歳を取りたくない」という願望がありますか?「アンチエイジング」という言葉への違和感アンチエイジング。近頃ではすっかりおなじみの言葉となりましたが、改めて意味を調べてみました。【アンチエイジング】 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

突然ですが、あなたは「若返りたい」「歳を取りたくない」という願望がありますか?


「アンチエイジング」という言葉への違和感

cosmetics-353526_640
アンチエイジング。

近頃ではすっかりおなじみの言葉となりましたが、改めて意味を調べてみました。

【アンチエイジング】
  • 抗老化、抗加齢化
  • 加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること
  • 「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えること
引用:健康用語の基礎知識
よく聞く分野はやはり「美容」ですよね。

スキンケア製品、ヘアケア製品、サプリメントに果ては美容整形まで。

「美魔女」なんて言葉も流行りましたね。

みんなどれだけお金かけてるんだろう、と思います。


ちょっと否定的なのは、私が昔から「アンチエイジング」という言葉に違和感を覚えているから。

はっきり言うと嫌いだからです。

なぜ「あらがう」の?そんなに自分のことが嫌いなの?

そう思うからです。


今しかない美しさがきっとある

model-2303361_640
私は今40歳です。

気持ちの上ではまだまだ若いと思っているし、何かを始めるのに遅すぎるとも思っていません。

でも現実的に身体は衰え始めています。

肌だって20歳の時とは比べ物になりません。


だからと言って私は老いていく自分に抗いたくはありません。

なぜなら今しかない美しさが必ずあるから。

そしてその美しさを味わい尽くしたいから。


アンチエイジングをするぐらいなら、この老いていく一瞬を心に刻み込みたい。

私はそう思っています。


今の自分を愛おしむということ

guess-attic-837156_640
アンチエイジングはしませんが、何も努力していないわけではありません。

肌断食などを通して「自分本来の美しさを保つ努力」はしています。


でも最終的には「自分で自分を愛おしむ」ことが一番の美しさの秘訣ではないかと思うのです。

今の自分を受け入れ、愛する。


それは揺るがない自信となって内面が輝き、美しさとなって溢れ出すと思うのです。


今日の自分が人生で一番美しい。


私はいつまでも、こうやって胸を張れる生き方をしていきたいと思います。

こんにちは、坊主女です。肯定は人や物に向けてするもの。愛情は人や物に対して注ぐもの。でも実は自分を一番幸せにするんだ、と言ったら「おかしい」と思うでしょうか?心の片隅にあった「否定」という感情私は今会社勤めをせず、毎日ブログを書いたり本を読んだり、調べ物 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


肯定は人や物に向けてするもの。

愛情は人や物に対して注ぐもの。

でも実は自分を一番幸せにするんだ、と言ったら「おかしい」と思うでしょうか?


心の片隅にあった「否定」という感情

heart-1776746_640
私は今会社勤めをせず、毎日ブログを書いたり本を読んだり、調べ物をしたりして過ごしています。

もちろんスーパーに買い物にも行きますし、散歩やお出かけもします。


そして当然、自分の考えと違う本やネットの記事に出会うこともあれば、見たくない光景を見ることがあります。

そんな時私は心のどこかで、受け入れられない考えを「否定」し、気に入らないものを「嫌悪」していました。


にも関わらず「否定」や「嫌悪」といったマイナスの感情を抱いている自分は見たくない。

そう思って心の奥底に押し込め、一生懸命蓋をしていたのです。


自分の中の「愛情」に気づいたら

そんな自分を解放してくれたのは、自分で書いた一つの記事でした。

夫の好きなところを52個書くという大変照れる記事でしたが、この記事を書いたあと私はあることに気づきました。

それは

主人に対する愛を書いた記事なのに、その愛が自分を一番満たしてるなんて!

ということ。


私は今までもこのブログで
  • まず自分の幸せを一番に考えること
  • 自分を満たせばそれが周囲にも溢れ出ること
を何度も書いてきました。

そのためにやりたいことをやったり、自分の生き方を充実させることに躍起になっていました。

でもそういったことすらどうでもよくなるぐらい「愛」の力は強烈なものでした。


ただ愛する。無条件に愛する。

それは相手を受け入れることであり、相手に惜しみなく与えること


そこから得られる幸せは自分1人のことを考えるよりはるかに大きく、満ち足りたものでした。

そして愛で心が満たされた私は、いつのまにか「否定していた考え」や「嫌悪していた人や物」までも受け入れられるようになっていたのです!


愛を、放て

love-209900_640
私は今まで「愛なんて」と少し斜に構えていました。

「恥ずかしい」という思いがあったのも事実です。

でも「愛」が他人だけでなく自分をも幸せにすることがわかった今、ためらう理由はありません。


愛するとは受け入れること。

惜しみなく与え、包み込むこと。


愛で満たされた幸せな人が1人でも増えるように。

まずは私の周りから、そしてこのブログから「愛」を放っていきたいと思います。



☆折しも読んだこちらの本。あなたも私も「愛」なのだ、と気付かされます☆

こんにちは、坊主女です。身の回りの頑張っている人、本で読んだ努力家、テレビで見た苦労人。そんな人を見て「すごいなぁ」と思う一方「見ていて苦しい」と思ったことはありませんか?何度も手を止めながら読んだ本先日、評判になっていた一冊の本を読みました。人生の勝算 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


身の回りの頑張っている人、本で読んだ努力家、テレビで見た苦労人。

そんな人を見て「すごいなぁ」と思う一方「見ていて苦しい」と思ったことはありませんか?


何度も手を止めながら読んだ本

先日、評判になっていた一冊の本を読みました。
人生の勝算

筆者の前田裕二さんは本当にすごい人です。

逆境をはねのけ「とにかく1番」になるために頑張り続ける前田さん。

実際に就職した外資系銀行でもトップクラスの成績を挙げ、今は「SHOWROOM」というライブストリーミングサービスを世界一にしようと頑張り続けています。


前田さんが望むのは「頑張れば報われる世界」

先天的な運命や見た目ではなく努力と工夫次第で誰もが成り上がれることを自分でも証明し、かつそういった世界を作りたいと仰っています。


うん、すごいと思います。

目標に向かって寝る間も惜しんで頑張り続ける、がむしゃらに走り続ける。

すごいと思うのですが、私はその「頑張り」があまりにも苦しくて何度も本を読む手を止めながらしか読むことができませんでした。


今の暮らしで十分幸せ

数日かけてやっと読み終えたあと、私の心にはある思いが起こっていました。


私は今の暮らしでじゅうぶん幸せだし、これ以上何かを求める気もない。


決して頑張ることを否定するわけでありません。むしろ素晴らしいことだとも思います。

ただ、私は今じゅうぶんに満たされていて幸せなのです。

これ以上何かを追い求めるより、今ある幸せを感じながら心穏やかに生きていきたいのです。


人は人、自分は自分、それでいいじゃないか。

そう思うことでやっと「頑張る人に対する苦しさ」から逃れることができました。


思い出してほしいこと

nots-1378720_640
今回で私はやっと「頑張っても頑張らなくてもどちらでもいい」と思えるようになりました。


でもやっぱり頑張っている人を見たら苦しくなってしまう。

そんな時に思い出してほしいことがあります。


それは頑張っても頑張らなくても幸せはすでにこの手の中にあるということ。


今ある幸せに気づくことができたら、他人の頑張りも他人そのものも気にならなくなります。

私もこのことを忘れず、日々感謝しながら生きていこうと思います。

こんにちは、坊主女です。え?何を突然?と思いますね。ええ、私も思います。なかなかこっ恥ずかしい企画です。とあるブログの記事に不覚にも涙なぜこんな企画をしようかと思ったのかというと、あるブログの記事を読んだからです。それはこちら。フジー(@FMasanory)さんと ... 続きを読む
52 TOP
こんにちは、坊主女です。


え?何を突然?
と思いますね。ええ、私も思います。

なかなかこっ恥ずかしい企画です。


とあるブログの記事に不覚にも涙

なぜこんな企画をしようかと思ったのかというと、あるブログの記事を読んだからです。

それはこちら。


フジー(@FMasanory)さんという方が「妻の好きなところを52個書き出してみた」というもの。


なんでも海外では、トランプのジョーカーを抜いた数(52枚)すべてに相手の好きなところを書いて贈るのが流行っているそう。

それを実際にフジーさんが実践されたのですが、私は読み終えたあと不覚にも涙がこぼれてしまいました。


なんだかすごく温かい気持ちになって。

こんなことをインターネットの大海原に放てるフジーさんカッコいい!って思って。


だから私もやってみようと思ったんです。


夫の好きなところ

では一気にいきます。

  1. 優しいところ
  2. 懐が深いところ
  3. ありがとうが言えるところ
  4. なんでも食べるところ
  5. 私の料理を「おいしい」と言ってくれるところ
  6. どれだけ量を作っても食べ尽くしてくれるところ
  7. 最後の一滴まで飲み干してくれるところ
  8. 褒め言葉は「味がしっかりしてる」なところ
  9. 私がしんどいときにカップラーメンでも文句を言わないところ
  10. むしろカップラーメンで喜ぶところ
  11. 自分を曲げないところ
  12. だから上司に噛みつくところ
  13. 媚びるという日本語を知らないところ
  14. 理不尽なことが許せないところ
  15. だからキレると止まらないところ
  16. 親をすごく大切にするところ
  17. 親戚もすごく大切にするところ
  18. 私の親も大切にしてくれるところ
  19. 出かければ必ず親にお土産を買うところ
  20. もちろん自分へのご褒美も忘れないところ
  21. いつも美味しいお菓子を買ってきてくれるところ
  22. でももちろん自分へのご褒美なところ
  23. ガンダムが好きなところ
  24. 好きなことにはのめり込むところ
  25. のめり込みすぎて夜更かしするところ
  26. 興味のないことにはとことん無関心なところ
  27. 物を捨てられないところ
  28. そのおかげで部屋がえらいことになっているところ
  29. 物を大切にするところ
  30. 物を使い切るところ
  31. 物を買う時にとことん吟味するところ
  32. そのために何時間でも悩めるところ
  33. レビューも熟読するところ
  34. 説明書も熟読するところ
  35. 可愛いものが好きなところ
  36. 部屋がぬいぐるみだらけなところ
  37. 絵が描けるところ
  38. その絵が可愛いところ
  39. 1人で遊べるところ
  40. うじうじしないところ
  41. 他人と自分を比べないところ
  42. ブレないところ
  43. でも食べ物のメニュー選びはブレブレなところ
  44. 毎日一生懸命働いてくれているところ
  45. 絶対に弱音を吐かないところ
  46. 家に帰ってくれば気持ちを切り替えてくれるところ
  47. でもたまに愚痴は言うところ
  48. 私の好きなことをやらせてくれるところ
  49. 私の意思を尊重してくれるところ
  50. 私を大事にしてくれるところ
  51. こんな私を受け入れてくれるところ
  52. そして、こんな私と結婚してくれたところ

今の主人でなければこんなに暴れ馬の私を扱えないと思います。

だから本当に感謝しています。

ありがとう。愛しています。


まとめ

52
カーッッッ!!!


もう顔から火が出るほど恥ずかしい!!!!


恥ずかしいですけど、書いて良かったと思います。

だってやっぱり主人と結婚して良かったと思うし、一緒にいてくれることが本当にありがたいと再確認できたから。


「ハイハイごちそうさま」と思ったあなたも、こそっと紙に52個書き出してみてください。

絶対ご主人に感謝し、そして惚れ直しますから♪

こんにちは、坊主女です。私は、このブログで書き綴っているように「やりたいことをやる人生」を常に意識しています。それならさぞかし壮大な夢があるのだろう、と思われるかもしれませんが・・・。実は、私には夢がありません。夢を追いかける人への違和感私は小さい頃から ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は、このブログで書き綴っているように「やりたいことをやる人生」を常に意識しています。

それならさぞかし壮大な夢があるのだろう、と思われるかもしれませんが・・・。

実は、私には夢がありません。


夢を追いかける人への違和感

girl-in-the-woods-1968489_640
私は小さい頃から夢がありませんでした。

小学生の時「大人になったら何になりたいか?」と聞かれて困ったことを覚えています。


夢がなかったのは夢を持つ環境ではなかったのか、自分の意志だったのか、今となってはどちらでも良いことです。

ただ、夢のない私は夢を追いかける人に対して言葉にできない違和感をずっと抱えてきました。


夢を追いかけている人はみんなキラキラと輝いていて、それが眩しく。

夢を持たない自分はダメな人間なのだと負い目を感じ。

でも、夢に向かう姿勢に感じる「飢え」や「渇望」がどうしても受け入れられない


ずっと、そんな風に生きてきました。


違和感の正体

夢を追いかける人に対する違和感の正体がわかったのは最近のことです。


夢を追いかけている人は、心のどこかに「足りない」気持ちを抱えているのだと思います。

もっと欲しい、もっと上へ、もっと、もっと。

そんな気持ちで日々過ごしているのではないかと。


それが悪いこととは言いませんし、そうしなければ夢を叶えられないのだと思います。

でも、私はその「不足感」にたまらない息苦しさを覚えます


本当は私たちは最初からすべて手にしていて、こんなにも満たされているのに。

今日が無事終わり、明日が来る。そんな何気ない毎日こそが一番幸せなのに。

何をそんなにがっつくのだろう、何をそこまで望むのだろう。


諦めにも似た考えかもしれません。

悟った風な口を聞いていると思われるかもしれません。

でも私は今が幸せならそれでいい。

今日と言う日に生きていられることに感謝しながら、やりたいことができればそれでいい。


だから夢を追いかける人に違和感を感じるのだとわかりました。


「やりたいことをやる=夢を追いかける」じゃない

flowers-1008661_640
私はこのブログでずっと「やりたいことをやる人生へ」と言い続けてきました。

ですが、私にとってのやりたいことは「夢を叶えること」ではありません。


今日という日を満ち足りたものにするためのこと。

今生きている幸せを噛みしめるためのこと。


それが私にとっての「やりたいこと」です。

そのために本を読んだり散歩をしたり、家族と会話したりするのです。

それだけなのです。


私は夢なんかなくていい。

それよりも今ここに生きていることに幸せを感じる、そんな生き方をしていきたいです。



☆今ここにある幸せを感じたいならこちらの本もオススメです☆