坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: ありがとうの奇跡

主人曰く「どこにいてもすぐわかる」らしい(坊主だから)。こんにちは、坊主女です。離れていても一緒に暮らしていても、家族というのはありがたく、そして時に煩わしさを感じてしまうもの。でも決して「いて当たり前」の存在じゃない。今回は自戒も込めた記事です。主人あ ... 続きを読む
主人曰く「どこにいてもすぐわかる」らしい(坊主だから)。
こんにちは、坊主女です。

離れていても一緒に暮らしていても、家族というのはありがたく、そして時に煩わしさを感じてしまうもの。

でも決して「いて当たり前」の存在じゃない。

今回は自戒も込めた記事です。

主人あっての私

主人が転職して入った会社は時折泊りがけの出張があります。

ちょうど先日も出張があり、私は一人で晩御飯を食べていました。

その時ふとこんなことを思ったのです。

ほんとそうなんです。

私が状況的に会社勤めをすることも可能なのに、家で好きなことをやらせてもらっている。

ましてや坊主頭も(なかば諦めつつも)理解してくれている。

それもこれも主人が一生懸命働いてくれて、受け入れてくれているからこそ。


この主人でないと今の私は成り立っていないのだろう、と心から思うのです。

家族がいることのありがたさ

親・兄弟姉妹・配偶者・子供・・・。

関係が近ければ近いほど、その存在は「いて当然」に感じられたり、家族ゆえの小言に反発すらしたくなる時もあります。

また時には家族に苛立ち、イライラをぶつけてしまうこともあるかもしれません。


でも、今自分がここにこうしていられるのは両親がいて、その先祖がいてくれたからこそ。

口やかましい家族も自分のことを思ってくれているからこそ。


何かあった時に支えてくれ、力になってくれるのはやっぱり家族。

そんな家族がいることは本当にありがたく、いて当然どころか奇跡的な出会いだと思うのです。

今日、家族に「ありがとう」を伝えてみよう

daisy-2313966_640
これだけ言っていても、家族に面と向かって「ありがとう」というのはなんだか照れ臭いんですよね(苦笑)。

でもやっぱり、言葉にしなきゃ伝わりません


私も主人に「ありがとう」を伝えます。

皆さんも、一番身近な家族にぜひ「ありがとう」を伝えてみてください。

来年のお正月は1万円札を入れてみようと思ってる。こんにちは、坊主女です。神社にお詣りに行った時、必ず入れる「お賽銭」。入れる金額については諸説ありますし、私もあまり知りません。ただ、私が実際にやっていて不思議な効果があったものをご紹介したいと思います。<目 ... 続きを読む
来年のお正月は1万円札を入れてみようと思ってる。
こんにちは、坊主女です。

神社にお詣りに行った時、必ず入れる「お賽銭」。
入れる金額については諸説ありますし、私もあまり知りません。

ただ、私が実際にやっていて不思議な効果があったものをご紹介したいと思います。

<目次>
hand-517114_640

お正月に「千円札」を入れて以来抵抗がなくなった

私は、子供の頃からずっと「お賽銭=小銭」でした。
大抵は「ご縁がありますように」と言いながら「5円」だけ。
よほど奮発しても「100円」が限界でした(それでも人生に数回)。

そんな私が、始めてお賽銭として「お札」を入れたのは、今年のお正月
この時は千円札を入れ、年始7日間で10万円以上(!!)の臨時収入がありました。

だからというわけではないのですが(ほんとか?)、「お賽銭にお札を入れる」ということにまったく抵抗がなくなってしまったのです。

毎月1日と15日に氏神様にお詣りする時も。
大きな神社でも小さな神社でも。

小銭入れを出すこともなく、お財布から新札の千円を取り出しお賽銭箱へ入れるようになりました。

臨時収入の額が本当に増えたんです!

理由はわかりません。
ただ事実として「増えた」のです、臨時収入の額が

思いもよらないところから突然だったり、時には現物支給だったり。
はたまた「買おう」と思っていた商品がとんでもなく安くなっていたり。

その度に私は、
これはきっと神様が何かしてくださったんだ、ありがたや〜
と手を合わせます。

本当にやっていることはそれだけです。
give-and-take-556151_640

金が欲しけりゃ金を出せ!

なんかトチ狂った強盗犯みたいなこと言ってますが(笑)、お賽銭の額と臨時収入の関係を考えているうちに思ったんです。

実際多くの本に書かれていますしね。
その中の一冊がこちら。

私が最近よくご紹介している本です。

この本の中で「ドSの宇宙さん」はお金についてこう言っています。
  • 宇宙は無限のエネルギー体
  • お金は、人の『感謝』や『愛』が形になったエネルギー体
  • エネルギーは停滞を好まず、流れて始めて活用できる
  • お金が欲しいなら、まずお金を払ってエネルギーを循環させなければいけない
つまり
「お金が欲しければ、まず自分から『感謝』しながら『愛』を乗せてお金を払うことが大切」
なのです。

最初はなかなかできないかもしれません。
でも、
「自分が放ったプラスのエネルギーは必ず自分に返ってくる」
と思えばできそうな気がしませんか?

是非一度やってみてください。
そして、「こんな臨時収入が!」「こんないいことが!」なんてことがあれば教えてくださいね!

「ありがとうマイスター」なんて言っちゃおうかしら。こんにちは、坊主女です。私は、以前から「ありがとう」の持つパワーのすごさを常々感じています。▶︎カテゴリー:ありがとうの奇跡そんな記事を読んだことのある方もない方も、内心はこんなことを思っていませんか?「 ... 続きを読む
「ありがとうマイスター」なんて言っちゃおうかしら。
こんにちは、坊主女です。

私は、以前から「ありがとう」の持つパワーのすごさを常々感じています。
▶︎カテゴリー:ありがとうの奇跡

そんな記事を読んだことのある方もない方も、内心はこんなことを思っていませんか?

「ありがとう」と毎日言うようにしているけれど、状況は変わらない。
「ありがとう」を言うぐらいじゃ何の効果もないんじゃないか。


わかります、わかります。
以前の私もそうでした。
でも、実はそう思われるのには理由があります。
ズバリ、「言い方」が間違っているんです!

そこで今回は、今まで私が実践してきたことを元に
「ありがとう」の効果を倍増させるとっておきのコツ
を読者の皆様だけに伝授します!

<目次>
thank-you-394180_640

コツ① 何が起こっても「ありがとう!」

人間、何かをしてもらったり良いことが起こった時には
「ありがとう」「ありがたい」
と自然に言えます。

では、自分にとって良くないこと
(例:犬のフンを踏む、会社をクビになるなど)
が起こった時はどうでしょう?
ほとんどの人はとっさに、

あ〜〜もう最悪!
なぜ私がこんな目に合わなければならないの!


と文句や不平不満を口にしてしまうはず。

これが!あなたを幸せから遠ざけてしまっているのです!


あなたに起こることは、すべてあなたにとって必要だから起こっています。
そのことに文句を言うなんて、神様に宣戦布告をしているのと同じこと。
ここでコツその1。

何が起こっても「ありがとう!」です。

犬のフンを踏んでも「ありがとう!」
会社をクビになっても「ありがとう!」
信号が赤ばかりでも、ゲリラ豪雨にあっても、病気になっても「ありがとう!」

理由なんかいりません(ここ大事)。
自分の身の周りに起こるどんな小さなことにも「ありがとう!」と言うことがコツです。

コツ② 頭が空いている時間はひたすら「ありがとう!」

「ありがとう」に効果があることはわかってる。
だから頑張って言い続けてるんだけど・・・


ダメダメ!この時点で「一発アウト!」です。

「けど・・・」の後ろに続くのは「効果がない」ですよね?
そう思ってしまった時点で効果がなくなるのは当たり前です。

恐ろしい事実ですが、思考は現実化します。
言葉にしなくても、頭の中で考えるだけでも、です。

とはいえ、思考をコントロールするのはたやすいことではありません。
そこでコツその2。

頭が空いた時間はひたすら「ありがとう!」です。

歩いている時、電車を待っている時、トイレにいる時、お風呂に入っている時。
人はけっこう「体は動いているけど頭は何も考えていない時間」が多いです。

頭が空いた!
そう気づいたら、ひたすら「ありがとう!」を言い続けることがコツです。

コツ③ 心が込められなくても「ありがとう!」

「ありがとう」は感謝の言葉。
だから心を込めなくちゃいけないんでしょ?それが難しいんだよね・・・。


そんなことはありません。
はっきり言って、心は込めなくてもいいんです!

本当に?と思われるかもしれませんが、本当です。
事実、私も最初は「ありがとう」という単語を「ただ」言い続けていただけでした。

「心を込めなきゃ」と思うからハードルが上がるんです。
そんなことで言わなくなるより、心を込めなくても言い続けた方がよほど効果があります。

心を込めるにこしたことはありません。
でも、躊躇するぐらいなら心を込められなくても「ありがとう!」を言うことがコツです。
thank-you-621061_640

3つのコツに共通する「あること」とは?

これまで紹介した3つのコツを読んで、
とりあえず「ありがとう!」って言ってればいいんでしょ?
と思った方も多いかと思うのです。

確かにその通り。
でも、それには理由があります。
「ありがとう」を言い続けることで不平不満を強制的に頭から排除できる
からなのです。

「ありがとう」にはもちろんパワーがあります。
それ以上に、「不平不満」には強烈な負のパワーがあります
そして、「不平不満」を言わない(思わない)ようにするのは本当に難しい。

だからこそ、不平不満を頭から排除するために「ありがとう」を言い続ける必要があるのです。
3つのコツはそのための方法でしかありません。

私は「ありがとう」を言い続けるようになってから、いろんなことがうまく回り始めました。
どうか、この記事を読んでくださった皆様にも良いことが起こりますように・・・。



怪しい者ではありません。こんにちは、坊主女です。「ありがとう」この言葉が持つ力のすごさは、今まで何度も記事にしてきました。▶︎カテゴリー:ありがとうの奇跡それでもまだ新たな発見があります。<目次>「ありがとう」の回数が2万回を超えました 自分に起こるすべて ... 続きを読む
怪しい者ではありません。
こんにちは、坊主女です。

「ありがとう」
この言葉が持つ力のすごさは、今まで何度も記事にしてきました。
▶︎カテゴリー:ありがとうの奇跡

それでもまだ新たな発見があります。

<目次>

「ありがとう」の回数が2万回を超えました

でもこれ、あくまでも指を折って数えた回数です。
実際はもっと言ってます、ただ数えていないだけで。
先日の「ありがとう」を言い続けた時も数えてませんし。
▶︎「ありがとう」が持つパワーのすごさを実感した話

特に最近は、布団に入ってから寝るまで「ありがとう」と繰り返しています。
元々寝つきが悪いのですが、「ありがとう」を言い始めてからすぐに眠れるようになりました。
思うに、羊を数えているのと同じ感覚なんだと思います(笑)。

それぐらい、「ありがとう」という言葉は心を込めなくてもいいものなのですが、言い続けるうちにある変化に気づいたのです。

自分に起こるすべてのことが「ありがたい」と思えるようになった

信じてもらわなくてもいいですよ(笑)。
でも本当なのです。

以前には、
ありがとうを言ったら、その数だけ脳が理由を探してくる
という記事も書きました。
▶︎「ありがとう」こそミニマルライフの本質だと思う

それもそうなのですが、今回はちょっと違います。
今までだったら「嫌だ」「辛い」と思ったことも「ありがたい」と思えるようになった
んです。
例えばこんな感じ。

欲しい本がどこへ行っても見つからない時に、
「これはもっといい本があるということなんだ。ありがたいなぁ」
と思った(実際見つかった)。

愛想の悪い店員さんに対応された時に、
「人の振り見て我が振り直せってことだな。ありがたい」
と思った。

部屋の窓に鳥のフンがついてた時に、
「ウン(運)がついてる!超ラッキー!ありがたい!」
と思った。
いやマジで↓。
鳥のフン

今までの私がこんな話を聞いたら、ぶっちゃけ
なーに偽善者ぶってんだろ
って心の中で思ってました。

でも、脳が勝手に変換するんです。
そうとしか言いようがないんです。

ただ、「ありがとう」を言い続けただけなのに。

面白いから言ってます

私は初めて小林正観さんの「ありがとうの神様」を読んだ時、
「ありがとう」の持つ力ってすごい!
もっとたくさんの人に知ってもらいたい!

と思い、それ以後何度も記事にしてきました。

でも今はあんまり思ってません。なぜなら私自身が、
「ありがとう」を言い続けて起こることが面白いから言っている状態になった
からです。

だって、科学的根拠もなければ数字で「バシッ」と正解を出せるものでもないので、私が何を言っても説得力がないのですよ(笑)。
だったら自分で楽しんで言っておこう。
面白いことがあったら報告しよう。
今はそう思っています。

次は5万回超えたら?それとも10万回超えたら?
何かが起こるかもしれません。
どうぞお楽しみに♪



今では無意識のうちに「ありがとう」を言うようになりました。 こんにちは、坊主女です。 私は以前から「ありがとう」の持つパワーのすごさについて記事にしています。 ▶︎参考カテゴリー:ありがとうの奇跡  スピリチュアルなことが苦手な方にはあまり受け入れてもらえ ... 続きを読む
今では無意識のうちに「ありがとう」を言うようになりました。
こんにちは、坊主女です。

私は以前から「ありがとう」の持つパワーのすごさについて記事にしています。
▶︎参考カテゴリー:ありがとうの奇跡 

スピリチュアルなことが苦手な方にはあまり受け入れてもらえないかもしれません。
それでも、私が「本当にすごい!」と思ったお話です。

<目次>

空いている時間に「ありがとう」を言い続けた1日

先日、いただいたコメントの中で紹介されていた1冊の本を読みました。
IMG_4233

それはちょうど緊急搬送の翌日。
何かに駆り立てられるようにこの本を購入し、一気に読了。

いろんな口ぐせが書いてあったのですが、やはり
「ありがとう」を言い続けることで奇跡が起きた
という話が書かれていました。

以前から小林正観さんの本を読んでいた私。
(「ありがとうの神様 」「ありがとうの奇跡 」など)
さらに、ただ生きていることに改めて感謝の気持ちを抱いた矢先のこと。

とにかく「ありがとう」を言い続けよう。
そこから私は怒涛のごとく「ありがとう」を言い始めました。

歩いている時、お風呂に入っている時、トイレにいる時(笑)。
体が何かをしていても、頭と口が空いていれば「ありがとう」は言えます。
そうやって呪文のように「ありがとう」を唱えながら、その日は眠りにつきました。

私に起こった驚きの変化

その夜枕元には・・・
なんてことはなく(笑)翌日普通に目が覚めたのですが、私には確実に変化が起こっていました。

それは主人と話していた時のこと。
いつもの世間話ぐらいのつもりで何気なく
「◯◯スーパーのレジ打ちが遅くって」
と言おうとした時に、脳にものすごい違和感を覚えたのです。

最初はわけがわからなかったのですが、すぐ
「あ、これは言っちゃいけない言葉なんだ」
と思って言うのをやめました。

その後色々考えてみたのですが、
「ありがとう」を言い続けることで脳が「極度の幸せ状態」になったのではないか。
だから「不平不満」を思い浮かべた時に拒絶反応が起こったのでは?

という結論に至りました。

根拠はありません。
そう考えるのが妥当だと思うだけです。

ただ、それ以降も同じ状態が続いています。
そしていつのまにか、「違和感を感じた言葉=不平不満」を言わなくなったのです!

無意識のうちに言ってしまう人にやってみてほしい

言うつもりもないのに言ってしまった。
そもそも言ったことすら気づいていない。 

不平不満や愚痴の多くは「無意識のうちに」言っていると思います。
だから厄介なのです。

でも私は「ありがとう」を言い続けた結果、 「違和感」という「意識」として捉えることができるようになりました。

不平不満を言わず、幸せな言葉だけを使いたいのについつい言ってしまう。

そんな方は是非一度「ありがとう」を言い続けてみてください。
不平不満が頭から消える瞬間がきっと訪れます。


ブログを読んでくださってる皆様には「感謝」しかありません。こんにちは、坊主女です。私は、毎月1日と15日に氏神様にお詣りに行っています。▶︎毎日1日と15日。伝えるのは「感謝の気持ち」です。 お詣りの際には手を合わせ、神様への感謝の気持ちを伝えています。そんな ... 続きを読む
ブログを読んでくださってる皆様には「感謝」しかありません。
こんにちは、坊主女です。

私は、毎月1日と15日に氏神様にお詣りに行っています。
▶︎毎日1日と15日。伝えるのは「感謝の気持ち」です。 

お詣りの際には手を合わせ、神様への感謝の気持ちを伝えています。
そんな風に手を合わせて感謝する機会は、日常生活ではあまりないと思っていたのですが・・・。

<目次>

手を合わせていることすら忘れていたなんて!

多くの人が、食事の前には「いただきます」と手を合わせ、食事の後には「ごちそうさま」と手を合わせていると思います。

私もそうやって食事ごとに手を合わせていたのですが、ただの習慣になっていました。
だからその行為に「感謝の気持ち」 はこもらず、手を合わせていることすら忘れていたのです。

そんな先日、いつものように朝食前に「いただきます」と手を合わせた時のこと。
突然胸にある思いが込み上げて来ました。

あぁ、私は生きている、生かされている!
なんとありがたいことなんだろう!
なんと幸せなことなんだろう!


その時初めて、自分が日常生活で何度も手を合わせていたことに気づきました。
そして改めて思いました。

手を合わせて感謝すると、より「生かされている」ことに気づく

これは実際やってみてもらいたいのですが、
  • ただ単に「ありがとうございます」と言った時
  • 手を合わせて「ありがとうございます」 と言った時
全然感じ方が違うと思いませんか?

おそらくほとんどの方が、
「手を合わせた時」の方がより「ありがたい」と思った
とお答えになると思います。

その「ありがたい」という気持ちは、何かの行為や善意に対してではなく
生かされていることへの感謝の気持ち
ではないかと思うのです。

この世に生まれて来たこと、生きていること。
それは自分一人の力では決してなく、周りやもっと大きな存在に生かされているからこそ。

そのことに気づき、「ありがたい」と自然に思えるようになる。
「手を合わす」という行為にはそんな力があるのではないかと思うのです。
guardian-deity-of-children-1759508_640

特別なことはしなくていい

手を合わせるのは神様や仏様の前だけ。
手を合わせるのは特別な行為。
神棚や仏壇のない現代の家ではなかなか機会がない。

私は心のどこかでこう思っていました。
でも実は、日々の暮らしの中で当たり前に手を合わせていました。
そして、日々を無事に暮らせることこそが何よりありがたいのだと気づきました。

もしあなたが食事の前後に手を合わせていないなら。
是非一度、「いただきます」と言いながらゆっくり手を合わせてみてください。

きっと心に感謝の気持ちがあふれ、幸せを感じることができるはずです。

冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。こんにちは、坊主女です。 今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。 氏神様へのお詣り私は特に信心深い方ではありません。 神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした ... 続きを読む
冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。
こんにちは、坊主女です。

今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。

氏神様へのお詣り

私は特に信心深い方ではありません。
神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした。

ですが、今の土地へ引っ越すときにふと
この地域の氏神様ってどこにあるんだろう
と気になったのです。 

まったくの新参者なんだからきちんと挨拶しておいたほうがいい、
と何かが教えてくれたのかもしれません。 

そうやって調べた氏神様に、引っ越してからすぐにお詣りしました。
それ以後「行かなければ」というより、不思議と「行きたい」と思うようになり
1日と15日には欠かさずお詣りに行っています。

伝えるのは「感謝」の気持ち

神社といえば、今ではすっかり「お願いごと」をする場所になっていますが、
実は元々は「感謝」をしに行く場所です。

今日まで無事生きてこれたこと
日々健康で暮らせていること
こうやって自分の足でお詣りに来れたこと

そういった「生かされていることそのもの」に感謝するのです。

とはいうものの、最初の頃はつい「お願い」しそうになっていました。
それでも何度か通ううちに、自然と「感謝」の気持ちが湧いてくるようになりました。

幸いなことに神主さんもいないような小さな神社なので、神様を独り占め(笑)。
たっぷりと時間をかけ、日々の感謝を伝えることができます。

そうやってお詣りを終えると、心が穏やかになっていることに気づきます。
呼吸が深くなっていることに気づきます。

そんな効果を感じ、また感謝の気持ちで神社を後にします。

なんでもない日に、お詣りに行ってみませんか?

近所に神社がない、氏神様がわからない。
そんな方も多くいらっしゃるかもしれません。
(こちらで聞けば氏神様はわかるようです→神社庁一覧
また、「わざわざお詣りするなんて」という考えもあるでしょう。

ですが、日常生活で「ありがとう」と言ったり感謝の気持ちを持つことはあっても、
手を合わせることはなかなかありません。

神社へいけば自然と手を合わせます。
手を合わせると、日々への感謝の気持ちがより強くなります。

別に決まった日でなくてもいいんです。
「ちょっと行ってみようかな」
そう思った日に一度お詣りし、感謝の気持ちを伝えてみてください。

心が温かく、穏やかに気持ちになれますよ。


こんにちは、坊主女です。「ありがとう」って本当にすごい言葉です。そのことをここ数日で再確認しています。「ありがとう」を言い続けて起こったこと先日、思うところがあり小林正観さんの「ありがとうの神様」を改めて読み返しました。ありがとうの神様posted with ヨメレ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

「ありがとう」って本当にすごい言葉です。
そのことをここ数日で再確認しています。

「ありがとう」を言い続けて起こったこと

先日、思うところがあり小林正観さんの「ありがとうの神様」を改めて読み返しました。

この本を読むと「ありがとう」を言わずにはおれなくなります。
読んでいる途中から頭の中は「ありがとう」だらけだったのですが、一つ「やってみよう」と思うフレーズに出会いました。
朝起きて「ありがとう」を100回言うと、
脳は「ありがとう」と言いたくなる現象を100個探そうとする
要は、脳が「不安定な状態」になってしまうらしいのです。
「ありがとうをいう理由がないのになんで言ってるの?探さなきゃ」
という感じ。

目覚めてすぐではありませんでしたが、やってみました。
100回で止まらなかったので頭の中で言い続けました。

そしたら・・・すごいんですよ、脳って。
本当に、次から次へと見つけてきたんです。

住める家があること
主人が元気でいること
美味しいコーヒーが飲めること
空が綺麗なこと
生きていること
・・・・・

とにかく、何から何まで「ありがとう」の理由になったんです。
そんな風に思えたら、また嬉しくて「ありがとう」。
そしていつの間にか、顔まで笑顔になっていました。

「ありがとう」こそミニマルライフの本質では?

そうやって「ありがとう」を言い続けながら、ふと思ったんです。

「ありがとう」こそミニマルライフの本質なんじゃないかな、って。

取っかかりこそ「物を減らす」ですが、その先にあるのは
「この世に生きていることへの感謝」であり、「身の回りにある物への感謝」
だと思うのです。

さらに、私は今まで多くの物を手放してきましたが、
「ありがとう」を言わずに手放した物は一つもありません。
手放す時にしか言えなかったのは申し訳ないと思います。
でも、手放すことで気づけた「ありがとう」だとも思います。

ミニマルライフ=物を粗末にする
じゃない。
「ありがとう」に気づく、「ありがとう」を感じるのがミニマルライフ。

そんな風に思ったのです。

まずは「ありがとう」と言ってみる

thank-you-2011012_640
今この記事を書きながらも、私の頭の中は「ありがとう」がグルグル回っています。 

正観さんによると、
「ありがとう」を言う時に心は込めなくていい
んだそうです。
実際、私もとりあえず言い続けたら後から「ありがとうの理由」がやってきました。

あと、これは私が気づいたことなんですが・・・
「ありがとう」を言っていると、心があったかく、優しくなる
んです、ほんとに。

だからミニマルライフとか小難しいこと考えずに(笑)、
まずは「ありがとう」と言ってみてほしいなぁって思います。 


私は元々ツイてます。こんにちは、坊主女です。お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。<目次>主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた 主人がツキまくり始めた! <最後に>「ツイ ... 続きを読む
私は元々ツイてます。
こんにちは、坊主女です。

お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。

<目次>

主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた

お賽銭として千円札を入れることは、主人には事前に話したりしていませんでした。
ですが、私が千円札を入れようとすると

俺もやる

と、私より先にお賽銭箱に投入してたんですよね。

元々主人はこういうお金の使い方をする人ではあります。
ゲンを担ぐというか、「運の流れ」を気にする人です。

ですが、常々私が思っていたのは
運の流れを気にするわりに、自分で運の流れを止めてしまっている
ということ。 

文句言いなんですよ、要するに。
私は他人の文句を言うのも聞くのも大嫌いなのですが、しょっちゅう文句言ってます。
もったいないなぁってずっと思っていました。

主人がツキまくり始めた!

girl-1339685_640
運の流れを自分で止めていた主人。
でも、千円札をお賽銭として入れたあと、ふと

今年はなんだかいい一年になりそうだ

って言ったんです。 
私もそれに乗っかって、「うんうん、きっといい一年になるよ!」って洗脳(笑)し続けました。
そうしたら、今までの運のなさがひっくり返ったかのようにツキ始めたんです!
  • おみくじで「大吉」を引いた(本人曰く30年ぶり)
  • 出るはずのなかった冬季賞与が出た
  • 急きょ仕事の日程が変わったおかげで雨の日に外出しなくて良くなった
  • 食べたかった物が安くで食べられた
  • やたらと「ラスト1個」を手に入れてくる
  • ずっと探していた本が小さな本屋さんで見つかる
  • 行きたかった展覧会が引っ越し先で引っ越し後すぐに開催
「ツキ」だけでいうと、主人の方がツキまくってます。
本人は不思議がっていますが、私は「お賽銭チャレンジ」のおかげだと確信しています。

そして、こういった話を聞くたびに私も
すごいね!ツイてるね!ありがたいね!
とオーバーすぎるぐらいオーバーに連呼し、主人に
「自分はツイてる人間なんだ」
と思い込ませるようにしているので、これからもますますツイていくと思います。

<最後に>「ツイてる」と思えるようになった人が「ツイてる」人

例えば、傘をさしている時にその傘にハトのフンが落ちて来たらどう思いますか?

もう!この傘使えないじゃない!ツイてないわ!
傘をさしていたおかげで一張羅にフンがつかなかった。ツイてる!

そうなんです、起こった物事は一緒でも、それをどう受け止めるかだけなんです。

これはツキに限った話ではなく、身の回りに起こるすべてのことについて言えます。
それなら、(多少強引でも)いい風に物事をとらえた方がいいに決まっています。

このように思考を選択しているうちに、プラスにしか物事を考えられなくなり、
いつのまにかいい事しか起こらなくなってきます。

だまされたと思って是非やってほしいです。
人生、変わりますから、ほんとに。

こいつぁ春から縁起がいい! こんにちは、坊主女です。 我ながら本当に驚いています。 本当に、7日間(正確には4日間)で10万以上の臨時収入が飛び込んできました! まったくの想定外、天から降ってきたとしか思えないお金に感謝しかありません。 いったい何をやったの? ... 続きを読む
こいつぁ春から縁起がいい!
こんにちは、坊主女です。

我ながら本当に驚いています。
本当に、7日間(正確には4日間)で10万以上の臨時収入が飛び込んできました!
まったくの想定外、天から降ってきたとしか思えないお金に感謝しかありません。

いったい何をやったの?
と気になりませんか?(なりませんか、そうですか・・・)

ならなくても(ええんかい)、私がやった「2つのこと」をお話したいと思います。

<目次>

一、初詣のお賽銭で「千円札」を入れた

これは超人気ブロガーであるハピコさんが、ご自身のブログ「のんびり楽しく貯金」の中で「今年の初詣で挑戦する!」とおっしゃっていたんです。
初詣で「小銭ではなく、お札を入れる」ことに挑戦する。:のんびり楽しく貯金

それを読んで
私もやる!
と決めていました。

当日、そんな大金をお賽銭箱に入れたことがない私は参道あたりからソワソワ(笑)。

よし、入れるぞ!
と思った時、それを見ていた主人が
俺もやる!
と先に千円札を投げ入れました(ハピコさんのご主人と一緒だわ♪)。

慌てて私も千円札を投げ入れ、昨年一年の感謝を伝えて神社を後にしました。


そのまま私の実家へと帰省して一泊。
翌日の朝、母に手招きされると・・・

「これで何か美味しいものでも食べなさい」
とお年玉(?)をもらってしまいました。
大の大人が申し訳ないと思いつつ、感謝感謝で受け取りました。

母そしてハピコさん、本当にありがとうございます!

二、公共のトイレを「素手」で磨いた

私の家にトイレブラシはまだありますが、毎日の掃除はすべて「素手」でしています。
▶毎朝15分の掃除で一日のスタートを気持ちよく。
▶ミニマリストだけど、私の家にあるもの3つ。

トイレ掃除をするとお金が貯まる。
自宅以外のトイレを掃除したらさらにゼロの数が増える。
小林正観さんが著書「ありがとうの神様 」でこう仰っていたことはずっと頭に残っていました。

ありがとうの神様
 
[著:小林正観]
楽天ブックスはこちら  

残ってはいたんですが、そりゃゼロの数が1つ増えるのは嬉しいけど、さすがによそ様の便器に手は突っ込めないわ・・・とずっと思っていたんです。 

ところが正月休みも明けて、立ち寄ったスーパーでお手洗いをお借りしたのですが、便器にすごく気になる汚れがあったんです。

トイレブラシもない、でもすごく気になる。
どうしよう、どうしよう・・・。

・・・。

ええい!

と便器に手を突っ込んでその汚れを取りました。
お札をお賽銭箱に投げ入れるよりはるかに勇気がいりましたが、汚れが取れてとても気持ちが良くなり、清々しい気持ちで家に帰りました。


そしてまた翌日。
何気なく銀行口座を確認すると、主人の職場から見覚えのない金額の振込みが。

確かに年末調整で還付はされるはずだけど、こんなに多い額じゃないし・・・
と思って帰宅した主人に確認すると、

特別にボーナスを出してくれたらしい

なんて言うじゃないですか!
あと数日で辞める人間に、しかも時期でもないのに、さらに出るはずじゃなかったのに!!!

ボーナスを頂けたことはもちろん嬉しかったですが、
主人の頑張りを評価して頂けたことがもっと嬉しくて、手を合わせて感謝しました。

主人そして職場にまたまた感謝です!

<最後に>お金の流れを、止めない。

年始からお金に関する記事を続けて更新していましたが、こういうことがあったからなんです。
そして、改めて思いました。

手に入れたいなら、手放すべきだ
、と(もちろんトイレ掃除も大事!です)。

お金も運もご縁も、独り占めして囲い込んでしまってはそれ以上のものは得られない。
感謝の気持ちを込めてそれらを手放せば、必ずより大きなものが手に入る。

やっぱり今年は「循環」の一年になるのだなぁと確信しています。
そしてもちろん、読者の皆様にも何かを「循環」させていけたら・・・と思っています。

奇跡はいつも想像の斜め上からやってくる。 こんにちは、坊主女です。 先日起こった、嘘みたいな本当のお話です。 機種変更に行ったその場で奇跡は起きました もう1か月ほど前の話になりますが、主人のiPhoneが突然壊れました。 その時はショップで見てもらっても何をして ... 続きを読む
奇跡はいつも想像の斜め上からやってくる。
こんにちは、坊主女です。


先日起こった、嘘みたいな本当のお話です。

機種変更に行ったその場で奇跡は起きました

もう1か月ほど前の話になりますが、主人のiPhoneが突然壊れました

その時はショップで見てもらっても何をしてもうんともすんとも言わず、これは機種変更しかないな・・・と諦めていました。

ただ、一緒にショップに行ける日が合わず、やっと先日機種変更に出向いたのです。


プランもOK、機種も確保、さていよいよ手続きという段階になって「古い方の機種の処分をどうするか」という話になりました。

処分するには初期化が必要とのこと。1か月以上入れていなかった電源を入れ、操作を進めていくと・・・。


あれ?正常に動いてるやん!!
 

壊れたと思っていた物が、絶対に元に戻らないと思っていた物が、動き出した!!

私たち夫婦も、ショップのお姉さんも一瞬訳が分からなくて混乱してしまいました(笑)。

この後、主人が「動くならそのまま使う」と言ってくれたため、機種変更に伴う費用(10万円以上!)浮くことになりました。

トイレの神様に感謝!感謝!

なぜここで「トイレの神様」に感謝することになったかというと・・・。


私は毎朝のトイレ掃除を習慣にしています

それは、小林正観さんの「ありがとうの神様」を読んだことがきっかけでした。
ありがとうの神様

「トイレ掃除をするとお金が貯まる」というのはすっかり有名になった感がありますが、正観さんは「トイレ掃除をするとお金の心配がなくなる」と多くの本に書いていらっしゃいます。

もちろん、トイレが常に清潔だと気持ちもいいですし、ずっと続けています。


実際に驚く臨時収入があった時もありましたが、最近つくづく思うのは

余計な出費が減った

ということです。


今回の携帯電話の一件でもそうですが、欲しいと思っていた物が思わぬ値段で購入できたり、かかるはずの交通費が丸々浮いたり、そういったことが多々あります。

その度に私は便器に向かって手を合わせて「ありがとうございます」って言ってます(笑)。

やらなきゃ何も変わらない。だったらやってみよう!

本当にトイレ掃除をするとお金が貯まるのか?

そんなことを考えていたらいつまでたってもできません。
 

掃除は誰の力も借りず、お金もかけず、すぐに始められます

さらに綺麗になって気分も爽快になります。

それだけでも十分すぎる効果があります。

 

掃除だけではなく、断捨離だってなんだって、ぐずぐず言っていても仕方ありません。

やらないと何も変わらない。だったらとにかく始めてみませんか?

愛と勇気だけが友達だったらつまらない。こんにちは、坊主女です。 夢や希望、みなさんにはありますか? ずっと「やりたいこと」を探していた気がします。思えば小さい頃からずっとそうでした。 やりたいことを探し、それに向かって努力する。無目的にダラダラ生きるのはダ ... 続きを読む
愛と勇気だけが友達だったらつまらない。
こんにちは、坊主女です。

夢や希望、みなさんにはありますか?
woman-1801830_1280

ずっと「やりたいこと」を探していた気がします。

思えば小さい頃からずっとそうでした。

やりたいことを探し、それに向かって努力する。
無目的にダラダラ生きるのはダメな人間なのだ、という思い込みがとても強かったように思います。

そういった教育のせい?親にそう言われ続けた?

今となってはどうでもいいのですが、その時々でやりたいことを探してはその目標に向けて頑張ってきました。
その時は本当にやりたいことであり、それを続けるのが楽しくもあったことも沢山あります。

でも、気づきました。

やりたいことを探しては目指す、その生き方は現状に満足していない生き方で、今の幸せに目を向けず、もっともっとと求める生き方だったと。
 

夢や希望は必要ない、という衝撃的な言葉で目が覚めた。

そのことを気づかせてくれたのは、小林正観さんの「ありがとうの神様」という本です。


正観さんはこの本の中で次のようなことをおっしゃっています。

幸せとは、夢や希望を持ってそこへ向かっての努力や頑張りで得られるものではない。
それは、「自分は今幸せではないから、もっともっと!」と言っているようなもの。
幸せは既にこの手の中にある。
そのことに気づけば夢や希望は必要ない。


ガツン!と頭を殴られた気がしました。
まさに私のことだ、と思いました。

やりたいことという「夢や希望」を追いかけ続けていた私は、「今ここにある幸せ」に気づいていなかったんだ、だからずっとしんどかったんだと。

ですが、最近の記事でも再三書いているように、私は日々幸せを感じています。

健康でいられること、家族がいてくれること、ブログが書けること。
毎日が幸せで、満たされている。周りの人々に支えて頂いている。

だったらもう「やりたいこと」なんて探さなくてもじゅうぶんじゃないか。
それよりも、「私にできること」をしていった方が更に私も周りも幸せになるんじゃないか
そう思うようになりました。

「できること」は日々の暮らしの中で探していきたい。

garbage-can-1423840_1280
とはいえ、「私にできること」を大げさには考えていません。

世界平和も願おうと思えば願えるしそれは確かに「私にできること」ではありますが、ちょっと違います。

そうではなくて、「ゴミを拾う」とか「口に出して『ありがとう』を伝える」とか、そういうことからでいいと思っています。

小さなことの積み重ねが、どこかにつながっていくのだと思いますし、その流れに身を任せようと思うようになりました。

幸せは、既に今この手の中にある。
そのことを常に心に留めて、「今、私にできること」を一つずつやっていきたいと思います。


声が低いので、「奇跡の地球(ほし)」を男性とデュエットするとカッコよく仕上がります。 こんにちは、坊主女です。   うつ病になって以来、どうしても病気に関する記事が多くなっていますが、今日はどうしても皆様にお伝えしたいことがあります。 私、うつ病になって ... 続きを読む
声が低いので、「奇跡の地球(ほし)」を男性とデュエットするとカッコよく仕上がります。

こんにちは、坊主女です。

 

うつ病になって以来、どうしても病気に関する記事が多くなっていますが、今日はどうしても皆様にお伝えしたいことがあります。

letters-1390463_1280

私、うつ病になって本当に良かった


うつ病を発症してからいろんな記事を書きました。そして、その多くは「感謝」の気持ちを綴っていました。

 

迷惑をかけても許してくれる人たちがいることへの感謝

健康で暮らせることへの感謝

毎日の食事を美味しく頂けることへの感謝

 

それ以外にも沢山記事にしましたが、このように日々の「当たり前のこと」への感謝ばかりで毎日を過ごす中で、ある一つの思いが沸きあがってきました。

 

私、うつ病になって本当に良かったなぁ。

 

綺麗事でもなんでもなく、心からそう思うのです。

病気にならずに今まで通り突っ走って生きていたら、周りのことも見えなくなっていたし、今ある物で満足できなくなっていたかもしれません。

何より、「当たり前のことがどれほどありがたいことか」ということには気づいていなかったと思います。

こういったことに気づくために、きっと神様が私をうつ病にしてくれたんだ、なんてありがたいことなんだろう!と思うようになりました。

 

このように心の底から思えた時、あり得ないことが起こったのです。

 

体調がみるみるうちに回復してきた!


そんなことあるわけないでしょ!と信じて頂けなくてもけっこうです。

むしろ私自身が一番信じられていませんし、「一時的なものだろう」「またきっと調子が悪くなるだろう」などとと思ってしばらく記事にしなかったぐらいです。

 

ですが、数日間様子を見ても変わらず調子がいいのです。

以前は不安に心を支配されて苦しいばかりだったのがなくなり、無気力だったのが「何かしたい、どこかへ行きたい」と思うようになり、料理も楽しくなればブログも難なく書けるようになってきました。

調子が良くなって嬉しい!と言うより、まだ自分自身不思議な感覚でいますが、事実であることに変わりはありません。

 

なぜ突然こんなことが起こったのかなぁ、と思っていたのですが、小林正観さんの「ありがとうの神様」に同じようなことが書いてありました。



ありがとうの神様

[著:小林正観]
楽天ブックスはこちら


末期ガンから自然治癒した方がいらっしゃいますが、その方たちの共通点は、

ガンになって良かった」と心から感謝していたこと

なのだそうです。ガンになったから出来た経験がある、会えた仲間がいる。そんな経験や出会いをもたらしてくれたガンに心から感謝していると、自然とガンが癒えたというのです。

 

私はガンのような大病ではありませんが、同じようにうつ病になったからこそわかったこと、出来た経験、感じられた思いがあり、だからこそ「うつ病になって良かった」と心から思えました。

それが、今回の体調の著しい回復につながったのだと思います。

 

これからも、奢らず、謙虚に感謝の気持ちを持ち続けたい


heart-471783_1920

元気になったからと言って大切な経験を忘れてしまっては意味がありません。神様はきっと怒ってもっと重い病気を私にもたらすでしょう。

体調がいいからと言って調子に乗らず、いつまでも謙虚に、「当たり前のこと」への感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたいと思います。

 

最後になりましたが、このブログを読んでくださっている皆様にも感謝したいです。

ブログをお休みする時に励ましのコメントを頂いたり、戻ってきた時には喜んで頂いたり、何より「読んで頂けること」そのものが本当にありがたいです。

また調子に乗っていたら「喝!」の一つも入れてください。

 

これからもどうぞよろしくお願いします。