坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:家のこと > 収納

私はやっぱりミニマリスト。こんにちは、坊主女です。ついこの間まで収納テクニックを紹介していたのになんだ!と思われるかもしれませんが、違います。安易に収納テクニックに走っても、何の解決にもならないことをお伝えしたいのです。<目次>収納実例への違和感 物を減ら ... 続きを読む
私はやっぱりミニマリスト。
こんにちは、坊主女です。

ついこの間まで収納テクニックを紹介していたのになんだ!
と思われるかもしれませんが、違います。

安易に収納テクニックに走っても、何の解決にもならないことをお伝えしたいのです。

<目次>

収納実例への違和感

整理収納アドバイザーのテキストには、収納実例が豊富に載っています。
「なるほどなぁ」と思うことももちろんあります。

でも・・・なんか違うんですよ。

「こんな収納用品を買い足してこんなに上手く収めました!」
とか、
「見せる収納のために、おしゃれなボックスでモチベーションアップ!」
とか。

たしかに「収納=物を使いやすいようにしまうこと」です。
そのために収納用品が必要になることもあるでしょう。
上手に収まればテンションもあがるでしょう。

でも、そこが目的ではないと思うのです。

物を減らすのが大前提

沢山の物を上手に収納したって何も変わらないのです。

増えすぎた物と向き合い、自分と向き合う。
それを減らしていく過程で本当に必要な物だけを選び取り、その大切さを知る。
物に感謝し、満たされている「今」に感謝する

結局、物を減らさなければ根本的な解決にはなりません。
収納なんか最後でいいんです。
そもそも、物が少なければ「収納そのもの」を考える必要すらないのです。

物を減らす。
まずはここからしか始まりませんし、これが最も大切なことです。
daisy-1346049_640

上手に収納しても人生は変わらない

綺麗に服が収められたクローゼット。
すっきりとまとめられたキッチン。

当然気持ちいいです。
すごいなぁと思います。

でも、上手に収納したところで人生は変わりません
それよりも物を減らした方がずっといい。

物を減らせば身軽になります。
気持ちがすっきりと整います。
そして、必ず人生が変わります

まずは物を減らす。
その大切さを忘れずに、これからも伝えていきたいと思います。

学びは実践して初めて力となる。こんにちは、坊主女です。現在、整理収納アドバイザーの勉強で得た知識を生かすべく自宅をあちこち改善中。今回は本棚です。 ▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!<目次>以前からのルールとその問 ... 続きを読む
学びは実践して初めて力となる。
こんにちは、坊主女です。

現在、整理収納アドバイザーの勉強で得た知識を生かすべく自宅をあちこち改善中。
今回は本棚です。 
▶︎目的が定まれば手段も見えてくる。整理収納アドバイザーの勉強を始めます!

<目次>

以前からのルールとその問題点

本に関して、私は勉強を始める前からあるルールを決めていました。それは
本を置くスペースを決め、収まりきらなくなったら手放す
というもの。

ちゃんと記事にもしてました。
やるじゃねぇか私(笑)。
▶︎「本のスペース」を決めておけば、処分のルールが単純明快に。

以前の記事には引っ越し前の本棚の写真が載っています。
現在はこんな感じ。
本棚
私がこだわって購入したニトリの本棚です。
▶︎この棚に、私のすべてを収めたかったんです【私の空間作り①】

幅62cm、前後2列には絶対に置かないと決めています(奥の本がわからなくなる)。
今まではこれで十分だと思っていました。
でも、勉強を始めてからとある問題点に気づいたのです。

作家さんごとに並べているので、取り出した本を戻す時に面倒なのです。
こうなっちゃうのわかりますか?
作家ごと
こうなると、本を戻す時に「よいしょ」とスペースを作らないといけません。
しかも、戻す場所もいちいち探さなければなりません。

あ〜、これすごく面倒だ。
そう思うようになったのです。

新しいルールとそのメリット

そこで今回新しいルールを作りました。それは、
読んだ本はとにかく一番右に戻す
というもの。

つまりこういうことです。
右から
この新ルール、以前の問題点を補う以上のメリットがありました。

①戻す場所に迷わない
とにかく「右」ですから。
同じ作家さんや、元あった場所を探して戻す手間がゼロになりました。

②実は探しやすい
作家さんごとに並べておかないと読みたい本を探しにくくないかしら?
私は、このルールを導入する前に思っていました。

ですが、やってみてわかったのは
実はよく読む本は限られている
ということ。
そしてそのよく読む本が常に右側にあるので、逆に探しやすくなりました。

③あまり読まない本が左に寄っていくので処分しやすい
これが私の中では思わぬ副産物でした。 

今手元にある本は、どれもよく読む本だし残しておきたい本のはずでした。
ところが実際読む本は限られていて、読まない本が左に寄っていきます。
そして、やっぱり左に寄った本は「もういらないかも」と思える本だったのです。

自分では気づかぬうちに読まなくなっていた本。
それに気づき、手放すタイミングがわかるようになったのが何よりのメリットでした。

綺麗の維持は「戻しやすさ」あってこそ

物を収める時に「取り出しやすさ」を考えるのはとても大切です。
そしてそれと同じぐらい、「戻しやすさ」を考えることも大切なのです。 

物が戻しにくい収納だと、戻すことそのものが面倒になります。
面倒になるとその辺に放置します。
だから部屋が散らかっていくのです。

いつまでも綺麗な部屋を維持するために、
「戻しやすさ」を意識した収納を考えてみてくださいね。

こんにちは、坊主女です。中身は減っていくのに入れ物の大きさはそのまま。はっきり言って「邪魔」ですよね。そういった物は、いっそ「中身だけ」にしてしまった方がいいかもしれません。<目次>我が家ではこんな物を中身だけにしています 中身だけにするメリット そのひと ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

中身は減っていくのに入れ物の大きさはそのまま。
はっきり言って「邪魔」ですよね。
そういった物は、いっそ「中身だけ」にしてしまった方がいいかもしれません。

<目次>

我が家ではこんな物を中身だけにしています

中身だけにしているのはやはり消耗品関係が多いです。
代表的なのはやはりこちら。
バンドエイド
バンドエイドの箱ってほんと大きい。
買ってきたらすぐにこのスタイルにします。

続いてこちら。
サロンパス
いやだって、もう40歳ですから・・・。
2年ほど前から時折腰痛に悩まされるようになり、購入頻度があがりました。
箱のまま収納すると臭いがどうしても漏れますが、このスタイルなら気になりません。

そして先日、これも中身だけにしました。
綿棒 ケース 綿棒 中身
なぜ綿棒って大容量でしか売ってないんでしょう。私は滅多に使わないのに。
ともあれ一気に入れ替え、入れ物を処分してスッキリです。

中身だけにするメリット

こういった物を中身だけにすると、様々なメリットがあります。

①物のかさが減る
当たり前といえば当たり前です。
入れ物は空気を収納するためにあるのではありません。
かさが減れば引き出しもスッキリします。

②中身が見えるので減り具合が一目瞭然

私が使っているのは100均でも売っている普通のチャック付きビニール袋です。
こんなタイプ。
大きさが色々あるのでとても便利。

そして、このように収納すると中身が一目瞭然のため、
買い過ぎることもなければ、なくなって慌てることもありません。
私にとってはこれが一番のメリットです。

③劣化が防げる
サロンパスにしてもバンドエイドにしても、長く使わないでいると少なからず劣化します。
ですがこの収納方法に変えてから、劣化は随分と遅くなりました。
結果的に長く使うことができ、一石二鳥でした。

そのひと手間が暮らしを楽にする

中身だけにするなんてわずかな手間でしょ?
と思われるかもしれませんが、忙しい日々に追われているとそれすら手間に思えます。
そしてそのわずかな手間を惜しんだばかりに、後々より面倒になることも。

片付けの基本が「出したらしまう」であるように、
掃除もこまめにした方が楽なように。

最初のほんのひと手間が暮らしを楽にします。 
身の回りで「中身だけ」にできる物、探してみてくださいね。

どこへ引っ越しても私の関西弁は変わりません。こんにちは、坊主女です。一度でも思い切った断捨離をされた方なら、自分の持ち物の多さと同じぐらい「うんざり」する物、おわかりかと思います。なんでこんなに収納用品が多いねん!衣装ケースに本棚、カラーボックス、かご、 ... 続きを読む
どこへ引っ越しても私の関西弁は変わりません。
こんにちは、坊主女です。

一度でも思い切った断捨離をされた方なら、自分の持ち物の多さと同じぐらい「うんざり」する物、おわかりかと思います。

なんでこんなに収納用品が多いねん!

衣装ケースに本棚、カラーボックス、かご、棚、箱、袋・・・。

ええい!やかましぃわ!

と字面に向かって吠えたいぐらいですが、 出てくるわ出てくるわ。


この半年で衣装ケースだけでもどれだけ処分したかなぁ、と思い出してみたのですが、記憶に残っているだけでも軽く10個は超えています(多分もっとある)。

大阪市の粗大ゴミ処分料だと1個あたり200円。

2,000円以上も払って引き取ってもらったのか・・・、がっくりきます。


こまごました収納用品ならもっと処分しました。

つい先日もこんな物たちを。
IMG_2907 IMG_2936
無印良品のケースと、食器を整理するための棚です。

入れる物、載せる物がなくなったら、申し訳ないけれど「無用の長物」なのです。

仮に置いておいて、また物を入れることになったらそれこそ大問題ですから即刻処分しました。

収納に関する考え方をそもそも間違えていた

ミニマルライフを始める前は、物が増えてきたら「綺麗に収納すればいい」と思っていたんですよね。 

だから、おしゃれな収納用品を買ってみたり、「見せる収納」とやらをやってみたり。 

物と同じ量の収納用品を買い、同じだけのお金をかけていたように思います。


ですが、物を減らしてみてつくづく思います。

物が増えたから収納を増やしただけではなく、収納に合わせて物を増やしていたのだと。 


きっと心のどこかで不安だったのだと思います。

その不安や淋しさを埋めるために、物を増やし、収納という「空間」を埋めていたんです。 


物が減った今、むしろ不安は消えました。 

ミニマルに生きるという選択をしたことで、何かを選択する時にブレない「自分軸」を持つことができるようになったからだと思います。

(坊主頭にしたのも大きな自信になった、ということも付け加えておきます(笑))。 


そして、収納に関しても物がなければ「収納」という概念そのものがなくなることに気づきました。 

物がない→収納しなくていい→そもそも綺麗

ということです。


「綺麗に収納する」なんて煩わしいことを考える必要すらないのです。 

これはとてもとても楽なことです。

収納用品をゼロにすることはできないけれど

roulette-1555029_640
「収納用品をゼロにできないかな」と思ってはみたのですが、今の私ではまだ最低限の衣装ケースなどは必要です。 

その代わり、まだ「減らせる」収納用品はあるとも思いました。 


ということは、それだけ「不要な物」があるということ。


ミニマルライフに終わりはない。

そう自分を戒めながら、これからも「本当に必要な物」を見極め続けたいと思います。

三島由紀夫や谷崎潤一郎にどっぷりハマっていた時期もありました。 こんにちは、坊主女です。 昔から本は読む方でしたが、このブログを始めてから読む量が格段に増えました。 本のスペースはここだけと決めています。私が本を収納しているのはここです。 個人的には ... 続きを読む
三島由紀夫や谷崎潤一郎にどっぷりハマっていた時期もありました。
こんにちは、坊主女です。

昔から本は読む方でしたが、このブログを始めてから読む量が格段に増えました。

本のスペースはここだけと決めています。

私が本を収納しているのはここです。
IMG_2923
個人的には「笑い飯」哲夫さんの仏教関係本がイチオシですが、本題から逸れるのでまたの機会に。
↓これですけどね(笑)。

えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経
 

置いているスペースは、いわゆる「カラーボックス」の一角です。こういうやつですね。


アイリスオーヤマ カラーボックス 3段
 

そして、 この場所以外には絶対に置きませんし、読んだら必ずここに戻します。
これだけでも、「散らからない」という抜群の効果があります。

でも、本を置くスペースとしては狭いですよね、正直。
違うのです。だからいいのです。

このスペースがいっぱいになったら処分する、というルール

とても単純なルールです。
このスペースがいっぱいになったら本を整理し、処分する。 

これだけのことですが、処分に迷いがなくなりますし、タイミングも明確です。
そして、本が増えすぎて別の場所に置いたり横置きしたりすることもなく、常に綺麗が保たれます

私は、処分のタイミングが来たら、「ネットオフ 」さんの買い取りサービスを利用しています。

こうして本を整理したあとの本棚がこちらです。
IMG_2926
そこまで減っているように見えないかもしれませんが、キチキチだった本にゆとりができました。
買い取りしてもらう本は主人の本と合わせてなので、どれぐらいの金額になるか楽しみです。

物を増やさないために、「場所の制約」を逆手に取る。

以前も記事にしているのですが、「物に合わせて収納を増やす」のではなく、「収納に合わせて物を買う」 ことを意識すれば、自然と物は増えなくなります。
▶ジュエリーボックスを「これ」に変えたら、収納しやすくとっても便利でした!  

私が本を置いているスペースも同じこと。
「本が増えたから隣の区画も・・・」
と思ってしまうと、本は増えるし、また新しいカラーボックスを買わなくてはいけなくなります。 

あえて「場所の制約」をすることで、物を増やさないルールを作る。

こうやって、大切な本は手元に残しながら、常に新しい知識を吸収していきたいと思います。 

こんにちは、坊主女です。 アクセサリーって細々したものが多く、なかなか良い収納ケースを見つけるのが難しいです。そんなアクセサリー収納、どのようにされていますか?アクセサリーを断捨離し続けた結果ミニマリストになってから、買い取ってもらえそうなアクセサリーは ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。 


アクセサリーって細々したものが多く、なかなか良い収納ケースを見つけるのが難しいです。

そんなアクセサリー収納、どのようにされていますか?


アクセサリーを断捨離し続けた結果

ミニマリストになってから、買い取ってもらえそうなアクセサリーは片っ端から売りました。

さらに使っていないもの、気に入っていないものはどんどん断捨離。


このようにアクセサリーを断捨離し続けた結果、中身はないのに収納だけが場所を取るという本末転倒な事態が起きていたのです。

今まで使っていたのはこちら。
昔のケース
いつ買ったのかしら?これ(笑)。

まったく思い出せないので軽く10年は使っているはずです。いやもっとかな。

「物持ちがいい」と言えば聞こえはいいですが、とても40歳の持ち物とは思えません・・・。


それはさておき、うっすら透けて見えている通りかなりスペースが空いているのです。

空気を収納している場合ではないんです。

収納ケースを置いているスペースがとてももったいないんです。 


そこで、これを機にアクセサリー収納を買い替えることにしました。


これ、とっても便利です!

新しいアクセサリー収納ケースはズバリこちら!(じゃーん!) 
ピルケース
 おわかりですね。いわゆる「ピルケース」です。

旅行なんかの時に小物を入れたりもしますね。 

 
これこそ40歳のアクセサリー収納じゃないよ!

と言われるかもしれませんが、大事なのはアクセサリーであって収納ではありません。

だいたい、私そんなに高価なアクセサリー持ってません。
 

で、何が便利なの?って思いますよね。

①一区切りずつ開けられるから他のアクセサリーと混ざらない!

今までのタイプは、蓋を全部開けるものでした。

だから区切りにうまくアクセサリーが収まらず、混じってしまってイライラしていたのです。

その点、このケースなら確実に区画に収まります

また「パチン!」としっかり蓋を閉められるので、落としてバラまく心配もありません(バラまきませんか、そうですか・・・)。

②小さい!薄い!軽い!

今までのものと比較してみますね。
並べた図

重ねた図

大きさはもちろんなのですが、薄さが全然違う!当然軽い!

私はアクセサリー収納を引き出しに入れて保管しているのですが、このピルケースなら二段に重ねても余裕で入るため、相当のスペースが空きました。

これは本当に嬉しいです。

③安い!

このピルケースは、近所のホームセンターで旅行用品コーナーに売られていました。

そのお値段、なんと128円!(税込)


ピルケースとしても安いですが、アクセサリー収納として考えたら破格のお値段です。

でも、何度でも言いますが「大事なのはジュエリーであって箱ではない」んですよ、奥様。


収納に合わせて物を買うということ

かつての私は、物が増える度に収納用品を増やしていました。

衣装ケースはもちろんのこと、キッチンにはカゴを増やし、押入れには棚を増やしていました。

ですが、そのせいで逆に物がエンドレスに増えてしまっていたのです。


ミニマリストになってから、どれだけ収納用品を捨てたかわかりません。

それだけ無駄な物を持ち、無駄な収納を持っていたということ。


今回ジュエリーボックスを小さくしたことで、これ以上アクセサリーを増やすことはありません。

収納に合わせて物を買う。

これを意識するだけで自然と物は増えなくなり、大切な物だけを残せるようになるはずです。