坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:ミニマルライフ > 【教えて!ミニマリスト】

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第8回目は「捨てられません!どうすればいい?」でした。今回のテーマは手放す時の判断基準は?です。正解は一つではないまず最初にお伝えしておかなければいけないのは手放す時の判断基準は一つではないとい ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第8回目は「捨てられません!どうすればいい?」でした。

今回のテーマは
手放す時の判断基準は?
です。

正解は一つではない


まず最初にお伝えしておかなければいけないのは

手放す時の判断基準は一つではない

ということです。

それぞれのライフスタイルによっても変わりますし、「服か?家具か?」といったアイテムによっても変わります。

ですので今回ご紹介するいくつかの判断基準を組み合わせたり、アレンジしたりして使うようにしてください。

判断基準あれこれ


ここからは実際に、私が物を手放す時に使ったいくつかの判断基準をご紹介します。

①ときめくかどうか

これは、今や「世界で最も影響力のある100人」(TIME誌)にも選ばれた近藤麻理恵さんがおっしゃっている判断基準です。

ベストセラーにもなった著書「人生がときめく片づけの魔法」はご存知の方も多いのではないでしょうか。

その基準とは
実際に手に触れてときめくのなら残し、ときめかないのなら手放す。

ポイントは「実際に手を触れる」ことです。

物にもパワーがあり、波動や波長があると私は思っているのですが、ただ見ているだけではそれはわかりません。

実際に触れることで「直感」が働きます。

その直感を大切に「ときめかない」と思ったら迷わず手放すことが大切です。

②1年以内に使ったかどうか

この基準は「服」や「食器」など、本来なら使用頻度の高い物に使える基準です。


もう何年も着ていない服、食器棚の奥に埋もれた食器。

ずっと気になっているけど高かったしなぁ。

もしかしたらいつか使うかもしれないし。



そんな風に思って結局手放せない物が沢山あるのでしょうが、断言します。

まず使いません。

それをキッパリ割り切るために「期限という基準」はとても役立ちます。

③「今」必要かどうか

私はこの基準が一番大切だと思っています。


物を買う時に「これは必要じゃないんだけど」と思いながら買うことはまずありません。

どれもこれも「必要だから」買っているわけです。

ただ、月日の流れとともに趣味嗜好も変わればライフスタイルも変わります。

体型や暮らす環境だって変わるかもしれません。

それだけ多くのことが変わっていくのに持ち物が変わらないのはおかしな話です。


大切なのはいつも「今」です。

「今」必要でないものはスッパリ手放す。

そのように常に「今」にフォーカスを当てれば、余計な悩みすら手放せるはずです。

まとめ

物を手放せない、捨てられない人はなにかと言い訳をします。

別に手放したくなければ手放さなければいいだけの話なのですが、状況は何も変わりません。


このブログにお越しいただいた方は、少なくとも

ミニマルライフを送りたい、物を手放すことで心豊かな生活を送りたい

と思っていらっしゃるはず。


それならば是非、今回ご紹介した基準を色々組み合わせ、物を減らしてみてください。

そうやって一つひとつの物と向き合うことで、「物を手放す基準」だけではなく「自分らしい生き方の基準」を見つけることができるはずです。



☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆


☆ご紹介した近藤麻理恵さんの本はマンガでも発売されていますよ☆


こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第7回目は「何から手をつければいいの?」でした。今回のテーマは捨てられません!どうすればいい?です。捨てられない理由物にあふれ圧迫された部屋。もういや!物を減らしたい!そう思っているのにやっぱり ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第7回目は「何から手をつければいいの?」でした。

今回のテーマは
捨てられません!どうすればいい?
です。

捨てられない理由

物にあふれ圧迫された部屋。
もういや!物を減らしたい!

そう思っているのにやっぱり捨てられない、と堂々巡りをしている人は多いと思います。

ではなぜ捨てられないのでしょうか。

①もったいないから

高かったから、ブランド物だから、まだ使えるから。

捨てられない理由の多くはこの「もったいない」だと思います。

また「物を大切にしなさい」という教育を受けてきたために「物を捨てる=悪」となってしまっていることも「もったいない」に拍車をかけているはずです。

②いつか使うから

痩せたら着る、そのうち読む、あれば使う。

今は使っていないけど「いつか」使うかもしれない。

「いつか」使うときになければ困るはず。

「いつか使う」も捨てられない理由に多くあげられます。

③思い出が詰まっているから

重たいアルバム、旅行のお土産、ハマった趣味のグッズ。

その物を見れば思い出が蘇り、気持ちがタイムスリップする。こんな大切な物捨てられる訳がない。

このように「思い出が詰まっているから」捨てられない、と思う人も多いはずです。


捨てられない理由、どれもこれも「そうそう!だから捨てられないんだよね!」と納得するものばかりのはずです。

捨てられない理由をメッタ切る

捨てられない人にとってここから先を読むのは苦痛なはずです。

でも「本気で物を減らし、スッキリした暮らしを送りたい」と思っているなら勇気を出して読み進めてください。

捨てられない理由、メッタ切ります。

①本当のもったいないは「物を使わずにいること」

「もったいないから捨てられない」と言いますが、それは違います。

物を使わずにいることの方がよほどもったいないのです。


物は物の使命どおり使って初めて輝きます。

服はタンスの肥やしになるために作られたわけではありません。

本は横に積まれて埃をかぶるために作られたわけではありません。


どれだけ高価な物でも、使わなければ物は死んだ状態。

使わない物を捨てないということは、死骸を部屋に溜め込んでいるのと同じことなのです。

②いつか使うは「使わない」

捨てられない人も、本当はもうとっくに気づいているはずです。

いつか使うと思って残しておいた物を、一度も使っていないということに。

断言します。使いません。

そして、捨てても困りません。


なければないでなんとかなりますし、本当に困ればまた買えばいいだけのこと。

「ほら、それがもったいない」というかもしれませんが、本当に困る日が来るなら捨てませんよね?

不確実な未来に不安を抱くぐらいなら、今幸せであることを選択した方がよほどいいです。

③思い出は心の中にある

「物を見ると思い出が蘇る」なんて言いますが、大切な思い出はちゃんと心の中にあります

人間の能力を過小評価しなくていいです。


現に私はアルバムもすべて捨てました趣味のグッズもすべて手放しました

だから思い出が消えたかというとまったくそうではありません。

逆に物があることで過去にとらわれる方がよほど不健康です。


どうしても捨てられないなら写真に撮って捨てるという方法もあります。

ビデオテープなどは「ビクターダビングサービス 」のようなダビングサービスで小さくすることもできます。


私たちが生きていくのは今であり、未来です。

まとめ

少し辛い回になったかもしれませんが、いかがでしたでしょうか。


捨てられない理由の多くは、実は「不安」だったり「執着」だったりという「心の問題」です。

心の問題に向き合うのは辛いです。

だからそこから逃げ、理由をつけて「捨てられない」と終わらせてしまうのです。


ですが、自分の心と向き合わない限り物は減らせません。

そして、向き合い続けた結果手に入れられるのは、スッキリした部屋以上に「新しい自分」そのものです。


捨てることとは変わること。


自分を変えたいなら、捨て始めてはいかがでしょうか。



☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第9回目は
手放す時の判断基準は?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第6回目は「ミニマルライフを始めるといいことあるの?」でした。今回のテーマは何から手をつければいいの?です。何から手をつけていいかわからないミニマルライフっていいな。物が少ないっていいな。そんな ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第6回目は「ミニマルライフを始めるといいことあるの?」でした。

今回のテーマは
何から手をつければいいの?
です。

何から手をつけていいかわからない

ミニマルライフっていいな。物が少ないっていいな。

そんな風に思い始めると「よし!早速片付けよう!」と腰をあげたくなります。

ところが見渡した部屋には物、物、物・・・。


しかも部屋は一つではありません。

リビングも、台所も、子供部屋も寝室も洗面所も!


あ〜〜〜、何から手をつけたらいいの!?



こんな風に頭を抱え、結局「や〜めた!」となってしまった経験がある方は少なくないと思います。

でも大丈夫。

きちんとポイントを抑えれば、必ず片付くようになります。

手のつけ方 3つのポイント

それでは実際に「何から手をつければいいか」のポイントを3つご紹介します。

ポイント① 自分だけが使う物・場所から手をつける

以前このコーナーで「家族との折り合い」について取り上げましたが、ある日突然

今日から家中の物を減らすから!

と宣言したところで誰も協力してくれません。

それどころか「めんどくさい」「捨てたくない」と反発ばかり起き、こちらの心まで折れてしまいます。


ですから、まず手をつけるのは自分だけが使う物・場所からが良いです。

例えば化粧品、服、本、文房具など。

これなら誰の許可も必要ありませんし、自分の判断だけで手放すことができます

ポイント② できるだけ狭い範囲から手をつける

片付けるとなった時、どうしてもリビングや台所といった大きな散らかり具合が一番に目につきます。

でも、そんなところから手をつけたら一向に片付かず、そのうちやる気がなくなってしまいます。


ではどうすればいいかというと、できるだけ狭い範囲から手をつけると良いです。

衣装ケース1つ、引き出し1つ、本棚1段など。


狭い範囲なら片付け自体も簡単ですし「片付いた!」という達成感も得やすく、次の片付けへのモチベーションにもつながります。

ポイント③ ベビーステップ

ベビーステップとは、文字通り「赤ちゃんの一歩」。

つまり「とても小さな行動を始める」という意味です。


最初は完成を求めなくてもいいです。
  • とにかく5分だけ片付けをしてみる
  • 1つの衣装ケースの中の「靴下だけ」整理してみる
大切なのは「まず始める」こと。


片付けに手をつけることができただけで素晴らしい。

そうやって自分を褒めてあげれば次の一歩も簡単に踏み出すことができます。

まとめ

たとえば「フルマラソンを完走したい!」と思ってもいきなり42.195km走ることは無理ですよね?

まずは1km 、慣れたら3kmとジョギングの長さを増やし、ハーフを走って・・・と段階を踏んでいくはずです。


片付けも同じです。

いきなり物の少ない部屋には(絶対に)なりません。

決して焦る必要はないのです。


まずは、今回ご紹介した3つのポイントを意識しながら片付けを「始めて」みる

それが最終的に物の少ないスッキリした部屋へとつながります。大丈夫。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第8回目は
「捨てられません!どうすればいい?」
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第5回目は「どこまで物を減らせばいいの?」でした。今回のテーマはミニマルライフを始めるといいことあるの?です。結論:いいことしかない!ここまでミニマリストをアピールしている私が「いいことなんて何 ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。


【教えて!ミニマリスト】第5回目は「どこまで物を減らせばいいの?」でした。

今回のテーマは
ミニマルライフを始めるといいことあるの?
です。

結論:いいことしかない!

ここまでミニマリストをアピールしている私が「いいことなんて何もないよ」なんて言うワケはないのですが(笑)、それでも言いたい。

ミニマルライフを始めてからいいことしかありません!


ではどんないいことがあるのか?
ご紹介していきますね。

いいこと① 部屋がスッキリする

物を減らすのですから当然と言えば当然の話です。

最初は引き出し一つから始まった片付けがクローゼット全体に及び、いつしか家から「必要でない物」がなくなる。

そうなった時の「スッキリ感」は、まるで山頂にたどり着いたかのような清々しさがあります。

ちなみに我が家のリビングは現在こんな感じ。
リビング
このぐらいスッキリすると、部屋を流れる空気まで変わったような感覚になります。

いいこと② 掃除が楽しくなる

掃除の何が億劫かと言うと「掃除を始めるまで」が億劫なんですよね。

掃除機をかける前に床にある物をどける。
その掃除機を取り出す前に手前の物をどける。

物が減るとこの手間がなくなります。しかも掃除自体も楽になります。


また、一度部屋をスッキリさせてしまうとその清々しさにスッキリをキープしたくなります

もっとスッキリさせよう、もっと綺麗にしよう。

そうなると掃除がどんどん楽しくなります


私はミニマルライフを始めてから掃除が大好きになりましたよ。

いいこと③ 暮らしにゆとりが生まれる

物が多いと「選ぶ」という作業が発生します。

この「選ぶ」という作業、物が多ければ多いほど「迷い」に変わり、「疲れ」を生み出します。

更に時間も取られますし、見つからない日にはイライラします。


物を減らすと選択肢が減る分「迷い」が減り、疲れることがなくなるので「心のゆとり」が生まれます。

また、選ぶ・探す・片付けるといった無駄な時間がなくなることで「時間のゆとり」も得られます。


こうやって、物を減らすことで暮らしにゆとりが生まれるようになります。


いいこと④ 今に幸せを感じられるようになる

物を減らすとあることに気づくようになります。

それは、物が自分を幸せにしてくれていたわけではないということ


物が多い時には気づきませんし「沢山の物に囲まれて幸せ」とすら思います。

でも減らしていくとわかります。


生きていくのに必要な物はそんなにないということ。

自分が選び取った「必要な物」に囲まれて暮らす方が幸せだということ。

幸せは与えられるものではなく、すでにこの手の中にあったのだということ。


こう思えるようになり、生きている「今」に幸せを感じられるようになります。

まとめ

ミニマルライフを始めるといいことが沢山あるということ、知って頂けたでしょうか。

他にも暮らしにお金がかからなくなったり、身軽になって行動力がアップしたりといいことづくめ。


その中でも「私が感じた特にいいこと」を今回はお伝えしました。

あとはぜひご自身で感じてみてくださいね!


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第7回目は
何から手をつければいいの?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第4回目は「家族との折り合いはどうつける?」でした。今回のテーマはどこまで物を減らせばいいの?です。どこまで、という基準はない食器は1枚。下着は3組。タオルは4枚。ここまで減らせたらあなたをミニマ ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第4回目は「家族との折り合いはどうつける?」でした。

今回のテーマは
どこまで物を減らせばいいの?
です。

どこまで、という基準はない

食器は1枚。下着は3組。タオルは4枚。

ここまで減らせたらあなたをミニマリストに認定しましょう、なんて基準があるわけではありません。

ライフスタイルや家族構成、住んでいる場所などにより必要な物は人それぞれ。

一概に決めつけることこそおかしな話です。


むしろ「より少ない生き方」の著者であるジョシュア・ベッカーさんはこう仰っています。
理想の人生に必要なら、何を持っていてもかまわない
えー!
そんなこと言っちゃったら物を減らす理由すらなくなっちゃうじゃない!

と思うかもしれませんが、違うのです。

物を減らす、が目的ではない

そもそも、ミニマルライフの目的は「物を減らす」ではありません。

自分にとって不要な物を手放すことで、その物にかかっていた時間やエネルギー、お金を手に入れることができます

それを使ってより大切なこと(夢だったりやりたいことだったり)を実現させる。


つまり、物を減らした先にある「幸せや豊かさ」を手に入れることが目的なのです。


物を減らすのは、幸せや豊かさを手に入れるための「手段」にすぎません

そのため、「どこまで減らせばいいか」という議論をするのはナンセンスなのです。

まとめ

部屋はガラーン。
スーツケース一つで暮らす。

そんなミニマリストの方達を見れば「あのレベルまで減らさないといけないのか・・・」と思い、ミニマルライフを諦めてしまいそうになります。


決してそうではありません。

何度も言いますが、ミニマルライフの目的は「物を減らした先にある幸せや豊かさを手に入れる」こと。

自分の基準でいいのです。自分らしくでいいのです。


物を減らした結果幸せや豊かさを感じられたのなら、もうあなたは立派なミニマリストですよ。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第6回目は
ミニマルライフを始めるといいことあるの?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

☆ミニマルライフを知るのにオススメです☆


こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第3回目は「断捨離との関係は?」でした。第4回目は早速読者の方から頂いた質問にお答えしたいと思います。今回のテーマは家族との折り合いはどうつける?です。家族には絶対に押し付けてはいけないミニマル ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第3回目は「断捨離との関係は?」でした。

第4回目は早速読者の方から頂いた質問にお答えしたいと思います。

今回のテーマは
家族との折り合いはどうつける?
です。

家族には絶対に押し付けてはいけない

ミニマルライフを始めた頃に特に陥りがちなのですが(私もそうでした)、自分の物が減っていくと他人の物の多さがとても気になり始めます。

そして「減らした方がスッキリするよ」「物を減らしてよ」と言いたくなる、もしくは言ってしまうのですが・・・。

これは絶対にしない方がいいです。というよりしてはいけません。


家族といえども他人です。

物に対する考え方も違いますし、ましてや他人の持ち物です。

それを「手放せ」「捨てろ」なんて言われれば私だって反発します。


物が減れば部屋がスッキリして、家族も過ごしやすく幸せに暮らせる。

確かにミニマルライフを送ると結果的にそうなります。

ただしそれは家族全員の理解があってこそ

「私は家族の幸せのためにこんなに頑張って物を減らしているのに!!」

という気持ちは残念ながら家族にとっては迷惑です。

それでも家族に物を減らしてもらいたいなら

ミニマルライフを家族に押し付けてはいけないのは理解できる。

でも現実問題、家族の物が暮らしを圧迫しているのでなんとか減らして欲しい。


そう思っていらっしゃる方も多いと思います。

そこで、実際に私が家族の物を減らすことに成功した方法をご紹介したいと思います。

それは「楽しみながら自分の物を手放し続け、幸せになる姿を見せること」です。

詳しくは過去のこちらの記事をご覧ください。

簡単に言うとこういうことです。

自分の物だけを粛々と手放し続ける

物が減るので自然と家族も気づき始める

自分は物を減らすのが楽しい、スッキリした部屋で幸せ!というオーラを出す(押し付け厳禁)

あなたがそんなに楽しいなら自分も・・・となる


実際にこの方法で、私の主人(マキシマリスト)は少しずつではありますが物を手放すようになりました。

ポイントは「相手に何も働きかけない」ということ。

人は、楽しそうにしている人を見ると「いいなぁ、自分もやりたいなぁ」と思うものです。

その気持ちになってもらうために「まずは自分がミニマルライフを楽しむ」ことが大切なのです。

家族みんなが幸せに暮らせることが一番

今回はややきつめに「やっちゃダメ!」とお伝えしてきました。

なぜかというと、私自身が何度も失敗してきたことだからです。


ミニマルライフを押し付けてはいけない。

頭ではわかっていても、態度や言葉の端々に「捨てろ」オーラが滲み出ることで家族の反発を受けたり話し合いを繰り返したりしました。

だからこそみなさんにはそうなってほしくないのです。


ミニマルライフは心の豊かさを手に入れられる素晴らしいライフスタイルです。

でも、それよりも私は「家族全員が幸せに暮らせること」の方が大切だと思います。


自分はどういった暮らしを望むのか。

ミニマルライフを通して考えていただければと思います。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第5回目は
どこまで物を減らせばいいの?
です。

☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第2回目は「シンプルライフと何が違う?」でした。今回のテーマは断捨離との関係は?です。断捨離の定義2010年の流行語にも選ばれた「断捨離」という言葉。この本の表紙を一度はご覧になった方も多いのではな ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第2回目は「シンプルライフと何が違う?」でした。

今回のテーマは
断捨離との関係は?
です。

断捨離の定義

2010年の流行語にも選ばれた「断捨離」という言葉。

この本の表紙を一度はご覧になった方も多いのではないでしょうか。

これはやましたひでこさんが独自で考案された言葉で、現在はやましたさんの登録商標となっています。

元々はヨガの考えである「断行・捨行・離行」を、やましたさんが応用されたんですね。

それぞれの意味をやましたさんはこう仰っています。

「断」=入ってくる要らないモノを断つ
「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる
「離」=モノへの執着から離れる
「断」と「捨」を繰り返すことで
「離」の状態=モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間で生きていく。

このように定義されています。

ミニマルライフと断捨離の関係

ミニマルライフも物を減らし、心豊かに生きるライフスタイル。

いったい何が違うの?
と頭の中が「???」となってしまうかもしれません。

これについてやましたさんが仰ったことが記事になっています。
“最小でも最大でもなく「最適」な量と関係で ~ダンシャリアンがミニマリストと違う理由(やましたひでこ) - 個人 - Yahoo!ニュース”

少し長くなりますが引用します。
モノを最小限に絞り込むミニマリスト。そこに垣間見えるは、モノをひたすら「排除」していこうとする姿。
けれど、ダンシャリアン<断捨離に励む人>は、モノを捨ててはいるけれど、それは過剰となって対応対処できなくなったモノに始末をつけているだけ。決して、ミニマムなゾーンまで手は染めてはいないですね。
別にミニマリストも「ひたすら排除」じゃないんだけどな・・・。

という思いはさておき、やましたさんとしては

断捨離とは「過剰」に焦点をあて、その過剰を元の最適レベルにまで戻そうとしている

ということなのです。

ミニマルライフ→最小化
断捨離→最適化

ですね。


ただ・・・
そんな細かいこと言わなくても、というのが私の正直な気持ちです。


物と向き合い、本当に必要かどうかを見極める。

不必要な物は潔く手放し、空間と自由を手に入れる。



これは断捨離にもミニマルライフにも共通です。

それを「最適」で止めるのが「断捨離」、「最小」まで進むのが「ミニマルライフ」なのかな、と。

まとめ

私はミニマルライフを始める前に

ミニマルライフシンプルライフ断捨離

の3つの言葉がごちゃごちゃになってとても混乱しました。

だからこそ、一番最初に「3つの言葉の違い」を解説しておきたかったのです。


そして、言葉の違いがわかることで

「自分が望む暮らしはミニマルライフなのか?」

「本当に望む暮らしは実はシンプルライフでは?」

といった「暮らしの方向性」を見つけていただきやすくなると思います。


次回からは「ミニマルライフ」についてどんどん深堀りしていきますね!


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第4回目は
家族との折り合いはどうつける?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。【教えて!ミニマリスト】第1回目は「ミニマルライフって何?」でした。今回のテーマはシンプルライフと何が違う?です。シンプルライフの定義シンプルライフとミニマルライフの違いを解きほぐす前に、やはり「シンプルライフとはなん ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

【教えて!ミニマリスト】第1回目は「ミニマルライフって何?」でした。

今回のテーマは
シンプルライフと何が違う?
です。

シンプルライフの定義

シンプルライフとミニマルライフの違いを解きほぐす前に、やはり「シンプルライフとはなんぞや」を知らなければなりません。

ところがこの「シンプルライフ」もいろんな人がいろんなことを言っています。


なのでここは「シンプル=simple」の意味を辞書で引いてみます。
simple〔形〕
簡単な、やさしい、簡単で、やさしくて、単純な、込み入ってない、
基本的な、簡素な、凝ってない、地味な
-出典:weblio英和辞典-
辞書を引いてみて考えました。

私の思うに「シンプルライフ=簡素な暮らし、単純な暮らし」ではないかと。


ただこれだけではピンときません。

むしろミニマルライフと比較した方がわかりやすいと思います。

ミニマルライフとシンプルライフの違い

これについて、非常に納得できるサイトがあったのでご紹介したいと思います。

〔参考サイト:ミニマリストとは?シンプリストとの違いは?意味をわかりやすく解きほぐす。KINILOG)〕

こちらのサイトではそれぞれこのように定義をされています。
ミニマリスト(ミニマルライフを送る人)=不要な要素を排除することに努める人

シンプリスト(シンプルライフを送る人)=要素を単純化することに努める人
これでは少しわかりにくいので、ここからは私の解釈です。


ミニマルライフとは必要最小限の物だけを持つ暮らし

当然持ち物は少ないが、手元に残った物に色や素材などの統一感はない


シンプルライフとは簡素な暮らし

もちろん物は少ないけれどミニマルライフほどではない

物の少なさよりも「簡素」を重要視するので、部屋全体に色や素材の統一感がある

また、その統一感を出すためにあえて物を購入することもある


私はミニマリストなので「減らす」が一番です。

その結果残った物には確かに統一感がありません

母からもらったブランド物のバッグもあれば、100均で買った調理器具、クリーニングから返ってきたハンガーなども平気です。


一方のシンプリストの方は「スッキリ」が一番なのだと思います。

過剰に物を減らしすぎることなく、部屋全体の統一感、美しさを大切にしているのだと思います。


イメージで言ってしまえば、

ミニマルライフの部屋=ただ物が少ない

シンプルライフの部屋=無印良品のモデルルーム

です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今日ご紹介した2つのライフスタイルは、重なり合うところもありますが私は別物だと思っています。

ただ、どちらがいいという問題ではなく、大切なのは「自分はどう暮らしたいのか」ということ


自分と家族が心地よく心豊かに暮らせる方法を探してみてくださいね。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第3回目は
断捨離との関係は?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。さて、いよいよ始まる教えて!ミニマリストコーナー。第1回目はミニマルライフって何?です。 ミニマルライフの定義実は「ミニマルライフ」という言葉は辞書にはありません(ないんです)。ミニマリストのライフスタイルがミニマルラ ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

さて、いよいよ始まる
教えて!ミニマリスト
コーナー。

第1回目は
ミニマルライフって何?
です。 

ミニマルライフの定義

実は「ミニマルライフ」という言葉は辞書にはありません(ないんです)。

ミニマリストのライフスタイルがミニマルライフ
、なんですよね。


「ミニマリスト」については知恵蔵にこう書かれていました。
持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。
自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方。
なるほど、これならよくわかります。


ポイントは
  • 自分にとって
  • 本当に必要な物だけ
というところ。


本人が必要と思えば、グランドピアノを持っていようが何千冊と本を持っていようがOK。

本人が不要と思えば、冷蔵庫を手放そうが家を手放そうがOK。


必要な物だけを厳選して持ち、不要な物はとことん手放す。

だからミニマリストは、持ち物自体は少ないけれど人それぞれ内容は偏っているというわけです。

ミニマルライフに対する誤解

ここで、ミニマルライフに対する最大の誤解を解いておきたいと思います。

「ミニマルライフ=すべてを捨てること」ではありません。


テレビや雑誌でどうしても
「家を手放しキャリーバッグ一つで生活!」
というような方が取り上げられてしまうからだと思うのですが、違います。

ミニマルライフの目的は捨てることではなく、少ない物で暮らした結果本当の豊かさを手に入れることです。

物が少なければ、物にとらわれていた時間とエネルギーが得られます。
物の奴隷から解き放たれ、自由になります。


物が人を幸せにするのではなく、幸せはすでにこの手の中にある。

この「心の豊かさ」に気づくために物を減らすのがミニマルライフなのです。


すべてを捨てなければそのことに気づけないのなら捨てればいいと思います。

でも「捨てなければいけない」わけではないことは、覚えておいていただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ミニマルライフは決して極端な思想ではなく、「心豊かに暮らすためのライフスタイルの一つ」ということがおわかりいただけたかと思います。 


自分にとって本当に必要な物だけを持つことで、心の豊かさを手に入れる。

それを実現できるのがミニマルライフなのです。


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第2回目は
シンプルライフと何が違う?
です。


☆ミニマルライフについて聞きたいことは、お気軽にお問い合わせフォームから☆


☆ミニマルライフを知るのにオススメ☆

こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。今までずっと温めていた企画を、いよいよスタートさせようと思います!コーナーを始める理由私は、ミニマルライフを始める前からずっと「ミニマルライフ」について調べ続けてきました。時には本を読み漁り、時にはインターネットとい ... 続きを読む
教えて!ミニマリスト
こんにちは!坊主女(@bose_lady0806)です。

今までずっと温めていた企画を、いよいよスタートさせようと思います!

コーナーを始める理由

私は、ミニマルライフを始める前からずっと「ミニマルライフ」について調べ続けてきました。

時には本を読み漁り、時にはインターネットという情報の海をさまよいながら。

そんな中で思い続けていたのは
一ヶ所でミニマルライフの全てがわかる場所があったらいいのに
ということ。

ないんですよね、なかなか。
特にミニマルライフの「ミ」の字も知らない人向けの場所が。

ない、ない・・・。
だったら自分で作ればいいじゃない!
と思ったのです。

ミニマリストの諸先輩方を差し置き、かなりビビっています。
でもやらなきゃ何も変わらない

そう考え、恐れ多くも始めてみようと思ったのです。

コーナーの意図

このコーナーは、次のような方に読んでいただきたいと思っています。
  • ミニマルライフのことを何も知らない
  • ミニマルライフを始めてみたいけど、何から始めたらいいのかわからない
  • ミニマルライフの良さを知りたい
  • ミニマルライフについて聞きたいけど聞ける人がいない
もちろん「がっつりミニマリスト」な方に読んでいただいてもいいのですが、ミニマルライフについてできる限りわかりやすく解説したいと思っています。

お願い

このコーナーは、あくまでも「私が考えるミニマルライフ」についてです。

決して議論の場でもなければ、他のミニマリスト様を誹謗中傷する場所でもありません。

もし私のミニマルライフ観にご意見がある方は、お問い合わせフォームよりお願い致します。


また、読者の皆様の中で
  • こんなことが聞きたい!
  • こんなことを取り上げて欲しい!
ということがありましたら、遠慮なくお問い合わせフォームよりご質問ください。


その際、原則的には記事内で回答を致します(お名前を出すことはございません)。

もし「個別での回答」をご希望される場合は、お問い合わせ時にその旨をご記載ください。

一緒にこのコーナーを作り上げてください!

私一人の力など本当に微々たるものです。

だからこそ読者の皆様のお力をお借りして、「ミニマルライフのことならこのコーナーへ!」と言えるものを作り上げたいと思っています。

そのためにも、どんどんご意見やご要望をお寄せいただければ大変嬉しく思います。

どうぞ、一緒にこのコーナーを盛り上げてください!


☆次回予告☆
【教えて!ミニマリスト】第1回目は
「ミニマルライフって何?」
です。