坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ: 引っ越しのこと

「徒歩で1時間」が全然平気なんですよね。 こんにちは、坊主女です。 主人の故郷(田舎)に引っ越すことを決めた際、一番最初にもめたのが 田舎に車は必須なのか? という点でした。 ▶「田舎暮らしに車は必須」という主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの?  この時 ... 続きを読む
「徒歩で1時間」が全然平気なんですよね。
こんにちは、坊主女です。

主人の故郷(田舎)に引っ越すことを決めた際、一番最初にもめたのが
田舎に車は必須なのか?
という点でした。
▶「田舎暮らしに車は必須」という主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの? 

この時点(半年ほど前)での購入はありませんでしたが、それ以降も私はずっと
車は、要らない
と内心思っていました。

それなのに、あぁそれなのに。
結局主人の意向どおり、主人の乗りたいという車の購入を決めちゃったんですよ。
先日契約も済ませ、全額即金で支払ってきちゃったんですよ。 

それはなぜか?

<目次>

理由①自治体のスタンスがそもそも「車ありき」

正直驚きました。

引っ越した日に役所で手続きを済ませ、受け取った街に関する資料。
それを読むにつれ、
これって車前提の話やん!
と思うことばかり。

逆の立場からすれば、私の感覚がズレてるんでしょうけどね。
初日から打ちのめされたのは事実です。

理由②義両親や親族の期待

引っ越しが落ち着いてから、義両親や主人方の親族に挨拶に行きました。
▶急な来客も問題なし。「物がない」ってやっぱり素晴らしい!

誰もが私たち夫婦の帰郷に
良かった、本当に嬉しい、本当にほっとした、ありがとう
と言ってくださり、 それだけでも帰って来て良かったと思っています。

そんな会話の端々に感じる「期待」
今は自分で車を運転できる義母も、運転できなくなる不安を口にしていましたし、
ゆくゆくは義父の介護も私たちがやっていかなければいけないと感じています。 

こうなってくると、私だけが
「いらない、いらない」
と言い続けるのはわがままにも思えてきました。 

理由③もう、疲れた(笑)

ぶっちゃけこういうことです(笑)。

「車は要らない」と思っているのは私だけなんです。
そして実際、私「には」車は要らない。

でも、他の人は「要る」んです。
それを説得したり、論破しようとしたり、争ったり、そういうことをするのに疲れました。

それよりも気持ちよく車を買った方が、主人も私も家族も幸せだろうと。

実際、主人は自分が欲しいと思う車を購入できて喜んでいます。
これで良かったのかな。

<最後に>家族が幸せに暮らせることが一番

最近こういう記事が増えてきていますが、 結局
家族みんなが幸せに暮らせることが一番なのだ
と思います。 

自分は良いと思っている、自分は正しいと思っている。
でもそれはあくまでも「自分だけ」の話であり、他人には関係ない。

今までもこれからも、共に暮らしていく家族。
そんな家族の幸せを一番に考えた本当のミニマルライフ、探していきたいです。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

この1ヶ月でちょっぴり太りました。こんにちは、坊主女です。気がつけばこの土地に引っ越してきてから1ヶ月が経ちました。あっと言う間でもあり、とてつもなく長かった気もする1ヶ月。生活面の変化は多々ありますが、今日は「ミニマリスト目線」で見る生活の変化をご紹介 ... 続きを読む
この1ヶ月でちょっぴり太りました。
こんにちは、坊主女です。

気がつけばこの土地に引っ越してきてから1ヶ月が経ちました。
あっと言う間でもあり、とてつもなく長かった気もする1ヶ月。

生活面の変化は多々ありますが、
今日は「ミニマリスト目線」で見る生活の変化をご紹介したいと思います。

<目次>

変化①食事がシンプルになった

引っ越してすぐの記事にも書いたのですが、今住んでいる土地は食べ物がとても美味しいです。
▶田舎に引っ越して良かった3つのこと

すぐ近くで取れた野菜や魚がスーパーに並び、そのどれもが安くてとても新鮮!

そのため、味付けをするのがもったいないのです(断じて手抜きではナイ)。
お魚はお刺身や塩焼き。
野菜も切っただけ、ゆでただけが一番美味しい。

こうやって素材の味を活かす調理が増え、食事がとてもシンプルになりました。

変化②ゴミが減った

引っ越し前はユルユルの分別でしたが、今は指定ゴミ袋もあり分別にはキビシメ。
▶「指定ゴミ袋」が私のミニマリスト魂に火をつける!

分別がめんどくさい私は、「それならゴミを減らせばいいじゃない」と考えました。
例を挙げると、
  • 過剰包装は断る
  • 余計なチラシ、フリーペーパーなどを家に持ち込まない
  • 生ゴミを極力出さない
などです(都会でも同じなんですけどね)。

最後の「生ゴミを極力出さない」ですが、私は今まで「野菜の皮やへた」をかなり捨てていました。
でも、浅漬けやお味噌汁の具、冷凍すれば柔らかくもなるなど実は活用方法がいっぱい!

こういった小さな工夫でゴミの量を随分減らすことができました。

変化③行動範囲が狭くなった

これは良くも悪くも、といった変化です。

この1ヶ月間、土地に慣れるために毎日外出し、とにかく歩きました。
そして、ある程度行きつくしました(苦笑)。

今すでに、「電車に乗ってまで街に出るのもね・・・」と思っている自分がいます。
これはこれでいいかな。

<最後に>変化を受け入れ、過去を手放していく

the-eleventh-hour-1254213_640
私たちは未来に向かって生きていきますが、過去に戻ることは絶対にできません。
また、「変わらない」ことも不可能です。

自分にとって良い変化もあれば、認めたくない変化もあるでしょう。
ですが、変化を拒めば元に戻るのかというとそうではありません。

それならば、変化を受け入れた方が生きやすい。
過去を手放していった方が身軽になれる。

私がこの土地で本当に手放していかなければならないもの。
それは、「物」ではなく「過去の自分」なのだろう。

今そんな風に考えています。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

自分の坊主頭を「ジョリジョリ」と触るのがクセになりました。 こんにちは、坊主女です。 今回の引っ越し先は主人の実家の近くです。 ですが近くとはいえ、車でなければ行き来の難しい距離。 そのため車のない私たち夫婦はまだきちんと挨拶に伺えていませんでした。 ▶引っ ... 続きを読む
自分の坊主頭を「ジョリジョリ」と触るのがクセになりました。
こんにちは、坊主女です。

今回の引っ越し先は主人の実家の近くです。
ですが近くとはいえ、車でなければ行き来の難しい距離。
そのため車のない私たち夫婦はまだきちんと挨拶に伺えていませんでした。
▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

そろそろ挨拶に行こうと思うんだ、
と主人から聞いてはいたものの、まだまだ先だろうとたかをくくっていた私。
その日は突然やってきました。

<目次>

「明日、義母が来るから」

この言葉を聞いたのはまさかの前日夕方

「義母に迎えに来てもらうから、その時部屋もちょっと見てもらおうと思うんだ」
とサラリとのたまう主人。

えええええ!明日って!
いやいや掃除とか片づけとかあるやん!
どーしよー!

と今までのクセで反射的に思ってしまったのですが・・・

片づけるほどの物が何もなかった(笑)

クセって恐ろしい。

そうなのです。
我に返って考えてみると、片づけるも何も物がない(笑)。
▶ないって、幸せ。

しかも狂ったように(笑)毎日掃除しているので、改めて掃除する必要もない。
▶初めて買った「これ」で、毎日雑巾がけができる幸せを噛みしめる。 

おかげで特別なことをする必要もなく義母を迎え入れ、
「あら、思ってたより広くていい部屋ね~」
なんてお言葉を頂いちゃいました。 

<やっぱり>物がないって、いいことだらけ。

ミニマルライフを始めてから、日々の様々な場面で
物がないって、いいなぁ
と思います。
  • 掃除が楽
  • 管理が楽
  • 物を探す必要がない
  • 空間があるので心にゆとりが生まれる
今までのブログでこのようなことを沢山書いてきましたが、今回新しく
  • 急な来客にも動じない
が加わりました。

これからもストレスのない快適な暮らしのために、ミニマルライフを続けていきたいと改めて思った出来事でした。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

自分でもこんなに早く馴染むとは思っていませんでした。 こんにちは、坊主女です。 田舎に引っ越して1週間。 いくらなんでもこの記事は早いんじゃない? なんて思われるかもしれませんが、とんでもない! 義父の介護・義両親の面倒を見るという事情があっての引っ越しでは ... 続きを読む
自分でもこんなに早く馴染むとは思っていませんでした。
こんにちは、坊主女です。

田舎に引っ越して1週間。
いくらなんでもこの記事は早いんじゃない?

なんて思われるかもしれませんが、とんでもない!
義父の介護・義両親の面倒を見るという事情があっての引っ越しではあったのですが、
私は田舎に引っ越して本当に良かった!と思っています。
関連記事:引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

<目次>

良かったこと① 食べ物が美味しい!

今の時代、流通も発達したので日本全国どこでも同じ物が食べられると思っていました。

ところがどっこい。
素材の味が全然違います!
本当にびっくりしました。

農業をされている家も多い地域であり、
お米や野菜、果物などはスーパーにも地場の物が多く並んでいます。
そのどれもこれもが新鮮でみずみずしく、大きい!美味しい!

また、海も比較的近くにあるため、お魚も安くて美味しい!

こちらの地域の食材を使って初めて作ったおにぎりと味噌汁の美味しかったこと!

水のおかげなのか空気の綺麗さのおかげなのかわかりませんが、
大阪に住んでいた頃との違いに驚きつつも幸せです。
食べ過ぎで太りそうですが。

良かったこと② 主人がイキイキし始めた!

決して大阪に馴染んでいなかったわけではない、と主人も言っていますが、
今思うと大阪での暮らしはしんどかったんだろうなぁと感じます。

しゃべるペースや行動が、少し遅いのです(大阪と私が早すぎる)。
だからよく人にぶつかったりしていました。

ところが、引っ越した直後から水を得た魚のようにイキイキし始めました。
それは、主人の行動ペースと街のペースが同じだからと気づいて納得。

やっと本来暮らすべきところに帰ってきたのだと思うと、私もとても嬉しく、幸せに思います。

良かったこと③ 生活が勝手にミニマルになる!

田舎は、欲しい物がすぐ手に入る環境ではありません。
 
引っ越し前の家は徒歩5分以内にコンビニが6件(!)もあるような場所にありましたが、
今は探すのに一苦労。

また、お店が集まっている場所が限られているため行動範囲も決まります。
一見不自由にも思えますが、今の私にはちょうどいいです。

なぜなら、必死にならなくても勝手に生活がミニマルになるから。

また、店が少ない、行動範囲が狭いということは、選択肢が減るということ。
選択肢が減ると迷うことがなくなるので、気持ちが楽になります。 

<まとめ>ミニマルライフ、加速の予感

この朝日は、毎朝ブログを書いている時に真正面から昇ってきます。
こんな景色、引っ越し前には絶対に見れませんでした。

こういった一つひとつのことが幸せでなりません。
田舎に引っ越してきて本当に良かった。 

そして、暮らしが勝手にダウンサイジングしていくのを日々感じています。
私が何もしなくてもミニマルライフが送れそうなぐらいですが、さらにギアを入れて加速させていきたい、と思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ    

真正面から日が昇ってます。感動して涙が出てきた。こんにちは、坊主女です。まだまだ「引っ越しただけ」の状態ではありますが、新居に大満足しています。<目次>新居に到着後、おもむろに雑巾を取り出す 一番に拭き掃除がしたかった理由 <最後に>綺麗な部屋を維持したい ... 続きを読む
真正面から日が昇ってます。感動して涙が出てきた。
こんにちは、坊主女です。

まだまだ「引っ越しただけ」の状態ではありますが、新居に大満足しています。

<目次>


新居に到着後、おもむろに雑巾を取り出す

今回の引っ越しは遠方のため、2日がかりとなりました。
引っ越し業者とは別行動のため、我々夫婦は先に部屋に到着。

初めまして!これからよろしくお願いします!
IMG_3188
そして、息つく間もなく雑巾を取り出す坊主女。
主人、ビビる。

そんな主人を尻目に玄関から順にゴシゴシ、ゴシゴシ。
トイレには「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)様」をセッティング。
IMG_3214
そして、念入りに素手で便器を磨き、感触を確かめて一言。
うん、いいトイレだ(何者やねん)。

一番に拭き掃除がしたかった理由

今回、何よりも先に拭き掃除がしたかったのには理由があります。
それは、一冊の本がきっかけでした。

神さまがやどる お掃除の本
 
[著:きさいち登志子]
楽天ブックスはこちら 
ミニマルライフを始め、掃除が楽しくて仕方なくなり始めた頃に読んだこの本。
この本にはこんなことが書かれています。

神様は綺麗な部屋が好き。
だから、部屋を綺麗にしていたら神様がやってきて、部屋を守ってくれる。


私はとても素敵な考え方だと思いました。
なのでこの本を読んで以来、掃除する時には神様への感謝の気持ちを込めるようにしています。
そして、今回も「神様への挨拶代わり」として一番最初に拭き掃除がしたかったんです。

<最後に>綺麗な部屋を維持したいから

神様への挨拶、という意味での拭き掃除ではあったのですが、現実的な効果として
綺麗な部屋は汚したくない
という心理が働きます。
そのためにも、最初に綺麗にしておくのが肝心という思いもありました。

荷ほどきもまだまだですが、これから綺麗を維持できる部屋作りをしていきたいと思います。

神さまがやどる お掃除の本

[著:きさいち登志子]
楽天ブックスはこちら

いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

センチメンタルモード発動中。 こんにちは、坊主女です。 とうとう引っ越しの日。 慣れ親しんだ関西地方を離れる日です。<目次>40年暮らした関西地方を離れます。 新しい暮らし、新しい出会いにワクワク <最後に>手放すものが大きいほど、手に入れるものも大きく ... 続きを読む
センチメンタルモード発動中。
こんにちは、坊主女です。

とうとう引っ越しの日。


40年暮らした関西地方を離れます。

bird-76002_640
私は京都市内で生まれました。
大学から兵庫県(西宮市)で一人暮らし。
今は大阪市内に住んでいます。

沢山引っ越しをしましたが、生まれてこのかた関西地方から出たことはありません。
しかし今回は、主人の実家の方へ引っ越すため関西地方を離れます。

同じ日本国内だし、生活がひっくり返るようなことはないとわかっているものの、やっぱり淋しさがあります。

見知らぬおっちゃんが突然話しかけてくる関西。
スーパーのレジで会話が弾む関西。
思い出の場所がいっぱい、思い出の人がいっぱいの関西。

うーん、ちょっと目から汗が(恥)。

淋しいけれど、反対に思うこともあります。

新しい暮らし、新しい出会いにワクワク

引っ越し先は帰省時に何度か足を運んだことがあるものの、ほぼ未知の世界。
風土も、人柄も、エスカレーターで立ち止まる側も(笑)違います。

不安はあるけれど、それ以上にワクワクしています。

新しいスーパーを開拓したり、新しい出会いがあったり。
そして何より、「引っ越す」ことで部屋が一旦リセットされているので、
ミニマリストとして新たな部屋作りができます。
▶引っ越し先が決定!ミニマリストとしてどんな部屋を作る?ワクワクが止まりません!

本当に楽しみ!

<最後に>手放すものが大きいほど、手に入れるものも大きくなる。

このことは、年始からつくづく感じています。
そして今年一年は、「循環させる一年」になるとも確信しています。 
▶一番手放したくなかったものを手放してみたら。  
▶年始7日間で10万以上の臨時収入!私がやった2つのこと。 

40年間過ごした関西地方での「安定」を手放し、未知なる世界へ旅立つ。

私の新しい人生の幕開けです。
では、いってきます!


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「引っ越し頑張れ!」の1クリックを頂けるととっても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

昔は引っ越しの度に「どこにこんだけ荷物隠れてたんや!」って思ってました。こんにちは、坊主女です。引っ越しの日までカウントダウン状態に入ってきました。 さすがの私も荷造り開始。今回は、夫婦二人の荷物量がどれほどの違いになったか?です。 ただし、衣服は除きま ... 続きを読む
昔は引っ越しの度に「どこにこんだけ荷物隠れてたんや!」って思ってました。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しの日までカウントダウン状態に入ってきました。 
さすがの私も荷造り開始。

今回は、夫婦二人の荷物量がどれほどの違いになったか?です。 
ただし、衣服は除きます(衣装ケースごと持って行ってもらえるとのことで梱包していないため)。

先攻:ミニマリスト☆坊主女

まずは私坊主女から。 
全荷物です。
IMG_3085
これだけです、ほんとに。

机・椅子・パソコンはこのブログ更新のために必須。
後ろを向いているのは姿見。
小さな棚の中の物も段ボールに収まっていますが、正味1個半しか使っていません。
半分はタオルなどを埋めます。

カラーボックスもあったんですがもういいや、と思って。 
我ながらここまでコンパクトに収まったか~、と感慨深いです。

後攻:マキシマリスト・ザ・オット

マキシマムザホルモン意識しまくり(笑)。

主人の荷物です。 
心してどうぞ。
IMG_3096
見切れた(笑)。
しかもこれ、全部じゃないです。

段ボールの数を数えてみたんですけどね、
大小合わせて26個!もありました。
ここに「本棚」が1個加わります。

すごいわ~、これ。引っ越し屋さん大変そう。


でもね、これでも主人にしてみれば「相当処分した」んです。
▶捨てられない主人が堂々の「捨てる」宣言!決意の程を感じます。

引っ越しが決まってから今まで、荷物に関して私もやいのやいの言い続けてきましたが、もうじゅうぶんです、てか諦めた(笑)。
ここまで減らしてくれて、自分で荷造りしてくれました。
そして、引っ越し後は自分の部屋に全部収納する、他の部屋は好きにしていいよと言ってくれているんです。
むしろ感謝しないといけないです。 ありがとう。

引っ越しは荷物整理の絶好の機会

人生でそう何回も引っ越しをするわけではありませんが、今回の引っ越しでは私も主人も
自分の持ち物をすべて見直すことができた
という点では一致していますし、良かったと思っています。 

ミニマリストが正義ではありません。
その人によって適正量があり、それで満足しているなら良し。

そう思ってこれからも主人と向き合い、自分の持ち物とも向き合っていこうと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「引っ越し頑張れ!」の1クリックを頂けるととっても嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ  

ほんとやれやれ、ですよ。こんにちは、坊主女です。引っ越しまであとわずか。さすがに引っ越しのことしか考えられず、頭がパッツンパッツンになってます。頭痛だけは縁のなかった私を襲ったモーレツな片頭痛実はこの記事を書いている今もめちゃくちゃ痛いんです、頭。お正月 ... 続きを読む
ほんとやれやれ、ですよ。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しまであとわずか。
さすがに引っ越しのことしか考えられず、頭がパッツンパッツンになってます。

頭痛だけは縁のなかった私を襲ったモーレツな片頭痛

face-1013519_640
実はこの記事を書いている今もめちゃくちゃ痛いんです、頭。

お正月休みも終わり、いよいよ引っ越し準備も本格化。
荷造りはさておき各種手続きや振り込み、食材整理。
▶引っ越しまであと10日なのに、荷造りがまったく進んでいない理由  
▶ここまで使い切った調味料。なければないで「なんとかなる」。 

こういう段取りは決して嫌いではないのですが、いかんせん「完璧」を求めてしまう性分。
いつまでにこれを終わらせ、これはこの日にする。

そんな「先のこと」ばかりを考え、またしても「見えない不安」がむくむくと表れた結果、
「今、ここ、集中!」
と引き留めてくれたのは暴力的なまでの片頭痛でした。

昔から、体調不良でも頭痛にだけはならなかった私。

片頭痛ってこんなに痛いのね・・・
しかも「片」って書いてあるのに両方痛いのね・・・
もうちょっとお手柔らかに引き留めてくれないかしら・・・

自分の体に囁くも、まるで孫悟空の頭の輪っかのように締め付けてくる私の体。
やれやれ。

不安を手放したければ「今、ここ」に集中する

これ、以前自分で記事にしてるんですよね。
▶不安を手放すシンプルな方法。それは「今、ここ」に集中すること。

この記事を読んで
「なんかいいこと書いてるな~、私」
って思いましたが(アホか)、忘れているということは不安が勝っているということ。 

引っ越し当日のことなんか誰にもわからないのに、不安になってあれもこれもと考えたり。
何パターンも可能性を考えて、頭がパンクしそうになったり。

そんなことしててもどーしようもないんですよね。
今できることを粛々とこなす。
それが明日につながり、1週間後につながるのですから。 

改めて
「今、ここ、集中!」
と自分に喝を入れたいと思います。


そして最後にお詫びです。
このような状況のため、当ブログの更新が一時的に滞る可能性があります。
スマートフォンを使うなどしてできる限り更新していきたいとは思いますが、現実の引っ越しを優先させて頂くことになるかと思います。

当ブログの更新を楽しみにいて頂いている読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、
何卒ご容赦頂きますようよろしくお願い致します。 


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「引っ越し頑張れ!」の1クリックを頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ  

たまに野球好きが顔を出します。こんにちは、坊主女です。私にとっての新年は引っ越したあとだなぁ、と思うぐらい気持ちが引っ越しに向いてしまっています。 ▶引っ越し先が決定!ミニマリストとしてどんな部屋を作る?ワクワクが止まりません!でも、実は荷造りの方はまっ ... 続きを読む
たまに野球好きが顔を出します。
こんにちは、坊主女です。

私にとっての新年は引っ越したあとだなぁ、
と思うぐらい気持ちが引っ越しに向いてしまっています。 
▶引っ越し先が決定!ミニマリストとしてどんな部屋を作る?ワクワクが止まりません!

でも、実は荷造りの方はまったく進んでいないのです。 
stop-634941_640

荷造りが進んでいない理由

夏休みの宿題は7月中に終わらせていたぐらい、昔から早め早めの行動を取る私。
今までの引っ越しだったらとうの昔にあらかたの荷造りは終わっていました。

でも今回はまだ何も荷造りしていません。
(主人の荷物は主人にやってもらっていますよ)。 

なぜでしょうか。


①持っている物がすべてレギュラー
2軍選手どころか控え選手もいません。 
私は選手9人しかいない野球部の監督みたいなものです。 
1人欠けたら試合ができない=生活できないんですよ。

いや~、いい例えだ(笑)。
つまり、持っている物がすべて生活に必要なため、荷造りしてしまうことができないんですよね。


②荷造りするほど物がない
最終的には荷造りしますが、 レギュラー陣を詰めたとしても物がそんなにありません。

なので、掃除はともかく荷造り自体は直前でも間に合います。


③心に余裕があるので「どん!」と構えていられる
早め早めの準備をしていた昔は、心に余裕がなくて常に焦っていたように思います。

ミニマルに過ごしている今は、気持ちを煩わされる物事が減ったので心に余裕があります。
「なんとかなるさ」と構えていられます。

ミニマルライフとの出会いに感謝、感謝

thank-you-362164_640
もし、ミニマルライフに出会うことなく今回の引っ越しを迎えていたら・・・
と思うとぞっとします。 

引っ越しまでの荷造りも大変なら掃除も大変。
きっとイライラが爆発していたんじゃないかな。 

これだけ物が少ないと本当に楽です。
そして、荷造りや掃除の時間を別のことに充てることもでき、残り少ないこの土地での日々がとても充実しています。

ミニマルライフに出会えたことに本当に感謝したい。
そして、引っ越しに向けてまだまだ物を減らしていきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ  

ワクワクしすぎて夜も眠れません(笑)。 こんにちは、坊主女です。   やっと、やっと引っ越し先の部屋が決まりました!  待ちに待った部屋探しの日。一発で決まりました。 今回の引っ越しは、義父が倒れたことで主人がUターンを決めたことが理由です。 Uターンなら実 ... 続きを読む
ワクワクしすぎて夜も眠れません(笑)。

こんにちは、坊主女です。

 

やっと、やっと引っ越し先の部屋が決まりました!

skiing-1569135_1280

 待ちに待った部屋探しの日。一発で決まりました。


今回の引っ越しは、義父が倒れたことで主人がUターンを決めたことが理由です。

Uターンなら実家に戻るんじゃないの?と言われそうですが、主人の実家は老朽化が進んでいて、建て替えなり改修をしないと残りの人生が過ごせそうになく、そのため一旦は実家の近くに部屋を借りることになりました。

▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

▶引っ越し前に直面した問題。同居?別居?二世帯住宅?

 

引っ越しを決めたのは8月末でしたが、引っ越し時期は年明けと決めていたので、ここに来てやっと部屋探しとなりました。

かねてから連絡していた不動産屋さんに出向き、数件案内してもらいましたが・・・。

結局、部屋を決めるのなんてインスピレーションだけなんです。

主人はもう少し迷いたかったみたいですが、私の直感で即決(笑)。

とてもいい部屋に決まり、大満足です。

 

2LDK→3LDK。間取りを増やした最大の理由。


新居は3LDK。現在の部屋と広さはほぼ同じですが、間取りが増えました(写真を撮っておくべきだったのですが興奮しすぎていて忘れてしまいました・・・)。

ミニマリストなうえに夫婦二人暮らし、部屋数多くない?と思われるかもしれませんが、これには大事な大事な理由があるのです。それは・・・。

 

主人の部屋を確保したかった。

 

これです。これがすべてです。

私のブログに度々登場する主人ですが、物が捨てられないマキシマリストです。

引っ越しに向けて彼なりに頑張って整理をしているものの、私の5倍は物があります(大げさではなく)。

こんなものやあんなものです。

img_2711 img_2557

▶大量のぬいぐるみの処分に困っています・・・主人の、ですけど(笑)

▶主人の断捨離も始まりました。オークション代行会社を利用しながら一歩ずつです。

 

主人からしてみれば、自分の部屋があれば好きな物を好きなだけ置くことができますし、私にやいやい言われる(笑)こともないというメリットがあります。

逆に私にしてみれば、それ以外の部屋に主人の物を置かなくて済むので、物の多さにイライラすることもなければ、自分好みにスッキリした部屋を作ることができるというメリットだらけです。

二人の利害関係は完全に一致。ですので二人にとって理想の部屋が見つかったというわけです。

もちろん、家賃も今までより2万円弱も(!!)安くなりました。駐車場込みで、です。

もう大満足!です。

 

ミニマリストとしてどんな部屋にしよう…楽しみです!


render-1821635_1280

「物を整理するには引っ越しが一番」

本当にその通りだと思います。

押入れの奥で忘れ去られていた物、後生大事に取っておいた物、整理するにはもってこいです。

 

そして、新しい部屋をどのように仕上げるか。

物の配置は?色は?収納は?

考えれば考えるほどワクワクしてきて夜も眠れません(笑)。

これから忙しくなりそうですが、皆様の断捨離や部屋作りの参考となるよう、随時記事を更新していきたいと思います。


いつも当ブログにお越しくださりありがとうございます。
「読んだよ!」の代わりにでもポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

これだけ寒くなっても、坊主頭には直射日光はものすごく熱いと知りました。 こんにちは、坊主女です。   ブログの更新が少し滞ってしまいました。でも、坊主女は元気です。 無事、最終出社日を終えることができました。 10月31日が最終出社日だったのでもう随分昔のこ ... 続きを読む
これだけ寒くなっても、坊主頭には直射日光はものすごく熱いと知りました。

こんにちは、坊主女です。

 

ブログの更新が少し滞ってしまいました。でも、坊主女は元気です。

love-1139688_1280

無事、最終出社日を終えることができました。


10月31日が最終出社日だったのでもう随分昔のことのように思えるのですが、おかげさまで無事最終出社日を終えることができました。

 

体調は良くなってきていたとはいうものの、最後の一週間は引継ぎや最後の仕事の処理などでいっぱいいっぱいで、そこから回復するのに少し時間がかかってしまったのかな、と思います。

とはいえ、新しく入って来てくださった女性もとてもチャーミングな良い方で、少ない引継ぎ期間にできるだけのことを吸収しようとして下さり、本当に感謝しています。

そして、「この職場の雰囲気が私にはとても合っているので長く続けられそうです」とも言って頂き、嬉しい限りです。

引継ぎ自体も、実質は3日間しかなかったのですが、お伝えすべきことは可能な限りお伝えすることができ、充実感と安堵の気持ちで仕事を終えることができました。

また、お世話になった職場の皆様も最後まで色々と気遣ってくださり、退職後の手続きなども恐縮するぐらい段取りをしてくださいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

引っ越しというやむを得ない事情、また、体調を崩すという個人的な事情での退職にも関わらず、退職を惜しんでくださった職場の皆様には、御礼の言いようがありません。

この職場で働くことができて本当に良かった、と心から思いました。

 

体調はどんどん回復してきています。


職場のいざこざが原因でうつ病になったわけではなかったのですが、「うつ病には休息が一番」と言われるように、退職してしっかり休むことができるようになってからみるみる体調は回復してきています。

通っている病院の先生も、退職後に伺った時には「初診の時と比べると見違えるほど元気になってるよ。もう大丈夫」と言ってくださいました。

また、主人も「仕事を辞めてから本当に穏やかになったね。良かった」と言ってくれています。きっと、よほどしんどそうでピリピリしていたのだと思います。

 

無理や焦りは禁物ですが、ありがたいことに今の私には時間がたっぷりあるので、休息しながらいろんなことを進めていけたらと思います。

 

また、このブログにも遊びに来てやってください。


thank-you-620512_1280

少し思うところがあり(それについては別の記事で書こうと思いますが)、ブログの方向性や記事の更新頻度など、以前とは少し変わるかと思います。

でも、私は自分で続けているこのブログが大好きなので、これからも更新は続けていきます。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。


 
この記事がつまらなかったら押さないでください。
でも、あなたの心に何かを残せたのなら、是非1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

暖かくではありません。生暖かく見守ります。 こんにちは、坊主女です。   今回の引っ越しに向けた主人の決意には並々ならぬものがあります。 「できるところから整理していく」と意気込んでおります。   手をつけたのはこちらから。 「まずはこれを整理しないと・・ ... 続きを読む
暖かくではありません。生暖かく見守ります。

こんにちは、坊主女です。

 

今回の引っ越しに向けた主人の決意には並々ならぬものがあります。

「できるところから整理していく」と意気込んでおります。

 

手をつけたのはこちらから。


「まずはこれを整理しないと・・・」と手をつけたのはこちらからです。

img_2557

じゃーん!

ガンプラを始めとするプラモデルなど。要するに「おもちゃ」です。

男性ってなんでこういうのが好きなんだろうなぁと思いますが。

 

まだまだありますよ。

ほら。

img_2558

ほら。

img_2559

これでも写真は所持品のほんの一部らしいです。私の興味がないから写真も説明も雑なこと(苦笑)。

 

主人は名残惜しそうにしていましたが、半ば無視して(笑)梱包を続ける私。

img_2566

 

そうなのです。今回、主人のおもちゃ類はオークションに出すことにしたのです。

とはいえ、私も主人もオークションのことはまったくわからないので、オークション代行会社である神戸オークションさんにお願いすることに。

 

主人は、元々プラモデル類は処分するつもりでいましたが、私がオークション代行会社の存在を教えると「それなら是非お願いしようよ」と俄然ノッてきました(ゲンキンな奴め)。

でも、「組み立て後のプラモデルは売れないんじゃないかな・・・」と心配していたのでメールで確認したところ、「組み立て後の物も取り扱っています」との迅速なお返事。安心してお願いすることにしました。

段ボール、梱包材(プチプチ)などを合わせてすぐ届けて頂き、現在梱包中です。

どれだけの物をオークションにかけて頂けるかわかりませんが、またこちらのブログでご報告したいと思います。

 

処分の方法は多様化している。だから賢く使う。


昔は物を処分する方法など限られていましたが、今は買い取り専門店も沢山ありますし、オークションやメルカリなどのフリマアプリまで誕生しています。

時間があり、写真を撮ったりやりとりしたりという手間をかけられる方や、そういう作業そのものが楽しい方はご自分でされればいいと思うのですが、私のように「めんどくさがり」タイプは丸投げできた方がとても助かります。

確かに手数料などは取られてしまいますが、それを自分でやることによって取られる時間と感じるストレスを天秤にかければ安いものです。

何より、「自分は要らなくても、『欲しい』と思ってくださる方のところでまた使ってもらえる」と思うと、物を処分するハードルがググッと下がります。

 

これからは主人の物を処分していくことが多くなります。

様々な処分方法を賢く利用しながら、主人の断捨離を生暖かく(笑)見守っていきます。


 
この記事がつまらなかったら押さないでください。
でも、あなたの心に何かを残せたのなら、是非1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

「さそり座なんです」と言うと「やっぱり」と言われます。なんでやねん。 こんにちは、坊主女です。   まず、前回の記事(「田舎暮らしに車は必須」と言う主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの?)には沢山のコメント本当にありがとうございました。一つひとつのア ... 続きを読む
「さそり座なんです」と言うと「やっぱり」と言われます。なんでやねん。

こんにちは、坊主女です。

 

まず、前回の記事(「田舎暮らしに車は必須」と言う主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの?)には沢山のコメント本当にありがとうございました。一つひとつのアドバイスが心に沁み、支えになりました。また、お読み頂いた皆様にも感謝いたします。

 

意を決しての話し合い


その夜、再び話し合いをしました。

私はやはり「暮らし始めてからでも遅くない」と言い張り、主人は「車は必ず要るから帰るまでに買っておきたい」と譲らない。それどころか、今回の引っ越しそのものやお互いの考え方、ずっと溜まっていた日頃の鬱憤までが飛び出してきて最悪の展開になってしまいました。

 

連日夜遅くまで話し合い、結論も出ず、私も主人も心身共に限界を迎えていました。

そして、私の中で「ぷつり」と糸が切れました。

 

もう疲れた。どうでもいい。

 

本当にそう思いました。

問題から逃げたと言われようが知ったこっちゃない。もう知らない。

ところがです。その時にひらめきがありました。

 

もしかして私、車に執着してた?


man-390339_1920

そうです、車に執着していたのは主人ではなく私の方だったのです。

車は必要ではない、と言っておきながら、しかも所有してもいない物に対してとんでもない執着心を持っていたのです。

 

そのことに気づいてからは簡単でした。

物への執着を捨てることがミニマルライフへの第一歩であるならば、車を所有するしない以前に「車に対する執着」を捨てることこそがミニマルライフだと思ったのです。

こうして私は「心のミニマル化」をすることができ、心をとても軽くすることができました。

 

問題は一気に解決へ


その夜、私は主人に、

「車のことはもうあなたに任せるから、好きにしてくれたらいいよ」

と言うつもりでした。ところが主人は主人で帰宅後、

「車の購入、もう少し待とうか」

と言ってきたのです。

私が車への執着を手放しただけで、お互いに歩み寄りの姿勢が生まれたのです。驚きです。

 

それでも、主人は元々この連休中に義父の様子を見に帰省し、そのついでに地元のクルマ屋さんに車を見に行く予定をしていたので(しかも車種まで決めていました(笑))、実際に車を見て良ければ買う、いまいちなら買わない、という形になりました。

 

そして今日、一本の連絡が。

 

「車の購入はもう少し先にします」

 

ほっとしました。さらに、「今回は残念だったけどもっといい車が見つかるよ」と主人に声をかけることすらできました。

 

物を持たないだけがミニマルライフではない。それよりも、「物への執着」を捨てることこそがミニマルライフなのだ。

今回の一件は、私をミニマリストとして大きく成長させてくれました。本当に感謝です。


 
この記事がつまらなかったら押さないでください。
でも、あなたの心に何かを残せたのなら、是非1クリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ