坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:家×ミニマリスト > 台所×ミニマリスト

「鉄」という字からどうしても「料理の鉄人」を連想してしまう。こんにちは、坊主女です。以前にご紹介した「整理収納5つの鉄則」、皆様覚えてらっしゃるでしょうか?▶︎「知っておいて損はない!【整理収納5つの原則】適正量の決定動作・動線にかなった収納使用頻度別収納 ... 続きを読む
「鉄」という字からどうしても「料理の鉄人」を連想してしまう。
こんにちは、坊主女です。

以前にご紹介した「整理収納5つの鉄則」、皆様覚えてらっしゃるでしょうか?
▶︎「知っておいて損はない!【整理収納5つの原則】
  • 適正量の決定
  • 動作・動線にかなった収納
  • 使用頻度別収納
  • グルーピングの活用
  • 定位置管理
この5つでした。

ではこれらの鉄則をどのように使っていけばいいのか?
それには実践が一番!
というわけで、今回は自宅のキッチン引き出しを整理収納してみました。

<目次>

整理前の引き出し

さっそく整理前の引き出しの画像をお見せします。
引き出し 前
物はある程度減らせている=整理はできている状態です。
ですが使いやすい状態=収納ができているか?というと答えはNO。

一番使いにくいのがこのケース内です。
カトラリー 前
いわゆる「カトラリー」はこのケースにすべて収まっています。
アイテム数が少ないからできることですが、実はとても取り出しにくくて。

このケース内の物をどう使いやすくするか?をメインに収納を考えました。

整理後の引き出しと、使った鉄則

それでは整理後の引き出しです。
引き出し 後
私としては以前よりも相当使いやすくなりました。

では、実際に使った鉄則です。

①グルーピング
私がグルーピングしたのはここです。
カトラリー 後
お箸、箸置き、コースター。
これらは毎日の食事で必ず使うのですが、今までバラバラの所にありました。
それを一つにまとめることで、準備の際にこのまま持っていくこともできるようになり、大変便利になりました。

②使用頻度別収納
先ほどグルーピングしたのは、カトラリーの中でも「毎日使う」物。
毎日ではないがよく使う物のために、100均でこのようなケースを買ってきました。
ケース2個
小物が多い引き出しは開け閉めの度に中の物が動くので、「区切る」のは大変有効です。

さらに、予備としておいてあったこれら。
予備
今後必ず使う予定はあるものの、今は使っていません
なので別の場所へ移動させました。

毎日使う物、毎日ではないがよく使う物、使う予定はあるが今は使っていない物。
こういった「使用頻度」によって収納場所を分けることで引き出しがスッキリしました。

鉄則を使ってみた感想

今回実際に引き出しを整理してみて、様々な感想を持ちました。

まずは整理の道筋がシンプルになったということ。
この場所を使いやすくしたい、そのためにどうするか?
と考える時に、鉄則をあてはめていけば解決につながることがわかりました。
手段に迷いがなくなる、という点で整理の道筋がシンプルになったと感じます。

次に、鉄則はどこにでも応用できるということ。
今回は引き出しという小さい場所でしたが、今までと比べて格段に使いやすくなりました。
これは場所を問わず、空間の大きさを問わず(押入れなども)応用できると感じました。

今まで苦手だった収納がどんどん楽しくなってきています。
ぜひ皆さんも「整理収納5つの鉄則」を色々なところで試してみてくださいね。

ステップと聞くと、♪スコ〜ン スコ〜ン コイケヤスコ〜ン♪を思い出す。こんにちは、坊主女です。 今の若い人は知らないよね、このCM(苦笑)。それはさておき、食器の収納は誰もが悩むところだと思います。 それはキッチンの大きさを問わず、食器の量を問わず。 でもやっ ... 続きを読む
ステップと聞くと、♪スコ〜ン スコ〜ン コイケヤスコ〜ン♪を思い出す。
こんにちは、坊主女です。

今の若い人は知らないよね、このCM(苦笑)。

それはさておき、食器の収納は誰もが悩むところだと思います。
それはキッチンの大きさを問わず、食器の量を問わず。
でもやっぱり、少ないからこそできることもあります。


<目次>

我が家はシンク下に収納しています

今の家はキッチンが小さく、食器棚など到底置けません。
それに、私は一人暮らしの頃からずっと食器はシンク下に収納していたので、特に抵抗もありませんでした(抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)。

今収納しているのはこのスペースです。
IMG_4112
ここを開けると・・・
IMG_4122
こんな感じ。棚は元からありました。

下にはニトリのすべり止めシートを敷いています。
滑り止め ニトリ   滑り止めシート 説明
他のシートに比べてお値段は高いです(35×180で税込399円)。
その代わり、本当にすべらないのでシートのずれるストレスがありません。

食器の数は夫婦二人暮らし、少し多いでしょうか。
あとは統一感がない(笑)。

実はあまり自分で買った食器がないんです。
母から譲り受けた物がほとんど、あとは主人が持ち込んでくれた物など。
100均で買った食器も多くあります。

そのあたりにこだわりはないんですよね。
でも、食器の置き方にはこだわりがあります。

取り出す時の基本は1ステップ、多くて2ステップまで

これはどういうことかというと。
例えばこの味噌汁やスープを入れるお皿。
IMG_4124
これは毎日使うお皿なので、一番手前に一種類だけで置いています。
これが1ステップ。

続いてこちら。
IMG_4127
おかずを盛るお皿ですが、大きくて重い物が多いのでやはり手前に。
かつ、サイズが不揃いですが、全てを毎日使うわけではないので入れ子にしています。

一番上のお皿はもちろん1ステップで取れます。
一番下のお皿もこのように。
IMG_4125
上のお皿を持ち上げるのに1ステップ、目的のお皿を取るのに1ステップ。
合計2ステップで取り出せます。

目標は「すべての食器を1ステップで取り出せるように」ですが、今の所はここが限界。
改善の余地があるのも楽しみの一つと思って、今後も取り組もうと思います。

手順をミニマルにすれば、家事が楽になる

食器が大量にあった頃は、収納のための棚をいくつも買って重ねていました。
そこへ入れ子にしたお皿を置くわけですから、目当てのお皿を出すのがとても大変で。

今は日々使うお皿だけに減らしたおかげで、出し入れの手順もミニマルになりました。
手順が減ると、それだけで家事はグンと楽になります。
時間も短縮できますし、ストレスも減ります。

その一歩はやはり「物を減らす」こと。 
食器に限らず、定期的に見直していきたいです。

こんにちは、坊主女です。約1ヶ月前、パックスナチュロンの台所用スポンジをご紹介しました。(関連記事:台所用スポンジなんて、どれも同じだと思ってました(40代女性))水切れ良し、泡立ち良しなこのスポンジ。ただ、その際は購入して1週間ほどだったため、耐久性までわ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

約1ヶ月前、パックスナチュロンの台所用スポンジをご紹介しました。
(関連記事:台所用スポンジなんて、どれも同じだと思ってました(40代女性)

水切れ良し、泡立ち良しなこのスポンジ。
ただ、その際は購入して1週間ほどだったため、耐久性までわかりませんでした。
今回はその耐久性がどれほどのものかをお伝えできればと思います。

<目次>

パックスナチュロンの台所用スポンジって?

パックスナチュロンは太陽油脂株式会社さんが展開されている石鹸や洗剤のブランドです。
(公式サイトはこちら→http://www.paxnaturon.com/

天然の植物油を主原料にされているので、肌や髪にとっても優しいそう。
そんなパックスナチュロンの台所用スポンジがこちらです。
IMG_3904

色はこれ以外にピンクと青があります。
インターネットでも買えますが、私は街に出た時に(笑)東急ハンズで買いました。
近所のスーパーレベルでは残念ながら売っていないみたいです・・・。

定価は1個で150円(税抜)。
値段だけ他のスポンジと比べれば「高い」と思われるかもしれません。
ですが水切れの良さ、泡切れの良さといった衛生面を考えると「安い」ぐらいじゃないかな、と私は思います。

1ヶ月使用しても変わらない性能に驚き!

我が家は基本的にはアクリルたわしを使っているので、すべての食器をこのスポンジで洗っているわけではありません。
▶︎食器洗いにアクリルたわしを使えば、節約・安全・時短・ツヤ肌!

逆に言うと、アクリルたわしで対応できないひどい汚れや油汚れ担当がこのスポンジ。
さて、1ヶ月でどのように変わったでしょうか。
先の画像が買った直後、後の画像が現在です。
パックスナチュロン 購入時 パックスナチュロン 1ヶ月後
ほっとんど変化なし!
私、どっちがどっちかわからなくて画像処理困ったぐらいです(笑)。

朝昼晩とフル稼働でなかったのは確かですが、それは今までのスポンジも同じ。
それなのにこの変わらぬ美形はなんてこと!!
もちろん水切れ、泡切れ、泡立ちも変化ありません。

スポンジは定期的に買い換えた方がいいんでしょうが、
ここまで性能が落ちないなら当分使ってしまいそうです(苦笑)。

<最後に>良い物を長く使い、使い切る

以前の私は、特に消耗品について「安物買いの銭失い」を地で行っていました。
性能よりも安さ、とにかく1円でも安く。
そんな風に購入した物は結局傷みも早く、買い換えの頻度が上がるだけでした。

一つひとつの物としっかり向き合えるようになった今、物を選ぶ基準は
長く使える良い物かどうか
に変わりました。

消耗品とはいえ、むしろ消耗品だからこそ良い物を長く使い、使い切る。
その姿勢を忘れずに、これからも物と向き合っていきたいと思います。


「-40℃の世界ではバナナで釘が打てます」というCMに衝撃を受けた子供の頃。こんにちは、坊主女です。「生ゴミを!冷凍保存なんて!!」とタイトルを見てのけぞったアナタも。「すでにやってるよ~」というアナタも。生ゴミの冷凍保存はメリットばかり。1ヶ月間続けてみて心 ... 続きを読む
「-40℃の世界ではバナナで釘が打てます」というCMに衝撃を受けた子供の頃。
こんにちは、坊主女です。

「生ゴミを!冷凍保存なんて!!」
とタイトルを見てのけぞったアナタも。

「すでにやってるよ~」
というアナタも。

生ゴミの冷凍保存はメリットばかり。
1ヶ月間続けてみて心から思います。

始めたきっかけ

私は1月半ばに主人の故郷に引っ越しました。

そこで真っ先に直面したのが「ゴミの分別」問題。


今まで「分別が面倒→ゴミを減らせばいいじゃない」と思い、試行錯誤を重ねていました。

現在徐々にゴミは減ってきていますが、生ごみは完全にゼロにはなりません。

かといってゴミ箱に放置していると、冬場でも臭いや汚れは気になります。

それなら、食材と同じように冷凍保存すれば長く保管できるのではないか?と考えたのです。 


だって、その日に調理するまでは食材だった物ばかり。

毎日処理すればなんの問題もないと考えました。

私のやり方

では実際にどのようなやり方をしているのかをご紹介します。

①一日の終わりに生ゴミをまとめる

私は三角コーナーを使わず、普通にスーパーでもらえるこんなゴミ袋を使っています。
IMG_3514

一日が終わってまとめるとこれぐらい。
IMG_3888
夫婦二人暮らし、もう少し多くなる日もありますがだいたいこの程度です。

②急速冷凍できるスペースに入れる

ありがたいことに今使っている冷蔵庫には「急速冷凍用スペース」があります。

真ん中右がそのスペース。
IMG_3853 IMG_3855
そこで夜の間に冷凍してしまいます。

でも「急速」モードは使いません。
他の食材と分けて冷凍するために使っているだけだからです。

③翌朝、メインの冷凍庫に移動

冷凍庫にはこのような箱を置いています。
IMG_3843
セリアで買った普通のタッパーです。

容量は1リットルや3リットルの物もあります。

私がなぜこタッパーにしたかというと、
  • ゴミが目に見えた方が「減らそう」と意識する
  • 少し小さめの方が「減らそう」と意識する
という、「減らす」を強制的に意識するためです。

このタッパーを冷凍庫の隅にセットし、入れ替えます。
IMG_3856

④燃えるゴミの日に捨て、タッパーを洗う

燃えるゴミの日の朝、ゴミ袋に入れ替えて捨てれば終了。

空になったタッパーはその時に洗うと決めているので、洗い忘れもありません。

感じたメリット

このサイクルを1ヶ月間続けてみましたが、本当にメリットばかりです。

①ゴミ箱の臭いや汚れが気にならない

なぜ人はゴミ箱に嫌悪感を抱くのか。
それは、生ゴミから発せられる臭いや汚れのせいなのだと今回はっきりわかりました。

生ゴミがなければ、それ以外のゴミからはほとんど臭いは出ません。

私が使っているこのゴミ箱でも、快適です。
IMG_3468
山崎実業 ゴミ箱 分別ゴミ袋ホルダー ルーチェ ブラック 7553

②ゴミ捨てが週1回で済み、ゴミ袋のサイズも最小に

私の住んでいる地域は、燃えるゴミの収集は週2回です。

でもゴミ箱から臭いも出なければ腐りもしないので、1週間溜めることができます。

さらに冷凍してしまえば砕いてかさを減らせるので、ゴミ自体もコンパクトになります。

おかげで、「大中小」とあるゴミ袋の「小」で一週間分のゴミが捨てられるようになりました。

③食材を使い切る、を一層意識するようになった

ゴミに意識をしっかり向けることで、食材を出来る限り使い切ろうという意識がとても高まりました。

今まで捨てていた野菜の皮やヘタもお味噌汁へ入れたり、茶殻はほうきでの掃き掃除の際に、埃が舞わないように撒いたり。

このように「食材に感謝し、使い切る」を意識できるようになったのは何よりも良かったと思っています。

<最後に>ゴミの量はミニマルライフに比例する

「断捨離」という言葉の最初に「断つ」という漢字が使われているように、物を減らす際には「物が入ってくる道筋を『断つ』」ことがとても大事です。

入ってくる物が減れば出ていくゴミが減るのも当然の話。


また、ミニマルライフはただ捨てるだけではなく一つひとつの物を大切に使い、使い切る暮らしです。

使い切れば中途半端なゴミは出ません。

このようにミニマルに暮らせば暮らすほど、ゴミの量は減っていきます


今現在、我が家のゴミの量はどれくらいだろう。

私も、自身のミニマルライフの指標として見ていきたいなと思います。

A型のくせにO型の主人よりはるかに大ざっぱ。こんにちは、坊主女です。たかがスポンジ、されどスポンジ。小さなストレスを放っておくと大変なことになるのです。<目次>慣れ親しんだスポンジに募る不満 ミニマリスト御用達?のスポンジに感動 <最後に>小さなストレスで時 ... 続きを読む
A型のくせにO型の主人よりはるかに大ざっぱ。
こんにちは、坊主女です。

たかがスポンジ、されどスポンジ。
小さなストレスを放っておくと大変なことになるのです。


<目次>

慣れ親しんだスポンジに募る不満

ミニマルライフを始めてから、食器を洗う際は基本的にアクリルたわしを使っています。
▶食器洗いにアクリルたわしを使えば、節約・安全・時短・ツヤ肌!

裏を返せば、スポンジを使うのは油汚れがひどくて洗剤が必要になる場面。
ではどんなスポンジを使っていたかというと・・・。
IMG_3908

単体で撮ると気持ち悪いな。
とにかくもこれを愛用していたんです、なんとなく。

・・・おかしいですよね、なんとなく愛用って。
そうなのです。

新しいスポンジに替えるって言ってもどれがいいかわからないし、
考えるの面倒だからいつものでいいや。


こんなミニマリストにあるまじき思考回路でずっとこのスポンジを使っていました。

ですが、「物と向き合うミニマリスト」が目を覚ました先日。
スポンジを眺めながら沸き起こってきたのは「不満」の二文字。
  • 泡切れがすこぶる悪い
  • へたるのが早い
  • てか、不衛生じゃね?
アカン!すぐスポンジ探しの旅に出ないと!

ミニマリスト御用達?のスポンジに感動

スポンジ探しの旅先はインターネット(笑)。
他のミニマリスト様のブログを彷徨いつつ、私が選んだのは
パックスナチュロン」のキッチンスポンジです。
IMG_3904

購入の決め手は「泡切れが良い」という皆様のお言葉。
実際使ってみると・・・。

切れる!超切れる!

スポンジ自体の泡切れも良いのですが、洗った食器の洗剤すらすぐ切れる!
これには感動しました。どうなってんだろ?

あとは耐久性ですが、まだ使って1週間なので正直わかりません。
ただ、以前の物は1週間でも「ぐんにゃり」してきましたが、こちらは角もピンピンしています。
かなり持ちそうな予感。

ちなみに、スポンジの収納はこんな風にしています。
IMG_3913
シンク周りには極力何も置きたくなかったのですが、これだけは致し方ないと思っています。
でも、このスポンジ泡切れだけじゃなくて水切れもすごくいいんです。
だからゆくゆくはシンク下に収納できるかな・・・、なんて考えています。

<最後に>小さなストレスで時間を浪費しない

小さなストレス?そんなの我慢すればいい。
そう思っていらっしゃる方もあるかもしれません。

ですが、今回のスポンジを例にとってみると、
  • 「泡切れが悪いなぁ」とイライラする時間
  • 実際に泡が切れるまでの時間
  • 買い替えに行く時間(へたるのが早いので頻度も上がる)
とこんなにも時間を浪費していることがわかります。
そして一回一回はわずかでも、これが1ヶ月、1年と続けば膨大な時間になります。

何度もお伝えしているように、時間は私たちにとって貴重な資源
その資源を無駄遣いしては、日々の暮らしにゆとりを持つことなどできません。 

小さなストレスこそ見逃さず、解決していく。
こうすることで時間を作り出すことができ、心のストレスも解消されていきますよ。



「ティファール」ってそのまま言えます?「ファ」が強くなりません?(CMのせい) こんにちは、坊主女です。 我が家は引っ越しを機に、ガスコンロからIHクッキングヒーターに買い替えました。その際、IHに対応していない大量の鍋を断捨離し残ったのがこれだけ。 鍋が、1つ ... 続きを読む
「ティファール」ってそのまま言えます?「ファ」が強くなりません?(CMのせい)
こんにちは、坊主女です。

我が家は引っ越しを機に、ガスコンロからIHクッキングヒーターに買い替えました。

その際、IHに対応していない大量の鍋を断捨離し残ったのがこれだけ。
IMG_3245
鍋が、1つしかない・・・。
そのため新しい鍋の購入は必須でした。

<目次>

吟味のうえ、ティファールの「ウォックパン」を購入!

せっかく強制的な断捨離をしたのだから、極力鍋は増やしたくない。

それなら「1台で何役もこなせる鍋」を探すべし!


そう思って吟味に吟味を重ね、購入したのがティファールの「ウォックパン」です。
IMG_3288


28㎝とありますが、鍋底は20㎝です。

深さを手持ちの鍋と比較してみます。
IMG_3422
なかなか深い・・・。

実は私にとって、この「深さ」が購入の決め手でした。

炒め物に煮物、幅広く使えると思ったためです。

そしてその読みは的中しました。

実際やってみた調理法を紹介します

では、実際にこの「ウォックパン」を使ってどんな調理が出来たかをご紹介します。

①炒める(チャーハンや野菜炒め)

「炒め鍋」と銘打っているだけあって、炒め物には大活躍!

今までは普通のフライパンで炒め物をしていました。

でも、炒めている際に具が鍋から飛び出したり(ガサツなので・・・)、油もビシバシ飛び散ったりというのがちょっぴりストレスだったのです。


ウォックパンなら深さもあり、飛び散る心配なし!

これは本当に嬉しかったです。

②煮る(肉じゃがやシチュー類)

夫婦2人暮らしですが、主人がよく食べることもあり1回でルー1箱分は作ります。 

そんな量も余裕のよっちゃん(笑)。

炒める→煮るの作業もスムーズでした。

③焼く(主に魚、干物)

購入したIHクッキングヒーターはグリルがないため、フライパンで魚を焼く必要がありました。

しかしこれも問題なし!

鍋底が20㎝ありますから、鮭の切り身なら3切れは余裕を持って並べられます。

塩焼き、照り焼き、ムニエル、どんとこい!

さらにこんなに大きな干物も!
IMG_3412
ジップロック(大)と並べてみても大きいこちら(これで200円も嬉しい)。

これがちゃんと2匹並ぶんです。

懐が深いぜ、ウォックパン。

④茹でる(パスタやうどん)

ここまで来ると楽勝モードが漂います。

実際に3人前までは茹でましたが、なんの不都合もありませんでした。

取っ手が取り外せるタイプではない分、湯切りの際の不安定感もなかったです。


このように、ウォックパンは本当に色々できるというのが素直な感想です。

メインの料理はウォックパンで作り、少量の煮物や日々のお味噌汁は小さい方の鍋で。

サラダなどを添えれば十分な食卓になります。

<最後に>少ない方が、やっぱりいい

お子さんや家族が多いご家庭で「鍋二つ」は難しいかもしれませんが、 私達のような夫婦二人暮らしの場合はなんの不都合はありません。

むしろ、今となってはなぜあんなに沢山の鍋を持っていたのかと不思議に思っています。

鍋が二つになったことで収納もかさばらなくなり、献立もシンプルに考えることができるようになりました。


少ないって、やっぱりいい。
これからも持ち物を減らし、すっきりシンプルな暮らしにしていきたいです。

坊主頭も7ミリ→5ミリ→3ミリと変遷中。こんにちは、坊主女です。ミニマリストと三角コーナーは犬猿の仲なのか!?というぐらいやり玉に挙げられている感のある三角コーナー。かく言う私も随分前に手放していますが・・・。<目次>三角コーナー後のスタイル 今のスタイル ... 続きを読む
坊主頭も7ミリ→5ミリ→3ミリと変遷中。
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストと三角コーナーは犬猿の仲なのか!?
というぐらいやり玉に挙げられている感のある三角コーナー。

かく言う私も随分前に手放していますが・・・。

<目次>

三角コーナー後のスタイル

三角コーナー断捨離後はこちらを使っていました。
IMG_3512
新聞紙で折ったものです。
折り方はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。

このスタイルには、
  • 新聞が生ゴミの水気を吸ってくれる
  • 三角コーナーを洗う手間が省ける
というメリットがあり、けっこう長い間採用していました。

ですが、引っ越してからデメリットを多く感じるようになってしまったのです。
  • 折るのが面倒
  • キッチンが狭いため置く場所に困る
  • そもそも新聞がないと作れない(引っ越し直後でまだ取ってない)
あらあら、という感じですが。
ここまでデメリットを感じてしまったら次の一手を考えざるを得なくなりました。

今のスタイル

さて、今はどうなったかというと・・・。
IMG_3514
はい、ただのビニール袋です。
スーパーで肉や魚を購入した際、汁漏れを防ぐためにレジの方が入れて下さるやつです。 

この袋をこのように置いて使っています。
IMG_3515
雑だな(笑)。 

こういったビニール袋をセットする商品があるのは知っています。
たとえばこういうもの。
でも、結局場所を取りますし物が増えるだけ。
そう思って購入していません。

このビニール袋を採用した最大の理由は、
新聞で作った箱も最後はビニール袋に入れて捨てていたから
です。 
だったら最初からビニール袋に入れればいいじゃない、と。 

ただ、水気については今のところこれで対応しています。
IMG_2979
引っ越し前に新聞で作りためたもの。
これがなくなれば大量にあるウエスで対応しようと思っています。
▶ずっとやりたかった「タオルの総替え」。ついに完了しました!

<最後に>自分の中の「常識」を疑ってみる

かつての私にとって、三角コーナーは「あって当然のもの」であり、
「なぜ使うのか」なんてことを考えるまでもありませんでした。

ですが、手放した方がメリットが多かった。
「あって当然」は当然ではなかった。

これは三角コーナーに限った話ではありません。
ミニマルライフを始めてから、物を手放す度に思うことです。

自分の中の「常識」を疑ってみる。
自分の基準で「いる、いらない」を見極める。


周りに惑わされない自分の「軸」を持って、これからも物事を見極めていきたいと思います。

「サヨナラ」と聞いて思い出す曲はなんですか?私は「セーラー服と機関銃」(ふるっ)。こんにちは、坊主女です。ミニマリストのくせに使ってるの?なんて思われるぐらい、使っている人が少ないキッチンの「洗い桶」。ですが私は今までずっと使っていました。関連記事:ミニ ... 続きを読む
「サヨナラ」と聞いて思い出す曲はなんですか?私は「セーラー服と機関銃」(ふるっ)。
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストのくせに使ってるの?
なんて思われるぐらい、使っている人が少ないキッチンの「洗い桶」。
ですが私は今までずっと使っていました。
関連記事:ミニマリストだけど、私の家にあるもの3つ。

今後もずっと使い続けるだろうと思っていたのですが・・・。

<目次>

引っ越し後のキッチンが狭かった(涙)

部屋を決めた時点で狭いのは承知していたつもりでした。
でもでも、実際に暮らし始めてみるとやっぱり狭い。

引っ越し前が広すぎたから余計だと思います。
前のキッチンを左、今のキッチンを右に並べてみます。
IMG_3101 IMG_3417
比較したら歴然ですね。

シンク内も今はこんな感じ。
IMG_3415
手持ちの洗い桶が大きすぎるのもありますが、全体的に狭いキッチンでは収納場所にも一苦労。
洗い桶に罪はないのですが、はっきり言って「邪魔」になってしまいました。

「邪魔」なだけではない、手放す理由

邪魔になったから手放す。
ちょっと安直な行動に思えます。

実は、洗い桶を手放そうと思ったのは
以前メリットだと思っていたことがそうでなくなった
からでもあります。

以前の記事では、「洗い桶を手放さない理由」を3つ挙げていました。
  • つけ置きで汚れが取れやすくなるので水道代の節約になる
  • ガサツなので割れないように水を張ってそこに食器を入れたい
  • ふきんなどの漂白にもしっかり使える

しかしよく考えてみると、引っ越す前から食事が終わればすぐに洗い物をするので、汚れがこびりつくこともありませんでした。
また、ガサツなのは間違いないけれど(笑)食器を割ったことなどほとんどありません。
漂白も、ボウルなどで代用可能です。

メリット、なくなっちゃいました。
「邪魔になった」というのは手放すための後押しでしかありませんでした。 

<最後に>快適に暮らすために、手放す

便利な物があれば快適に暮らせる。
以前の私はそう思っていました。

ですが、 物が増えれば整理も管理も大変。
便利と言われる物に囲まれて、実は不便な暮らしを送っていたのだと今なら思います。

ミニマルライフを送るようになってから、本当の快適さは
「物を減らし、空間を増やす」ことによって得られる
と実感しています。

これからも、一つひとつの物としっかり向き合いながら
快適な暮らしを実現できるようにしていきたいと思います。

意外と、料理もデキる女。 こんにちは、坊主女です。 引っ越し前から宣言していたキッチンの大改革。 引っ越し先がプロパンガス、以前のガスコンロは引っ越しを機に処分決定。 とにかくコンロをどうするかが引っ越し直後の最重要課題でした。 コンロの買い替えへ向け、主人 ... 続きを読む
意外と、料理もデキる女。
こんにちは、坊主女です。

引っ越し前から宣言していたキッチンの大改革

引っ越し先がプロパンガス、以前のガスコンロは引っ越しを機に処分決定

とにかくコンロをどうするかが引っ越し直後の最重要課題でした。

コンロの買い替えへ向け、主人へのプレゼン

コンロの買い替えは家計からの出費であり、決して安くはない買い物です。

プロパンガスについて、IH調理器について、一生懸命調べました。


まずはプロパンガス。

「プロパンガスは高い」と聞いていましたが、実際に調べてみて愕然。

都市ガスと同じぐらい使うと想定してシュミレーションしたところ、 我々夫婦ではなんと3倍以上の価格差に!

実際にはガスの使用量の大部分は「給湯」なので、キッチンのガス使用量は全体の20%ぐらいのようです。

それでも、気持ち的に高いものをわざわざ使いたくない!と思いました。


続いてIH調理器。

調理器自体は様々ありますが、 据置型でもパワーの出る(火力が強い)ものは工事の必要があるとのこと。

そうなると設置費用が相当かかってしまいます(合計15万以上かかることもあるとか)。

う~ん、それならガスコンロでも一緒かなぁ。

と諦めかけたのですが、 工事の不要な調理器もあると知り「これだ!」と主人にプレゼンをしました。


パワーポイントまでは使っていませんが(笑)具体例や数字を示してけっこう必死にプレゼンしたところ

「それ、いいやん」

とのお言葉。やった!

ま、主人は料理を一切しませんから口を挟めなかったのかもしれませんけどね。

実際に購入したクッキングヒーターがこちら

今回購入したのはこちらの機器です。

本体自体は6㎝と大変薄く、移動も楽です。

また、下の台もスペースが空いているのでフライパンなどを置けます。 

届いて早速キッチンに設置しました。
IMG_3231
なんかカッコイイ!

使わないくせにデザインにはうるさい主人も「なかなかええやん」と太鼓判。

空いているスペースは結構広いです。
IMG_3233

設置はコンセントをさすだけでとても簡単。
IMG_3235
電源を入れるとすぐに使えました。

そこで早速手持ちの鍋がどこまで使えるかをチェック。

ある程度覚悟はしていたものの、お役御免になった鍋がこんなにもありました。
IMG_3242
ティファールが全滅だったんですよね・・・。これは辛い。

あと、アルミの鍋はアウトです。

ちなみに言うと、陶磁器や土鍋もダメです(IH対応ならOKですが)。


その結果、我が家に残った鍋はこれだけとなりました。
IMG_3245

この二つ、20年以上連れ添ってます。

ティファールなんざまだまだ甘ちゃんよ。

とでも会話していそうな鍋とやかん。今回ばかりは頼もしさを感じました。


鍋の断捨離もしていなかったわけではないのですが、あればあったで使ってしまっていました。

このように強制的に断捨離せざるをえなくなって、むしろ良かったと思っています。


また、実際の使用感についてですが、 火力に不満は感じません

2口合わせて1400ワットまで、というリミットがあるので2口同時に強火にすることはできませんが、夫婦二人なら問題なしです。

<最後に>料理が楽しくなりそうな予感がします!

暮らし始めた土地は食材がどれもこれも美味しくて、スーパーに行くたびにワクワクします。


そのうえ、新しい調理器が加わってワクワクも倍増! 

決して嫌いではなかった料理ですが、これからは大好きになりそうです。

根拠のない自信、という言葉が好き。 こんにちは、坊主女です。 引っ越しは、持ち物の整理ができるという点も良いのですが 「持ち物の徹底的な掃除ができる」というのもメリットだと思います。 <目次> 冷蔵庫掃除に対する誤解 YOU!分解しちゃいなヨ! ... 続きを読む
根拠のない自信、という言葉が好き。
こんにちは、坊主女です。

引っ越しは、持ち物の整理ができるという点も良いのですが
「持ち物の徹底的な掃除ができる」というのもメリットだと思います。

<目次>

冷蔵庫掃除に対する誤解

我が家は夫婦二人暮らしなうえに、元々が食材のストックをあまりおかないようにしていたので
「冷蔵庫の中身が多すぎて掃除が面倒」な状態ではありませんでした。

ですが、どうも私は冷蔵庫掃除に抵抗があったのです。
その抵抗とは
冷蔵庫を開けっぱなしで掃除することに対する抵抗
でした。

だって、開けっ放しにしてたら庫内の温度があがるし、
調味料程度しかなくても鮮度に影響が出そうだし、
再び冷やしなおすのに電気代かかるし、
冷蔵庫のアラームが「ビービー」いうのも鬱陶しいし。

こんな風に思って、いつもサッと拭き掃除程度で終わらせていたんです。

YOU!分解しちゃいなヨ!

ところが引っ越し前。
冷蔵庫を徹底的に掃除し始めた時に気づいたんです。

あ、分解すればいいんじゃね?

今まで、トレイが外せることぐらいはわかっていました。こんな風に。
IMG_3141
でも、これも外せるんですよね。
IMG_3139
そしてこの状態にすれば。
IMG_3133
扉は閉じられるし、トレイなどは外でゆっくり掃除ができます。

今までそんなことも知らなかったの?
と他のミニマリストさんから呆れられそうですが、知らなかったものは仕方ない。

反対に、気づいたことが嬉しくてテンションが上がりまくってしまったので
私にとっては知らなくて良かったのかも。

そしてこのまま勢いづいて冷蔵庫へ。
冷蔵庫は棚だけでなく、トレイ類も片っ端から外せるんですよ。
ほら。
IMG_3150
下から押し上げたら取れます。
ただ、しっかりめについているので力任せに押して破壊しないように(笑)。

庫内も取り外してすっからかん。
IMG_3154
庫内は庫内で掃除し、またまたトレイは外でゆっくり拭きます。
食材を入れる場所なので、私はアルコールスプレーを使って掃除しました。

最後に元に戻して完成!
IMG_3155
ピッカピカです。めちゃくちゃ気持ちいい。

<最後に>怖がらずにやってみる勇気

男性は元々「物を作ったり、分解したり」することが好きなんだとと思うのですが、
女性って苦手な方が多いと思います。

私は苦手な方でした。
「壊したらどうしよう」「元に戻らなかったらどうしよう」と考えてしまって。

でも、ミニマルライフを始めて以来、いろんな場所を分解して掃除するうちに
人間が組み立てた物なんだからなんとかなる(笑)
という変な自信が生まれました。

それに、分解して徹底的に掃除するのは楽しくて仕方ないです。
この楽しさを知ってしまったらもう元には戻れません。 

大丈夫、そんなに簡単に物は壊れませんしちゃんと元に戻せます。

まずはやってみる。
そんな姿勢が大切なんだと思います。

冷蔵庫は両開きを選ぶと引っ越しの時に困りませんよ(片開きにして後悔中)。 こんにちは、坊主女です。 始めたいなら今すぐ始めるべし! という声を華麗にスルーしております(笑)。 引っ越しって、元旦と同じぐらい気持ちが新鮮になると思ってます。 そして、環境が変わる ... 続きを読む
冷蔵庫は両開きを選ぶと引っ越しの時に困りませんよ(片開きにして後悔中)。
こんにちは、坊主女です。

始めたいなら今すぐ始めるべし!
という声を華麗にスルーしております(笑)。

引っ越しって、元旦と同じぐらい気持ちが新鮮になると思ってます。
そして、環境が変わるからこそできることもあります。

そこで、引っ越したらどうしてもやりたい「キッチンの大改革」について今日はお話ししたいと思います。

<目次>


改革したい理由①広さ

今の部屋のキッチンは、部屋そのものの大きさに対して言うと相当広い方だと思います。
こんな感じです。
IMG_3101
十分な棚もあれば作業スペースもシンクも広い。
この部屋を選んだ理由の一つがこの「キッチンの広さ」でした。

ですが、引っ越し先はこの3分の2ぐらいの広さ。
棚もありませんし、収納スペースは更に小さくなります。

これが「キッチン大改革」を始めたい、そして始めざるをえない理由の一つです。

改革したい理由②掃除しやすいキッチンを作りたい!

今まで私は、キッチンの広さに関わらず「出しっぱなし収納スタイル」を続けてきました。
それは、
  • すぐに作業にとりかかれる
  • しまうのがめんどくさい
という2つの理由で私には合っていたのです。

ですが、ミニマルライフを始めてから
ものすごく掃除がしにくい
こととの狭間で苦しんでいました(大げさな)。

掃除したい、でも物をどけるところから始めなきゃいけない、なんか億劫だ・・・。
見事な負のスパイラルで、キッチンの掃除は他のところに比べなおざりになっていたのが事実です。

出しっぱなし、本当に楽でいいんだけどな・・・
めんどくさがりの私はまだ心の中でブツブツ言っていますが、それを上回るのが
ピッカピカに磨かれたキッチンへの憧れ♪

引っ越し後は、
キッチンの上には何も置かない
を目標にしたいと思っています。 

改革したい理由③都市ガス→プロパンガスへの変更

生まれて初めてなんです、プロパンガス。
引っ越し先がプロパンガスと知ってから調べに調べました。

プロパンガスってめちゃくちゃ高いのね・・・。 

信じられないお値段しますね、ほんと。
そのため、節約の観点からもIHコンロの導入を真剣に検討中です。 
ガスコンロに慣れた身としては不安もありますが、しっかり調べて良い物を取り入れたいと思っています。

<最後に>ミニマリストとして常に進化を続けたい

以前の私なら、キッチンについてここまで考えることはありませんでした。
それはキッチンに限らず部屋について、服について、持ち物についても同じ。 

その場所は過ごしやすく、暮らしやすいのか
それは必要な物なのか、愛しい物なのか
その服は本当に着たい服なのか

すべての物事を自分自身に問いかけ、確認し、実行するようになったのはミニマルライフを送り始めたおかげです。

これからも妥協せずに続け、さらに進化していきたい。

キッチン大改革の模様は随時ブログにて更新していこうと思っています。
他のミニマリストさんたちのブログも参考にさせて頂きながら、
キッチン大改革、やります!

たこ焼き器?あるに決まってるやん。こんにちは、坊主女です。大掃除や食材の買い出し、帰省など。年越しの準備で慌ただしい中、当ブログにお越し下さり本当にありがとうございます。年末には冷蔵庫の整理をしたいものですが、私にとっては引っ越しまであと半月。ストック品 ... 続きを読む
たこ焼き器?あるに決まってるやん。
こんにちは、坊主女です。

大掃除や食材の買い出し、帰省など。
年越しの準備で慌ただしい中、当ブログにお越し下さり本当にありがとうございます。

年末には冷蔵庫の整理をしたいものですが、私にとっては引っ越しまであと半月。
ストック品整理も佳境を迎えています。

<目次>

現在、調味料はこれだけ残っています。

半月ほど前にストック品整理について記事にしていました。
▶引っ越しに向けたストック品整理。実は普段の生活にこそ必要でした。

それ以降、主人に同じ味の料理を提供しながら(笑)調味料の整理を進めた結果がこちらです。
IMG_3011
残り少なくなっているものがほとんどなのですが、それでもこれだけ残っています。

右下、気になりますね。
IMG_3016
ありますですよ、たこ焼きソース。
お好みソースと何が違うねん!とツッコミながら買いました。
でもこれは、この先毎日たこ焼き食べないとなくならないので消費を断念。持っていきます。

あとは容器をコンパクトにしたものも。
IMG_3013
お醤油を移し替えました。
かさが減って気持ちが楽になりました。

まだまだある調味料ですが、半月でこれだけ使い切りました。
  • ケチャップ
  • ウスターソース
  • めんつゆ
  • 赤味噌
  • 料理酒
  • ポン酢
  • 和風ドレッシング
  • カレールー
けっこう使い切った、と思っているのですが自己満足かな。
容器が空くたびに「よし!」と小さくガッツポーズしてるんですけどね(笑)。

なければないでなんとかなる、だけじゃないメリット。

凝った料理をするわけではありませんが、やはり日々味の変化はつけたいと思っています。
そのためにある程度の調味料は手元に置いていました。

でも、
なければないでなんとかなる
が正直なところです。

ドレッシングやめんつゆは自分で作れますし、手持ちの調味料だけでも十分別の味にできます。

さらに、私と同じぐらい幸せのハードルが低い主人は、
「温かい物が温かいうちに食べれるなんて幸せすぎる」
という人なので、「なんとかなる」に拍車がかかります。
▶ミニマルクリスマスは幸せに溢れてる

さらに、メリットもたくさん。
食材も含めて「極力買わない、あるもので考える」ようにしているため、食費がとても節約できています。 
また、献立も頭を絞って考えるので、新たなレシピが生まれたりします(しかも好評でした)。

このように、調味料は減っていっているにも関わらず得られた物は多くありました。

「物があることが豊かさなのではない」と改めて思う。

daisy-615217_640
今回の調味料で言うと、調味料という物は減っているのに、食費やレシピ、使い切ることの大切さなど「物以上の豊かさ」を手に入れました。 

これは結局、どんな物に対しても言えることだと思います。
物があることが豊かさなのではなく、物がないからこそ感じられる豊かさがあります。
それは、心の豊かさ。

貧しさを良しとしているわけではありません。
物に溢れている生活が豊かだと思う人がいてもかまいません。

ただ、私は物がないから「こそ」得られる豊かさ、喜びを大切にしたい。
これからも、心豊かに暮らしていくために物を減らしていきたいと思っています。

主人は、私の坊主頭をなでるとご利益があると信じています。こんにちは、坊主女です。年末です。引っ越しも迫ってきています。手持ちの物を見直し、見直し、見直しの日々です。今回断捨離したキッチン用品かなり減らしたつもりでいたキッチン用品ですが、さらに見直し今回こ ... 続きを読む
主人は、私の坊主頭をなでるとご利益があると信じています。
こんにちは、坊主女です。

年末です。引っ越しも迫ってきています。
手持ちの物を見直し、見直し、見直しの日々です。

今回断捨離したキッチン用品

かなり減らしたつもりでいたキッチン用品ですが、さらに見直し今回これらを手放しました。

まずは鍋2つ。 
IMG_2988 IMG_2989
この2つは、主人と一緒に暮らし始めた時に主人が持ち込んだ物です。

本人も持っているだけでほとんど使っていなかったようですが、私はもらった手前それなりに使ってはいました。


でも、本当のことを言うと同じ大きさの鍋もフライパンも既に持っていて、

あれば使うけれどなくてもやりくりできる

のがこの2つの鍋でした。

なかなか主人にこのことを言い出せなかったのですが、意を決して「処分したい」ことを伝えると「あ、いいよ」の一言。

主人と鍋に感謝しながら手放すことにしました。


続いてはバット。
IMG_2991
一人暮らしを始めた学生時代から使っています。さすが物持ちがいい(笑)。

以前は小麦粉をまぶしたり、魚の下ごしらえなどにも使っていました。


でも、粉をまぶすのは袋に入れて「シャカシャカ」した方が汚れないし、少ない量で均等にまぶせます。
 
魚の下ごしらえも、買ってきたトレイでそのまました方が他に臭いも移らないし楽です。

そんな風にして、このバットは今や「鍋料理の具材置き」にしか使っていませんでした。

・・・それ、お皿で代用できるやん?

ということで今回断捨離です。


最後の2つはまさに「あったら便利」だけど使わなかった物たち。
IMG_2990 IMG_2992
左が包丁を研ぐシャープナー、左はミニ軽量カップです。

シャープナーは薬局でポイントを貯めてもらったのですが、結局一度しか使いませんでした。
理由は、
  • 品質がそこまで良くないのでかえって包丁の刃が悪くなる
  • 今使用している包丁の切れ味が悪くならない
  • 最悪、お皿の裏でも包丁は研げる(研げるんですよ)
と、典型的な「あったら便利だけどなくても良い」物だったからです。

同じくミニ軽量カップも、「これがあればそのままドレッシングやたれを作れるし」と思って購入しましたが、大きい軽量カップも持っていますし混ぜるのには食器を使えばいいだけの話。


まさに「失敗した買い物」でした。
反省しながらの断捨離です。

「あったら便利」な物は用途が限定されている

今回キッチンを整理しながら思ったのですが、あったら便利な物って、用途が限定されている物が多いんですよね。 

だから結局、なくても他の物で代用できてしまいます。

そしてそれは、別に手間でもなんでもなくて「発想の転換」だけだと思います。


ボウルの代わりに深めのお皿を使ったり、ドレッシングなら小鉢で混ぜればOK。

たいていの物は「お箸」でなんとかなる。


こうやって考えていくと、つくづく「あったら便利」はなくても良いと思えるようになるのです。 

「便利さ」という楽よりも「物が少ない」方がずっと楽

writing-implements-1285329_640
「便利な物」って、一見すると「楽ができる」ようにも思えます。 

楽をするために多くの物が開発されてきたわけですから、それを否定するつもりもありません。


でも、部屋の中に限って言えば 物が少ない方がずっと楽だと思います。

使いたい物がすぐに取り出せる。
収納に手間とお金を取られることがない。
「管理する」というストレスがなくなる。

キッチン・クローゼットに限らず部屋全体に言えることです。

物が少なければ、掃除も片づけも楽、作業も楽、 気持ちも楽に過ごせます。


物が少ないことは全く不便ではありません。

むしろ、物が少ない方が生活には便利だ、と私は思います。