坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:家×ミニマリスト > 家電×ミニマリスト

私はエアコンが苦手なため夏場でもエアコンを使いません。とはいえ昨今の暑さは異常なレベル。体調を崩してしまわないための様々な暑さ対策、そしてエアコンを使わないメリットをご紹介。エアコンがなくても快適に暮らせるんです! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はエアコンを使いません。
これはミニマリストだからではなく、昔からエアコン(特にクーラー)が極度に苦手なためです。

引越し前の部屋にはエアコンを付けていなかったぐらい。

今暮らしている部屋には元々エアコンがついていましたが、主人専用の部屋にあるためやっぱり私は使いません。


でも暑いでしょ?と聞かれたらもちろん暑いです(笑)。

暑いのですが、それをはるかに上回るメリットがあるとも思っています。


そこで今回は私が実践している暑さ対策エアコンを使わないメリットをご紹介したいと思います。


実践している暑さ対策

何度も言いますが、いくらエアコンは苦手と言っても暑いものは暑いです(笑)。

特に昨今は部屋の中でも熱中症で倒れるぐらいの暑さですから対策は必須。

そこでまずは、私が実践している暑さ対策をご紹介していきます。


【1】首に保冷剤を巻く

首には大きな血管が通っているため、ここを冷やすと体全体の温度が下がります。

専用のものも売っていますが、ケーキなどを買った時の保冷剤を手ぬぐいやタオルに包んで首に巻けばじゅうぶんです。

ほんと、使っているのはこういうもの。

寝るときには大変重宝します。

同じ理由で、腋の下や肘・膝の関節を冷やすのも効果的ですよ。


【2】ベランダに打ち水をする

打ち水をすると水が蒸発する際に地表から熱を奪ってくれるので涼しくなります。

実際に周囲の気温は2℃ほど下がることもあるようです。


ただ、打ち水をするのはタイミングが大切です。

オススメは早朝か夕方。

つまり太陽がガンガン照っていない時間ですね。

もし真昼間に打ち水をしてしまうと、すぐに蒸発してしまううえかえって蒸し暑くなってしまうので逆効果なんです。ご注意あれ。


【3】太陽の光を遮る

私の住んでいるマンションは、東と南に窓があるため日差しがものすごく入り込みます。

そのため日中外出しているときには遮光カーテンを閉めています。

本当は一日中遮光しておけば太陽の光自体は遮れるのでしょうが、それだと気分が滅入るので外出時だけ。

それでも部屋の気温の上昇がかなり抑えられますよ。


【4】サーキュレーターを使う

サーキュレーターは扇風機ではありません。

扇風機が「羽で風を起こし、その風を直接体にあてて涼むもの」であるのに対し、サーキュレーターは「部屋の空気を循環させることで部屋の温度を一定にするもの」です。


我が家で使っているサーキュレーターはバルミューダという会社のもの。

デザインにこだわりのある主人のたっての希望で購入しました。

1〜4まで風の強さを変えることができ、角度もこのように90度まで傾きます。

ただし首振り機能や予約機能はありません。

また風がかなり強いので、寝る時などは使わない方がいいと思います。


効果的な使い方としては、このサーキュレーターのお尻をこのように窓側に向けて回します。

すると、外の涼しい風が部屋の中に送り込まれ循環するというわけです。

窓が少なく風が循環しにくい家はかなり重宝すると思います。


エアコンを使わないメリット

ここまで私が実践している暑さ対策をご紹介してきましたが、私はエアコンを使わないメリットは多いと思っています。

そこでここからは、エアコンを使わないメリットをご紹介していきます。


【1】電気代が安くなる

light-bulb-1640351_640
どなたでも想像のつくメリットとは思いますが、やはり安いです。

2016年の数字ですが、真夏の我が家の電気代です(夫婦2人暮らし、2LDK約60㎡)。
  • 6/15~7/13(29日間) 130kwh 2,638円
  • 7/14~8/16(34日間) 161kwh 3,399円

日数の誤差はあるものの1か月3,000円弱といったところでしょうか。


この数字エアコンを使うご家庭と比べるとかなり安いと思います。


【2】夏バテしない

人間には本来、気温の変化に自然に対応する能力が備わっています。

それがエアコンを使うとどうなるか?

「エアコンの寒さ」と「外のうだるような暑さ」を行き来することになるので、調整を司る交感・副交感神経のバランスが崩れてしいます

その結果もたらされるのは夏バテ


職場等のエアコンは致し方ない面もありますが、家でエアコンを使わない生活を長く続けている私は夏バテ知らずです。

また、主人も以前は部屋でガンガンクーラーつけっぱなしだったそうですが、私と暮らすようになってから「夏バテしなくなった」と言っています。

確かな効果があるようです。


【3】肌にいい

エアコンの効いた部屋に長くいると肌が乾燥してきませんか?

お風呂に入って汗をたっぷりかくと肌の調子が良くなりませんか?


エアコンのない生活で汗をかくのが肌にいいのは当然の結果とも言えます。

私が肌断食を実践しているのもありますが、肌を守ってくれる常在菌にとって汗は大事な食料。

その食料をエアコンがないことで存分に与えることができます。


エアコンを使わないおかげで私の肌は丈夫に、そしてきめ細かくなりました。
 

【4】季節の変化に敏感になる

基本的には窓を開けっ放しなので「風」に敏感になります。

季節の変化を「風」で感じられるようになります。


気持ちのいい風が吹いてくると心がす〜っと気持ちよくなります。

虫の声が聞こえてくると耳を澄ましたくなります。

まさに季節を「肌で」感じることができるようになる、といったところでしょうか。


まとめ

以上、エアコンを使わない私が実践している暑さ対策と、そのメリットをご紹介してきました。


冒頭でもお伝えしたように、私はエアコンが本当に苦手なために使わない暮らしをしています。

ですが、ここ数年の暑さは私たちが子供の頃の暑さとは比べられないぐらいのものです。

エアコンを我慢してしまったために熱中症で亡くなったというニュースも聞きます。


節約やエコの観点からエアコンの利用を減らす人もいるでしょうが、体を壊してしまっては何の意味もありません。


あくまでもご自分の体とよく相談したうえで、時には「エアコンを使わない」という選択をしてみるのがいいと思います。

でもその時には、きっと驚くほど自分の体の声が聞こえてくるようになりますよ!

こんにちは、坊主女です。「ミニマリスト=家電製品をあまり持っていない」というイメージが皆様にはあるかもしれません。「私には要る」「それは要らないなぁ」なんて思いながら今日の記事は読んで下さい。持っていない家電まず、持っていない家電からです。①ドライヤーそ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

「ミニマリスト=家電製品をあまり持っていない」というイメージが皆様にはあるかもしれません。

「私には要る」「それは要らないなぁ」なんて思いながら今日の記事は読んで下さい。


持っていない家電

まず、持っていない家電からです。

①ドライヤー

その頭だったら当然でしょ、という声が聞こえてきそうです(笑)。 

坊主頭にしたまさにその日、ドライヤーは手放しました。

主人も元々使っていなかったのでなんの問題もありません。

②アイロン

アイロンに関してはかなり迷った挙句に手放しました

でも結局「あれば良かった」ということは一度もありません

ハンカチもハンドタオルばかりですし、主人のワイシャツも形状記憶。

これからも必要ないだろうと思います。


その他、テレビエアコンは家にはありますが私は使っていません。


持っている家電

続いて持っている家電です。

①バリカン

もうええわ(笑)。

②たこ焼き器

「関西人は一家に一台たこ焼き器」です(笑)。

とはいえ我が家のたこ焼き器は、結婚前に主人が仕事絡みのビンゴ大会で当ててきたもの。

それ以来家でたこ焼きパーティーをすることが増えましたがすごく楽しいんです。

だからこれは多少かさばっても手放しません。

③炊飯器

これが今日の本題です。

今使っている炊飯器は、私が一人暮らしの頃からずっと使っているこちらです。
炊飯器
10年近く使っています。今はもう売ってないんじゃないかな。

多くのミニマリストさんが

炊飯器なんていらない。普通のお鍋で美味しく炊けるし簡単だよ。

とおっしゃっているのを見かけるのですが・・・私はまだ手放せません。


理由をあげればキリがありません。
  • コンロが二口しかない
  • 炊飯器の予約機能はフル活用
  • 炊飯器がまだまだ壊れそうにない
  • ご飯を炊いている時間に別のこと(調理も調理以外も)をしたい
  • ご飯・おかず・汁物すべてを同じタイミングで完成させたい
これらすべて、もしかしたらお鍋でも可能かもしれません。

でも私はまだ当分は炊飯器を使い続けます。

だって・・・楽じゃないですか(笑)


自分の暮らしに応じた物を選ぶ

次から次へと新商品が発売され、大々的に宣伝される日々。

それらの情報を鵜呑みにし、あれこれ購入するのはいただけません。


でも逆に「これを持っていてはミニマリスト失格」なんて物もありません

先日読んだ「より少ない生き方」にもこう書かれています。
理想の人生に必要なら、何を持っていてもかまわない
その物を持つことでもっと大事なことに時間やエネルギーを費やせるなら、持っていた方がいいに決まっています。


正解は自分の中にしかありません。

私も自分に常に問いかけながら、持ち物を選んでいきたいと思います。


滅多に使わないアイロンとアイロン台。わかっていたのにミニマリストになってからもなかなか手放せずにいました。アイロンとアイロン台を手放せた今だからこそわかる、その理由とは? ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

アイロンとアイロン台、この2つのアイテムがずっと私を悩ませ続けていました。
 

手放せなかったアイロンとアイロン台

私を悩ませていたアイロンとアイロン台がこちらです。
アイロン

アイロン台
めちゃくちゃ年季入ってます。

滅多に使わないから買い替える理由もなく、アイロンに至っては20年以上(!!)使っていました。


しかもここ、割れてますしね。
アイロン2
火事になりそう・・・。

それでも私はこのアイロンを持ち続けていました。


いつ壊れてもおかしくないアイロンと、場所ばかり取るアイロン台。

この2つを手放せなかったのは私の中にある思い込みがあったからです。

それは、
  • アイロンは滅多に使わないけどないと困る
  • アイロンをかけるには必ずアイロン台がないと困る
というもの。

そこにはなぜか疑いの余地もなく、頑なにそう信じていたのです。


手放しても何も困らなかった

そこまで頑なだった私がなぜアイロンとアイロン台を手放せたのか?

それは自分のワードローブと真剣に向き合うなかで「アイロンとアイロン台は本当にないと困るのか?」をやっと考えられるようになったからです。


残された私のワードローブのうち、アイロンが必要なアイテムはほとんどありません。

スーツも処分しました。ハンカチもタオルハンカチばかりです。

さらに主人のシャツですら形状記憶なのでアイロンは不要です。


なくてもきっと困らない。

そう確信できた私は、長年付き添ってくれたアイロンとアイロン台に感謝しながら手放しました。


そして今、やっぱりなくてもまったく困っていません

なぜあれほどまで頑なに「ないと困る」と思い込んでいたのか自分でも不思議なくらいです。


「今の暮らしに必要なのか?」という目線

magnifier-1714172_640
今回の一件は「私はまだまだ思い込みにとらわれている」ことを再認識させてくれました。


今の暮らしには明らかに不要なのに、かつてのまま必要だと思い込んでいる。

そんな物が家の中にはまだまだあるかもしれません。


だからこそ余計な思い込みを手放し「今の暮らしに必要なのか?」という目線を常に持ち続けなければいけないな、と思います。



☆アイロン以外に私が手放した家電、持っている家電はこちらでご紹介しています☆

こんにちは、坊主女です。 私は小さいころからテレビが苦手というより嫌いでした。なので今も観ません。本当は処分してしまいたいぐらいなのですが・・・。 家族との折り合い主人は「観ていなくてもついていないと不安」という典型的なテレビっ子です。以前は仕事から帰っ ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

私は小さいころからテレビが苦手というより嫌いでした。なので今も観ません。

本当は処分してしまいたいぐらいなのですが・・・。

television-899265_1920

家族との折り合い

主人は「観ていなくてもついていないと不安」という典型的なテレビっ子です。

以前は仕事から帰ってくるとまずテレビをつけ、寝る直前までつけっぱなしでした。

たとえ他のことをしていても、です。


結婚した当初は「仕事で疲れてるのだからテレビを観てリラックスも仕方ない」と我慢していました。

ですが日を追うごとに辛さが増し、とうとう爆発してしまいました。 


「お願いだからテレビを消してほしい」


申し訳ないと思いつつも、テレビから流れてくる音声が雑音にしか聞こえなくなってしまったのです。

泣きながら突然の訴えだったので主人はオロオロしていましたが、それでもテレビを消すことを承知してくれました。

本当にありがたいことです。


今、テレビは主人の部屋に置かれていますが結局ほとんど観ていないそう。

それでも彼にとってテレビは必要な品。これからも手放すことはありません。

相手の意思を尊重するのもミニマルライフには大切だと思っています。


不要な情報を断つのもひとつのミニマルライフ

テレビから流れてくる情報がすべて不要で悪いものとは思いません。

ただ、誰かをけなして笑いをとる番組や日々起こる凄惨なニュース、そんなネガティブな情報を観て嫌な気持ちになるぐらいなら、観ない方がいいと思います。

 むしろ「なんとなく」テレビを観ていた時間に本を読んだり、音楽を聴いたり、家族と団らんしたりすることができれば、それはとても幸せで有意義な時間に変わると思います。


物を処分するだけがミニマルライフではありません。

不要な情報を断ち、心を満たす情報だけに囲まれて過ごすこと。

これもミニマルライフの一つのあり方だと思います。