坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: 着物×ミニマリスト

浴衣のお手入れは大変、ましてや手洗いなんて。そんなことありません!浴衣の手洗いはコツさえ知っていれば簡単です。クリーニング代を節約にもなる浴衣の手洗い方法を伝授。賢く節約し、素敵な浴衣ライフを送ってくださいね! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


前回は洗濯機で洗える浴衣の上手な洗濯方法をご紹介しました。

でも実際、手洗いしかダメな浴衣もたくさんあります。

そして手洗いは尚更ハードルが高いイメージがありませんか?


大丈夫!手洗いだってとっても簡単なんです!

そこで今回は「浴衣を手洗いするコツのすべて」着物大好き坊主女が教えます!


どんな浴衣が手洗いできる?

まずどんな浴衣が手洗いできるかを見ていきます。

①洗濯タグに「手洗いOK」の表示があるもの

完成品の浴衣を購入された場合、ほとんどのものに洗濯タグがついています。

こういったものですね。
洗濯タグ
これは私の主人の浴衣なのですが、しっかり「手洗いOK」の表示がされています。

他にはこんな表記も。
手洗い30中性
中性洗剤と指定がありますが、これも手洗いOKです。


反対に手洗いNGなのはこういった表記。
手洗いだめ
おとなしくクリーニングに出すことをお勧めします。

②綿やポリエステルといった素材

親御さんから譲り受けた浴衣などの場合、タグがついていないものが多いかと思います。

なかなか判断が難しいところなのですが、綿やポリエステルといった素材であれば手洗いは可能です。

ただ私も100%の判断ができるわけではないので、大切な浴衣であればクリーニング店で一度相談されてもいいかもしれません。


着るたびに洗濯しなくてもいいんです!

これは洗濯機の場合と同じなのですが、どんな時も必ず「着るたびに洗う」必要はありません

帰宅後浴衣を確認し、ひどい汚れや汗がなければ1日陰干しすれば湿気も臭いも取れます


洋服と同様洗濯することで布の傷みは早くなります

汗のかき方などもあるので最終的にはご自身での判断になりますが、「毎回洗わなくてもいいんだ」と思えば心理的なハードルが下がるのでは?と思います。

【参考】帯について
帯はまず洗濯機では洗えません。

少なくとも私は洗ったことがありませんし、クリーニングにも出したことがありません。

着用後はしっかり陰干しして湿気などを取ってしまいましょう。

汚れなどはシミ抜き業者にお願いするのがいいと思います。


実際に手洗いしてみよう!

お待たせしました!

それでは実際に手洗いしてみましょう。

ポイントは洗濯機と同じく「いかにシワになるのを防ぐか」、そして「水洗い」です。

①たたむ

シワになるのを防ぐためにはまず最初が肝心。

浴衣を綺麗にたたみます。
本畳み
これは「本畳み」と呼ばれる畳み方。

この畳み方だと襟の部分が内側になり型崩れを防げるので、私としてはお勧めです。

畳み方の動画はこちらのサイトがわかりやすかったです。


②洗濯ネットに入れる

手洗いでも洗濯ネットに入れるの?

と思うかもしれませんが、手洗いでも洗っている最中に生地は動きます

シワや型崩れを防ぐためにもネットは使うことをお勧めします。

あとは最後に「ネットに入れておいて良かった!」となりますので(笑)。


先ほど本畳みした浴衣を3〜4つ折りにします。
3つおり

これを洗濯ネットへ。
3つ折り2

ポイントは洗濯ネットとたたんだ浴衣のサイズを極力ピッタリに合わせること

せっかく洗濯ネットに入れても中で生地が動いてしまっては意味がありませんからね。

③中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を使う

洗剤は中性洗剤を使います。

「おしゃれ着用洗剤」が今はたくさん出ていますからそれを使えばいいと思います。

私が使っているのはエマール。
エマール おもて

洗濯タグに「中性」の指示がなくても中性洗剤を使った方が良いです。

なぜかと言うと、弱アルカリ性の洗剤(アタックやアリエールなど)は洗浄力が高い分色落ちの危険が高まるから。

浴衣は濃い色味のものが多いですから中性洗剤を使うことをお勧めします。

④水で押し洗いする

場所は洗面台や洗面器、お風呂など水がためられるところであれば良いです。

洗剤の量は記載されたとおりで。
エマール 表示

これを測って水に入れ、浴衣をゆっくり沈めます。
1回目
30分ほど浸けおくと尚良いです。

その後、これを優しく押し洗いします。
押し洗い1
時々ひっくり返しながら押し洗いします。


ここでの最重要ポイントは「水で洗う」ことです。

これ、めちゃくちゃ大事です。

ぬるま湯もダメです、水です。


なぜなら温度の高い水で洗うと色落ちしてしまうのです。


水で洗ってもこれぐらいの色落ちはします。
水 汚れ
浴衣を手洗いするのはほぼ夏場だと思うので冷たくはないと思いますが、くれぐれも水です。

⑤すすぐ

押し洗いのあと、水を何度か替えてすすぎます。

これがちょっと手間ですが、洗剤が残らないようにしっかりすすぎます。

私は10回ほど水を取り替えました。
10回目
ここまで水が澄めば大丈夫だと思います。

⑥洗濯機で脱水する

私は以前バスタオルで浴衣を挟み、水分を吸い取っていました。

でもこの方法だと水分がなかなか取れずそれこそ大変です(しかも今の我が家にバスタオルはありません)。


そこで今は1分ほど洗濯機で脱水しています。
脱水
あまり脱水しすぎるとシワになりますから1分以内にします。


そして、ここで洗濯前に洗濯ネットに入れたことが活きてくるんですね。

洗濯機の脱水機能はたとえ時間が短くてもシワになりやすいので、それを少しでも防ぐために洗濯ネットを使います。

⑦陰干しする

脱水が終わればすぐ陰干しします。
干す
ここでもシワをしっかり伸ばして干します。

私が使っているのはこういった和装ハンガーです。
和装ハンガー のばす

ただ、安くても600円ぐらいはしますので「もったいない」と思う方は
  • 物干し竿に直接かける(直射日光が当たらないように注意)
  • ハンガーと100均で売っているポールなどを組み合わせる
などの方法でも良いと思います。

⑧しまう

アイロンはお好みですが(私はかけません)、かける際には洗濯タグの確認をします。

また、アイロンをかけたらしっかり熱を冷ましてから収納します。

畳み方は最初にご紹介した「本畳み」。

余計な折り目のつかないように丁寧にたたみます。


まとめ

浴衣を手洗いする方法、いかがでしたでしょうか。

今回かかった時間はちょうど30分でした(写真を撮りながらなので実際はもっと短いはず)。

たしかに洗濯機と比べて多少の手間と時間はかかりますが、やはり手洗いの方が生地へのダメージは少ないです。


浴衣はクリーニングに出せば(店舗にもよりますが)1,000円〜3,000円(!!)もかかるそう。

手洗いで賢く節約し、素敵な浴衣ライフを送ってくださいね!

女が男着物を着る。それ自体は難しくありませんがどうせならカッコよく「粋」に着たい。そう思った坊主女が、男着物を粋に着こなすポイントを徹底紹介。これを読めばあなたもきっと男着物を「粋」に着こなせますよ! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は普段着に着物を着る生活をするなかで「男着物」に出会いました。

パッと着れるのに着崩れしにくい、私としてはまさに探し求めていた普段着物。


とはいえ元は男性用に作られた着物です。

女性用の着物と同じ着方をしてはうまく着ることができませんし、なにより野暮ったい

野暮ったい着方などを坊主女が許せるはずがありません(笑)。


そこで今回は女が男着物を「粋」に着こなすためのポイントをすべて伝授しようと思います!


着物の違いを知る

着こなしのポイントを知るために、まずは「女着物と男着物の違い」から。

【違い1】着丈(長さ)

女性の場合、着丈の長いものを腰の部分でたくしあげて着ます(「おはしょり」と言います)。

このような感じです。
おはしょり1
「おはしょり」を作らないと裾が床に擦ってしまうんですね。


反対に男性は、着丈が「対丈(ついたけ、身の丈と同じ)」なためおはしょりはありません
おはしょりなし
ストン、とした印象になります。

ちなみに着物自体の長さがどれだけ違うのかというと・・・。
長さの違い
この2着はどちらも仕立て上がった状態で購入したMサイズです。

こんなにも長さが違うんですよね〜(私も比べてみて驚きました)。

およそ30cmほど女性用の着物の方が長かったです。


【違い2】身八つ口

身八つ口とは着物の脇に開いた切れ目のことです。

これが女着物にはあり、男着物にはありません
みやつぐち あり

みやつぐち

私は男着物を着た時、癖で身八つ口から手を入れようとしたら入らなくてびっくりしました(笑)。


これもやはり、おはしょりを整えるために女性の場合必要だから開いています。

あとは身八つ口があることで女性の体に沿った着付けができる、腕が上がるので家事がしやすいという面もあるようです。


粋に着こなすポイント

まず着物自体の違いを見てきましたが、着付けの際も色々違いがあります。

でもすべてを男性と同じように着付けてしまってはこれまたうまくいきません。

私なりのアレンジを加えながら説明していきたいと思います。

【1】サイズ選び

女着物の場合はおはしょりで丈の調整ができるため、わりとどんな丈でもごまかせます。

ところが男着物はよくも悪くも「対丈」のため、丈が合っていないとダサくなってしまいます


私を例にとりますが、私の身長は162cm

先日購入した浴衣の着丈が142cmなのですが、着てみるとこのようになります。
正面 足元
これは微妙に長いです。

購入したお店の店主も「あと2cm短くてもいい」とおっしゃっていました。


ただ、私のようにハイヒールを合わせたりする場合はむしろベストな長さです。

こんな風になります。
玄関 右前

あと注意しておきたいのは「SやMといったサイズ表示はあてにしない」ということ。

洋服でも同じだと思うのですが、Sだからと言ってすべて同じ着丈ではありません。

サイズ表記に惑わされず、実際の着丈を確認するのが良いと思います。


【2】補正

着物は寸胴の方が綺麗に見えるので、女着物でも補正はします。

それが男着物となれば尚更ですが、補正の方法自体は女着物と同じ方法でしています。

私が使っているのは
  • 和装ブラジャー
  • 腰用補正パッド
です。

和装ブラジャーはピンキリですが、私はこちらを何枚か持っています。
和装ブラ

お値段は1,100円ちょっと。

ネットに入れて洗濯機で洗えます。


腰用の補正パッドは以前からこういった物を使っています。
腰補正パッド


腰の補正はこのようにタオル2枚を使ってすることもできます。
腰補正 タオル
ただ、めんどくさいです(笑)。

きちんと補正するなら既製品を買ってもよいのでは?と個人的には思います。


【3】背中心

背中心とは文字通り「背中の中心で左右の身頃を縫い合わせている縫い目のこと」です。

この背中心は、女性が着物を着る場合は下半身がまず真ん中に来ることはありません
背中心 女
細身の場合はこのように右にずれ、ふくよかな方は左にずれます。

これは着付け方の違いなのですが、男着物の場合は背中心がずれることはありません
背中心 男

むしろ着付ける時に「背中心をずらさない」ことを意識すると綺麗に着付けられると思います。


【4】衣紋(えもん)

衣紋とは「襟の後ろ側」のことです。

女着物は「衣紋を抜く」と言って襟の後ろを引き下げます(花魁などはガッツリ抜いていますね)。

ですが男着物は抜きませんし、むしろ襟と首はぴったり添わせます


ここで私は思いました。

男着物とは言え着るのは女。ここは抜いてみてもいいんじゃなかろうか。

そこで実際にやってみました。

まず衣紋を抜かない本来の着方。
衣紋 抜いてない
このようにぴったり添わせます。

次に女着物と同様衣紋を抜いてみた着方。
衣紋 抜いてる

うなじが見えるだけで急に色気が出たのがわかりますか?

ということはつまり、男着物で衣紋を抜くとオカマっぽくなるんです!

だから、男着物を着るときはたとえ女性でも衣紋は抜かない方がいいです!


【5】帯の位置

いよいよ最後、帯の位置です。

男着物の場合、帯は腰で締めるのが基本ですしカッコいいのですが、帯に限って言えば女性はお腹で締めた方がいいと思います。


論より証拠、見てみます。

まず腰で締めた場合。
正面 帯 腰

次にお腹で締めた場合。
正面 帯 腹

腰で締めた場合は間延びした感がありませんか?


これはおそらく男女の体型の違いからだと思います。

恰幅のいい男性(特にお相撲さんなど)って着物が似合いますよね。

そして華奢な男性が着物を着るときはお腹に補正をするぐらいなんです(主人が結婚式で和装するとき補正してました)。


女性は腰に補正をしてもお腹に補正はどうかな・・・と思います。

それならばお腹で締めた方がお腹周りもスッキリするし、胸元のはだける心配もないのでこればかりは女着物のルールにのっとってお腹で締める!がいいと思います。


まとめ

女が男着物を粋に着こなす方法、いかがでしたでしょうか。

一見すごく細かいことを書いているようですが、実際着てみたらその簡単さに驚くはずです。


簡単だからこそちょっとの手間を加えて「粋」に着こなす。

こうやって街に着物の女性がもっと増えたらすごく嬉しいです。

女が男着物を着るなんて⁉︎そう思われるかもしれませんが、実は昔から「対丈(ついたけ)で着る」という着方が存在しています。「対丈で着る」とはおはしょりを作らずに着ること。実はこの着方が女性にとってもメリットいっぱいだったんです! ... 続きを読む
上半身 顔出し
こんにちは、坊主女です。

タイトルを見た皆さんの頭の中は今、「????」となっていることと思います。

女が男性用の着物を着てもいいの?
サイズは大丈夫?
坊主女、血迷ったか!?


まぁまぁ、ちょっと落ち着いてください(笑)。

私だってまさか男性用の着物を着ることになるなんて思ってもみませんでしたから・・・。


私が男着物を着ようと思ったワケ

私が男性用着物(以下「男着物」と書きます)を着ようと思った理由。

それは私が実践している「毎日着物生活」が大きく関わっています。

毎日着物生活最大の難関

私が毎日着物を着る生活を始めてつくづく思うこと。

それは着付けに時間がかかるということです。

私がまだまだ慣れていない、上手でないということももちろんありますが30分近くはかかります。


何が面倒って「おはしょり」が面倒、そして苦手。

「おはしょり」とはこの部分です。
おはしょり1

このおはしょりを綺麗に整え、長さを調節し、腰紐でしばって・・・・。

もうすっごく時間がかかるんです!


着付け時間の3分の1(時には半分!)ぐらいは「おはしょり」に手を取られてました。


だから内心ずっと思ってたんです。

おはしょり、なかったらいいのに・・・。


「対丈(ついたけ)で着る」という着方を知る

なにせ元がめんどくさがりなので(笑)、なんとか「おはしょりなし」で着物を着れる方法がないかとずっと調べていました。

そこで見つけたのが対丈(ついたけ)で着る」という着方。


「対丈」の意味はきもの用語大全にこのように載っていました。
身の丈と同じに布を裁ってきものを仕立てることです。
きものの丈が着丈と同寸のもの、またそのように仕立てたもののことです。
引用:きもの用語大全

つまり着物の長さと身の丈(およそ首から下)が同じな着物を「対丈」と呼ぶんですね。

そして、これはすなわち・・・おはしょりを作らなくていいということ!!


よしこれだ!これを探そう!

そう思った私は策を練りました。
  • 昔の人は小さかったから、アンティークの着物が売っているお店にいけばいいかも
  • 今ある着物を寸法直ししてもらう方がいいかな
でもどれもすぐにはできなさそうですし、いまいちピンと来ません。


うむ・・・。
その時です。私の目の前にある姿が浮かんで来ました。

男性の着物って、対丈だよね!?


坊主女、男着物を着る!

よくよく考えてみればそうなのです。

先日主人の帯を見に行った呉服屋さんの店主もそうですし主人の浴衣だってそう。

男性の着物はすべて対丈で作られているんです!

私は身長162cm。
イケる!と踏みました。

選んだ浴衣はこちら

今の季節ですからまずは浴衣にしようと思い、近所の呉服屋さんに買いに走りました(主人の休みまで待っていられなかった)。

そこで購入した浴衣がこちら。

たとうし
男物ですが女性でもじゅうぶん着こなせる色と柄です。

そして実際に着てみました。
玄関 右前

超かっこよくね!?(笑)

おはしょりなし、丈もピッタリ。

まさに私が探し求めていたものです!


そしてこの浴衣、見た目だけではないメリットもいっぱいあるんです。


【メリット1】着付けが簡単、時間もかからない

これが目的で男着物を選んだぐらいですから当然なのですが、本当にすぐ着れます。

初めて着た時でさえ15分かかりませんでした

おはしょりを作らなくていいのはもちろん、帯結びも簡単ですから時短にはもってこいです。


【メリット2】使用する紐が少ないので苦しくない

着物はそのすべてを「紐」で固定して着ます。

女性用の場合、たとえ浴衣でも
  • 腰紐 2本
  • 伊達締め 1本
  • 帯 1本
最低4本は必要です(着物ならさらに必要)。

これが男性用なら
  • 腰紐 1本
  • 帯 1本
たった2本でOK。

帯の幅も女性用の半分ぐらいですから、とにかく締め付けがなくて楽です。


【メリット3】帯がしっかり締められるので着崩れしにくい

実際出歩いてみて思ったのですが、男着物は着崩れしにくいです。

おそらく帯を「ギュッ」と締められるからだと思います。

帯結びは一般的な「貝の口」。

帯結び アップ
ちょっと後ろがシワってますね、反省・・・。

この結び方を初めてやってみましたが、かなりしっかり締まります。

着崩れを気にせず出歩けるのは本当に嬉しいです。


まとめ〜もう女着物には戻れない、かも〜

「女が男着物を着る」という発想の転換、受け入れていただけたでしょうか?

実際に浴衣を購入したお店の店主も「女性が男着物を着るのは全然アリ」と仰っていました。

むしろ「坊主女さんならカッコいいよ!」とお墨付きまでいただいたぐらい(笑)。


フォーマルな場に男着物を着ていくつもりはありませんが、これからは普段着に男着物をどんどん活躍させていきたいと思ってます。

小物で遊んだりもできそうだし、ますます着物ライフが楽しくなりそう!



☆女性が男着物を粋に着こなすコツはこちらをどうぞ☆

いよいよ夏本番!浴衣を着たいけど後の手入れが面倒だと思ってはいませんか?実は今の浴衣は洗濯機で洗えるものも多く洗い方も簡単!その手順を画像入りで詳しく解説しています。お手入れ方法をマスターしてもっと浴衣を楽しもう! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


いよいよ夏本番!
お祭りに花火大会と、浴衣を着ていきたいイベントが目白押しです。

でも着た後のお手入れが大変そう。クリーニングに出すのもお金がかかるし・・・。

そう思って浴衣を敬遠していませんか?


大丈夫!今の浴衣は洗濯機で洗えるものも多くお手入れはとっても簡単!

今回は「洗濯機で浴衣を簡単&上手に洗う方法」着物大好き坊主女がわかりやすく解説します!


今の浴衣はほとんど洗濯機OK!

最近は呉服屋だけでなく各ブランドや大きなショッピングモール、ユニクロなどでも浴衣が売られていますが、それらのほとんどは洗濯機OKです。

どこで確認する?

では洗濯機OKかどうかをどこで確認するかというと、洋服と同じく洗濯表示が書かれたタグ

浴衣に直接縫い付けられていたり、購入した際に紙のタグとして付いていたりします。

このような感じですね。
着物タグ (1)
私が実際に浴衣を購入した時のタグです。


表示を見ていただくと一目瞭然なのですが、洗濯機が使えることが明記されています。

他にもこのような記号があれば洗濯機はOKと思って大丈夫です。
洗濯機弱30       洗濯機弱40

反対に洗濯機をやめておいた方が良いのはこのような表示。
手洗い30 手洗いだめ
「手洗いOK表示」のものは、自宅での手洗いまでは可能ですが洗濯機は避けた方が良いです。

「手洗いすら×」のものは、おとなしくクリーニングに出した方が無難です。

タグがない場合は?

タグがあればすぐに洗濯機がOKかどうかの判断ができるのですが、厄介なのはタグそのものがない場合

親から譲り受けた浴衣などはタグがない場合が多いと思います。

そんな時は素材で判断するしかないのですが・・・私も「綿」ぐらいしかわかりません(汗)。


洋服と同じで、綿やポリエステルなら洗濯機で洗えますが絹や麻は縮みます。

判断できなければクリーニングに出した方が良いと思います。

大切な浴衣が二度と着れなくなるぐらいなら、多少のお金を払ってもいいのでは?と個人的には思っています。

(素材の良い見分け方をご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください!)


着るたびに洗濯しなくてもいいんです!

真夏の人混みを何時間も歩いたり、海辺の花火大会で砂まみれになったりという場合はもちろん洗った方がいいと思います。

ですが、どんな時も必ず「着るたびに洗う」必要はありません

帰宅後浴衣を確認し、ひどい汚れや汗がなければ1日陰干しすれば湿気も臭いも取れます


これは洋服でも同じなのですが、洗濯することで布の傷みは早くなります

最終的にはご自身での判断になりますが、「絶対洗わなきゃ」というプレッシャーがなくなれば浴衣へのハードルも下がるかな?と着物好きとして思います。

【参考】帯について
帯はまず洗濯機では洗えません。

少なくとも私は洗ったことがありませんし、クリーニングにも出したことがありません。

着用後はしっかり陰干しして湿気などを取ってしまいましょう。

汚れなどはシミ抜き業者にお願いするのがいいと思います。


実際に洗濯機で洗ってみよう!

おまたせしました!

汗もめいっぱいかいたから洗濯したい!という時は、以下の手順で洗濯します。

ポイントは「いかにシワになるのを防ぐか」です。

①たたむ

まずは浴衣をきれいにたたみます。
IMG_5216 (1)
これは「本畳み」と呼ばれるたたみ方です。

私がこのたたみ方をおすすめするのは、襟元が内側に入るため型崩れが防げるからです。


たたみ方はこちらの動画がわかりやすかったですよ。


②洗濯ネットに入れる

洗濯ネットに入れるために、①でたたんだ浴衣を3〜4つ折りにします。
着物たたむ

これをそのまま洗濯ネットへ。
着物ネット

ここでの注意点は、たたんだ浴衣にできるだけピッタリなサイズの洗濯ネットを使うことです。

ネットが大きすぎるとネット内で浴衣がぐちゃぐちゃになり、シワの原因ともなってしまうからです。

③中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を使う

洗剤は中性洗剤を使います。

最近ではおしゃれ着用洗剤がたくさん出ていますから、それを使うといいと思います。

私が使っているのは「エマール」。
エマール おもて



裏面にもちゃんと「この洗剤で洗えるもの」が表示してありますから安心です。
エマール 裏

中性洗剤をおすすめするのは、弱アルカリ性の洗剤だと色落ちの危険が高まるからです。

弱アルカリ性の洗剤(アタックやアリエール・粉末洗剤など)は洗浄力が高いんです。

ということは色落ちしてしまう可能性も高まるということ。


浴衣は色の濃いものが多いので、中性洗剤を使った方が良いと思います。

ちなみに私は柔軟剤は使いません。

通常の洗濯時に使っていないということもありますが、おしゃれ着用洗剤にはすでに柔軟剤成分が入っているため別途使わなくても大丈夫です。

④デリケートコース・手洗いコースなどで洗濯する

洗濯機
手洗いコース、デリケートコース、ソフトコース、お家クリーニングなどなど。

名称は異なりますが、洗濯機に設定されているなんらかの「優しく洗うコース」で洗濯をします。

この時の注意点は2つ。
  • 色落ちの可能性があるのでできれば浴衣単体で洗う
  • 脱水時間は30秒〜1分(短い方が良い)

③洗剤 のところでも書きましたが、色落ちは正直洗ってみないとわかりません。

他の衣類への色移りを防ぐためにも浴衣単体で洗った方が良いと思います。


また脱水時間ですが、脱水しすぎるとシワの原因になります。

本当なら多少水が滴り落ちるぐらいの方が水の重みでシワが伸びるのですが、干す場所のことも考えて極力短めの脱水にすると良いです。

⑤陰干しする

洗濯が終わればすぐに干します

その際、直射日光は厳禁です。

干す際にはシワを伸ばしながら干します。


私は和装ハンガーを使って干しています。
ほす

和装ハンガー


一つあれば便利ですが、安くても600円ぐらいはします。

「わざわざ浴衣のためだけに」という場合は
  • 物干し竿に直接通す
  • 100均などにあるポールとハンガーを組み合わせて使う
などの方法でも良いと思います。

⑥しまう

気になる人はアイロンがけをしてもいいと思いますが、私は少し「くしゃっ」とした感じが好きなので乾けばそのままたたみます(めんどくさがりなのもあります)。

たたみ方は①でご紹介した本たたみです。

きれいにたたんでしまっておきます。


まとめ

浴衣を洗濯機で簡単&上手に洗う方法、いかがでしたか?

浴衣が洗濯機でも簡単に洗えることがわかれば、クリーニング代なども気にせずどんどん浴衣でお出かけできるはず。

今年の夏はいっぱい浴衣を着て素敵な思い出を作ってくださいね!


☆浴衣を手洗いする方法も簡単ですよ。こちらをどうぞ☆

【うなぎ割烹 みかわ三水亭】西尾市一色町は全国有数のうなぎ産地。実は国産うなぎの20%以上が一色産うなぎなのです!安くて美味しい一色産うなぎを食べるため一色町にある三水亭さんにお邪魔しました。うなぎを食べてスタミナバッチリ! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は2017年1月に愛知県西尾市に引っ越してきましたが、西尾市の一色町は知る人ぞ知るうなぎの名産地。

なんと国産うなぎの20%以上が一色産なんですよ!ご存知でしたか!!

しかも他よりも相当お安く食べられると聞いて行かないわけには行きません。


とある日曜日、夫婦2人で出かけました。


一色産うなぎはここがすごい!

三水亭のご紹介をする前に、まずは一色産うなぎについてご紹介したいと思います。


一色うなぎ漁業協同組合のHPによると、西尾市一色町にうなぎの養殖が導入されたのは明治27年。

100年以上の歴史を誇ります。


2014年のデータになりますが、一色産うなぎの生産量は4,200トン。

これは愛知県全体の85%にあたるだけでなく、全国生産量でも24%弱にあたります。

国産うなぎの5分の1が実は一色産うなぎだったんです!


さらに一色産うなぎは全国で唯一、川(矢作川)の清流を利用して育てられています。

そのため生臭さがほとんどありません!


こんなにすごいうなぎなのに、なぜ知名度が低いのか私には疑問で仕方ありません。

それはともかく予習段階で高まる期待。

いよいよ三水亭さんへGO!です。


うなぎ割烹 みかわ三水亭

うなぎ割烹 みかわ三水亭」さんは、平成21年にオープンしたお店。

意外にも一色町で初めてのうなぎ料理専門店です(地元の人は「うなぎはわざわざお金払って食べるもの」ではなかったらしいです)。


11:00オープンではあるものの、週末だし相当混むと聞いていたため早めに出かけました。


外観

入り口はこちらです。

門を抜けるとこんなに広々とした芝生が!
良い天気だったのでめちゃくちゃ気持ちよかったです。

着物でなかったら走り出してました(笑)。


奥に進むと滝が見えてきます。

涼し〜〜!

池には鯉もたくさんいます。

テーブルもあるので待ち時間はここで過ごすのも良さそう。
椅子

とうろうもあります。
とうろう

そのとうろうを撮影する坊主女。
主人が隠し撮りしてました(笑)。

ちなみに三水亭さんは2017年4月29日に「三水亭 はなれ」をオープンしています。

こちらは完全予約制とのこと(ただし現在は相当予約困難です)。

建物はモダンな雰囲気ですね。
はなれ全体

いよいよ母屋へ向かいます。

待ち時間

三水亭さんにお邪魔するにあたり、一番考慮しておかなければならないのは待ち時間です。

7月初旬の日曜日、開店10分前に到着した際の待ち状況はこんな感じ。
これ、そうとうエグいです。

紙に名前を書く方式ですが私たち夫婦は40組目、開店時には50組を超えていました


もちろん予約も受け付けてはいるのですが、一定数まで埋まったら電話すらつながらないとのこと。

さらに7月の週末はすでに予約は埋まっているそうなので、直接行くしか方法はありません・・・。


順番待ちの紙は当日10:00から置いているそうなので、先に書いてからどこかへ出かけてもいいかもしれませんね。

ただ、名前だけ書いてどこかへ出かけた場合でも13:30には必ず戻ってきてほしいとのこと。

その際にいない場合は自動的にキャンセルとなります。ご注意を。


いやー、すごい。


いよいよ実食!

40番目に名前を書いた私たち。

やっと店内に入れたのは1時間30分後の12:30(!)でした。

待つのが嫌いな私でも、ここまで待てば否が応でも期待が高まります。


メニューはこんな感じ。
こちらがメインですね。

でもこれ、すでにめちゃくちゃお安くないですか??

名古屋あたりだと軽く4,000円超えてきますよ。


そしてこちらもなかなか惹かれます。

迷いに迷った私たち、注文したのは以下です。
  • 肝焼き
  • 白蒲焼
  • うな重

まずやってきたのは肝焼き。
大きい!プルプル!

これ、たまらんでしょ!

いただきま〜す!
なにこれ!生臭さがまったくない!!!!

これには本当にびっくりしました。

昔食べた肝焼きは生臭さがきつく「こんなものなのだ」と思っていたのですが全然違う!

内臓系が苦手な主人も「めちゃくちゃ美味しい!」とあっという間にペロリ。


続いてやってきたのが白蒲焼です。

右が白焼きとよばれるもの。いわゆる「素焼き(何もつけずに焼く)」です。


私は関西出身ですが、生まれてこのかたずっと「うなぎはたれで食べるもの」と思っていました。

だからものすごく興味があったので注文したんです。


お皿に取ります。
すでによだれが止まらない(笑)。


添えられていたのはお醤油、わさび、岩塩など。

私はお醤油とわさびでいただきました。
これがもうね、めちゃくちゃ美味しいんです!!!

皮がパリッ、身はふっくら。これがうなぎなの!?って感じです。


なんでも、一色町のあたりはうなぎを蒸さずに生のまま焼き上げるスタイルが主流なんだそう。

さらに三水亭さんは備長炭を使っており、さらに旨味が閉じ込められているんですね。


もちろん通常の蒲焼も。
たれが決して主張せず、素材の味を引き立ててます。

香ばしさがまたたまらない!


最後に登場したのは主人が注文したうな重。
ごめんなさい、自分が頼んだものじゃないから画像がイマイチ・・・。

上段がうなぎ、下段がご飯になっています。


そのほかこちらがついています。
  • 小鉢
  • 吸物
  • つけもの
  • デザート
量としては男性なら少し物足らないかもしれません。

主人もあっという間にたいらげていました。


待ち時間は本当に長かったですが「待った甲斐があった!」と思わせる美味しさでした。

これでスタミナもバッチリついたはず!


まとめ

西尾市一色町の「うなぎ割烹 みかわ三水亭」さん、いかがでしたでしょうか。

待っている間に他のお客さんが「浜松のうなぎもいいけどやっぱり一色のうなぎが好き」と言っておられたのがとても印象的でした。


暑い夏を乗り切るために、ぜひ一度一色町のうなぎを召し上がってみてくださいね!


【店舗情報】
<住所>
愛知県西尾市一色町坂田新田西江95−10


<電話番号>
本館:0120ー718ー819
はなれ:0120ー717ー819

<営業時間>
[昼]11:00〜14:00(オーダーストップ)
[夜]17:00〜20:00(オーダーストップ)
 ※11月〜3月の期間中、平日は19:00でオーダーストップ

<定休日>
毎週水曜日

<席数>
カウンター席 5席
テーブル席 6席
堀りごたつ 3席
個室(椅子席) 2席
和室(椅子席) 5席

<喫煙>
店内全面禁煙(店外に数カ所灰皿設置あり)

<駐車場>
バス10台
乗用車50台

こんにちは、坊主女です。私が住んでいる愛知県西尾市は、なぜか呉服屋さんがとても多く着物好きの私は嬉しい限り。そんな数ある呉服屋さんの中から、今回は一色町にある「大黒屋」さんにお邪魔しました!創業192年の歴史!大黒屋呉服店大黒屋は西尾市一色町で192年の歴史を ... 続きを読む
大黒屋TOP
こんにちは、坊主女です。


私が住んでいる愛知県西尾市は、なぜか呉服屋さんがとても多く着物好きの私は嬉しい限り。

そんな数ある呉服屋さんの中から、今回は一色町にある「大黒屋」さんにお邪魔しました!


創業192年の歴史!大黒屋呉服店

大黒屋は西尾市一色町で192年の歴史を誇る呉服屋さん。明治時代からあるお店なんですね。

今回は主人の浴衣用の帯を探すためにお邪魔しました(私が着物を着るようになってから主人も着たくてたまらないみたいです)。


呉服屋さんは他にもあれど、私が大黒屋さんを選んだ理由。

それは大黒屋さんの店主に会いたかったからです。

というのも店主の山田悦弘さん(@guihago8686)とはtwitterで知り合い、近所のスーパーでバッタリ出会うという奇跡のあった方。


私が顔出ししていないにも関わらず、ですよ(笑)。


そんな店主は日々ブログ " 西尾市一色町「大黒屋」呉服店店主のブログ ” を更新されているのですが、何もかもが個性的!

扱っている商品にしても、店主の持ち物にしても、着物の着こなしにしても。


そんな店主とお店に興味が湧かないはずがありません。

主人と予定を合わせて先日やっとお店に伺うことができました!


店主の個性的なセンスに脱帽!

IMG_5124
お店に入ると覚えて頂いていたようで(そりゃ坊主だし)「こんにちは!」と声をかけてくださった店主。

主人の帯を見繕ってほしい旨を伝えると、出てくるわ出てくるわ。

そのどれもが個性的、他のお店やネットでは絶対に見つからないものばかり。


最終的にはこの帯を選びました。
IMG_5156 (1)
男性でこんな帯をつけている人はなかなかいません。めちゃくちゃカッコいい!!

しかも主人に帯の結び方まで伝授してくださる心意気、感動しました。


この後店内をぐるりと拝見させて頂いたのですが、ほんと素敵なんですよ、品揃えが。

どれも欲しくなる涼しげな柄の反物。
IMG_5125

帯のチョイスもいい!
IMG_5126

奥には振袖が飾ってありました。

成人式の時などはレンタルもされているそう。
IMG_5130

IMG_5132

そして最後に「ブログでお店をご紹介したい」と申し出たところ、快くOKを頂いたばかりか「一緒に写真を撮りましょうか?」とまで言って頂いた写真がこちら。
IMG_5123
今まで顔出しについては迷っていました。

でも着物をご紹介する時など全身が写っていた方がわかりやすいと思い、意を決して顔出ししましたがいかがでしょうか・・・。


それはさておき、着物欲しい!の誘惑と戦いつつも本当に眼福なひとときとなりました。


まとめ

今回は西尾市一色町にある呉服屋「大黒屋」さんをご紹介しました。

店主の個性が光る本当に素敵なお店です。

私の着物熱もますます高まりましたよ!



【店舗情報】

住所:愛知県西尾市一色町一色前新田168−1


電話番号:0120−52−9835

営業時間:AM9:00〜PM7:00

定休日:火曜日

駐車場:あり

決してMではありません(笑)。こんにちは、坊主女です。毎日着物生活を始めて1週間ほど経ちました。苦戦することも沢山ありますが、もう楽しくて楽しくて!そんな日々の中、思うことがありました。<目次>着物は何かと動きが「制約」される ミニマルライフも「制約」のある ... 続きを読む
決してMではありません(笑)。
こんにちは、坊主女です。

毎日着物生活を始めて1週間ほど経ちました。
苦戦することも沢山ありますが、もう楽しくて楽しくて!

そんな日々の中、思うことがありました。

<目次>

着物は何かと動きが「制約」される

生まれた時から洋服を着ていた私にとって、着物や浴衣は
とにかく動きが制約される
と感じます。

裾は広がりませんから歩幅も狭くなります。
袂(たもと。袖の下の袋の部分)があちこち引っかかるので、都度よけなければなりません。
信号が変わりそうだから、とダッシュもできません。
座るにも一旦裾を整えてからですし、しゃがむにも背伸びにも一呼吸必要です。

このように、いろんな動作が「ゆっくり」にならざるを得ないのです。
今でこそ「いらちでガサツ(笑)な私にはちょうどいいのだろう」と思えますが、もし無理やり着物を着せられていたら罰ゲームにしか思えなかったかもしれません。

それぐらい「制約」を感じる着物なのですが、
これってもしかしてミニマルライフにも共通するかも?
と思い始めたのです。

ミニマルライフも「制約」のある暮らし

「制約」という言葉は多少語弊があるかもしれませんが、
少ない物で暮らす=制約
とも捉えられるかと思うのです。

一つの鍋を何役にも使い回したり、服を着回したり。
便利と言われる物をあえて手放し、◯◯がない生活をしたり。

着物と同様、自ら望んでミニマルライフを送っている私は特に不便も感じません。
でも、物が沢山あることに慣れてしまっている人にとっては、制約以外の何物でもないのではないかと思います。
adventure-2178695_640

「制約」があるからこそ無限の可能性が広がる

では着物もミニマルライフも「制約」のある「窮屈なもの」なのか?

私はそうは思いません。むしろ、
「制約」があるからこそ、そこには無限の可能性が広がっている
と思うのです。

着物は所作が「制約」されるからこそ、そこには「芸能」という可能性が広がったのだと思います。
そんな大げさなことではなくても、着方を工夫したり新しい流行を生み出したりという可能性を着物はまだまだ秘めていると思います。

ミニマルライフも、物が少ないから「工夫」します。
今ある物で生活するために、思いもよらない使い方を見出したりします。
何より生活がシンプルになる分、人生の可能性が大きく広がります

「制約」って、実は創造性を高めるんです。
「制約」があるからこそ、人生をもっともっと楽しめるのです。

私はこれからも、「制約」を逆手にとってミニマルライフも着物も楽しんでいこうと思います。

捨て魔に思われがちですが、実は物持ちがすごくいい。こんにちは、坊主女です。ミニマリストさんって、いつもどれぐらいの量の物を持ち歩いているの?これは「どんな部屋に住んでいるの?」と同じぐらい気になるところです。 そこで今回は、私が普段持ち歩いているかばんと ... 続きを読む
捨て魔に思われがちですが、実は物持ちがすごくいい。
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストさんって、いつもどれぐらいの量の物を持ち歩いているの?

これは「どんな部屋に住んでいるの?」と同じぐらい気になるところです。 
そこで今回は、私が普段持ち歩いているかばんとその中身をすべてお見せします!

<目次>

かばんの中身

かばんの中身をお見せする前に、大前提としてお伝えしておきます。
  • 坊主頭なので(笑)髪の毛に関する持ち物は不要
  • 宇津木式スキンケアを実践し、完全にノーメイクなので顔に関する持ち物は不要
もうこの時点でほぼ持ち物がないと想像して頂けると思います。

それではドドンと公開!
かばんの中身
長財布、小銭入れ×2、エコバッグ。
爪切り、鏡、メガネ拭き、お守り。

そして、ここにはありませんがハンカチ・ティッシュ・家の鍵・iPhone
以上です。

財布はドイツの「BREE」というブランド。
使えば使うほど味の出る牛革素材が好きで、学生時代から使っています。
一度だけ浮気しましたが、この財布でBREE4代目。
1つの財布につき4〜5年は使っている計算です。それぐらい持ちます。

小銭入れが2つあるのは、個人用と家計用。
長財布は一つにまとめましたが、小銭はごっちゃになるので分けています。
▶︎財布買い替えのタイミングって、いつ?

後の細々した物は、以前はこの袋に入れていました。
リラックマ袋
ペットボトルのおまけ(笑)。
でも、写真で見るとおり破れてきたのでこれを機にこちらに買い替えました。
刺子ポーチ1 刺子ポーチ2

近所の文房具屋さんに売っていたのですが、「UNITED BEES」という広島の文具メーカーさんの商品です(インターネット上での販売はないようです)。
また、この布は「刺子木綿」という愛知県三河産の布だそう。
だから購入したというのもありますが、実際とても丈夫です。
刺子木綿説明

かばん

ついこの間まで、よほどのお出かけでない限りはこのかばんを使っていました。
旧かばん

このバッグ、軽い上に折りたたんでポーチにも収納できるのですごく重宝してました。
ただ購入したのは2年半も前のため、傷みもひどいし何より着物には使えません。
当然服だけでなくかばんもほとんど持ち合わせていない・・・。

そこで、着物生活を始めるにあたり2年半ぶりに新しいかばんを購入しました。
新かばん
このかばんは、以前「ふんどし」の記事でもご紹介した「褌工房 あとりえ金久寿(きんくす)」さんから派生した和小物部門で売られていました。
(販売サイト:褌工房あとりえ金久寿presents『褌布烈久寿_conplex』

このお店の商品は、褌にしてもかばんにしてもとにかく私のドストライク。
このかばんも一目惚れして購入しました。
サイズは33cm×19cm×5cmと小さめですが、私の持ち物の量では問題なし。
収まった図
このようにピッタリおさまりました。

物が少ないといいことばかり

私の普段の持ち物を見て
「そんなんじゃ出かけられない!」
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でも、持ち物が少ないと「かばんの中を探す」なんてことがまずありません。
もちろんレジでもアタフタしません。
そして何より、とっても身軽です。
身軽になれば行動力もあがり、世界もどんどん広がります。
まさにいいことづくめ。

人生の残された時間、物を探すより喜びや幸せを探したい。
それならまず、持ち物を減らしてみませんか?

坊主頭もIt's so COOL!こんにちは、坊主女です。ちょっとアンタ!日本文化ナメてんの!!!そんなお叱りの声がどこかから飛んできても気にしません。だって最高にCOOLでカッコいい仕上がりになったんですもの!<目次>着物と同じぐらいハイヒールが大好き 着物×ハイヒール ... 続きを読む
坊主頭もIt's so COOL!
こんにちは、坊主女です。

ちょっとアンタ!日本文化ナメてんの!!!
そんなお叱りの声がどこかから飛んできても気にしません。

だって最高にCOOLでカッコいい仕上がりになったんですもの!

<目次>

着物と同じぐらいハイヒールが大好き

このブログを始めた当初に告白しているのですが、何を隠そう私はハイヒール大好き。
▶︎坊主だろうがミニマリストだろうが、ハイヒールだけは譲れない

そのため、ミニマルライフを始めて靴を手放そうと思った時の基準は
ヒールの低い靴から手放す
でした(ほんとに)。

その後ハイヒール自体も何足か手放し、最終的に残ったのがこちら。
fullsizeoutput_423
あとニーハイブーツが1足ありますが、どれもヒールは8cm以上(笑)。
大好きなデザインばかりです。

とはいうものの、着物と言えば草履か下駄が常識。
毎日着物生活に突入したらハイヒール履けなくなるのか・・・。

それはイヤ!絶対イヤ!
だったらどうする?

そうだ!着物でハイヒール履けばいいじゃない!!

着物×ハイヒールが最高にCOOL!

我ながら無茶なこと思いついたものです。
でも絶対イケると思ったんです。

選んだのは以前にもアップしたこちらの浴衣。
fullsizeoutput_424
ハイヒールに合わせるつもりで、本来の浴衣の着方よりも裾を長めにしています。
(本来、浴衣の時はくるぶしぐらいに裾を合わせるのが良いです)

さぁ、いよいよ合わせてみます。
fullsizeoutput_421
あれ?正面から見たらなんか普通・・・。
と思うでしょ?

ちょっと斜め向きますよ。
fullsizeoutput_420
お、なんかいい感じ。

更に反対を向くと・・・。
fullsizeoutput_41f
わかりますか?
帯がリバーシブルになっていて、チラリと赤が見えています。
そしてハイヒールにもチラリと赤が入っています。

この「チラリ」と効いた赤がたまらん!
しかもハイヒールまったく違和感なし!

COOL!
It's so COOL!!


とまぁ一人でテンション上がりまくり(苦笑)。
意気揚々とお出かけしました。

ヒールに慣れている私は、下駄よりずっと歩きやすかったです。
そのまま、いつもお札を新札に両替している銀行へ。
▶︎財布の中身をすべて新札にしてみてわかったこと

すると、いつもは事務的な会話しかしない案内の女性が私を見るなり
今日は素敵なお召し物ですね!
と声をかけてくれました。

さらに同僚の方も
そのハイヒールとの組み合わせがとっても素敵!
コーディネートも完璧!

なんて言ってくださるじゃありませんか!

坊主女、心の中で盛大にガッツポーズしました!

洋服も着物も、「楽しむ」が一番!

実は、今のように「毎日着物を着よう」と思う前の私は、
今の若い女の子の着物や浴衣の着こなしはありえない!
と思っていました。
そして、着物は格式高い服だからきちんと着るのが一番良いのだとも。

でも、よくよく考えてみればファッションなんて常に移り変わるし、新しい着こなしが時代を作ることだってあります。
そう思い始めると自分の石頭加減が馬鹿らしくなりました。

洋服であれ着物であれ、誰だっておしゃれしたいはず。
それなら何より「楽しむ」が一番!

これからもいろんなアイデアを取り入れながら、楽しく着物を着ていきたいと思います。

やらなきゃ何も始まらない。こんにちは、坊主女です。先日、「毎日着物生活を始める」と宣言した記事を書きました。▶︎【もっと自由でいいじゃない】いよいよ「毎日着物生活」始めます!今回は、着物生活への思いを「ミニマルライフ」の視点から見ていきたいと思います。< ... 続きを読む
やらなきゃ何も始まらない。
こんにちは、坊主女です。

先日、「毎日着物生活を始める」と宣言した記事を書きました。
▶︎【もっと自由でいいじゃない】いよいよ「毎日着物生活」始めます!

今回は、着物生活への思いを「ミニマルライフ」の視点から見ていきたいと思います。

<目次>

着物こそ、ミニマリストのための服

私は、以前から「着物こそミニマリストのための服」だと伝え続けています。
▶︎ミニマルライフになぜ着物?というアナタの疑問にお答えします。

一枚の着物を丁寧に着続け、世代を超えて受け継ぐ。
そこにあるのは何よりも「物を大切にする気持ち」です。

更に着物と帯の組み合わせで驚くほど表情を変えるので、少ない枚数でもじゅうぶん楽しめます

もっと言えば、着物を着ることで背筋が「しゃん」とし、心も整います

本当に大切な物だけに囲まれて心豊かな生活をしたい。
こう願うミニマリストにとっては、これ以上の服はないと思うのです。

最終目標は「洋服ゼロ」

そこまで言うんなら洋服なんていらないでしょ?
と言われるかもしれません。

でも・・・
ゴメンナサイ、まだ無理だー。
チキンです、ええチキンです。

最終的には「洋服ゼロ」にしたいとは思っているのですが、今のところはご勘弁を。
その代わりではありませんが、先日これだけ手放しました。
Tシャツ
カットソー2枚、Tシャツ1枚、ヒートテック1枚。
あと下着を1組。

こうやって徐々に減らしながら身軽になっていこうと思います。

着物の良さ、ミニマルライフの良さ、どちらも伝えていきたい

着物とミニマルライフ。
この2つはバラバラではなく密接につながっていると私は思っています。

着物が着たいけど敷居が高くて・・・。
そんな風に思っている方には着物の良さを。

ミニマルライフ?何それ?
そんな方にはミニマルライフの良さを。

どちらもうまく伝えていけたらいいな、と思います。

毎日着物生活、ずっと目指していたものの何かと理由をつけては先延ばしにしてきました。でもやっぱり着物が好き!普段着として着物が着たい!だからいよいよ「毎日着物生活」始めます! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


毎日着物生活。

ずっと目指していました。でも「目指していた」だけでした。

いよいよやります。始めます!


「毎日着物生活」を阻んでいたもの

私は以前から「いつか普段着として着物を着る生活をする!」と目指していました。

それでもなかなか踏み切れなかった理由は私の心の中にありました


①きちんと着なければ恥ずかしいと思っていた

「きちんと」と言うとすごく曖昧ですが、要は お手本通りにビシッと着こなさないといけない と思っていたのです。

そうでないと周りの人から「カッコ悪い」と思われる。

それは恥ずかしいから、もうちょっと上手に着れるようになってから。

そんな言い訳をして先送りをし続けていました。


②ルールを守らなければいけないと思っていた

「着物は敷居が高い」と思われる理由の一つが 「しきたりやルールがいっぱいありそう」 というものだと思います。

実際あるのですが(笑)、当の私も ルールは絶対守らなければならないんだ と思っていました。

そして「まだルールを全部知らないからまずはルールを勉強しよう」 とこれまた言い訳をしていました。


③目立ってしまうことへの抵抗

坊主頭が何を言うか(笑)。


いえ、でもですね。

今の土地に引っ越して約4ヶ月。

かつて住んでいた街と比べると人口も少ないです。

それに、着物はおろか洋服でも目立つ格好をしている人はいません。


坊主頭×着物って、目立ちすぎる。

本来目立ちたがりの私ですが、それでも抵抗がありました。


毎日着物を着ると決めた理由

数々の言い訳や抵抗はすべて自分で作り出したものです。

わかっていたのですが、それでもメンタルブロックを外すことができませんでした。

でも、先日ふと思ったのです。


着物も洋服も同じ「服」。もっともっと自由に着ればいいじゃない。


こう思った瞬間、私は 「着よう。毎日着物を着よう! 」とまさに立ち上がり、ババババッっと着替えました。
浴衣 後 TOP
浴衣ですけどね(笑)。


本来5月に浴衣はナシかもしれません。

でも、昔と今だと5月の気温は全然違います

着ても全然いいと思います。


つまりこういうことです。

細かいルール(ゴメンナサイ)に縛られて着ないより、失敗しても着た方がいい!

注意されたら「ありがとうございます」って言えばいい!

何より私は着物が好き!着物が着たい!



だから私はこれから着物を着よう!


そう決めました。


今、とてもワクワクしています

今の私は、久しぶりにテンションMAXまで振り切れてます(笑)。

それぐらい「着物生活」にワクワクしています。


ブログの軸はもちろんミニマルライフです。

でも私は「着物こそミニマリストのための服」だと思っているので、これから着物に関する記事も増やしていくつもりです。

どうぞ楽しみにしておいてくださいね!

子供の頃から箱根駅伝が大好きで欠かさず見ていました。こんにちは、坊主女です。今まさに帰省中の方、のんびり寝正月の方。そんなお正月の最中に当ブログにお越し下さり本当にありがとうございます。<目次>母からもらった着物で帰省 ミニマリストの帰省荷物はたったこれだ ... 続きを読む
子供の頃から箱根駅伝が大好きで欠かさず見ていました。
こんにちは、坊主女です。

今まさに帰省中の方、のんびり寝正月の方。
そんなお正月の最中に当ブログにお越し下さり本当にありがとうございます。

<目次>


母からもらった着物で帰省

今年は年明けすぐに主人の実家近くへ引っ越しをするため、そちらへは元旦にとんぼ返りで帰省してきました。
▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

反対に、引っ越しによって今まで近かった私の実家からは遠くなります。
そのため、私なりに親孝行のつもりで母から譲り受けた着物を着て帰省することにしました。

いわゆる「小紋」です。
IMG_3045
母の着物は「可愛らしい柄」が多いです。

遠目から見るとわかりませんが、ほら。
IMG_3062
ちょうちょがいっぱいいるんです。
私なら選ばない柄ですね~。

母の体型に合わせて作られているので、裄(ゆき、と読みます。背中の中心から袖口までの長さのこと)も短めだし、おはしょりもギリギリあるぐらいですが、問題なく着ることができました。

母、喜んでくれるかしら。

ミニマリストの帰省荷物はたったこれだけ

主人の仕事の都合もあるので帰省は一泊だけ。
さて、ミニマリストが着物で帰省すると荷物はどうなるか?

IMG_3060
ど~も~。伊勢丹の紙袋で~す(笑)。

大きさこんな感じで~す。
IMG_3061
ま、こうなりますよね。

着物は一晩干して翌日着ますから、必要なのは足袋など下着の替えぐらい。 
スキンケア用品ゼロ、ヘアケア用品ゼロ(坊主やしね)。
むしろ他に何が必要か教えてほしいぐらい。 

ほんと身軽で、ほんと楽ちん。

荷物の少なさは心を軽くし、行動を変える。

旅行の時に荷物が多いと、 荷造りの時点で疲れてしまったり旅の途中に行動を妨げてしまうことすらあります。
荷物が足を引っ張ってしまうんですよね。 

反対に、荷物が少ないと「行こう!」と思った時に動けますし、旅先でも身軽です。


旅の荷物だけではなく、家にある「物」も同じです。
物が少なくなれば気持ちに余裕ができて心が軽くなり、行動が変わってきます。 

行動が変わり、行動範囲が変われば出会う人も変わってきて、それは人生をも変えてしまうかもしれない。

実際にミニマルライフを始めてから、私の人生は大きく変わりました。
そしてこれからも、更に身軽に生きていくために物を手放していきたいと思います。

薄着なくせに、寒いのは嫌い。こんにちは、坊主女です。「着物って何枚も着るからあったかいんじゃないの?」そういうイメージを皆さんお持ちかと思います。私もそう思っていました。 <目次>思いのほか寒かった・・・ 防寒対策に購入した物 快適な着物ライフのために思い ... 続きを読む
薄着なくせに、寒いのは嫌い。
こんにちは、坊主女です。

「着物って何枚も着るからあったかいんじゃないの?」
そういうイメージを皆さんお持ちかと思います。
私もそう思っていました。 

<目次>

思いのほか寒かった・・・

pug-801826_640
年の瀬に着物でお出かけしたことを以前記事にしています。
▶ 今回の「着物でお出かけ」がなぜ注目の的だったのかというと。

その日は私の引きの強さ(笑)もあって、12月にしてはあり得ない暖かさでした。
ですが日が暮れだすと一気に冷え込み、寒いったらありゃしない!

着物はたしかに、
肌襦袢→長襦袢→着物→帯
と着ている枚数は多いです。

が。
袖口めちゃくちゃ開いてますよね。
すそも、開いてますよね。

寒気がそこから押し寄せてくるんですよ。
もう、すんごい寒くて。

こりゃいかん。防寒対策しなければ!
と慌てて考え始めました。

防寒対策に購入した物

元々羽織は持っていました。
それにショールとマフラーを足しましたが、まだ寒い。

そこで今回こういった物を購入してみました。
まずは肌着。
IMG_3035
東レさんが開発した「和装インナー ヒート+ふぃっと」です。
なんでも、舞妓さんたちの声から生まれたそうな(ほんまかいな)。
開けてみるとこんな感じです。
IMG_3038
一般的なヒートテックの下着などだと九分丈なので、袖口から見えてしまうんですよね。
こちらは七分丈なのでその点が安心。
素材も暖かめです(めっちゃあったかい!とは言い難いですが)。

やっぱり着物用、と思うのは首回り。
IMG_3041
これは後ろから撮った写真ですが、衣紋から見えないように襟元がかなり深くなっています。

この「ヒート+ふぃっと」は、七分丈パンツやワンピースタイプ、足袋インナーなども揃っています。
七分丈パンツはこちら
ワンピースタイプはこちら
足袋インナーはこちら

足袋インナーがあるのはわかっていたのですが、それだけでは寒いと思ってこちらを購入。
IMG_3043
五本指タイプのパンストです。

アツギ アスティーグ/ATSUGI ASTIGU【指】5本指 パンティストッキング

これなら普通にお店で売ってますからすぐに購入できます。

指先が若干気持ち悪いんですが、腰まですっぽり覆ってくれるので足袋インナーよりはいいかな、と思います。

快適な着物ライフのために

「着物を着る」というハードルすら高いと思われているのに、「暑い」だの「寒い」だの言われてしまっては着る気持ちが失せてしまいます。
それではあまりにももったいない。

もっと気軽に着物に接してもらいたいし、着る人が増えてほしいと私は思っています。

だからこそ、着物の良さを知ってもらうためにも
今後着物に関する情報をもっと発信していきたいと思います。