坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: 掃除×ミニマリスト

部屋は心の鏡とはよく言いますが、部屋の掃除は心の掃除でもあります。部屋を掃除すれば心もスッキリ。心地よい暮らしのために積極的に掃除をしたいものです。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってから掃除が大好きになりました。

なぜならスッキリした部屋の気持ち良さに気づいてしまったから。

ところが先日こんなことがありました。


あれ?掃除しているはずなのに・・・

pforphoto-1928744_640
私はトイレやお風呂は毎日掃除していますし、部屋も定期的に雑巾掛けをしています。

これはもう歯磨きレベルのもの。しないと気持ち悪いのです。

そして私は心のどこかで「毎日掃除している=キレイだ」と思っていました。


そんなある日、何気なく部屋を見渡した時にあることを感じました。

なんか、キレイじゃない。

一見すると物も少ないし「なんとなくキレイ」なのです。

でも違う。何かが違う。なんか澱んでる!

半狂乱になった私、一目散に掃除用具を取りに走りました。


一心不乱に掃除したら

そこから2時間、私は一心不乱に掃除しました。

ほんと、特別汚い場所はどこもなかったんです。

どこもそれなりに綺麗だったのですが「澱んでる感」がどうしても拭えず、ひたすら雑巾掛け。


そうやって掃除を終え、やっと「綺麗になった!」と部屋を見回した時、私にはある変化が起こっていました。

心がとてもスッキリしていたのです。

なぜだろうと思った時、一冊の本を思い出しました。


持たないという幸せ

枡野俊明さんは曹洞宗のお寺の住職であり庭園デザイナーでもある方。著書もたくさんあります。

この「持たないという幸せ」という本の中で枡野さんはこのようにおっしゃっています。

自分が身を置く空間の掃除は、文字通り、心の掃除でもあるのです。

禅の教えでは「一掃除、二信心」と言うぐらい、仏を信じる心よりもさらに大切なのが掃除と位置付けられているそう。


掃き掃除をすることは自分の心を掃き清めること。

床を磨くのは自分の心を磨くこと。



あぁ、だから私は部屋の掃除をすることで心がスッキリしたのだ、とわかりました。


部屋は心の鏡

mirror-2085193_640
部屋が散らかっているのはわかっているけど忙しいし。

ちょっとぐらい掃除しなくたって病気になるわけじゃない。


私たちは何かと言い訳をして掃除を後回しにしてしまいがちです。

掃除が好きな私だって、時には「なんだか気が乗らない」と思うことがあります。


でもそれは心が乱れたまま放っておくことであり、心にたまった塵や埃をそのままにしているということ。


部屋は心の鏡と言います。

部屋がなんだか綺麗じゃない。そんな時は心に埃がたまっているのかもしれません。

部屋を丁寧に掃除し、心の埃まで払ってしまいましょう。

素手でトイレ掃除を始めて約1年。私には多くの変化が訪れました。お金、心、どれもこれもすばらしい変化ばかりです。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


我が家にトイレブラシはありますが、私が毎朝トイレ掃除する時は素手で掃除しています。

もちろん便器の奥まで手を突っ込み、便器の裏側を爪でコリコリしています。

えぇぇ!そんなこと絶対できない!
と思った人。是非ここから先を読んでください。


始めたきっかけは不純だった

私が生まれて初めて便器を素手で掃除したのは、この一件がきっかけでした。

まさに坊主頭にしたその日の朝だったんですよね。

実はこの数日前、私はある本を読んでいました。

小林正観さんはズバリ、トイレ掃除をするとお金が貯まると仰っている方です。

それも邪心や下心アリアリ、損得勘定100%でもいいとまで仰っているのです。

この時点で「それじゃあやろうかな」って思いますよね(笑)。


でもこれだけじゃないんです。

素手で掃除すると『0』の数が一つ増え、
便器に手を突っ込んで掃除するとさらに『0』の数が増える


って仰ってるんですよ!しかも実例たっぷり!


この時すでにミニマルライフに突入し、掃除好きになっていた私。

しかもお金が貯まるんならやってみようじゃないの!

実はそんな不純さ100%(笑)の動機で素手でのトイレ掃除を始めたんですよね。

そして本当に驚くほどの臨時収入があり、すっかり病みつきになって今に至ります。


約1年間素手でのトイレ掃除を続けて思うこと

今ではすっかり当たり前になってしまった素手でのトイレ掃除ですが、改めて考えてみると私自身に色々な変化があったことに気づきます。

①どこでも掃除できるようになった

便器に手を突っ込めたら「汚れ」に対するハードルはほぼゼロになります。

そのため私は、外出先のトイレでも汚れていれば掃除します。

また、かつては嫌で放置していたお風呂や洗濯機の排水口(ドロドロ)も一気に綺麗にしました。


いわゆる「汚いところ」の掃除に抵抗がなくなり、部屋全体の綺麗さまで上がったというわけです。


②不思議とお金に困らなくなった

素手でトイレ掃除を始めてからしょっちゅう臨時収入があるというわけではありません。

ただ、感覚的なものなのですが「お金が減らない」と感じます。
  • 買わなければならなかったものが激安で売っていた
  • 払うはずだったお金を払わなくてよくなった
  • 一旦払ったお金が戻ってきた
こういうことがすごく増えました。


そういったことがあるたびに私はトイレの神様に手を合わせています。

トイレのここにね、いらっしゃるのです神様が。
IMG_3214 (1)

拡大するとこう。
IMG_3213 (1)
烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)とおっしゃるトイレの神様です。
雑誌の付録としてついていたものです(笑)。

こちらにお礼を言っています。

③自然と感謝の気持ちが湧き上がるようになった

始めは下心100%で始めた素手でのトイレ掃除なのですが、一番の変化は実はこれだと思います。


トイレ掃除って本当に不思議なんです。

掃除し始めると心がすーっと静まって、心が洗われていくような気持ちになるのです。

そしてトイレ掃除を終えると、自然と感謝の気持ちが湧き上がるのです。


今朝も起きられたこと。
この世に生きていること。
幸せであること。


自分でそう思おうと思ってなるわけではなく、本当に自然とそう思えるのです。

だからまた、私は先ほどのトイレの神様にお礼を言うのです。


トイレを掃除すれば暮らしが変わる

じゃあ素手でやってみて!

といきなり言われてもそう簡単にできるものではないと思います。

でもトイレブラシや雑巾を使い、トイレを綺麗にすることはできるはず。


私の実感として言えることですが、どの部屋よりもまずトイレを綺麗にすると暮らしが変わります

是非一度、トイレをピカピカに磨いてあげてください。

きっとあなたの元に幸せが訪れるに違いありません。



☆トイレで一番汚いところって知ってますか?その簡単お掃除方法はこちら☆

風紀委員だけにはなりたくありませんでした。こんにちは、坊主女です。「服装の乱れは心の乱れ」なんて、昔風紀の先生に言われたような(風紀って今もあるのかしら)。その頃は反発していたけれど、今ならこう思います。部屋の乱れは心の乱れ、だと。<目次>心も体も乱れた ... 続きを読む
風紀委員だけにはなりたくありませんでした。
こんにちは、坊主女です。

「服装の乱れは心の乱れ」
なんて、昔風紀の先生に言われたような(風紀って今もあるのかしら)。
その頃は反発していたけれど、今ならこう思います。

部屋の乱れは心の乱れ、だと。

<目次>

心も体も乱れた結果

4月に入り、悩む時間が増えたと思ったら体調不良、という日々が続いていました。
そんな中でも定期的に部屋の掃除はしていました。
・・・していたつもりでした。

ふと気づくとあそこにもここにもチリやホコリが。
IMG_4154 IMG_4152
わかりにくいかもしれませんが、いたるところにありました。

決して掃除をしていなかったわけではないのです。
でもきっと心ここに在らずだったんだろうな。
そして、汚れが目に入っていても気づかないぐらい手一杯だったんだろうな。

そんな風に思い、いつも以上に丁寧に、心を込めて部屋中を掃除しました。
IMG_4155 IMG_4157
綺麗になってスッキリ、です。

なぜ心が乱れると部屋が乱れるのか

心が乱れている状態とは、悩み事があったり物事がうまく行っていない状態。
そんな時って、どうしても思考のベクトルが内側に向きがちになります。
そしてどんどん余裕がなくなってしまいます。

余裕がなくなると、今度は周りが見えなくなってきます。
部屋の汚れ、散らかり具合。
普段なら気づくことに気づけなくなり、いつしか部屋が乱れてしまうのです。

気持ち良い部屋づくりは、気持ち良い心づくりから

部屋を綺麗にすれば心がスッキリするのは確かです。

でも、綺麗を「維持」するためには
心を常に整え、安定させておくこと
が大事なように思います。

なかなか簡単にできることではないのですが(苦笑)。
私も、もっと自分をコントロールする力を身につけたいな、と思います。

こんにちは、坊主女です。引っ越し後、毎日の雑巾がけが楽しくて仕方ありません。▶初めて買った「これ」で、毎日雑巾がけができる幸せを噛みしめる。 ▶「ほうき&雑巾」が、掃除機よりも優れている3つの理由こんな毎日を送る中「雑巾がけという行為が私に沢山のことを教え ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


引っ越し後、毎日の雑巾がけが楽しくて仕方ありません。
▶初めて買った「これ」で、毎日雑巾がけができる幸せを噛みしめる。 
▶「ほうき&雑巾」が、掃除機よりも優れている3つの理由

こんな毎日を送る中「雑巾がけという行為が私に沢山のことを教えてくれている」と感じています。
narrative-794978_640

<目次>

教え①部屋に対する愛情

幼い頃、お腹が痛くてもお母さんが手を当ててくれるだけで痛みがやわらいだ記憶はありませんか?

「手を当てる=手当て」というように、直接手を触れることで愛情が伝わったり伝えられたりするもの。


これは人と部屋との関係にも当てはまるのだと思います。

雑巾を介すものの、ほぼ直接床に手を触れて綺麗にする「雑巾がけ」。

部屋からの愛情も伝わってきますし、自らの愛情もどんどん増しているのを感じます。


教え②「ついで掃除」で多くの場所を綺麗にできること

以前の私は、雑巾がけは頑張っても週に1回、ひどい時は1か月に1回ぐらいしかしませんでした。

こうなると、雑巾がけそのものが一大イベントとなり、それだけで疲れてしまっていました。


ですが今は、毎日雑巾がけをしているので汚れがそんなにたまりません。

そのため、「あ、ここが汚れてる」と思った時「ついで」で拭き掃除ができます。


例えばカーテンレールや扉、部屋のこういうところなど。
IMG_3532
呼び方わからなくて(苦笑)。

新しい家にはないのかもしれませんが、古い家には必ずあります。

そしてこのほっそいところに埃がよくたまるのです。


こういったところもマメに掃除ができて綺麗を維持できます。


教え③毎日やることは決して「義務」じゃない

毎日掃除しだすと、ちょっとした汚れやゴミがものすごく気になるようになります。

これはとてもいいことなのですが、行き過ぎると「掃除しなきゃ、綺麗を維持しなきゃ!」と自分で自分を追いつめてしまいます(私みたいな人間は特に)。


だからあえて「しんどい時は無理してやらなくていいんだよ」と自分に言い聞かせるようにしています。

そうすることで、雑巾がけを「辛いもの」ではなく「楽しいこと」として受け入れられるようになりました。


<最後に>掃除はいいもんだぞ!掃除は楽しいぞ!

flower-2344725_640
誰もわかってくれなくてもいいです。

広島カープ、野村謙二郎の引退セレモニーの名言パクッてます(涙)。 


それはさておき。

掃除はやり始めるまでは億劫で面倒なものですが、 やってしまえば気持ちも部屋もスッキリ。

さらに「やり続ける」ことで、楽しささえ見えてきます。 


どうせやるなら楽しい方がいいですよね?

だから私はこれからも、楽しみながら掃除をしていきたいと思います。

郵便受けを開ける時、なぜかいつもワクワクしてしまいます。 こんにちは、坊主女です。 部屋を綺麗にしたら運気が上がる。 良く聞く話ですが、私は一か所大変なところを見逃していました。 <目次> 風雨にさらされていたマンションの集合郵便受け 嬉しい知 ... 続きを読む
郵便受けを開ける時、なぜかいつもワクワクしてしまいます。
こんにちは、坊主女です。

部屋を綺麗にしたら運気が上がる。
良く聞く話ですが、私は一か所大変なところを見逃していました。

<目次>

風雨にさらされていたマンションの集合郵便受け

私が引っ越した地域は風が大変強く、土埃がひどいです。
引っ越し初日に玄関のドアを拭いた際、あまりにも泥だらけで拭いても拭いても落ちず、
「ひょっとしてペンキ塗りたて!?」
と思ったぐらいです。

こんな風に自室については綺麗にしていたのですが、1階にある集合郵便受けまで気が回っていませんでした。
風雨にさらされているのはどこも同じ。
改めて見てみると・・・。
IMG_3486
ぎゃ~~!これはいかん!

慌てて掃除道具を取りに戻り、必死に綺麗にしました。
IMG_3487
ふぅ、やれやれ。
そして、せっかくなので他の部屋の郵便受けも(扉だけですが)拭き掃除しておきました。

嬉しい知らせがドンドン舞い込む!

この日、朝一番に掃除を済ませた私は買い物に出かけました。
昼頃戻ると一通の封筒が。

主人が引っ越し前に働いていた会社からでした。
主人に開けてもらうと最後の給与明細が。

ん?思ってたよりずっと多く頂けてる!!!

最後の給与で残りの住民税を全額相殺すると聞いており、入金などないものと覚悟していました。
それがいやはや嬉しい誤算!ありがたい!


さらにその日、もともと義両親の実家へ挨拶へ行く予定をしていました。
伺った帰りに義母から「お米持って帰る?」の一言!

ありがとうございます!頂きます!
と即答(笑)し、10キロ近く(!)も頂いてしまいました!
義両親の田んぼでとれたお米はとっても美味しいのです。
さらにお米代も浮いて超ラッキー!

おまけに主人も。
本棚を買おうかどうかずっと迷っていたのですが、なんと実家で未使用の本棚があるとか!
サイズも色もピッタリだったらしく、喜んで持って帰ってきていました。
私も本棚代を出さずに済んだのでまたまたラッキー!

と、たった一日でこんなにも嬉しい知らせが舞い込んできました。

<最後に>幸運を招き入れるために

ミニマルライフを始めてから、「神さまがやどる お掃除の本」をはじめ「掃除」に関する本を沢山読み、実践してきましたが、
神様の入り口である「玄関」を綺麗にすれば幸運が舞い込んでくること
を体感しています。

神様なんて信じない!という意見もあるとは思います。
でも信じようが信じまいが、良いことが沢山起こっているという「事実」に変わりはありません。

是非一度、玄関を徹底的に掃除してみてください。
そして、玄関を掃除する時には「郵便受け」をお忘れなく!
良い知らせはピカピカの郵便受けに必ずやってきます!

夏休みの絵日記が苦手な子供でした。こんにちは、坊主女です。掃除日記?何それ?ですね。私が勝手に作った名前なので「??」となるのも当然ではありますが、この日記をつけ始めたことで掃除のストレスが激減しました。<目次>「掃除日記」とは? 「掃除日記」の効果 <最 ... 続きを読む
夏休みの絵日記が苦手な子供でした。
こんにちは、坊主女です。

掃除日記?何それ?ですね。
私が勝手に作った名前なので「??」となるのも当然ではありますが、
この日記をつけ始めたことで掃除のストレスが激減しました。

<目次>

「掃除日記」とは?

diary-1149992_640
私がつけている「掃除日記」とは、

毎日ではないが定期的に掃除する(掃除したい)場所を掃除した時、
その内容を記録する。 

というものです。
具体例を挙げます。
  • 洗濯槽を掃除した時
  • 台所の排水溝を分解して綺麗にした時
  • エアコンのフィルターを掃除した時
  • 布団カバー類を洗った時
  • タオルを総替えした時 
毎日掃除している箇所までは書きません。
私の場合はどちらかというと、「定期的に掃除したい場所の掃除をしたことを書く方が多いです。

そして「日記」とは言っていますが、記録しているのは日々のスケジュール管理にも使っている「ハチカレ」というiPhoneのアプリです(無料版)。
記録先をバラバラにしてしまうと「どこに何を書いたか忘れてしまう」ので、情報を一か所に集中させるためです。

「掃除日記」の効果

つけ始めた当初は「覚書になればいいかな」ぐらいの気持ちだったのですが、
これが思わぬ効果を生みました。

①「思い出すストレス」が激減
これは本当に嬉しい効果でした。

「あ~、あそこの掃除いつやったっけ?」
って、なかなか思い出せないんです。
それを思い出そうとして思い出せないのがものすごくストレスで。

でも、アプリを見れば一目瞭然!
考える時間も削減できて一石二鳥です。


②「しなきゃいけないストレス」から解放される
「~ねばならない」は心に負荷をかけます。

前回やった日がわかっていれば、掃除内容によって「次にやる日」がおのずと決まります。
そこには「やらなければならない」と考える余地はなく、
ただ、「やる」しかありません。
半年後、1か月後、2週間後と、自分の掃除したいサイクルで粛々と実行するだけ。

アプリで管理すると、周期的なアラームも設定できますから尚便利です。


③「後回しにするストレス」から解放される
「後回しにする」のは、実はものすごくストレスなのです。

前やったのはあれぐらいの時で~、
そろそろやらないといけないのはわかってるけど~、
まだいいかな~、もうちょっといけるかな~。

こんな言い訳、したことありませんか?
私はいつもしていました。

ですが、②と同じように前回やった日がわかっていると次にやる日も決まるので、
「まだ大丈夫だよね?」
と後回しにはできなくなります。
そうすれば、勝手に「後回しにするストレス」から解放されてしまいます。

<最後に>考える手間を省くのもミニマルライフ

掃除日記の効果を挙げてみてつくづく思ったのは

どれほど考えなくてもいいことに時間を割いていたのか

ということです。しかもストレスの溜まることばっかり。
「〇〇を掃除した」と一行記録するだけでその時間は不要となり、ストレスもなくなりました。

私たちが持っている時間は限られています。
余計なことに時間を費やしている暇はありません。

考える手間・考える時間を省いていくのもミニマルライフ。
これからも様々な「無駄」を省き、本当に必要な物事にだけ目を向けていきたいと思います。 

主人の横で雑巾を手縫いすると、家事に協力的になります(実話)。こんにちは、坊主女です。引っ越しの片づけもやっと落ち着き、本を読む余裕が少し出てきました。というか、この1か月の間本を読めていなかったので活字に飢えています。地元の本屋さんで見つけた一冊の本昔 ... 続きを読む
主人の横で雑巾を手縫いすると、家事に協力的になります(実話)。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しの片づけもやっと落ち着き、本を読む余裕が少し出てきました。

というか、この1か月の間本を読めていなかったので活字に飢えています。

地元の本屋さんで見つけた一冊の本

昔から本も好きでしたが、「本屋さん」が大好きでした。

沢山の本が並べられているのを見るだけでワクワクします。

amazonも便利ですが、このワクワク感は本屋さんならではだと思います。


引っ越し前は大型書店があちこちにありましたが、今は地元の小さな本屋さんばかり。

それでも、こういう本屋さんはラインナップにこだわりがあります。

やっと本屋さんに行く余裕ができた私、入り浸っております(笑)。


そんな中、私の心に留まる本を見つけました。
IMG_3470
吉村昇洋さんの「禅に学ぶくらしの整え方」です。

私は以前から「禅」と「ミニマルライフ」は密接な関係があると思っていて、枡野俊明さんの本などをよく読んでいます。

そして今回、吉村さんという新しい方との出会いで、新たな気づきがありました。

雑巾で汚れを拭く=自分が生きてきた結果を拭く、ということ

禅宗の修行では「掃除」がとても大事だということは以前から知っていました。 

もちろん吉村さんも禅宗の僧侶なので、その言葉には深みがあります。

それだけでなく、この本のとても良いところは、「ほうきの正しい使い方」や「雑巾の絞り方」まできちんと書いてあること!

私はずっと、雑巾を固く絞れなくて悩んでいたのですが「絞り方が間違っていたんだ!」と目から鱗でした。


そして、この本の中で私が最も胸を打たれたのが次のフレーズです。

ぞうきんで汚れを拭くのは「自分が生きてきた結果」を拭くようなもの。
 

だから雑巾も常に綺麗な物を使いなさい、という意味で吉村さんは書いておられました。


でも、雑巾がけにハマっている私には別の意味にも聞こえました。それは、

掃除というのは単に部屋を綺麗にするというだけではなく、自分の心を綺麗にするということなのではないか

ということ。
 

実際に、どれだけ掃除が億劫でもやり終えた時には清々しい気持ちになります。

また、考え事をしながらではなく「一心不乱に掃除」をすると気持ちが晴れ晴れとします。

掃除することで綺麗になるのは、本当は「自分の心」なのではないかと思うのです。

掃除は、やっぱり楽しい!

吉村さんは、本の冒頭にきちんと書いておられます。

掃除は「面倒くさい」。
でも、「きれいになったら気持ちいい」。
 

そう、「掃除しなきゃと思うけど面倒だし・・・」と思う心を責めなくていいと思うのです。

でも、掃除した後の気持ちよさも誰もが知っているはず。


私は、この本を読んで「掃除ってやっぱり楽しい!」と思いました。

これからも部屋と心を綺麗にするために、掃除をしていきたいと思います。


こんにちは、坊主女です。転居以来掃除好きが加速しています。毎日の雑巾がけもすっかり日々のローテーションに組み込まれました。床をゴシゴシしながら幸せに浸りつつも、より綺麗になる方法を模索しています。ほうきで掃き掃除&雑巾がけで一層部屋が綺麗に!以前からこち ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


転居以来掃除好きが加速しています。

毎日の雑巾がけもすっかり日々のローテーションに組み込まれました。

床をゴシゴシしながら幸せに浸りつつも、より綺麗になる方法を模索しています。


ほうきで掃き掃除&雑巾がけで一層部屋が綺麗に!

以前からこちらの棕櫚ほうきを持っています。


購入当初はよく使っていたのですが、転居前はちょっぴり掃除機優先になってしまって使用頻度も落ちていました。

でも今回雑巾がけをしながら、いまいち埃が取きれないストレスを感じた時に「これはほうきしかない!」と再登場させたところ、案の定大活躍!

部屋の奥から掃き進め、最後は外に掃き出してしまってから雑巾がけをすると見違えるほど綺麗になりました。


ほうき&雑巾がなぜ掃除機よりも優れているのか?

掃除機にもメリットはありますが、「ほうき&雑巾」が優れていると思う点を挙げたいと思います。

①部屋の隅が掃除しやすい

掃除機でも掃除はできますが、私はどうも隅っこのゴミがうまく取れません。

いちいちヘッドを付け替えるのも面倒ですし。

その点ほうきだと細い隙間にも入りますし、雑巾は角っこまでしっかり拭けます。

ドアの溝もしっかり綺麗になります。

掃除後の部屋を見ると、私の場合は断然「ほうき&雑巾」掃除の後の部屋の方が綺麗です。

②音が静かなので、家族にも近所にも迷惑がかからない

今の家は建物自体が古いのと、どうも物音が響きやすい構造のようです。

そのため騒音に対する注意が入居前からありました。


そして実際に転居後に掃除機を使ってみると、ものすごくうるさいのです。

それだけで掃除する気が失せるぐらい。


でも、ほうき&雑巾ならほぼ「無音」です。

近所のことを気にせず、早朝でも掃除ができます。 

また、平日に休みのある主人が朝寝坊をしていても気にせず掃除ができます。
 

思い立った時にすぐ掃除ができる。

これはものすごく嬉しいことです。

③電気代0円

毎日掃除機をかけていたらどれぐらいの電気代になるんでしょう?

わかりませんが、少なくともほうき&雑巾なら電気代は0円です。


経済的でエコ。しかも部屋が綺麗になる。


これもとても嬉しいことです。


本当の便利さとは?

light-bulbs-1875384_640
ほうきの方が時として便利で優れている。

そのことはミニマリストになった当初から感じていました。

 
生活スタイルの変化と共に掃除機が生まれ、発達してきたことを否定はしません。

ですが、今の生活スタイルに必要かどうかと言われると私にはそこまで必要ではありません。


掃除機は綺麗になる。

掃除機は一家に一台あって当然。


それらはいわゆる世間一般のお話。

自分にとって本当に便利で本当に使いやすい物は何か。

それを見極める目をこれからも養いながら、物を選び、行動していきたいと思います。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!こんにちは、坊主女です。ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由そのため、どうやったら「楽 ... 続きを読む
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。
▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由

そのため、どうやったら「楽して綺麗」を維持できるかを日々模索中です。

<目次>

2か所の「蓋」を取っ払う

今回、本来備え付けられている「蓋」を取っ払いました。 

まずはキッチンのシンク。 
排水溝カバーがプラスチックタイプのものです。
IMG_3309
カバーを取っ払ったうえで、ゴミ受けもプラスチック→アルミタイプに変更しました。
IMG_3310 IMG_3311
私はニトリで購入しましたが、こういうタイプの物です。

続いてはお風呂。
こちらも排水溝の蓋です。
IMG_3397
これを取っ払って・・・
IMG_3425
この状態に。

取り外した物は退去の際元に戻さないといけませんから、まとめて保管します。

蓋を外した理由

蓋を外してしまうと、正直見た目はあまりよくありません。
それでも私が蓋を外したのには理由があります。

①蓋をすると、その下の汚れから逃げてしまう

これが一番の理由です。

蓋をしたらゴミや汚れが見えなくなります。
見えなくなると、表向きは綺麗なので「ま、いっか」ってなります(めんどくさがりな私の場合)。
そのうちに汚れが溜まってしまって、蓋を開けた時に
「うげっ!」
ってなりますし、溜まった汚れを取るのは一苦労です。

蓋をしなかった場合、とにかく強制的に汚れが見えます
見えたらゴミをこまめにとったり、洗ったりと綺麗にします。
結果、汚れが溜まることなく綺麗が維持できます。

基本自分に甘いので、
「見えないもの=ないもの」
になっちゃうんですよ。

だからこそ、強制的に掃除させる手段として蓋を外したわけです。


②蓋そのものがヌメるので掃除が面倒
これ、本当に面倒です。

汚れ、洗剤、水といった物がすべて蓋を通っていくわけですから、一日で汚れの宝庫になります。
不衛生だし、毎日綺麗にするのがめんどくさい。

それならいっそ、なければ問題そのものが生じない、というわけです。

<最後に>臭い物こそ、蓋をするべからず

2か所の蓋を外してから、掃除が格段に楽になりました。
掃除する箇所も減りましたし、マメに綺麗にするので汚れが溜まらない。

そして、この「蓋をしない」ということは掃除に限らず収納などにも当てはまると思うのです。 

たまった物をとりあえずクローゼットに押し込む。
ごちゃごちゃしているから布で覆って隠す。

隠しても問題は解決しません。
汚れや物と向き合うためには蓋をしない、隠さない。

私はこうすることで、より快適な暮らしを求めていきたいと思います。 

まだまだ柔軟性が足らずに反省しきり。 こんにちは、坊主女です。 ミニマルライフを始めてからただでさえ掃除が大好きになったのに、 引っ越してから掃除がしたくてしたくてたまらない状態です(笑)。 そんな私に立ちはだかる大きな問題が。 <目次> 引っ越し前後で ... 続きを読む
まだまだ柔軟性が足らずに反省しきり。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてからただでさえ掃除が大好きになったのに、
引っ越してから掃除がしたくてしたくてたまらない状態です(笑)。

そんな私に立ちはだかる大きな問題が。

<目次>

引っ越し前後でしもやけが悲惨なことに

寒い中での引っ越しだったのである程度覚悟はしていたのですが、
年末年始の大掃除の時点ですでにしもやけだった手が悲惨なことになってしまいました。
▶水仕事でしもやけ!?やせ我慢はいけません・・・。  

見てください、これ。
IMG_3316
あまりの痛さに夜も寝られないぐらいです。
ここまで来ると、お湯だろうが水だろうが関係なしに痛いです。

でも!
私は掃除がしたいんです!
雑巾がけに拭き掃除、キッチンも洗面所もお風呂もガッツリ掃除したい!

もはや狂ってるんじゃないかというぐらい掃除したい衝動にかられ、
今までかたくなに拒んでいた「これ」に手を出しました。

「ビニール手袋」を使ってみた

え?それ拒んでたの?
って言われそうですが、すごく嫌いだったんですよね、ビニール手袋。

だって、ビニール手袋をはめると指先の感覚が鈍るじゃないですか。それが嫌いで。
でも、しもやけの痛さ掃除したさには勝てませんでした。 

近所のドラッグストアで手始めに使い捨てタイプを購入。
IMG_3314
沢山入っている物だとこういったのもありますね。


ファミリー ビニール 手袋 極うす手 炊事・掃除用 Mサイズ 半透明 50枚


実際に装着してみるとこんな感じ。
IMG_3320

そしてさらに雑巾をしぼり、そのまま掃除を始めてみました。
しもやけが痛くない!しかも快適! 

意固地になってた自分をグーパンチです。
指先の感覚が鈍るのもしれていますし、もちろん破れることもありません。
さらに使い捨てタイプなので衛生的。 

これで狂ったように(笑)掃除ができます。

<最後に>毎日雑巾がけができる幸せを噛みしめる

毎日掃除すること、雑巾がけすることが楽しくて仕方なくなるなんて、
以前の私からは考えられませんでした。

でも、楽しいだけではなく
「毎日雑巾がけができること」ってとても幸せなことだと思うようにもなりました。

いつでも雑巾がけができるぐらい、物がないこと。
雑巾がけを毎日できる時間があること。

ミニマルライフを始めなければ、この環境にはなりませんでした。
今の幸せを噛みしめながら、これからも毎日雑巾がけをしたいと思います。

冷蔵庫の掃除って面倒に思いませんか?私もそう思っていたのですが実は徹底的に、しかも簡単に掃除できる方法があったのです!今回ご紹介する方法で冷蔵庫を掃除すればピカピカになること間違いなし!ぜひ試してみてください。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

私は今まで冷蔵庫をしっかり掃除したことがありませんでした。

ところが引っ越しを機に冷蔵庫を徹底的に掃除してみたら、とても良い方法が見つかったのです。


冷蔵庫掃除に対する誤解

我が家は夫婦二人暮らし。

さらに元々食材のストックをあまりおかないようにしていたので 「冷蔵庫の中身が多すぎて掃除が面倒」な状態ではありませんでした。

それなのにどうも私は冷蔵庫掃除に抵抗があったのです。


その抵抗とは冷蔵庫を開けっぱなしで掃除することに対する抵抗でした。
  • 開けっ放しにしてたら庫内の温度があがる
  • 調味料程度しかなくても鮮度に影響が出そう
  • 再び冷やしなおすのに電気代かかる
  • 冷蔵庫のアラームが「ビービー」いうのも鬱陶しい
こんな風に思って、いつもサッと拭き掃除程度で終わらせていたんです。


YOU!分解しちゃいなヨ!

ところが引っ越し直前。

冷蔵庫を徹底的に掃除し始めた時に「あ、分解すればいいのでは?」と気づいたんです。


今まで、こんな風にトレイが外せることぐらいはわかっていました。 
IMG_3141

でも、これも外せるんですよね。
IMG_3139

そしてこの状態にすれば。
IMG_3133
扉は閉じられるし、トレイなどは外でゆっくり掃除ができます。


今までそんなことも知らなかったの?

と他のミニマリストさんから呆れられそうですが、知らなかったものは仕方ない。

反対に気づいたことが嬉しくてテンションが上がりまくったので、私にとっては知らなくて良かったのかも。


そしてこのまま勢いづいて冷蔵庫へ。

冷蔵庫は棚だけでなく、トレイ類も片っ端から外せるんですよ。

ほら。
IMG_3150
下から押し上げれば取れます。

ただ、しっかりめについているので力任せに押して破壊しないように(笑)。


庫内も取り外してすっからかん。
IMG_3154
庫内は庫内で掃除し、またまたトレイは外でゆっくり拭きます。

食材を入れる場所なので、私はこのようなアルコールスプレーを使って掃除しました。

安全面から考えると重曹なども良いかもしれません。


そして最後は棚類を元に戻して完成!
IMG_3155
ピッカピカです。めちゃくちゃ気持ちいい。


<最後に>怖がらずにやってみる勇気

男性は元々「物を作る、分解する」ことが好きなんだと思うのですが、 女性って苦手な人が多いと思います。

私は苦手な方でした。

「壊したらどうしよう」「元に戻らなかったらどうしよう」と考えてしまって。


でも、ミニマリストになってからいろんな場所を分解して掃除するうちに人間が組み立てた物なんだからなんとかなる(笑) という変な自信が生まれました。

それに、分解して徹底的に掃除するのは楽しくて仕方ないです。

この楽しさを知ってしまったらもう元には戻れません。 

実際そんなに簡単に物は壊れませんしちゃんと元に戻せます


まずはやってみる。

何事にもそんな姿勢で取り組みたいと思います。


☆重曹は消臭・脱臭効果もあります。気になる方はこちらもどうぞ☆

真正面から日が昇ってます。感動して涙が出てきた。こんにちは、坊主女です。まだまだ「引っ越しただけ」の状態ではありますが、新居に大満足しています。<目次>新居に到着後、おもむろに雑巾を取り出す 一番に拭き掃除がしたかった理由 <最後に>綺麗な部屋を維持したい ... 続きを読む
真正面から日が昇ってます。感動して涙が出てきた。
こんにちは、坊主女です。

まだまだ「引っ越しただけ」の状態ではありますが、新居に大満足しています。

<目次>


新居に到着後、おもむろに雑巾を取り出す

今回の引っ越しは遠方のため、2日がかりとなりました。
引っ越し業者とは別行動のため、我々夫婦は先に部屋に到着。

初めまして!これからよろしくお願いします!
IMG_3188
そして、息つく間もなく雑巾を取り出す坊主女。
主人、ビビる。

そんな主人を尻目に玄関から順にゴシゴシ、ゴシゴシ。
トイレには「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)様」をセッティング。
IMG_3214
そして、念入りに素手で便器を磨き、感触を確かめて一言。
うん、いいトイレだ(何者やねん)。

一番に拭き掃除がしたかった理由

今回、何よりも先に拭き掃除がしたかったのには理由があります。
それは、一冊の本がきっかけでした。

ミニマルライフを始め、掃除が楽しくて仕方なくなり始めた頃に読んだこの本。
この本にはこんなことが書かれています。

神様は綺麗な部屋が好き。
だから、部屋を綺麗にしていたら神様がやってきて、部屋を守ってくれる。


私はとても素敵な考え方だと思いました。
なのでこの本を読んで以来、掃除する時には神様への感謝の気持ちを込めるようにしています。
そして、今回も「神様への挨拶代わり」として一番最初に拭き掃除がしたかったんです。

<最後に>綺麗な部屋を維持したいから

神様への挨拶、という意味での拭き掃除ではあったのですが、現実的な効果として
綺麗な部屋は汚したくない
という心理が働きます。
そのためにも、最初に綺麗にしておくのが肝心という思いもありました。

荷ほどきもまだまだですが、これから綺麗を維持できる部屋作りをしていきたいと思います。


しゃべる電化製品やアラーム音と会話するタイプ。こんにちは、坊主女です。引っ越しを機に手放すことは決めているものの、ギリギリまで使うためにまだ家にあるものがいくつかあります。今、それらを綺麗にしている最中です。<目次>10年近く使ったガスコンロを綺麗に 手放す ... 続きを読む
しゃべる電化製品やアラーム音と会話するタイプ。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しを機に手放すことは決めているものの、ギリギリまで使うためにまだ家にあるものがいくつかあります。
今、それらを綺麗にしている最中です。

<目次>

10年近く使ったガスコンロを綺麗に

購入した当時は独身貴族絶賛謳歌中、料理はたまにしかしませんでした。
そのため、「コンロならなんでもいい」ぐらいのいい加減さで購入。
これでも精一杯綺麗にしたんですが、恥を忍んで公開いたします。

IMG_3076
剥げたシールの具合がめんどくさがり度を象徴しております・・・。

そして、ミニマリスト失格の五徳。
IMG_3077
あぁぁぁ、穴があったら入りたい。
本当はもっと綺麗にできるのかもしれませんが、あたしゃ諦めたよ。

で、でも、天板はなんとか光らせました。
IMG_3080
これで勘弁してくだせぇ、お代官さまぁ。

あと数日、感謝しながら使って処分します。

手放す物「こそ」綺麗にする理由

引っ越しを機にというわけではなくても、買い替えたり処分したりする際に、昔は
どうせ捨てるんだから汚いままでもいいでしょ?
と思っていました。

でも、今は違います。
手放すからこそ、綺麗にするのです。 

ひとつは物へ感謝の気持ちを伝えるため。 

今まで長い間、時には放置され、時には調子が悪くて「バンバン!」と叩かれ、
それでも文句ひとつ言わずに働いてくれた物たちに「ありがとう」の気持ちが自然と湧くようになりました。
その気持ちを伝えるために、綺麗にしてから処分するようになったのです。


ふたつめは、綺麗にすることで次の物を引き寄せてくれると思うようになったため。
 
ミニマリストになってから、私は「物にも感情がある」と思うようになりました。
感謝しながら使えば調子がいいし、文句を言いながら使えばすぐに壊れる。 

それなら、綺麗にしてから手放せば
あそこのおうちは丁寧に使ってくれるから幸せだよ
と他の物に伝えてくれるんじゃないかと思うようになったのです。 

夢見がちと思いますか?
私はあながち嘘でもないと信じています。 

<最後に>手放す際の「儀式」として。

alms-1807513_640
本当は、最初から最後まで綺麗を維持することができればいいとは思います。
でもやっぱり、時にはホコリもたまるし汚れもします。 

だからせめて最後は綺麗にして見送ってあげたい。
手放す際の「儀式」として、私はこれからも続けていきたいと思います。