坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:ミニマルライフ > 整理収納アドバイザー

私はやっぱりミニマリスト。こんにちは、坊主女です。ついこの間まで収納テクニックを紹介していたのになんだ!と思われるかもしれませんが、違います。安易に収納テクニックに走っても、何の解決にもならないことをお伝えしたいのです。<目次>収納実例への違和感 物を減ら ... 続きを読む
私はやっぱりミニマリスト。
こんにちは、坊主女です。

ついこの間まで収納テクニックを紹介していたのになんだ!
と思われるかもしれませんが、違います。

安易に収納テクニックに走っても、何の解決にもならないことをお伝えしたいのです。

<目次>

収納実例への違和感

整理収納アドバイザーのテキストには、収納実例が豊富に載っています。
「なるほどなぁ」と思うことももちろんあります。

でも・・・なんか違うんですよ。

「こんな収納用品を買い足してこんなに上手く収めました!」
とか、
「見せる収納のために、おしゃれなボックスでモチベーションアップ!」
とか。

たしかに「収納=物を使いやすいようにしまうこと」です。
そのために収納用品が必要になることもあるでしょう。
上手に収まればテンションもあがるでしょう。

でも、そこが目的ではないと思うのです。

物を減らすのが大前提

沢山の物を上手に収納したって何も変わらないのです。

増えすぎた物と向き合い、自分と向き合う。
それを減らしていく過程で本当に必要な物だけを選び取り、その大切さを知る。
物に感謝し、満たされている「今」に感謝する

結局、物を減らさなければ根本的な解決にはなりません。
収納なんか最後でいいんです。
そもそも、物が少なければ「収納そのもの」を考える必要すらないのです。

物を減らす。
まずはここからしか始まりませんし、これが最も大切なことです。
daisy-1346049_640

上手に収納しても人生は変わらない

綺麗に服が収められたクローゼット。
すっきりとまとめられたキッチン。

当然気持ちいいです。
すごいなぁと思います。

でも、上手に収納したところで人生は変わりません
それよりも物を減らした方がずっといい。

物を減らせば身軽になります。
気持ちがすっきりと整います。
そして、必ず人生が変わります

まずは物を減らす。
その大切さを忘れずに、これからも伝えていきたいと思います。

「鉄」という字からどうしても「料理の鉄人」を連想してしまう。こんにちは、坊主女です。以前にご紹介した「整理収納5つの鉄則」、皆様覚えてらっしゃるでしょうか?▶︎「知っておいて損はない!【整理収納5つの原則】適正量の決定動作・動線にかなった収納使用頻度別収納 ... 続きを読む
「鉄」という字からどうしても「料理の鉄人」を連想してしまう。
こんにちは、坊主女です。

以前にご紹介した「整理収納5つの鉄則」、皆様覚えてらっしゃるでしょうか?
▶︎「知っておいて損はない!【整理収納5つの原則】
  • 適正量の決定
  • 動作・動線にかなった収納
  • 使用頻度別収納
  • グルーピングの活用
  • 定位置管理
この5つでした。

ではこれらの鉄則をどのように使っていけばいいのか?
それには実践が一番!
というわけで、今回は自宅のキッチン引き出しを整理収納してみました。

<目次>

整理前の引き出し

さっそく整理前の引き出しの画像をお見せします。
引き出し 前
物はある程度減らせている=整理はできている状態です。
ですが使いやすい状態=収納ができているか?というと答えはNO。

一番使いにくいのがこのケース内です。
カトラリー 前
いわゆる「カトラリー」はこのケースにすべて収まっています。
アイテム数が少ないからできることですが、実はとても取り出しにくくて。

このケース内の物をどう使いやすくするか?をメインに収納を考えました。

整理後の引き出しと、使った鉄則

それでは整理後の引き出しです。
引き出し 後
私としては以前よりも相当使いやすくなりました。

では、実際に使った鉄則です。

①グルーピング
私がグルーピングしたのはここです。
カトラリー 後
お箸、箸置き、コースター。
これらは毎日の食事で必ず使うのですが、今までバラバラの所にありました。
それを一つにまとめることで、準備の際にこのまま持っていくこともできるようになり、大変便利になりました。

②使用頻度別収納
先ほどグルーピングしたのは、カトラリーの中でも「毎日使う」物。
毎日ではないがよく使う物のために、100均でこのようなケースを買ってきました。
ケース2個
小物が多い引き出しは開け閉めの度に中の物が動くので、「区切る」のは大変有効です。

さらに、予備としておいてあったこれら。
予備
今後必ず使う予定はあるものの、今は使っていません
なので別の場所へ移動させました。

毎日使う物、毎日ではないがよく使う物、使う予定はあるが今は使っていない物。
こういった「使用頻度」によって収納場所を分けることで引き出しがスッキリしました。

鉄則を使ってみた感想

今回実際に引き出しを整理してみて、様々な感想を持ちました。

まずは整理の道筋がシンプルになったということ。
この場所を使いやすくしたい、そのためにどうするか?
と考える時に、鉄則をあてはめていけば解決につながることがわかりました。
手段に迷いがなくなる、という点で整理の道筋がシンプルになったと感じます。

次に、鉄則はどこにでも応用できるということ。
今回は引き出しという小さい場所でしたが、今までと比べて格段に使いやすくなりました。
これは場所を問わず、空間の大きさを問わず(押入れなども)応用できると感じました。

今まで苦手だった収納がどんどん楽しくなってきています。
ぜひ皆さんも「整理収納5つの鉄則」を色々なところで試してみてくださいね。

学びは実践して初めて力となる。こんにちは、坊主女です。現在、整理収納アドバイザーの勉強で得た知識を生かすべく自宅をあちこち改善中。今回は本棚です。 ▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!<目次>以前からのルールとその問 ... 続きを読む
学びは実践して初めて力となる。
こんにちは、坊主女です。

現在、整理収納アドバイザーの勉強で得た知識を生かすべく自宅をあちこち改善中。
今回は本棚です。 
▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!

<目次>

以前からのルールとその問題点

本に関して、私は勉強を始める前からあるルールを決めていました。それは
本を置くスペースを決め、収まりきらなくなったら手放す
というもの。

ちゃんと記事にもしてました。
やるじゃねぇか私(笑)。
▶︎「本のスペース」を決めておけば、処分のルールが単純明快に。

以前の記事には引っ越し前の本棚の写真が載っています。
現在はこんな感じ。
本棚
私がこだわって購入したニトリの本棚です。
▶︎この棚に、私のすべてを収めたかったんです【私の空間作り①】

幅62cm、前後2列には絶対に置かないと決めています(奥の本がわからなくなる)。
今まではこれで十分だと思っていました。
でも、勉強を始めてからとある問題点に気づいたのです。

作家さんごとに並べているので、取り出した本を戻す時に面倒なのです。
こうなっちゃうのわかりますか?
作家ごと
こうなると、本を戻す時に「よいしょ」とスペースを作らないといけません。
しかも、戻す場所もいちいち探さなければなりません。

あ〜、これすごく面倒だ。
そう思うようになったのです。

新しいルールとそのメリット

そこで今回新しいルールを作りました。それは、
読んだ本はとにかく一番右に戻す
というもの。

つまりこういうことです。
右から
この新ルール、以前の問題点を補う以上のメリットがありました。

①戻す場所に迷わない
とにかく「右」ですから。
同じ作家さんや、元あった場所を探して戻す手間がゼロになりました。

②実は探しやすい
作家さんごとに並べておかないと読みたい本を探しにくくないかしら?
私は、このルールを導入する前に思っていました。

ですが、やってみてわかったのは
実はよく読む本は限られている
ということ。
そしてそのよく読む本が常に右側にあるので、逆に探しやすくなりました。

③あまり読まない本が左に寄っていくので処分しやすい
これが私の中では思わぬ副産物でした。 

今手元にある本は、どれもよく読む本だし残しておきたい本のはずでした。
ところが実際読む本は限られていて、読まない本が左に寄っていきます。
そして、やっぱり左に寄った本は「もういらないかも」と思える本だったのです。

自分では気づかぬうちに読まなくなっていた本。
それに気づき、手放すタイミングがわかるようになったのが何よりのメリットでした。

綺麗の維持は「戻しやすさ」あってこそ

物を収める時に「取り出しやすさ」を考えるのはとても大切です。
そしてそれと同じぐらい、「戻しやすさ」を考えることも大切なのです。 

物が戻しにくい収納だと、戻すことそのものが面倒になります。
面倒になるとその辺に放置します。
だから部屋が散らかっていくのです。

いつまでも綺麗な部屋を維持するために、
「戻しやすさ」を意識した収納を考えてみてくださいね。

こんにちは、坊主女です。整理収納アドバイザー資格取得のため粛々と勉強を進めているのですが、本当にためになることばかりで毎日唸りっぱなしの私。でも思ったのです。こんなにためになる知識を独り占めするなんてもったいない!是非みなさんにも知ってもらい、日々の暮ら ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


整理収納アドバイザー資格取得のため粛々と勉強を進めているのですが、本当にためになることばかりで毎日唸りっぱなしの私。

でも思ったのです。


こんなにためになる知識を独り占めするなんてもったいない!

是非みなさんにも知ってもらい、日々の暮らしに役立ててほしい!



そこで今回は知っておいて損はない!【整理収納5つの鉄則】をご紹介したいと思います。


<目次>

5つの鉄則とは?

そもそも「5つの鉄則」とは何か?

これは、人が物を使うという前提から考えられた「整理の具体的なスキル」です。

常に全ての鉄則を使うわけではなく、アイテムや場所によって使い分けたり組み合わせたり。


ただし、大前提としてあるのは整理した物を「より使いやすくするため」に取り入れる工夫であるということ。

鉄則を使うことが目的ではなく、自分や家族にとって使いやすい状態を作るための「知識の道具」であるということを覚えておいてください。


それではここから1つずつ見ていきます。


【鉄則①】適正量の決定

適正量とは、その人(家庭)のライフスタイルに合った必要な物の量のこと。

人や家庭によって当然異なります。

服や食器、ストック品などの整理に有効かと思います。


ここで最も大切なのは、適正量を「自分で決める」ということ。

自分で決めることで物と真摯に向き合うようになり、物を選ぶことに責任感も生まれます。


また、適正量を決めるとそれ以上は増やせません。

そのため新しく物を買う時は慎重になり、おのずと質の良い物を選ぶようになります。

さらに、「増やしたら減らす」のシステムが出来上がるので物が増えません。


このように、適正量の決定は整理収納の軸とも言えるでしょう。


【鉄則②】動作・動線にかなった収納

動作とは、立ったり座ったり手を伸ばしたりといった体の動きのこと。

動線とは、家の中で人が行動する道筋のこと。

つまり、
動作・動線にかなった収納とは「動作=上下方向の使いやすさ」と「動線=平面方向の移動しやすさ」を踏まえて収納場所を決めること。


たとえば、物を取り出す時に一番楽なのは「そのままの姿勢で取り出せる」場合だと思います。

そういったところによく使う物を置く。

また、アイロンをかけた後しまう場所が遠ければ、そのまま放置してしまうかもしれません。

その場合は置く場所かかける場所を変える、など。


ここで注意すべきは物が置きやすく、人がよく通る場所は散らかりやすいということ。

下駄箱の上やダイニングテーブルが散らかりやすいのはこのためです。

「散らかりやすい場所なのだ」と意識しておくだけで全然違いますよ。


【鉄則③】使用頻度別収納

使用頻度別収納とは、物を使用頻度によって5段階+1に区別し、収納に適した場所を考えること。

以下の段階に分けます。
  • 使用頻度1→毎日使う物
  • 使用頻度2→2〜3日に1回使う物
  • 使用頻度3→週1回程度使う物
  • 使用頻度4→月1回程度使う物
  • 使用頻度5→年1回程度使う物
  • 使用頻度6→年1回も使わないが、すぐ捨てる気になれない物

ここでのポイントは2つ。
  1. 使用頻度の高い物ほど定位置を決めると良い。
  2. 使用頻度6ボックスには必ず1年先の期限を書き、使わなかったなら潔く処分する。

1.には財布や鍵などが当てはまりますね。

出かける時に見つからず、時間や労力をロスしないためにも定位置を決めるのは大切です。


2.の「期限」は特に大切でしょう。

そして、1年経てばその多くは存在すら忘れているはず。「潔く」処分することが肝心です。


【鉄則④】グルーピングの活用

グルーピングとは、複数で1つの仕事をする物をグループとみなして一緒に管理すること。

例えば「トイレ掃除セット」と「お風呂掃除セット」を作りそれぞれ置いておくなどです。

この場合、仮に同じ洗剤を使っていても別で用意します。


一見不経済にも思えますが、どちらか一方にいちいち取りに行ったり、戻すのが面倒で置きっ放しにしたりすれば今度は探す時間と労力がかかります。

時間と労力をお金に換算すれば、同じ物を用意する方が安くつくはず。


グルーピングした物はグループを壊さないように収納する。

これが大切です。


【鉄則⑤】定位置管理

定位置管理とは、物の置き場所を正確に決めること。

また、その物に関わる全ての人が定位置を知っておくこと。



物が定位置管理されている状態は、整理の理想型でありゴールと言えます。 

だからこそ、定位置を決めるためには他の鉄則もフルに組み合わせなければなりません。

そして、ライフスタイルが変われば定位置を見直すことも大切です。


また、共同で使っている物の定位置を決めても全員が知らなければすぐに崩れてしまいます。

そのために「ラベリング」などを用いることも有効です。
 

できるところから取り入れてみよう

housing-900233_640
いかがでしたでしょうか。

以前から自然とできていたこと、初めて知ったこと、色々あると思います。


いずれにせよ、この5つの鉄則はあくまでも整理収納のための手段。

本当の目的は、自分や家族が常に物を使いやすい状態を作ることです。 


そのために、まずはできるところからでいいので取り入れてみてください。
 
ここが整理できた、あれがうまく収納できた。

そんな小さな整理収納の積み重ねが、あなたを心地よい暮らしに導いてくれるはずです。

目から鱗どころか目ん玉が落ちるかと思った。こんにちは、坊主女です。先日から「整理収納アドバイザー」の勉強を始めています。▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!いや〜楽しい。そして、今までのミニマルライフがどれほど自己流 ... 続きを読む
目から鱗どころか目ん玉が落ちるかと思った。
こんにちは、坊主女です。

先日から「整理収納アドバイザー」の勉強を始めています。
▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!

いや〜楽しい。
そして、今までのミニマルライフがどれほど自己流だったのか!
という現実を知り、アゴが外れるほど唖然とする日々です(笑)。

<目次>

「整理」と「収納」は全く別物だった!

そんなこと、とっくの昔に知ってました?
私は完全にごっちゃにしていました。
あぁ、穴があったら入りたい・・・。

まずは「整理」の定義です。
  • 整理とは、不必要な物を取り除くこと
  • 整理とは、区別すること

続いて「収納」の定義です。
  • 収納とは、物を使いやすい状態にすること
  • 収納は、整理の後にしか行えない

つまり、
「整理」は、「要る」「要らない」を判断し、「要らない」物を手放すこと。
「収納」は、「要る」物を使いやすくしまうこと。

だから「収納」は「整理」の後でしか行えない!
というわけです。 なるほど!

「整理」は得意、でも「収納」は苦手と気づく

こうやって「整理」と「収納」の違いがわかった私は、あることに気づきました。 

それは、
私は物を手放していく「整理」は得意。
だけど、使いやすくしまうという「収納」は苦手なんだ!
 
ということ。

今まで「整理」と「収納」がごっちゃになっていた私は、
「物を減らせばなんとかなる」
という思いがありました。 
そうやって物はどんどん減っていくのに、なぜか収納スペースがスッキリしない。
なぜだろう、とずっと思っていたのです。

その疑問がやっと解決しました。
そして、これからは「収納」に重点を置いていけばいいこともわかり、本当にスッキリ!です。

知識は、力だ

fist-bump-1195446_640
今回「整理収納アドバイザー」の勉強を始めたのは
人の役に立ちたい
という目的達成のためではあります。

ですが勉強を始めてみると、今までやってきたことが知識に裏打ちされていくのを感じます。
それがもう、楽しくて楽しくて。 

まさに知識は力。
これからもどんどん知識をつけ、パワーアップしていきたいと思います。

勉強って、やっぱり楽しい。こんにちは、坊主女です。突然ですが、先日から整理収納アドバイザーの勉強を始めました。なぜその資格?なぜ今?それは、私にとって「人生の大きな目的」が見えたからです。<目次>残された人生、人の役に立ちたい 手段としての「整理収納アドバ ... 続きを読む
勉強って、やっぱり楽しい。
こんにちは、坊主女です。

突然ですが、先日から整理収納アドバイザーの勉強を始めました。
なぜその資格?なぜ今?

それは、私にとって「人生の大きな目的」が見えたからです。


<目次>

残された人生、人の役に立ちたい

私はミニマルライフを始め、このブログを続ける中で
「自分のやりたいことは表現することだ」
と感じていました。
▶︎今だからわかる、私がミニマルライフを始めた本当の理由

ところが先日の緊急搬送の日以降、私の心をある強烈な思いが占めるようになったのです。
その思いとは、
残された人生、人の役に立ちたい
というもの。

私は今までいろんな仕事をしてきたのですが、一番楽しかったのが「接客業」でした。
▶︎ブログ運営と接客業の共通点に気づいたら、進むべき道が見えました。

お客様に喜んでいただけることが楽しくて、お客様の笑顔が嬉しくて。
「お金をもらえなくてもやりたい」
と思った唯一の仕事でした。

明日死ぬかもしれない。
そう思った時に「人の役に立ちたい」と思ったのは当然なのかもしれません。

手段としての「整理収納アドバイザー」

目的はピタリと定まった。
では、今の自分はどうやれば人の役に立てるだろう。

そう考えた私は、自分の強みや好きなことを徹底的に分析し、目的達成のための手段を考えました。
おそらく、今までの人生で一番自己分析をしたのではないかと思います(笑)。

その中で見えてきたことは・・・
  • お客様の喜ぶ顔が何よりも嬉しい
  • 「あなたの笑顔に元気をもらえる」と今まで何度も言われた
  • 説明が上手だとよく言われる
  • ミニマルライフの良さを伝えたい
これらを見ながら思い浮かんだのが「整理収納アドバイザー」というわけです。
IMG_4215
ただ、これはあくまで手始めであり、手段の一つ。
まだまだできることはあると思っていますし、駒はすでに準備中です。

人生の目的さえ定まれば、手段は無数にある。

人生の目的、と聞くと話が壮大に思えるかもしれませんが、要は
あなたはどう生きたいか?
ということだと思います。

そして、その「どう生きたいか」こそがあなたにとって「本当にやりたいこと」なのだと思います。

目的さえ定まれば、手段は無数に出てきます。
どれを選んでもいいと思います。
うまくいかなければ手段を変えてもいいと思います。

大切なのは「目的は変えない」ということ。
目的がブレなければ人生もブレません。
今やっていること、生きている自分に自信が持てます。

人生の目的=本当にやりたいことを見つけるのは難しいでしょうか。
でも、できれば一度じっくり考えてみてほしい。
その先には、なんとなく生きるよりもずっと充実した毎日が待っています。