坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:家×ミニマリスト > トイレ×ミニマリスト

素手でトイレ掃除を始めて約1年。私には多くの変化が訪れました。お金、心、どれもこれもすばらしい変化ばかりです。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


我が家にトイレブラシはありますが、私が毎朝トイレ掃除する時は素手で掃除しています。

もちろん便器の奥まで手を突っ込み、便器の裏側を爪でコリコリしています。

えぇぇ!そんなこと絶対できない!
と思った人。是非ここから先を読んでください。


始めたきっかけは不純だった

私が生まれて初めて便器を素手で掃除したのは、この一件がきっかけでした。

まさに坊主頭にしたその日の朝だったんですよね。

実はこの数日前、私はある本を読んでいました。

小林正観さんはズバリ、トイレ掃除をするとお金が貯まると仰っている方です。

それも邪心や下心アリアリ、損得勘定100%でもいいとまで仰っているのです。

この時点で「それじゃあやろうかな」って思いますよね(笑)。


でもこれだけじゃないんです。

素手で掃除すると『0』の数が一つ増え、
便器に手を突っ込んで掃除するとさらに『0』の数が増える


って仰ってるんですよ!しかも実例たっぷり!


この時すでにミニマルライフに突入し、掃除好きになっていた私。

しかもお金が貯まるんならやってみようじゃないの!

実はそんな不純さ100%(笑)の動機で素手でのトイレ掃除を始めたんですよね。

そして本当に驚くほどの臨時収入があり、すっかり病みつきになって今に至ります。


約1年間素手でのトイレ掃除を続けて思うこと

今ではすっかり当たり前になってしまった素手でのトイレ掃除ですが、改めて考えてみると私自身に色々な変化があったことに気づきます。

①どこでも掃除できるようになった

便器に手を突っ込めたら「汚れ」に対するハードルはほぼゼロになります。

そのため私は、外出先のトイレでも汚れていれば掃除します。

また、かつては嫌で放置していたお風呂や洗濯機の排水口(ドロドロ)も一気に綺麗にしました。


いわゆる「汚いところ」の掃除に抵抗がなくなり、部屋全体の綺麗さまで上がったというわけです。


②不思議とお金に困らなくなった

素手でトイレ掃除を始めてからしょっちゅう臨時収入があるというわけではありません。

ただ、感覚的なものなのですが「お金が減らない」と感じます。
  • 買わなければならなかったものが激安で売っていた
  • 払うはずだったお金を払わなくてよくなった
  • 一旦払ったお金が戻ってきた
こういうことがすごく増えました。


そういったことがあるたびに私はトイレの神様に手を合わせています。

トイレのここにね、いらっしゃるのです神様が。
IMG_3214 (1)

拡大するとこう。
IMG_3213 (1)
烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)とおっしゃるトイレの神様です。
雑誌の付録としてついていたものです(笑)。

こちらにお礼を言っています。

③自然と感謝の気持ちが湧き上がるようになった

始めは下心100%で始めた素手でのトイレ掃除なのですが、一番の変化は実はこれだと思います。


トイレ掃除って本当に不思議なんです。

掃除し始めると心がすーっと静まって、心が洗われていくような気持ちになるのです。

そしてトイレ掃除を終えると、自然と感謝の気持ちが湧き上がるのです。


今朝も起きられたこと。
この世に生きていること。
幸せであること。


自分でそう思おうと思ってなるわけではなく、本当に自然とそう思えるのです。

だからまた、私は先ほどのトイレの神様にお礼を言うのです。


トイレを掃除すれば暮らしが変わる

じゃあ素手でやってみて!

といきなり言われてもそう簡単にできるものではないと思います。

でもトイレブラシや雑巾を使い、トイレを綺麗にすることはできるはず。


私の実感として言えることですが、どの部屋よりもまずトイレを綺麗にすると暮らしが変わります

是非一度、トイレをピカピカに磨いてあげてください。

きっとあなたの元に幸せが訪れるに違いありません。



☆トイレで一番汚いところって知ってますか?その簡単お掃除方法はこちら☆

我が家はトイレにタオルを置いていません。それはタオルを置かない方がメリットが多いから。タオル掛けがあるからタオルを置くのではなく「本当にトイレにタオルが必要かどうか?」を考えてみませんか? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

引っ越し前に、かなり物は処分してきたはずでした。

それでもいざ引っ越してから「やっぱり要らない物」や「使いたかったのに使えなかった物」が沢山出てきます。


ハンドソープ置き場がなかったトイレ

手洗いに関して潔癖症な面のある主人のために、以前の家では洗面所やトイレなど「手を洗う場所」ごとにハンドソープを置いていました。

ですが、新居のトイレを見て「あちゃー」となりました。
水受け
わかりますか?

平らな部分がほとんどないため、ハンドソープを置く場所がないのです。

置ける容器に移し替える、という手もあるかもしれませんが不安定な上にめんどくさい(笑)。


ハンドソープが置けないというこの状況。

「あちゃー」なんて言ってましたが、実は内心「ウシシ」とほくそえんでいたのです。


トイレのタオルをずっと撤去したかった

そうなのです。
「トイレのタオル、要らないなぁ」とずっと思っていたのです。

なぜなら、トイレにタオルを置かないとメリットが沢山あるからです。

①水はねをいちいち拭き取らなくてよい

手を洗ってからタオルで拭くまでに水がしたたったり、手を洗っている最中に水が飛び散ったり。

そういった「水はね」は放っておくと汚れになるため、都度都度拭いていました。


でもこの作業、ぶっちゃけめんどくさい。

タオルがなければトイレで手を洗わないので「水はね」そのものがなくなるのです。


②タオルの数を減らせる

引っ越し前、荷造りしようと改めてタオル置き場を見て愕然としました。
タオル ごちゃ
ひどい、ひどすぎる。

頂き物のタオルばかりで統一感もないし、そもそも多すぎる。

数えてみたら夫婦二人暮らしなのにフェイスタオル30枚(!!)、ハンドタオル7枚もありました。


この場所、普段はこうやって隠していました。
タオル 伏せ
これがダメだったんだな。臭い物には蓋をするってやつです。


トイレにタオルを置かなければ、一日で使う枚数が減らせます。

そうすればタオルの総数も減らせる、というわけです。


③トイレという空間がスッキリする

物を極力置きたくないのはどの部屋も一緒ですが、 特にトイレは清潔感を出したいしスッキリさせたいもの。

タオルを置かなければそれだけトイレ内の物が減り、空間がスッキリします


このように、トイレにタオルを置かないメリットを目一杯発揮したトイレはこうなりました。
トイレ 完成下

最低限の掃除用具とトイレットペーパーの予備はここへ。
トイレ 完成上
我ながら大満足。

掃除もしやすいですし、空気も清々しいです。



「当たり前」を疑う

先程の写真を見て頂いてもわかるように、新居のトイレには当たり前のように「タオル掛け」がついていました。

以前の私ならそれこそ「当たり前のように」そこにタオルを掛けていたはずです。

ですが、きちんと考えればトイレにタオルがない方が私にとってはメリットが多くありました。


「当たり前」なんて存在しない。

自分や家族が過ごしやすく、快適な家であればそれが一番。



私はこれからも、一つ一つの「当たり前」を疑いながら自分らしい選択をしていきたいと思います。

トイレで最も雑菌の多い場所、実はトイレブラシって知ってましたか?この記事ではトイレブラシの簡単お手入れ法をご紹介しています。トイレブラシが綺麗だと掃除もきっとはかどりますよ。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

今回の記事は途中にトイレの画像がありますので、お食事中の方や嫌悪感のある方はご覧にならないでください。
bathroom-1228427_640

トイレで最も雑菌が多い場所、それは・・・?

トイレで一番雑菌が多いのはどこでしょう?

と質問されて、多くの方は「便器」や「便座」と思われるのではないでしょうか。

ですがこの2か所は、逆に日頃からお掃除をしているので雑菌があまりいないのです。


では最も多い場所は・・・

そう、トイレブラシです!


ジョンソン株式会社のサイトを見てみました。
  • 便器や便座は10c㎡あたり1~83個の雑菌がいる
  • トイレブラシは1本あたり8千万~23億個(!!!)も雑菌がいる
桁が違いすぎる!数字を見ただけで卒倒しそう!!

とにかく一刻も早くトイレブラシを綺麗にせねば!となりますね。


我が家のトイレブラシ簡単お手入れ法

本当はトイレブラシそのものがなければ話は早いのですが、 家族もいるので私は手放していません

あるからには常に清潔に保ちたい。

でも決して綺麗な物ではないし・・・。


あれこれと試行錯誤を繰り返した結果、私はある方法にたどり着きました。

それはトイレブラシを便器に浸けて漂白するです。 

簡単な方法ですがやり方を説明します。

①トイレブラシを便器に浸ける

便器には水が溜まっていますよね。

トイレ自体の掃除を終えたあと、そこにトイレブラシをつけます。

こんな感じです(画像がありますのでご注意ください)。 
IMG_2982のコピー

②粉末の漂白剤を振りかける

トイレブラシを浸けた便器へ粉末の漂白剤を振りかけて放置します。

量も時間も適当です(このあたりがめんどくさがり)。

私が使っている漂白剤はこちらの酸素系漂白剤。

塩素系でも問題ないとは思うのですが、臭いがきついのと肌が荒れるので酸素系を使っています。

③しばらく放置したあと天日干し

私は買い物などの外出前にセットし、帰宅してから取り出します。

毎度毎度浸けていることを忘れて普通にトイレに行ってしまい、便座の蓋を開けて「うぉぉぉぉぉ!」ってなってます(笑)。


そして取り出したトイレブラシは天日に干してしっかり乾かします

もちろんトイレブラシを収納している箱も綺麗にしてあげてください。 


掃除用具も常にきれいにしてねぎらいを

sign-1715890_640
掃除終了!部屋中キレイ!

掃除を終えると気持ちもスッキリ爽快になって、そのまま終わらせがちです。

でもちょっと待って。


部屋が綺麗になったのは、掃除機さんが頑張ってくれたからではないですか?

雑巾さんも、その体を真っ黒にして働いてくれたからではないですか? 


そんな掃除用具達、掃除の最後には是非綺麗にして「ありがとう」とねぎらってあげてください。

掃除用具そのものが汚ければ、掃除をしてもやっぱり綺麗にはなりません。

そして、感謝の気持ちを伝えることで物もさらに働きを増してくれると私は信じています。 

トイレのスリッパ、どんなものをお使いですか?私は「拭ける」という理由でビニール製のトイレスリッパを使っています。毎日のトイレ掃除のついでにトイレスリッパも拭くことで清潔さをキープできますよ。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


トイレは毎日必ず使う場所だからこそ綺麗を維持し、清潔さを大切にしたい。

それはトイレという空間だけでなく、トイレに置かれているすべての物について言えることだと思います。


掃除しやすさを追求したトイレ

私はミニマリストになってから掃除が大好きになりました。

もちろんトイレも例外ではなく、一度徹底的に掃除をして以来毎日のトイレ掃除は日課です。

おかげでトイレはいつもピカピカ、空気も澄んでいるように思えてすっかり我が家のパワースポットになりました。

トイレに布製の物はありません

そんな我が家のトイレですが、掃除をしやすくするために物自体ほとんどありません
トイレ 完成下
中でも布製の物は何も置かないようにしています。

便座カバーも以前は使っていましたが、毎日掃除するようになってから処分しました。

マットは元々敷いていません

タオルさえも置かなくなりました。


なぜ布製の物を置かないのか

私がトイレに布製の物を置かないのはいくつか理由があります。

①トイレの悪い気を吸収してしまう気がする

まず、布製の物は汚れだけでなくトイレの悪い気も吸収してしまう気がするという理由。

以前は気持ちの問題かな、と思っていましたがKeikoさんが著書「月の浄化術」の中で「布類は邪気の温床」と仰っているのを見て確信しました。

邪気の溜まる場所にわざわざ邪気を集める物を置いておきたくない、というのが1つ目の理由です。

②洗うのが面倒

便座カバーぐらいならさほどでもありませんが、マットともなると大きいため洗うのが面倒です。

手洗いしかできないものなら尚更。

さらに、洗濯機で洗えたところで他のものと一緒に洗うのはどうも気がひけるのです。

洗うのが面倒、というのは私の中で大きな理由です。

 

私が選んだトイレのスリッパ

さて、物自体ほとんどない我が家のトイレですがスリッパはあります。

そのスリッパも、もちろん布製のものではありません。
トイレスリッパ リライト
「懐かしい~」なんて思ったあなた、大事なのは柄ではありません(笑)。

こちらのスリッパは見てのとおりビニール製です。

ビニール製だからこそ買いました。


なぜビニール製にこだわったかというと掃除の時に一緒に拭けるから

これに尽きます。


毎日の掃除では、便器はもちろん床も毎日拭き掃除しています。

そのついでにスリッパを拭きます。

表も裏もサッと拭くだけですが、毎日拭いていれば汚れは溜まらず清潔さをキープできます。


また男性が家にいらっしゃる場合、床だけでなくスリッパもけっこう汚れます。

そんな時もビニール製ならひと拭きで解決!です。

 

目的に応じて物を選ぶ

apple-1594742_1920
私はトイレにお揃いのマットや便座カバーを置くことを否定はしません。

その目的が「トイレではリラックスしたい」などとハッキリしていればいいと思います。


私は「トイレの綺麗を楽にキープしたい」という目的で物をなくし、ビニールのスリッパを選びました。

トイレに限らず大切なのは目的を明確にして物を選ぶこと

目的が明確であれば余計な物を買うこともなくなりますし、物を処分する際の基準にもなります。


なんのためにこれが必要なのか?

どういう暮らしを目指しているのか?


常に自分に問いかけ、目的を明確にしながらこれからも物を選んでいきたいと思います。

この半年以上、毎晩般若心経を唱えています(本当です)。こんにちは、坊主女です。 購入したばかりのKindle (Newモデル)をいじるのが楽しくてなりません。 読みたい本が通常の書籍よりも安く買える場合がほとんどなので、本当にありがたいです。 記念すべき一冊目は枡野 ... 続きを読む
この半年以上、毎晩般若心経を唱えています(本当です)。
こんにちは、坊主女です。

購入したばかりのKindle (Newモデル)をいじるのが楽しくてなりません。

読みたい本が通常の書籍よりも安く買える場合がほとんどなので、本当にありがたいです。

記念すべき一冊目は枡野俊明(ますのしゅんみょう)さんの「片づける 禅の作法」にしました。


ミニマルライフと禅は密接に関わっている

nat12_se03_tp_v
枡野さんの本業は僧侶です。

そしてそもそも、私がミニマルライフにたどり着いた経緯というのが、

引き寄せの法則→瞑想→仏教(禅)→ミニマルライフ

という流れなのです。

 
仏教や禅についてはまだまだ勉強中なのですが、その中で、

結局どんな物であっても実体なんてないんだよ。実体のない物に執着しても意味がないんだよ。

だからその執着を、物を手放すことで心の安らぎが得られるんだよ。


という考え方を知り、深く納得し、そこから私のミニマルライフが始まったというわけです。
 

枡野さんも、本の中で同じようなことをおっしゃっています。
今を生きる私たちが、心豊かに暮らすためにできることはなんでしょう。

それは、よけいなものをそぎ落とし、不要なものを手放して、限りなくシンプルになることです。
まさにミニマルライフですよね。


そして、禅でもっとも大切にされている修行の一つが「掃除」なのだそうです。

本では、
  • 実際に修行僧たちがどんな生活を送っているのか
  • その中で掃除がどれほど重要視されているか
  • 彼らの掃除の方法(いたってシンプルな方法)
などが書かれています。

私は日々修行をしているわけではありませんから、良いところや考え方を真似できればいいなぁと思って読み進めていました。

ところが、ちょうど今の私に「グサリ」と刺さる部分があったのです。
 

ただ、無心に掃除をする。それだけでよい。

枡野さんは、禅にとっての掃除についてこうおっしゃっています。
禅では、掃除をすることは心の塵を払い自分を磨くことだと考えるのです。
そして、その掃除をする際に「ただ無心に掃除をしなさい」とおっしゃっています。

そうすればそこから見えてくるものが必ずあると。


私は、ミニマルライフを目指し始めてから物も随分減らしましたし、その分部屋がシンプルになって掃除が大好きになりました。

毎朝の掃除
も欠かさずしています。

でも、最初は「掃除すること」に集中していたのに、いつのまにか「ルーティンワークとしての掃除」になってしまっていたのです。

はっきり言って心がこもっていませんでした。様々な不安に心を奪われて上の空で掃除をしていました。

そうです、今の私は、「掃除」ではなく「作業」をしていたのです。

そのことに気づかされ、深く反省しました。

これでは心豊かに暮らすなどとうてい無理な話です。

もう一度初心に帰って掃除をしたい

a0002_004653
今の私に不安がないかというともちろんあります。先のことをあれこれ考えてしまいます。

ですが、先のことを考えたって何も変わりません。

私が生きているのは「今」です。

だから、まずは「今、掃除をすること」に無心に取り組みたい。

そこから見えてくることがきっとあるはずだと信じています。


トイレの度に磨いていたら、便座の蓋に顔が映るようになってきましたよ。 こんにちは、坊主女です。   自宅のトイレをピカピカにしたら、他のトイレも気になるようになってしまいました(笑)   トイレに行く度に掃除、が当たり前になった結果 毎朝自宅のトイレを掃除 ... 続きを読む
トイレの度に磨いていたら、便座の蓋に顔が映るようになってきましたよ。

こんにちは、坊主女です。

 

自宅のトイレをピカピカにしたら、他のトイレも気になるようになってしまいました(笑)

 

トイレに行く度に掃除、が当たり前になった結果


毎朝自宅のトイレを掃除するのは、私の中ではちゃんとした「掃除」なのですが、それ以外にもトイレに行く度に水はねを拭いたり、便座を拭いたり、とどこかしらを掃除するのが「クセ」になりました。

 

そして、「クセ」ですから外でもやってしまうのです。

出先のトイレで棚のほこりを拭いたり、デパートのトイレで床のゴミを拾ったり。

やらないといけないからやっているわけではありません。

ただ、トイレが綺麗だと本当に気持ちいいとわかったからやっているだけです。

 

職場のトイレ掃除も楽しくなった


今の職場には掃除当番があり、隔日で当たります(かなり高確率ですね)。

 

以前は「嫌だなぁ」と思っていた掃除ですが、今はウキウキです。

さすがにウォシュレットを外してまではやりませんが(笑)、今まで最低限しかやらなかったのがウソのように、あっちもこっちも念入りに掃除しています。

光っているドアノブを見てニヤニヤしています。

 

自分の変化に驚きつつも嬉しい


まさかよそ様のトイレを掃除する日が来るとは思いませんでした。

でも、先日読んだ本にも同じようなことが書かれていてさらにびっくりしました。

小林正観さんは、トイレ掃除の素晴らしさを説いてらっしゃいますが、この本の中では「自宅以外のトイレも掃除すると金運あがるんですよ!」っておっしゃってます。

 

・・・いや、そんなやましい気持ちでよそ様のトイレを掃除してるわけではないんですけどね(汗)。

としどろもどろになりかけたのですが、さらに正観さん、「下心はあってもOK!コツは楽しむこと!」とおっしゃっています。ほっ。

 

まずは自分が暮らす家からでいいと思います。

綺麗が気持ちよくなって、当たり前になったら自宅以外のトイレもちょっとだけ掃除してみませんか?

きっと誰かが喜んでくださるはずです。

そしてそれは、トイレの神様かもしれませんよ。

毎朝掃除?1分でも寝ていたいよ・・。そんな声が聞こえてきそうですが、実は朝にサッと掃除をするだけで驚くほど一日を気持ちよく過ごすことができるようになるのです。毎朝掃除で素敵な毎日を過ごしませんか? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は先日トイレをピカピカに磨きあげました

それ以来、毎日欠かさずトイレ掃除をしています。

 

「ついで」を習慣化する

掃除する男
掃除のタイミングは朝、主人を見送ったすぐ後です。

玄関の横にトイレがありますし、一度部屋に戻って座ってしまったら掃除したくなくなるからです。

立った「ついで」です。


毎日掃除をしているので洗剤は不要。

トイレットペーパーでサッと拭きあげるだけで、ピカピカを維持できます。

最後に便器に向かって手を合わせ「いつもありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えています。

それが良い、と本で読んだとか誰かに聞いたとかではなく、自分を生まれ変わらせてくれたピカピカのトイレに自然と手を合わせるようになりました。

特に効果は・・・ないと思います(笑)。


玄関も一緒にそうじ

最初はトイレ掃除だけだったのですが、せっかくトイレと玄関が隣なのだから、と玄関も一緒に掃除することにしました。


玄関は神様の通り道、といいます。

玄関を綺麗にしていれば神様が来て下さるそうです。

ここも、たたきと上がったところを拭き上げます。

それだけで玄関の空気が変わる気がします。

 

朝の掃除で一日中気持ちよく過ごせるように

grass-2398238_640
「15分あったらひと眠りできるじゃない」と思うかもしれません。

実際以前の私はそうしていました。

でも、その15分を掃除に充てることで驚くほど一日を気持ちよく過ごせるようになったのです。


すがすがしい気分が続きますし、自然と笑顔になります。

仕事もはかどります。

嫌なことも起こらなくなった気がします。


まさか、と思うならまずは一日だけでも、5分だけでもやってみてください。

トイレでなくても家のどこか一か所を掃除してみれば、その一日は全く違った一日になるはず。


毎朝の掃除、本当におすすめですよ!