坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ: 断捨離

こんにちは、坊主女です。 私はミニマリストになると同時に肌断食を始め、化粧品どころか洗顔料までも手放しました。 また湯シャンも実践しているのでシャンプー類も使わず、坊主頭ゆえ整髪料の必要もありません。 ここまで肌につけるもの、香りの ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになると同時に肌断食を始め、化粧品どころか洗顔料までも手放しました。

また湯シャンも実践しているのでシャンプー類も使わず、坊主頭ゆえ整髪料の必要もありません。


ここまで肌につけるもの、香りのするものを手放しているにもかかわらず、香水だけは今でもずっと使い続けています


私の香水遍歴

私が初めて香水をつけたのは大学生の頃。

要するに「めいっぱい背伸びしたかった時期(笑)」です。


当時の私は、香水といえばシャネルの5番 ぐらいしか知りませんでした。

これこれ。
たしかコバルト文庫(懐かしい!)で、藤本ひとみ さん(さらに懐かしい!)が書いていた小説に出てきた登場人物が使ってたんですよ。

だから「香水ならシャネルだ」と思い込み、ドキドキしながらシャネルの化粧品売り場へ行ったのですが、そこで見つけたのがまだ発売されたばかりのアリュール でした。

今なら大学生にはまったく似合わない香りだとわかるのですが、大人の階段を登っていた私が自分に酔っていたのは間違いありません(笑)。


その後社会人になり、海外に行った友人から貰ったブルガリのオムニア クリスタリン を使うように。
オムニア クリスタリンは男性でも使える爽やかな香りでした。

でも使っていた期間は少しだけ。


そして、もうかれこれ15年近く使い続けているのがグッチのラッシュ 2

この記事を書くにあたり調べていたら「すでに廃盤!?」らしいのですが、今でも普通に店頭で見るし買い足しています。

そしてこれからも、どこを探しても見つからなくなるまでラッシュ2は使い続けるつもりです。


香水を手放さないワケ

香水は、はっきり言って生きていくために絶対必要なものではありません。

もともと使わない人も多いでしょうからむしろ「無駄なもの」とも言えます。


それなのに、無駄なものは持たないはずのミニマリストである私が香水を手放さない理由。

それは私にとって香水は勝負服以上に大切なアイテムだからです。


視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。

人には五感というものがあり、それぞれに記憶を呼び覚ます力があります。

この中で一番強く記憶を呼び覚ますものってどれだと思いますか?


私は嗅覚だと思っています。


視覚や聴覚は「どっかで見たなー」「どっかで聴いたなー」みたいな、わりとぼんやりとした記憶の呼び覚まし方だと思うんですよね。

でも嗅覚は違う。


ふと漂ってきたカレーの匂いで、子供の頃の記憶が突然蘇ったことはありませんか?

キンモクセイの香りが、小学校の校庭をフラッシュバックさせたことはありませんか?


つまり嗅覚の記憶って、頭をガツンと殴られたような強烈な呼び戻され方をするんです。


だから私は香水をまといます。

出会った人が私のことを忘れても、香水の香りは記憶に残るから。

そして街で同じ香水をつけた別の人とすれ違った時、必ず私のことを思い出すから。


服は、忘れます。

化粧なんか、見られてもいません。

でも、香りは、本能に刻まれます。

香水が勝負服以上のアイテムだとは、こういうことなのです。


服よりも、髪よりも

なんかすっごく遊んでた(遊んでる?)みたいに聞こえるかもしれませんが、違いますよ(笑)。


本当に、私にとって香水は服よりも髪よりも大事なんです。

香水をつける時は鏡を見ながらつけますしね。


いつか会うかもしれないあなたが私のことを忘れないように。

私はこれからも香水をまとい続けます。

こんにちは、坊主女です。私はミニマリストになってからキッチンの三角コーナーを手放し、色々な方法を試みながら生ゴミを処理してきました。どれもこれも三角コーナーを使わない方法でしたが、「いいな」と思って始めてみてもなかなか納得がいかず・・・。でもやっと今回、 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってからキッチンの三角コーナーを手放し、色々な方法を試みながら生ゴミを処理してきました。

どれもこれも三角コーナーを使わない方法でしたが、「いいな」と思って始めてみてもなかなか納得がいかず・・・。

でもやっと今回、「これだ!」と思う方法に出会うことができたのです!


今までの方法の問題点

先日までの私は、スーパーでもらうビニール袋をそのまま無造作に置いて使っていました。

こんな感じ。
IMG_3515
横着すぎる(苦笑)。


生ゴミってどうせ最後にはビニール袋に入れて捨てるでしょ?

という考えで始めたこの方法ですが、続けるうちにやはり問題点が浮かび上がってきました。

問題点①:袋の口をいちいち開けないといけない

ビニール袋は写真のように無造作に置かれており、もちろん自立もしません。

そのためゴミを捨てる度にいちいち袋の口を探し、両手でしっかり開けるという作業が必要でした。


わずかな手間と言えば手間です。

でも食事の準備や片付けってできる限り段取りよく、素早く終えたいじゃないですか。

そんな時にいちいち手を止めるなんて!

段取り命の私からしたら耐えられない、となったわけです。

問題点②:ゴミがうまく入らない

これは特に皮むき器を使って野菜の皮をむく時に感じました。

ビニール袋はただ置いているだけだとすぐ「へにゃっ」となります。

勢いよくむいた皮が入らないのなんのって(笑)。


結局まな板の上に皮を撒き散らし、後で集めて捨てるというやり方をしていました。

直接皮を捨てられたら二度手間がなくなるのに・・・。


と、これまた私のストレスになってしまったのです。

問題点③:見苦しい

夫婦二人暮らしの我が家ですが、主人は台所にすら滅多に入らず料理もまったくしません。

だから台所でビニール袋を目にするのはほぼ私だけなのですが・・・。

無造作に置かれたビニール袋は非常に見苦しい。

いくら機能重視、無駄な物は置きたくない私でも、見ていて決して気持ちのいいものではありませんでした。

とうとう購入したある物とは?

こんなに不便さを感じていても、頑固親父のごとくビニール袋オンリーで過ごしていた私。

ところが別の用事でニトリに行った時、ある商品を吸い寄せられるように購入してしまいました。

購入した物

私が購入した物はこちら。
正面
ニトリのポリ袋スタンドです。

アマゾンや楽天だとこういったものもありますが、ニトリの方がお安い(税込498円)です。


大きさはほぼ16cm四方なので広げてもそんなに場所を取りません。
遠目で見た図
ビニール袋だけの時と大差ない、と私は感じました。

このスタンドにビニール袋をセットするだけ。
袋セット
何もしなくても口が開いてる!捨てやすい!

坊主女、1人で声を上げて喜んでおりました(笑)。


しかもたためばさらにコンパクトで場所を取らず、シンク下に収納も可能。
たたんだ図

たとえたたまなくても、夜の間にペットボトルなどをひっかけて乾かすこともできます。
裏面
1台で何役もこなせるのはミニマリストにとってとても大切。

498円でこれだけ活躍してくれたらもう大満足です。

なぜもっと早く買わなかったのか?

このポリ袋スタンド、ずっと前からあることは知っていましたし「あれば便利だろう」ということはわかっていました。

それならなぜもっと早く買わなかったのか?


それは便利な物を買い足すことになんとなく罪悪感があったからです。

さらに、せっかく三角コーナーを手放したのに別の物を手に入れたら意味がない、とも。


なんか頭固いミニマリストの典型ですね(苦笑)。

三角コーナーは不衛生だからやっぱり手放して良かったわけだし、便利な物を使えば「時間」というかけがえのない価値まで手に入れられるのに。


実際にこのポリ袋スタンドを購入してから、ゴミ捨ても楽だしキッチンもスッキリ。

夜はペットボトルやジップロックを乾かすのに大活躍。

調理や片付け時のストレスも減り、家事の時短にもつながりました。

もっと早く購入しておけばよかったとすら思います。


便利な物は賢く利用する

今の時代、便利グッズと言われる物をあちこちで見かけます。

確かに便利なのかもしれませんが、家に代用できる物などがあるのに「便利」という言葉につられて商品を買うのはどうかな?と思います。

とはいえ、本当に便利な物は生活に役立ちますし、時間や心のゆとりまでもたらしてくれるもの。


自分の目で本当に便利な物をしっかり見極め、賢く利用する。



まだまだ修行中の身ですが(笑)、常に意識していたいと思います。

こんにちは、坊主女です。ミニマリストとは、とにかく物を捨てる人。どうもそういうマイナスイメージが定着しているような気がします。でも本当は違います。ミニマリストだからこそ、捨てられないのです。壊れてもなお捨てられなかった物私は元来、物持ちがものすごくいいで ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


ミニマリストとは、とにかく物を捨てる人。

どうもそういうマイナスイメージが定着しているような気がします。

でも本当は違います。

ミニマリストだからこそ、捨てられないのです。


壊れてもなお捨てられなかった物

私は元来、物持ちがものすごくいいです。

電化製品などはまず壊れませんし、服も10年以上普通に着ていました(今はほとんど手放しましたが)。

壊れた物

そんな私が20年以上ほぼ毎日使い続け、壊れてしまった物があります。

これ。
やかん 旧
やかんです。


大学入学と同時に一人暮らしを始める際、親と一緒に近くのお店で買ったこのやかん。

健やかなる時も病める時も、ただひたすらに毎日お茶を(お茶のみを)沸かし続けてくれました。


彼氏と別れて泣きはらした夜も。

結婚式のその夜も。

ガスだろうがIHだろうが関係なく。


もうね、物じゃないです、戦友です(マジで)。

そんな、私の半生以上を共にしたやかんですが、1年以上前(!!)からある部分が壊れていました。
やかん ネジ
取っ手と本体をつなぐネジがアホになってたんです。

(注:「アホになる」とは、ゴムが伸びきってしまったりバネが戻らなくなってしまったりというような「本来の機能を失ってしまうこと」という意味です)


危ないですよね、これ。

もし沸騰したお茶が入っているときに取っ手が外れてしまったら・・・。


というのはわかっていたのですが、どうしてもどうしても捨てられませんでした。

だって「戦友」だから(笑)。

そして「お茶を沸かす」という機能に問題はなかったから。

そのため、私にしかわからない神業的なバランスで持ち続け、使い続けていました。


涙をこらえて買い替え

でも冬が近づき、主人もやかんからお茶を入れる季節になりました(夏は入れ替えて冷やしてた)。

お茶を沸かす機能に問題はなくても、私1人が使う物ではなくなります。


いよいよ買い替えの時。

悩みに悩み、涙をこらえ、ニトリのやかんを購入しました。
やかん 新
ニトリ タグ

今のやかんは口が広くて中が洗いやすくなっていますね。

新旧比較したらよくわかります。
やかん比較 上

なんとなくスタイルも「シュッ」としてるし(大阪人)。
やかん比較 斜め

実際にお茶を沸かしてみましたが、快適でした。


・・・うん、でも実はまだ古いやかんを捨てられてない('д` ;)



もういい加減使い切ったとは思うのですが、最後は愛着が残ってまだ手放せていません(苦笑)。


ミニマリストとは物を使い切る人

古いやかんに愛着がありすぎて長々と書いてしまいましたが、ミニマリストは決してなんでもかんでも捨てる人ではありません。

ミニマリストとは必要な物だけを持ち、それを大切に使う人のことです。

予備や代わりがないから手入れをして使い続け、使い倒し、そして使い切ります。


今回のやかんの例で言うと

「ネジが壊れても『お茶を沸かす』という機能に問題がなかったのでギリギリまで使い切った」

という部分です。


「可愛いから」と同じ用途の物をいくつも揃えたり、まだ使えるのに買い換えるのは簡単です。

でもそれは「物を大切にしている」とは思えません。


本当にその物が大切なら、本来の役割を果たす使い方をしてあげるべき。

そういう物の使い方をしようと思ったら、自ずと物が少なくなるのは当然の話です。


だからこそミニマリストは最低限の持ち物しか持っていない、というわけです。


「捨てられない自分」も認める

とはいうものの、「愛着のある物」はたとえ使っていなくてもなかなか捨てにくいですよね。

まさに今回の古いやかん(笑)。


以前の私なら「何言ってるの?いらないものなら捨てるべし!」と一刀両断していましたが、「別に捨てられなくてもいいんじゃないかな」と最近は思います。


納得いくまで持ち続けたら、そのうち自然と感謝して手放せる時が必ず来ます。


だから「捨てられない自分」を責めずに、そんな自分も認めて愛してあげてほしいと思います。

ちなみに私は、愛着がありすぎてやかんを捨てられない自分が大好きですよ(笑)。

こんにちは、坊主女です。 一度は手放したあんなものやこんなもの。 意を決してやめたこと。 それらを再び手にすることは「意思が弱い」「やっぱり自分はダメだ」なんて思っていませんか? 大丈夫。 そんなルール、誰も決めてませんから。 私が再び手にしたもの私 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


一度は手放したあんなものやこんなもの。

意を決してやめたこと。

それらを再び手にすることは「意思が弱い」「やっぱり自分はダメだ」なんて思っていませんか?


大丈夫。

そんなルール、誰も決めてませんから。


私が再び手にしたもの

私はミニマリストになってから多くの物を手放し、いろんなことをやめました。

手放した物に未練はなく、やめたことに後悔もありません。

でも最近、再び手にした物事がいくつかあります。

①SNS

かつての私は完全にSNS中毒でした。

気がつくとタイムラインを追いかけていた私ですが、坊主頭にしたその日、SNSをすべて退会しました。


ところがすでにお気づきの通り、今は再びtwitterもfacebookも活用しています。

これは当初、このブログの更新情報をお届けするためだけに使っていました。

それがいつしか以前と同じように日々のことを呟いたりもしています。


さらに先日はinstagram(@boselady0806)もスタートさせました。

こちらでは、最近すっかりハマっている刺し子の作品を紹介しています。


「なんだ、すっかりSNSフリークじゃない」と思われるかもしれませんね。

たしかに活用はしていますが、以前との決定的な違いはかつてつながっていた人達とは一切関わっていないということ。


私にとってSNSの断捨離は人間関係の断捨離であり、ツールが嫌いだったわけではない。

そう気づいたので、今はむしろ積極的に活用しているというわけです。


②アイロン・アイロン台

アイロンとアイロン台は、悩みに悩んだあげく手放していました。

これらも、手放してから今に至るまで「手放さなければよかった」なんて後悔したことは一度もありません。


それなのに今回再び手にすることになったのはなぜか?

それは・・・

刺し子の仕上がりをもっと良くしたいから!!!


どんだけハマっとるねん(笑)。

そんなツッコミもどこ吹く風、とてもシンプルなアイロンですが購入しました。

以前持っていたアイロンは20年以上前の代物だったので熱くなるまですごく時間がかかったのですが、今のアイロンはあっという間ですね(浦島太郎みたい)。

しかも870gと軽量。技術の進歩ってすごい・・・。


反対に、アイロン台は昔ながらの超シンプルなもの。
アイロンとアイロン台
これは近所の手芸屋さんで買いました。

今はアイロンマットなるものが出ていることは知っていたのですが、私は机の上でアイロンがけをしたかったので「マットだと机に熱の影響が出そう」と思い、この台にしました。

ちなみにアイロンマットってこんなもの。


このアイロンで刺し子のふきんを仕上げるととっても美しい!

再び手にして良かったと思っています。


なぜ手にしちゃいけないの?

冒頭にも書いたように、一度手放したものを再び手にするのって自分の意思の弱さを露呈しているような気持ちになりがちです。

でもそんなことは全然ないんですよね。


生きていればライフスタイルは変わっていくのは当然で、その都度必要な物も変わっていく。

その変化を拒み、頑なに今のスタイルを守ろうとする「執着」の方がもっと厄介なもの。

「執着」を手放し、自由な気持ちで生きていく方がずっとずっといい。


ただし!

深く考えもせずに物を捨てたり、衝動だけで物を手にしたりというのは違います。

きちんと物と向き合ったうえで手放し、本当に必要な物だけを選ぶ。

そうすることで「その時の自分にとって大切なもの」に囲まれた生活ができると思うのです。


その思い込みを手放そう

私自身に言い聞かせる面も大きいのですが「こうでなければミニマリストではない」「こうしなければミニマリスト失格」みたいな考えって、結局はただの思い込みなのだと思います。

別に誰に言われたわけでもないし、ミニマリストに関するルールブックがあるわけでもない。


大切なのは、今、心地よい暮らしをするために物を選び、行動を選んでいくこと


そのために、つまらない思い込みこそ手放し、心軽やかに生きていきたいと思います。

こんにちは、坊主女です。最近物忘れがひどくて・・・。40歳を超えた私は、こんな自虐的なセリフを口にすることが増えました。でも実は、「忘れる」ってとても大切なことではないかと思うのです。忘れることは悪いことばかりではない忘れることは悪いことばかりではない。そ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


最近物忘れがひどくて・・・。

40歳を超えた私は、こんな自虐的なセリフを口にすることが増えました。

でも実は、「忘れる」ってとても大切なことではないかと思うのです。


忘れることは悪いことばかりではない

忘れることは悪いことばかりではない。

そう教えてくれたのは1冊の本でした。
忘れる 本


本屋さんで「可愛らしい表紙だな」となんとなく気になり手に取ったこの本。

実は、今年94歳(!!)になられる外山滋比古さんの多数の著書から「考え方」について書かれた部分を集めて構成された本です(ちなみに外山さんは私の住む愛知県西尾市出身)。


外山さんと言えば私にとっては「知の巨匠」。

どれほど難しいことが書いてあるかと思ったのですが、表紙どおりとてもわかりやすく抜粋されており、あっという間に読み進めることができました。


この本の中で私の心に繰り返し引っかかったのが「忘れることは悪いことではない」ということ。

たとえばこのような一文。
悪い忘却ばかりではなく、有用な忘却もある。
(中略)
善玉忘却は頭の働きをよくする。
『知的生活習慣』より
忘却は記憶以上のことをすることができる。
知識によって人間は賢くなることができるが、忘れることによって知識のできない思考を活発にする。
その点で、知識以上の力を持っている。
『乱読のセレンディピティ』より
忘れることはむしろ大切なんだ。

この本を読みながら、私はそんな風に都合よくさえ考えてしまいました。

でも確かに、自分にあてはめてみると「忘れることには様々な効果があるな」と思ったのです。


忘れることでもたらされる3つの効果

では実際に「忘れることでもたらされる効果」にはどのようなものがあるか考えてみます。

①新しい知識の入ってくるスペースができる

gallery-2681238_640
これはまさに私が「忘れる=脳の断捨離」と思った理由です。

部屋でも人間関係でも、パンパンでは新しいものが入ってこれません。

スペースを作ることで空間ができ、新しいものが入ってこれるようになります。


脳も同じ。

知識は確かに大切だけど、なんでもかんでも詰め込めばいいというものではありません。

逆に「頭でっかち」なんて陰口を叩かれてしまうかも。

自分にとって不要な知識をどんどん忘れることで、脳にもスペースができ、新しい知識を取り込めるようになると思います。

②思考が深まる

jellyfish-2576228_640
この効果は外山さんも繰り返しおっしゃっています。
半分忘れかけていたようなことでも、自分にとって本当に面白いことなら、決して忘れっぱなしにはなりません。
価値あるものなら、たいていある時期によみがえってくるものです。
しかも、たんに記憶が戻るのではなく、深化した思考として姿を現すのです。
『50代から始める知的生活術』より
私の経験でもそう思います。


たとえば今回の「こうやって考える」という本。

読んでしばらくは本の内容も半分以上忘れていました。

でも、ふとした時に突然「あれはこういうことだったのか!」と頭に蘇り、今こうやって記事として書いてます。


本の内容に限らずとも、得た知識や考えたこと。

一旦忘れてしまっても、本当に自分にとって価値あるものであれば、いつかより深まった思考」として蘇ってくるもの。

それはまさにウイスキーのような熟成度だと思います。

③楽に生きられる

spassfototo-2673395_640
忘れた方が楽なことってありませんか?

私にはたくさんあります(苦笑)。


過去にあった嫌なこと、関わった人間、振りはらっても消えない悩み・・・。


こういったことは抱えてたっていいことなんか何もありません。

とっとと忘れるに限ります。

私はやっと、少しずつ「忘れる」能力がついてきたので随分楽に生きられるようになりました。


忘れることで楽に生きられる。


私はそう思います。


どんどん忘れよう!?

よし、じゃあなんでもかんでも忘れちゃえ!

となると日常生活やお仕事に支障をきたしかねませんからオススメはしません。

でも、人生という大きなくくりで見れば「忘れる」という断捨離はとても大切なことだと思います。


「人は忘れるから生きていける動物」と言います。

「忘れる」ことをネガティブに考えず、前向きに生きるためにどんどん忘れていきましょう!



こんにちは、坊主女です。ミニマリストになってから、物を減らすことはあっても増やすことは滅多になくなりました。仮に何か買うことがあっても「本当に必要かどうか」をよく吟味するように。のはずだったのですが・・・。久しぶりに買い物で大失敗をやらかしてしまいました ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


ミニマリストになってから、物を減らすことはあっても増やすことは滅多になくなりました。

仮に何か買うことがあっても「本当に必要かどうか」をよく吟味するように。

のはずだったのですが・・・。


久しぶりに買い物で大失敗をやらかしてしまいました。


iPad、買ってました

1ヶ月近く前の話ですが、twitterでこんなつぶやきをしていました。
この時はあくまで衝動的だったはずなのですが、一度思ってしまうとだんだん欲しくてたまらなくなってきちゃったんです。


「いるやろ」「いや、いらんやろ」みたいな脳内会話をすること数日。

「こうてまえ!(買ってしまえ!)」という脳内号令(笑)と共にポチったんですよね・・・。
iPad 箱


なんならApple Pencilも買っちゃいましたよ。
iPencil

このペンは、イラストが書ける人にはたまらん魅力みたいです。

主人に見せたら「おー、すごい」なんて言いながらサラサラと描いてくれました。
新規メモ
画:夫画伯

ま、私は天才的に絵が描けない(笑)のですが、このペンを使ってiPadをメモ代わりにしたら紙がなくせるよね、なんて考えたんです。

他にもあれやこれや理由をつけて買ったんです。

買ったんですが・・・


なんか違ったんです。

iPhoneで足りるとか、MacBook(パソコン)でいいじゃないとか、そういう問題ではなく「なんか違う」という強烈な違和感


どうしようかな、と思い悩んだ結果、10日で売りました(はやっ)。

総額9万円ぐらいしたものをこのスピードで手放せるのはミニマリストならではなのかもしれませんが、「いらない」と思ったものを1日でも手元に置いておきたくなかったんです。

やれやれ、やっちゃったなぁ、と思いながらiPadとサヨナラしました。


物で心の隙間を埋めようとしていた

本来なら物を買ったら嬉しいはず。

それなのになぜ違和感を感じてしまったんだろう。

iPadを手放してから、私はいろいろと考えてみました。


その結論が「物で心の隙間を埋めようとしていた」ということ。

ちょうど心が弱り始めたタイミングでした。

そもそも弱った心は判断力も鈍っているのですが、「このままじゃだめだ、なんとかしなくちゃ!」みたいな思いが更に拍車をかけたのだと思います。


物があれば心が満たされ、回復するはず。

そんな思いで買った物が「本当に欲しいもの」であるはずありません。

案の定、手元に届いても興奮するわけでもなければワクワクするわけでもなく、強烈な違和感だけを覚える結果となってしまいました。


物があるから幸せなんじゃない

heart-2318255_640
今回の件は買い物としては失敗でしたが、改めていい教訓になりました。

それは物が幸せにしてくれるのではなく、「幸せだ」と感じる心が大事なのだということ。


結局自分がどう思うかだけなんですよね。

誰かや何かに幸せにしてもらおうと思っている限り、永遠に幸せはやってこないんです。


さすがに今回は懲りました。

次のiPhone Ⅹ(テン)なんか・・・か、買わないからねっっ(笑)。

こんにちは、坊主女です。人は何かを手に入れた途端、手放すことが怖くなり、手放したくなくなります。それが一生懸命時間をかけ、必死になって手に入れた大切なものであれば尚更。わかります。私だってまだまだそうです。だけどやっぱり、手放すことを恐れちゃいけないと思 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


人は何かを手に入れた途端、手放すことが怖くなり、手放したくなくなります。

それが一生懸命時間をかけ、必死になって手に入れた大切なものであれば尚更。


わかります。私だってまだまだそうです。

だけどやっぱり、手放すことを恐れちゃいけないと思うのです。


私が手放したくないもの

私は「ミニマリスト」と自称している以上、他の人より手放すことは得意だと思います。

手放す時に躊躇はしませんし、「あ〜スッキリした!」とその物の存在すら忘れてしまいます。

先日ミニマルライフそのものについて悩んでいた時も、「捨てる」ことで復活しました。


そんな私なのですが・・・。

実はかれこれ半年ほど、ずーっとどんよりした、スッキリしない感覚を抱え続けていました。

気づきたくなかったのだと思います。

でも、自分自身の心の声を聞き続けるうちに、手放したくない「あるもの」の存在に気づいてしまいました。

今の生活を手放したくない

sunset-1207326_640
今の生活を手放したくない。


誰にだってその気持ちはあるかもしれませんが、私は自分の人生の中で、この半年間が一番そう思っていたことに気づきました。


ミニマルライフを突き進んだ結果やっと手に入れた今の生活。

やりたいと思うことをやり、主人には本当に好きにさせてもらっている。

体調が悪くても無理やり仕事に行く必要もないし、今あるお金の中でじゅうぶんな暮らしができている。


こんなに頑張って手に入れた今の恵まれた生活を絶対に手放したくなんかない!

そんな風に、私は必死に「今の生活」にしがみついていたのです。

自分自身に失望した

girl-863686_640
今の生活を手放したくないと思っている自分に気づいた時、私はひどくショックを受け、そして自分自身に失望しました。


あれだけ自由奔放に生きてきた私が「安定」にしがみついているなんて。

手放すことを、失うことを恐れているなんて。

いつのまにそんなつまらない人間になったんだよ!

そんなんだから毎日の暮らしも、ブログさえも、どんどんつまらなくなっていってるんだよ!


なんかもう、本当に情けないと思いました。

だから鬼のように自分を責め、見事にどん底まで落ち込んでしまいました(やれやれ)。


手放すことを恐れてはいけない理由

fear-617132_640
結局私は、やっとの思いで掴み取った今の生活が送れなくなることを恐れ、しがみついていました。

その結果、気がつくととてもつまらない毎日、とてもつまらない人間になっていたのです。


なら今すぐ今の生活を捨てて飛び立てばいいじゃない!

と思われるかもしれませんが、私には夫もいますしそれは分別のない行動だと思います。

ただ、何かあった時に今の生活を手放すことを恐れてはいけないと思うのです。

なぜ恐れてはいけないんだろう?

日々の暮らしを送っていく時に大事なことって何でしょう?

私は「今の生活を守り、安定した生活を送ること」より「変化を恐れず、毎日を楽しんで生きること」だと思います。


変化に対応していく時、人は必ず何かを手放していかなければなりません。

そしてその手放した物が大きければ大きいほど、今よりもっとワクワクする未来がやってきます。

今の暮らしにしがみつき、手放さなければ「安定」は得られるかもしれませんがその先の「ワクワク」は手に入れられません。


私たちは生きている以上、必ず変化していきます。

その変化の波に飛び乗るためにこそ、手放すことを恐れてはいけないのだと思います。

本当に手放してはいけないのは?

今まで「今の生活」についてだけ書いて来ましたが、他のものでも同じだと思います。


地位・名誉・肩書・住んでいる家・交友関係・・・


これらはどれも汗水垂らして手に入れたものかもしれません。

でも、これらがなければ自分の価値を証明できないのでしょうか?

だとしたらとても淋しいことです。


本当の自分の価値は自分そのものにあり、自分らしく生きることにこそ価値があります。

ならば、手放してはいけないのは「手に入れたもの」ではないはず。

自分はどう生きるのか?という「生き方」こそ、誰に何と言われても手放してははいけないものだと思うのです。


「いつでもゼロになれる」という強さを

kickboxer-1558204_640
今回自分自身を振り返ってみて「私はまだまだ弱いなぁ」とつくづく思いました。

と同時に、気づけて良かったとも思います。


「いつでもゼロになれる」と心のどこかで思えている人は本当に強い。

私はまだまだそんな境地には程遠いです。


でもせめて、手放すことを恐れないようにしたい

何かにしがみつかなくても自分という人間には価値があり、素晴らしい人間なのだと信じたい


そしていつか、真に身軽な生活ができたらな、と思います。

こんにちは、坊主女です。私はミニマリストになってから、本当に多くのものを手放してきました。でも、気がつくとまたぎゅっと握りしめ、そのことにさえ気づかなかったり。そんなことを繰り返すたびに「結局、手放すことでしか手に入れられないんだよね」とつくづく思います ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってから、本当に多くのものを手放してきました。

でも、気がつくとまたぎゅっと握りしめ、そのことにさえ気づかなかったり。


そんなことを繰り返すたびに「結局、手放すことでしか手に入れられないんだよね」とつくづく思います。


握りしめていた「こだわり」

握りこぶし
マイルールの話
でもそうですが、私は他人から見たらどうでもいいことでもしつこくこだわってしまう傾向があることに最近気づきました(遅い)。

ミニマルライフへのこだわり

先日、このブログの更新が1週間以上滞ってしまったのはご承知のとおりです。


体調不良もあり、迷いもあり、更新が滞った理由は1つでは片付けられません。

でも、理由の一つに「ミニマルライフへのこだわり」があったことは事実です。


ミニマルライフをやめたら、このブログの軸はどこに置いたらいいんだろう?

ミニマリストとしての私じゃなくなったら、私はどうなるんだろう?


なんだか「彼氏に捨てられたら生きていけない女」みたいですね(笑)。

自分で読んでて恥ずかしくなりますが、迷いの真っ只中にいる時には気づきもしませんでした。

私がミニマルライフに執拗なまでにこだわっている、なんて。


手放したら、手に入れた

パー
そんな私がブログの更新を再開できたきっかけの一つは「物を捨てた」ことでした。

そしてもう一つは「どーでもいい」とミニマルライフへのこだわりを捨てたことです。


ただ、再開した当初は「手放したことに対する清々しさ」しか感じていませんでした。

多くのものを手に入れていることに気づいたのは最近になってからです。


私が手に入れたもの。

それはのびのびと書きたいことを書ける「自由」と、他人の評価に怯えることなく書ける「自信」でした。


この二つは、ずっと手に入れたかったけど手に入れられなかったもの。

こだわりを捨てたからこそ、ごく自然に私の中に宿ったのだと思います。


世の中はすべてそうなっている

book-1210030_640
手放せば手に入る。

一度ぐらい聞いたことがあるとは思いますが、これはもはや「法則」としか言いようがないのだと思います。


物を手放せばより良い物が手に入る。

お金への執着を手放せばお金が手に入る。

「結婚したい!」という思いを手放せばパートナーが見つかる。

他人からの評価を追い求めなくなれば評価があがる。


なぜだろう?と考えてみました。

①手放すことでスペースができる

水が満タンのコップに水が注げないように、スペースがなければ新しい物を呼び込めませんよね?

物を手放すことでスペースが生まれ、新しい物が入ってきやすくなるのだと思います。

②不足感は不足感を引き寄せる

少し引き寄せの話になりますが、「欲しい」という気持ちは不足感の裏返し。

「欲しい、欲しい」と思うほど「足りない、足りない」と言っているのと同じこと
なので、足りない現実がやってきます。

だからこそ「欲しい」という気持ちを手放せば手に入る、ということなのだと思います。


手に入れたければ手放そう

girl-2510934_640
あなたは今、手に入れたい物はありますか?

それは、思えば思うほど遠ざかっていませんか?


もしそれが努力や根性でどうにかなるのなら根性振り絞ってください。

でも何をやってもどうにもならないのなら、実は私のように心のどこかで何かにこだわり、ぎゅっと握りしめているからかもしれません。


大丈夫。

その握りしめた拳をひらき、こだわりを手放せば欲しいものは必ず手に入ります。


手に入れたければ手放す。


難しいけれど、私はこれからも「手放す生き方」を続けていこうと思っています。




こんにちは、坊主女です。自分だけのルール、それがマイルール。「譲れないルールが一つだけ」という人もいれば、「何から何までルールづくめ」という人もいるでしょう。いずれにしてもマイルールは手放した方がいいんじゃないかな?と最近思うのです。今回はそれぞれの「マ ... 続きを読む
rules-1752405_640
こんにちは、坊主女です。


自分だけのルール、それがマイルール。

「譲れないルールが一つだけ」という人もいれば、「何から何までルールづくめ」という人もいるでしょう。

いずれにしてもマイルールは手放した方がいいんじゃないかな?と最近思うのです。


今回はそれぞれの「マイルール」も思い出しながら読んでいただければと思います。


マイルールだらけの私

referee-1149014_640
ハイ、かく言う私が実はマイルールだらけの人間です(笑)。

でも自分ではまったく気づいていませんでした。

事あるごとに主人に指摘されるうち、やっと「私ってマイルールが多いんだなぁ」と思ったぐらい。

マイルールのほんの一部をご紹介

多分、自覚していないマイルールも山のようにあると思います。

そんな中でまずは主人に指摘されたものからほんの一部を。
  • 夕食に丼や麺類はありえない(主人にOKと言われてもしばらく作れなかった)
  • お弁当は何があっても作る(主人の仕事が変わったので今は作っていません
  • 誰に言われたわけでもないのにブログを書く(好きだからなんですが)
  • 起きなくてもいいのに早起き(だってメリットあるし)
いちいち言い訳する私(苦笑)。自分では「ルール」とすら思ってなかったのですが・・・。


他にもないかな?と自分で思いついたものもいくつか挙げてみたいと思います。
  • 物の収納場所がほぼすべて決まっている
  • 決まった日に決まったことをする(別にその日でなくてもいいことでも)
  • 待ち合わせ時間より絶対に早く到着する(どれだけ遅くても10分前)
  • 洗濯物を干す時、どのハンガーや洗濯バサミに何を干すか決めている
めんどくさいな、私(笑)。

性格が正反対の主人でなかったら絶対うまくいってなかったと思います。

小さい頃からそうだった

ざっと挙げただけでもこんなにマイルールのある私ですが、思えば小さい頃からそうでした。
  • 幼い頃、一緒に寝ていたぬいぐるみたちは必ず同じ順番で並べる
  • 中学校や高校の頃は、試験前になると「勉強計画」を分単位で作成(!!)し、実行
  • 高校時代は、毎日乗る電車の時刻も車両も座る位置もまったく同じ
自分で思い出しながらもはや笑えてきました(笑)。


このようにキリのないマイルールですが、すべてに共通しているのは誰に言われたわけでもないのに勝手に作っていること。

しかも、そうやって自分で作ったマイルールを守れないと自分に苛立ち、自分を責めてしまっていたということなのです。


そのルール、いる?

clause-2220818_640
40年近くもの間マイルールに縛られていた私ですが、この頃やっと「そのルール、いる?」と自分に対して問いかけ、手放せるようになってきました。

【理由①】度重なる体調不良

昨年末に40歳を迎えた私ですが、特に今年に入ってから体調を崩すことが増えました。

救急車で緊急搬送されたり、甲状腺の機能が低下して動けなかったり。


気持ちはまだ衰えていませんが、年齢的にこれからもっと「できないこと=守れないルール」が増えてくるはず。

できないものはできない。

良い意味で諦められるようになったことで、マイルールを手放せるようになりました。

【理由②】自分を認められるようになった

もう一つ、マイルールを手放そうと思えるようになった大きな理由があります。

それはどんな自分も自分として認められるようになったから


ダメな自分も、弱い自分も、全部自分。

誰に認めてもらえなくても、私だけは私を認め、愛する。


そう思えるようになったことで、「ルールを守る自分は偉い」という拠り所がなくても大丈夫になりました。

ルールを守れない自分だってOK!と思えるようになりました。


そしてやっと、ルールそのものも手放せるようになったのです。


柳のようにしなやかに

weeping-willow-509869_640
社会のルールは秩序を保つために必要ですが、マイルールは自分を縛るものでしかない。

今の私はそう思います。


自分で自分を縛るなんて痛いだけですよね?

だからもっと自分に優しくし、心を解き放ってあげていいと思うんです。


自分を受け入れ、柔らかく、柳のようにしなやかに。

そのためにも、私はこれからゆっくりと「マイルール」を手放していこうと思います。

こんにちは、坊主女です。人は迷います。私なんか年がら年中迷ってます(笑)。先日だってこのブログの方向性に迷い、更新さえ止まってしまうほどでした。考えれば考えるほどドツボにはまり、迷いの沼へズブズブと引きずり込まれる日々。そんな私が迷いを断ち切ることができ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


人は迷います。私なんか年がら年中迷ってます(笑)。

先日だってこのブログの方向性に迷い、更新さえ止まってしまうほどでした。


考えれば考えるほどドツボにはまり、迷いの沼へズブズブと引きずり込まれる日々。

そんな私が迷いを断ち切ることができたのは「たった1つのこと」をやったからでした。


あらゆる情報をシャットアウトした

censorship-610101_640
あらゆる情報をシャットアウトしたこと。

このおかげで私はブログに対する迷いを断ち切ることができました。

氾濫する情報が迷いを生む

そもそも迷いはなぜ生じるのか?

それは決断するための情報が多すぎるからです。


ジュース1本買おうと思っても、コンビニに行けば威圧感さえ感じる数のジュースがズラリ。

どれが美味しいのかしら?と調べようものならインターネットやSNSには「あれが美味しい」「これがイチオシ!」などの書き込みが山のよう。

結局決められずに店を出た、なんて経験がある人もいるはずです。


ブログの方向性についても同じでした。

いわゆる「ブロガー」と呼ばれる人たちの意見は多種多様。

調べれば調べるほど「こうやったらいい」「ああすればうまくいく」などの意見に迷いは増幅されるばかり。

ブログを書く手が止まってしまったのも今となっては納得がいきます。

助けて!という心の悲鳴

あまりの情報の多さに翻弄され、半ばパニック状態になってしまった私。

あらゆる情報をシャットアウトしたのも「冷静な判断」というよりは「助けて!」という心の悲鳴からでした。


インターネット、SNS、書籍、他人のアドバイスなどなど、とにかくありとあらゆる情報をシャットアウト

そこまでしてやっと私は迷いを断ち切ることができたのです。


なぜ迷いが断ち切れたのか?

ではなぜ、情報をシャットアウトすることで迷いが断ち切れたのでしょうか?

①自分と向き合うことができた

fantasy-2425643_640
情報を得ている時というのは、必ず何かの媒体(メディア・本・人など)と向き合っています。

でも情報をシャットアウトすると、向き合う相手は自分だけになります。

自分はどうしたいのか?どういう方向に進みたいのか?

ひたすら自分に問いかけ心の声を聞き続けたことが、迷いを断ち切れた一番の理由だと思います。

②自信を取り戻せた

board-2433978_640
自分と向き合う中で、私は徹底的に自分を肯定しました。

頭の中で「坊主女すごい!」「最高!」とかやってました(笑)。

でもこれ、ものすごく効果があるんです。

自分で自分を認めること
で私は自信を取り戻し、迷いを一蹴することができました。

③覚悟が決まった

achieve-1822503_640
情報をシャットアウトすると決断は自分の心一つです。

「誰かがこう言っていたから」「◯◯にこうアドバイスされたから」という言い訳がききません。

逆にそのことが私にとってはプラスに働きました。

「自分でこう決めたのだから」という覚悟が決まり、迷いを断ち切ることができました。


情報は多ければいいわけじゃない

social-1989152_640
情報に取り残される、情報を制する者は世界を制す、情報弱者・・・。

このように、情報というと「多く持っていることがすごくて、少ないのはダメ」というイメージはありませんか?


私は決してそうは思いません。

多すぎる情報を自分で咀嚼できず不安になるだけなら、ない方がましだと思います。


情報よりもっと大切なのは「自分はどう生きたいか」という自分軸

そしてそれは自分の心の中にしかありません。

情報に踊らされるのではなく自分の心に忠実に、私はこれからも生きていこうと思います。

紙袋が捨てられない。そんな悩みを抱えている人は多いはずです。私はミニマリストになってからもどうしても紙袋が捨てられませんでした。でもいつまでもそんなことは言っていられない、と紙袋に真っ向勝負を挑んだ結果は!? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


使わないのに「いつか使うかも」と捨てられないもの、それが紙袋。

「可愛いから」「ブランドメーカーだから」と言い訳しながら捨てられないもの、それが紙袋。

この私も今まで幾度となく戦い、そして敗れてきました(要は捨てられなかった)。

しかーし!
紙袋を捨てられなければミニマリストは名乗れない!

今日こそ!坊主女に勝利を!!


敵はまだこんなにもいた

こんな風に意気込んだ私は、「ロッキーのテーマ」を脳内再生しながら(笑)紙袋たちを「えいっ!」と取り出しました。
紙袋 全部
まだこんなにもあったのか!!!

数えてみたら12枚もありました。


ひときわ目立つPRADAの紙袋、眩しいです(笑)。
紙袋 PRADA
でもこれは、手持ちのバッグを修理に出し戻ってきた際に入れてもらったもの。

もちろん紙袋自体は一度も使ったことはありません。


けっこう手放したつもりでいたのですが・・・ちょっとショックでした。


いざ、勝負!

とはいえいつまでも凹んでいても仕方ありません。

今日は勝つ!と決めたのです。

うー、ゔー、ゔゔー、と唸りながら手放すことを決めたのはこれだけ。
紙袋 捨てる
6枚。持っていた紙袋の半分です。

少ない、ですか・・・?

私としてはPRADAの紙袋を手放す決断ができただけで大満足なのですが(汗)。


反対に残す紙袋はこれだけ。
紙袋 残す
4枚です。

これらは実際に使うことも多いので残します。

重ねてみるとわかるのですが、少しずつサイズが違うので重宝するのです。
紙袋 残す重ねる

でもこれでは10枚。数が合いません。

1枚は元々主人専用として使っていたのでそのまま残します。
紙袋 夫

もう1枚はこれ。
紙袋 NIWAKA
これは結婚指輪を買った時にいれてもらった紙袋です。

さすがに私、これは捨てられないしそもそも使えない。

そのため紙袋としてではなく「思い出」として思い出箱で残すことにしました。


これですべての紙袋との戦いが終わりました。

結果です。
  • 捨てる紙袋:6枚
  • 残す紙袋(私用):4枚
  • 残す紙袋(夫用):1枚
  • 思い出紙袋:1枚
私としては勝利宣言をしたいのですが、いかがでしょうか?


戦い済んで日が暮れて

私は、ミニマリストになってからかなりの物を手放してきたはずです。

でもなぜか紙袋だけは思い切れなかったんです。

理由を色々考えてみたのですが、やっぱり「いつか使うかも」の気持ちが他の物より多かったのだと思います。

そのため、使いもしない紙袋をずっと溜め込んでしまっていました。


たとえ紙袋と言えども物は使って初めて価値が生まれ、輝くもの

これからも自分が持っているすべての物に命を吹き込むような使い方をしていきたいです。

物を手放す、執着を手放す、人間関係を手放す。いろんな手放すがありますが、やっぱり手放すと良いことがたくさんあります。もっと自由に、もっと幸せに生きるために。どんどん手放していきませんか? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私がミニマルライフを始めて1年以上経ちます。

手放すべき物事はほぼ手放し尽くしてしまい、ここしばらく「手放してスッキリ!」の感覚を味わっていませんでした。

そんな私が久しぶりに「手放した」お話です。


オンラインサロンを退会

brexit-1478118_640
オンラインサロン、ご存知でしょうか。

Web上にある非公開の集まりのようなもので、月謝を払ってそのサロンに入会すると様々なことが学べます。

主宰者は政治経済界の人から実業家、ブロガーにアスリートと多岐にわたります。


さてそのオンラインサロンですが、実は私も2ヶ月ほど前に入会していました。

ブログに関するサロンです。

今までずっと1人でやってきて、ちょっと行き詰まりを感じていたんですね。

だから誰かに教えを乞おうと思いました。


そのサロンは主宰者はじめメンバーの皆さんも本当に温かく親切で、色々なことが学べました。

入って良かったと心から思います。


でも私は、そのサロンを2ヶ月弱で退会しました。

なぜか。


自分に「甘え」が出てきたからです。

みんな優しいし、サロン内でコミュニケーションが取れるし、悩みも聞いてもらえるし。

でもこれじゃだめだ。このままではぬるま湯にドップリ浸かってしまう

そう思って退会し、サロンという人間関係を手放しました


退会するまでしばらく悩みましたが、やめてみたらすごくスッキリ。

久しぶりに手放す清々しさを味わっています。


手放すことの良さ

手放すってやっぱりいい!と思った私。

改めて「手放すことの良さ」を考えてみました。

①断ち切れる

たとえ物であっても、そこには何かしらの思い(時には執着)が存在します。

ましてや人間関係であれば、しがらみや煩わしさがつきまといます。

それらのじゅくじゅくとした思いは手放すことで断ち切ることができ、心がスッキリします

心がスッキリすれば、次への一歩を踏み出すことができるようになります。

②新しいものを呼び込める

物を手放せば部屋に空間が生まれます。

考え方を手放せば心にゆとりが生まれ、人間関係なら予定が空きます。

このように手放すことで空間が生まれ、新しいものを呼び込むことができます。

新しいチャンス、新しい出会い、新しい物。

どれも自分を成長させてくるものばかりです。


もっと自由に、軽やかに

freedom-307791_640
今回の件は、私に「手放すことの良さ」を思い出させてくれる出来事となりました。

物・人間関係・考え方。
私はまだまだ気づかずに執着しているものがあるかもしれません。

もっと自由に、もっと軽やかに生きるために。


これからもどんどん手放していこうと思います。

言葉は現実になる。だから不平不満や愚痴と言ったネガティブな言葉を使わない人は多いと思います。でも実は「汚い言葉」の方がもっと恐ろしい現実を引き寄せるかもしれません。その理由を考えてみました。 ... 続きを読む
ことば TOP
こんにちは、坊主女です。


言葉は現実になるから不平不満や愚痴・文句を言ってはいけない。

このことを意識し、言わないようにしている人は多いのではないかと思います。

でも実は「汚い言葉」の方がもっと恐ろしい現実を引き寄せるのではないか、と最近思うようになりました。


「汚い言葉」が苦手です

お恥ずかしい話ですが、実は私自身がものすごく口の悪い人間でした。

若い頃働いていた職場の先輩が使う「口の悪い言葉」がカッコよく思えたんですよね(悪いことに憧れる反抗期みたいなものです)。

そのため意識的に汚い言葉を使うようになり、気づけば自分の言葉になってしまっていました。


こんな私だったのですが、今ではすっかり汚い言葉が苦手です。

「アホちゃうか」「バカじゃねーの」もキツイです。

「クソ高い」「クソ難しい」とか、なぜ形容詞に「クソ」がつくのかわかりません。

女性が「◯◯しろよ」などと言った日には・・・もう書いているのも辛い。


そして最近さらに「相手を煽るためにわざと使っている(であろう)汚い言葉」も苦手です。

おそらく使っている人は「相手の心に何かを残そう」と思っているのかもしれませんが、聞くに耐えません。


そんな相手とはそっと距離を置くようになりました。


なぜ汚い言葉を使ってはいけないのか?

ネガティブな言葉ならともかく、なぜ汚い言葉を使ってはいけないのか?

苦手だからこそ、その理由を考えてみました。

①必ず自分に返ってくる

newtons-cradle-256213_640
「因果応報」という言葉があります。

良い行いをすれば良い報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるという意味ですが、私は言葉も同じだと思います。

汚い言葉は誰かを不快にし、誰かを傷つけます。

そしてそれは必ず自分に返ってきます

②周りに人がいなくなる

lost-places-2398580_640
まさに私がそうなのですが、汚い言葉を聞いたり読んだりするとものすごく不快になります。

もちろんすぐその場(それは本やインターネットも含みます)から離れるのですが、これは発している本人からすればとても不幸だと思います。

汚い言葉を使う人の周りに居たい人は誰もいません。

同じことを言うにしても別の言葉を使っていればこんなことにはならないのに、と思います。

③いつか本当に自分の言葉になってしまう

mask-1306181_640
最初はわざとだったり真似したりで使い始めた汚い言葉も、気がつけば自分の言葉になり口癖にまでなってしまいます。

言葉はいつしかその人の思考を支配し、性格になります。

誤解を恐れずに言えば「汚い人間になる」ということと同じだと思います。


まとめ

今回は自分自身、記事を書きながら頭の中が汚い言葉でいっぱいになってしまったので、大変辛く苦しい思いをしました。

逆に言うと言葉にはそれぐらい恐ろしい力があるということ。


どれだけ身の回りの環境を整え、物を減らしても
使う言葉が変わらなければ人生は変わらない。

このことを肝に命じ、常に発する言葉に責任を持つ自分でありたいと思います。