坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:家×ミニマリスト > 風呂×ミニマリスト

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!こんにちは、坊主女です。ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由そのため、どうやったら「楽 ... 続きを読む
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてから掃除大好きになった私ですが、めんどくさがりであることに変わりはありません。
▶ 「めんどくさがり」こそミニマリストに向いているその理由

そのため、どうやったら「楽して綺麗」を維持できるかを日々模索中です。

<目次>

2か所の「蓋」を取っ払う

今回、本来備え付けられている「蓋」を取っ払いました。 

まずはキッチンのシンク。 
排水溝カバーがプラスチックタイプのものです。
IMG_3309
カバーを取っ払ったうえで、ゴミ受けもプラスチック→アルミタイプに変更しました。
IMG_3310 IMG_3311
私はニトリで購入しましたが、こういうタイプの物です。

続いてはお風呂。
こちらも排水溝の蓋です。
IMG_3397
これを取っ払って・・・
IMG_3425
この状態に。

取り外した物は退去の際元に戻さないといけませんから、まとめて保管します。

蓋を外した理由

蓋を外してしまうと、正直見た目はあまりよくありません。
それでも私が蓋を外したのには理由があります。

①蓋をすると、その下の汚れから逃げてしまう

これが一番の理由です。

蓋をしたらゴミや汚れが見えなくなります。
見えなくなると、表向きは綺麗なので「ま、いっか」ってなります(めんどくさがりな私の場合)。
そのうちに汚れが溜まってしまって、蓋を開けた時に
「うげっ!」
ってなりますし、溜まった汚れを取るのは一苦労です。

蓋をしなかった場合、とにかく強制的に汚れが見えます
見えたらゴミをこまめにとったり、洗ったりと綺麗にします。
結果、汚れが溜まることなく綺麗が維持できます。

基本自分に甘いので、
「見えないもの=ないもの」
になっちゃうんですよ。

だからこそ、強制的に掃除させる手段として蓋を外したわけです。


②蓋そのものがヌメるので掃除が面倒
これ、本当に面倒です。

汚れ、洗剤、水といった物がすべて蓋を通っていくわけですから、一日で汚れの宝庫になります。
不衛生だし、毎日綺麗にするのがめんどくさい。

それならいっそ、なければ問題そのものが生じない、というわけです。

<最後に>臭い物こそ、蓋をするべからず

2か所の蓋を外してから、掃除が格段に楽になりました。
掃除する箇所も減りましたし、マメに綺麗にするので汚れが溜まらない。

そして、この「蓋をしない」ということは掃除に限らず収納などにも当てはまると思うのです。 

たまった物をとりあえずクローゼットに押し込む。
ごちゃごちゃしているから布で覆って隠す。

隠しても問題は解決しません。
汚れや物と向き合うためには蓋をしない、隠さない。

私はこうすることで、より快適な暮らしを求めていきたいと思います。 

こんにちは、坊主女です。私は先日柔軟剤をやめたのですが、バスタオルもやめました。 バスタオルが必要な理由が見つからなかった 私は小さい頃からお風呂上がりにはバスタオルを使っていましたし、それが当たり前だと信じていました。そのため、生まれてこのかた「バスタオ ... 続きを読む
adorable-20374_1920
こんにちは、坊主女です。

私は先日柔軟剤をやめたのですが、バスタオルもやめました。

バスタオルが必要な理由が見つからなかった

私は小さい頃からお風呂上がりにはバスタオルを使っていましたし、それが当たり前だと信じていました。

そのため、生まれてこのかた「バスタオルを使わない」という選択肢を思いつくことすらありませんでした。


ところがすでにお気づきの通り私は坊主頭です

どう考えてもバスタオルが必要な髪型でないのは明らかです。


加えて主人は以前からバスタオルを使っていませんでした。

その理由は「大きすぎて邪魔だから」


もはや「我が家になぜバスタオルが存在するのかすらわからない」状態になってしまったのです。


ヒオリエさんのフェイスタオルを購入

新たにバスタオルがわりに購入したのは、一度使ってみたかったヒオリエさんのフェイスタオル。


実は、届いたときは「え?こんなにペラペラだけど大丈夫なの?」と思ってしまったのですが・・・

ヒオリエさん、ごめんなさい!


洗えば洗うほどパイルが立ってきて吸水力がぐんぐんアップ!

もちろん柔軟剤なしでもフワフワ!

変更して本当に良かったです。


バスタオルを手放して良かったこと

大きなバスタオルを手放しても何も困りませんでした。

むしろ良かったことばかりです。

①洗濯が楽

私は毎日洗濯をするのですが、バスタオルがかさばって仕方ありませんでした。

重さがある分水も使いますし、洗濯機も長く回さないといけないため光熱費もかかっていました。

それらがすべてなくなって洗濯がとても楽になりました。

②タオルがすぐ乾く

バスタオルは生地がしっかりしている分乾きにくいです。冬場や梅雨時はなおさら。

ヒオリエさんのフェイスタオルは本当にすぐ乾きます。めちゃくちゃ早いです。

おかげでタオルの枚数まで減らすことができました。良かったです。

③収納の場所も取らない

バスタオル批判ばかりするわけではないのですが(苦笑)、かさばるバスタオルは収納時も場所を取ります。

収納がすっきりしたのも本当に嬉しいです。

 

まっさらな心で、物と向き合う

ミニマルライフを始めてから、自分がいかに固定観念にまみれて生きているかということに気づかされます。

物の使い方、置き場所、使う頻度。すべてにおいて。


必要だと思っていた物は実はいらないかもしれない。

当たり前だと思っていたことは実は当たり前ではないかもしれない。


そのことを心に留めながら、一つひとつの物に対し「生まれて初めてそれを見て、使う」気持ちで向き合っていこうと思います。