坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:断捨離 > 服の断捨離

履けるものなら60歳になっても履きたかった。こんにちは、坊主女です。先日「毎日着物生活」をスタートさせた坊主女。最終目標は「洋服ゼロ」と思っています。▶︎ミニマリストとしての、着物生活への思いですが今回、ミニスカートを手放したのにはまったく別の理由がありま ... 続きを読む
履けるものなら60歳になっても履きたかった。
こんにちは、坊主女です。

先日「毎日着物生活」をスタートさせた坊主女。
最終目標は「洋服ゼロ」と思っています。
▶︎ミニマリストとしての、着物生活への思い

ですが今回、ミニスカートを手放したのにはまったく別の理由があります。
(途中、お見苦しい画像が出てきますのでご注意下さい。)

<目次>

ミニスカートも大好きでした

ハイヒールが大好きなのはつい先日記事にしたばかり。
▶︎着物×ハイヒールなんて許せない!?いえいえ、最高にCOOLにキマりました!

そしてミニスカートが大好きなのも、このブログを始めた当初に公言していました。
▶︎坊主でミニスカート。譲れない戦いがそこにはある。

そうなんです、大好きだったんです。
だからボトムスを断捨離する時、真っ先に膝丈スカートを手放したんです(笑)。

そうやって手放し続けた結果、残っていたミニスカートはこの2枚。
ミニスカ
もちろん最終的には手放すつもりでしたが、仮にも大好きなミニスカート。
まさか「今すぐ」なんて自分でも思っていませんでした。

残酷なまでの現実を見た日

そんな私が「即刻手放す!」と決めたのは、着物を着ている最中でした。

私はまだ、着物を洋服みたいに「パパッ」と着れないので姿見が欠かせません。
その日も姿見をセット。
「さて着替えよう」とそれまでの服を脱ぎ、ふと姿見に映る自分を見ました。

こんなたるみ、今までなかった!!!!

どこのたるみだと思いますか?
ここです。
ひざ3
膝の上!!

実は、今の土地に引っ越してきて以来ほとんど姿見を見ていなかったんです。
(服がほぼ制服化されているため見るまでもなかった。)
だからいつこうなったのかわからないのですが、少なくとも去年にはありませんでした。

久しぶりに見た私の膝。
それは残酷なまでに「衰え」という名の現実を突きつけてきました。

あぁ、無理だ。
こんな脚を晒してまでミニスカートは履きたくない。


この瞬間、私はあれだけ好きだったミニスカートを手放すことを決めたのです。

心の声を聞き逃さない

誤解のないように言っておきますが、私は
年齢や周りの目など気にせずに自分が着たい服を着ればいい
と思っています。

そうではなく、
「着たくない」という心の声を「聞こえないふり」してはいけない
ということ。

心の片隅でも「着たくない」と思った服は、まず着ません。
仮に着たとしても楽しくありません。
そんな服、手元に置いておく意味がありません。

「今」着たくないなら、「今」手放す。
そのためにも、自分の心の声を聞き逃さないようにしてください。

こんにちは、坊主女です。しっかり調べて吟味を重ね、「これだ!」と思って買った洋服のはずなのに、家に帰ってよく見てみるとなんだか違う・・・。そんな経験ありませんか?それがオンラインで購入した物なら尚のこと。こんな時、あなたならどうしますか?<目次>実店舗で ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


しっかり調べて吟味を重ね、「これだ!」と思って買った洋服のはずなのに、家に帰ってよく見てみるとなんだか違う・・・。

そんな経験ありませんか?

それがオンラインで購入した物なら尚のこと。

こんな時、あなたならどうしますか?

<目次>

実店舗で試着したうえでオンライン購入したけれど・・・

この話は着物生活に踏み切る少し前のお話です。

あまりにも暑い日が続いたある日、半袖の手持ちがほとんどない(笑)私は「ユニクロでTシャツを買おう」と思い、最寄りのユニクロへ行きました。

そこで「いいな」と思うTシャツがあり、実際に試着もしたのですがサイズが合わなかったんです。

でも諦めきれずに店員さんに確認したところ「オンラインショップならありますよ」との答え!

家に帰って早速購入しました。
ユニクロ返品 top
スーピマコットンリブクルーネックT(半袖)です。
今年はリブが激推しらしいですよ、奥様。


私は細身(主人曰く痩せすぎ)なうえにピタッとした服が好き。

店舗で試着したSサイズはダボダボしたけど、XSなら大丈夫だろう。

そう思っていたのですが・・・。


なんか全然ダメだ。

ピタッともしないし、丈も好みじゃない。

これは着ない。絶対着ない。



面倒なミニマリストでごめんなさい。

判断基準がブレなくなったあまり、即刻「アウト」だったのです。


うーん、どうしよう。返品しようかしら。

そう思った私はハタと気づきました。


あー!タグ取っちゃってる!

しかもがっつり着ちゃったし!

これは返品無理ーー!

ユニクロ タグ 外れてる
遅いわ(笑)。

そんな一人漫才を繰り広げながら、藁をもすがる気持ちでユニクロのホームページを開きました。


公式サイトだけでは判断できず

なんとか返品できないかと思ってたどり着いたユニクロオンラインストアお客様窓口

そこで返品ルールをチェックすると・・・。
ユニクロ 返品について 囲み

ふむふむ。
  • オンラインで買った商品でも「返品カード」があれば店舗で返品可能。
  • 返品可能期間は注文日から3ヶ月以内。
なるほど。

でも、これではタグを切った商品が返品可能かわかりません。

これはダメモトで店舗に行くしかない!

大阪のオバちゃんの底力見せたる!(笑)

と、意を決してお店へ向かいました。


ユニクロの神対応に涙

ものすごく後ろめたい気持ちでコソコソとお店に入る坊主女。

店員さんみんな忙しそう。優しそうな店員さんいないかな。


大阪のオバちゃんは見る影もなく(笑)、小心者丸出しでウロウロすること数分。

やっと店員さんをつかまえ、おずおずと切り出しました。


あの・・・。

オンラインで購入した商品を返品したいんですけど、タグも切っちゃってるし一回着ちゃってて・・・。



すると店員さん、さらりとこうおっしゃるじゃありませんか。


返品カードはお持ちですかぁ?

それならすぐレジで返金しますよ〜。



マジか!いいのかユニクロ!なんだこの神対応!


いやもう私、本当に驚きました。

その後言われるがままレジで返品の旨を伝えると、担当の方(上司なのかな?)が処理をしてくださり5分ほどで返品処理が完了しました。


ユニクロ様、本当にありがとうございます!


まとめ

決して誤解していただきたくはないのですが、まずはしっかり吟味し、本当に必要な物、欲しいと思う物を購入するのが大前提です。

ただ、どれだけ「間違いない!」と思って購入しても「やっぱり合わない」と思う時だってもちろんあります。

それがオンラインショップでの購入なら尚更。

そんな時に「でもせっかく買ったから・・・」と溜め込んでしまうから物が増えてしまうのです。


物を購入する際は手放す時のことまで考えて購入する。

その選択肢の一つとして「返品できるかどうか」の確認はぬかりなく行っておきたいものです。

聖子派ではなく断然明菜派でした。こんにちは、坊主女です。私服の制服化に向けてスタートを切ったものの、なかなかうまくいきません。▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】▶ユニクロで品数の多さに吐き気を覚えた話【私服の制服化計 ... 続きを読む
聖子派ではなく断然明菜派でした。
こんにちは、坊主女です。

私服の制服化に向けてスタートを切ったものの、なかなかうまくいきません。
▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】
▶ユニクロで品数の多さに吐き気を覚えた話【私服の制服化計画②】 

どうしたものかと天を仰いでいたのですが(大袈裟な)、ふと思いました。

そもそも、なぜ制服化するんだっけ?

迷ったら原点、です。
私はなぜ「私服を制服化」したいのか?
を改めて考えみることにしました。
  • 服選びに迷いたくない
  • 迷うことで疲れたくない
  • 迷う時間をなくしたい
  • その時間を別のことに充て、心のゆとりを持ちたい
  • 服を減らしてすっきりしたい
  • 空間にゆとりを持ちたい
書きだすとよくわかります。
迷いを手放し、服を手放し、ゆとりを持つために制服化がしたいのです。

制服化する服に「迷ってる」時点で本末転倒なのです。
制服化するために服を増やしたら意味がないんです。 

だったら・・・
手放すが先、だろ? 

というわけで手放します

私は「制服化」という言葉に憧れていただけで、その目的を見失っていました。
これじゃあ雑誌のモデルに憧れて服買うのと同じです。やれやれ。

迷いを手放すためには、服を手放すのが先です。
そこで、この期に及んでぐずぐず持っていた服を手放すことにしました。
IMG_4007

タートルネックのセーター2枚。長袖カットソー2枚。キャミソール1枚です。

どれも毛玉だらけ、グリーンのセーターに至っては15年選手(!!)。
とっくに限界超えているのは気づいていたのですが、
「着る服がなくなったらどうしよう」
と思って手放せませんでした。

そして残った服をオールシーズン分数えてみました。
  • アウター・ジャケット 5枚
  • パーカー 4枚
  • ワンピース 4枚
  • 長袖カットソー 2枚
  • 半袖カットソー 2枚
  • Tシャツ 2枚
  • ミニスカート 2枚
  • ジーンズ 1本 
合計22枚です。さすがに全部把握できます。

この数字を見て思いました。
制服化もへったくれもない、これでよし、と。

<最後に>飾りじゃないのよミニマルライフは

ここ数日浮かれて「制服化」を連呼していた私、本当に情けないです。

自分への戒めのために書きますが、
ミニマルライフとは本当に大切な物だけに囲まれ、心豊かに暮らすこと。

制服化も全捨ても、掃除も断捨離も節約も。
すべては心豊かに過ごすため。

ミニマルライフは飾りでもなんでもなく、生き方そのものだと私は思っています。
今回の反省を教訓によりミニマルに生きていきたい、そう思います。

看板の赤色にも圧倒されますけどね。 こんにちは、坊主女です。 「私服の制服化」をひとたび口にして以来、すっかりスイッチが入っている坊主女。 ▶「私服の制服化」に、素朴な疑問  先日の記事で「実はパーカーが好きだったんだ」という事実に気づき、 「パーカーを制服 ... 続きを読む
看板の赤色にも圧倒されますけどね。
こんにちは、坊主女です。

「私服の制服化」をひとたび口にして以来、すっかりスイッチが入っている坊主女。
▶「私服の制服化」に、素朴な疑問 

先日の記事で「実はパーカーが好きだったんだ」という事実に気づき、
「パーカーを制服として採用しよう!」というところまで来ました。
▶残された服を眺めていたら、意外な好みが見えてきた【私服の制服化計画①】 

次は「どのブランドのパーカーにするか」です。
同じく先日の記事で「adidas好き」も発見されたのですが、正直お手頃感に欠けます。

そんな私に天の声が。
パーカーならユニクロにあるでしょ?

すごいなユニクロ、いつの間に私の心に入り込んだんだ?(笑)
という感じですがたしかにありそう。
そこで早速近所のユニクロへ向かいました。

<目次>

品数の多さに吐き気を覚える

「パーカーなんてすぐ見つかるはず」と楽観的に構えていたのですが、
お店に入った瞬間「バカ!バカ!私のバカ!!」と頭をポカポカしました。
だってですよ。

商品があふれすぎてる!
どこにパーカーがあるかもわからない!
見つけたら見つけたで種類多すぎ!
何が違う?どれがいい?全然わからない!

もうね、クラクラして吐き気を覚えました。
なので早々に退散。

店の外で呼吸を整えながら、
あ~、私が歳取ったからかなぁ・・・
なんてしょんぼりしていました。

吐き気を覚えた本当の理由

帰宅後、改めて冷静に「なぜ吐き気を覚えるほど苦しかったのか」を考えてみました。
簡単なことです。

身の回りに物が少ないから、でした。

人が疲れるのは、選ぶや判断するといった「意思決定」であること。
物が少ないと「意思決定」の回数が減るため、疲れないということ。

これはDaiGoさんの「自分を操る超集中力 」に書かれていたことで、以前ご紹介しました。
▶物を減らすと楽になる。その本当の理由がやっとわかりました

DaiGoさんのお話を今回の出来事に置き換えるとこうなります。

普段の暮らしでは物が少ないため「意思決定」で疲れない

しかし、お店には物があふれかえっており、選択肢が多すぎる

疲れる。判断力が鈍る。決められない。

文字にすると最悪のループです(苦笑)。
このループがお店に入った瞬間に起こり、吐き気を覚えたというわけです。

パーカーは欲しいのですが・・・。
「私服の制服化」の道は険しいです。

物の多さは、あなたから大事な「何か」を奪っている

でもこのお話、実はユニクロさんに限った話ではありません。

どれだけ沢山服を持っていても、
あ~!今日着ていく服が決まらない!
なんてこと、今までにありませんでしたか?

これも結局、「選択肢が多すぎて決められず、疲れている」ということ。
そう、物の多さはあなたから「決断力」を奪ってしまうのです。

それだけではありません。
選ぶための時間を奪い、置いておくための空間を奪います。
そしていつか、「あなた自身」すら奪ってしまうかもしれません。

決して大げさなことは言っていません。
物が多いと、物に支配されてしまうのです。

物に支配されず、自分らしい人生を送る。
そのためのミニマルライフを、これからも続けていきたいと思います。


思い立つと同時に行動するので、いつも周りに驚かれます。こんにちは、坊主女です。先日、「私服の制服化」についての記事を書きました。▶「私服の制服化」に、素朴な疑問言語化する、とは本当に恐ろしい。今まではぼんやりと「制服化したいなぁ」と思っていただけなのに、 ... 続きを読む
思い立つと同時に行動するので、いつも周りに驚かれます。
こんにちは、坊主女です。

先日、「私服の制服化」についての記事を書きました。
▶「私服の制服化」に、素朴な疑問

言語化する、とは本当に恐ろしい。
今まではぼんやりと「制服化したいなぁ」と思っていただけなのに、
一気に「制服化、やっちゃうよ!」に変わりました。

まずは「何を制服とするのか」を考える

制服化の目標はもちろんスティーブ・ジョブズ。
でも彼が着ていた黒のタートルネックは、イッセイ・ミヤケのオーダーメイド。
(参考記事:スティーブ・ジョブズのファッションのこだわりがスゴイ

更に言うと、黒のタートルネックが私に似合うわけではない。
つまり、私が着たいと思う制服を探さなければならない、というわけです。

そこでまず、「これなら毎日同じでいい!」と思える服を探し始めたものの、即挫折。
当たり前です、対象が広すぎる。

ならば、今手元にある服にヒントがあるのではないか。
そう思ってじ~っと眺めてみました。

・・・見えてきましたよ。
大量の服に囲まれてきた時には気づかなかった、意外すぎる私の好みが。

残された服から探る、傾向と対策

私は常々言っているようにミニスカートハイヒールが大好きです。
こう聞くと、「派手好み」なイメージが湧きません?
そもそも私自身がそう思ってました。

でも、残された服をじっくり眺めてみてわかったことは・・・
  • パーカーが4着もある
  • そのうちadidasが2着もある
  • ジャケットでもadidasを持ってる
この結果を見て思いました。

私、そんなにパーカーとadidasが好きだったのか!

てか、それならadidasのパーカーを制服にすればいいじゃん!


これは少し短絡的思考すぎますが(笑)。

私自身、「パーカーが好き!」と思ったことは実は一度もありません。
adidasもしかり。
ただよく考えてみると、確かにパーカー便利なんですよね。

アウターにもトップスにもなるし、
ジップアップタイプならカーディガン的に羽織ったりもできる。
もちろんミニスカートにもハイヒールにも合う。
さらに夏には紫外線対策にもなり、オールシーズンOK。

決めた!制服はパーカーで探していこう!
adidasかどうかはその次ね。

物を減らせば、自分の「本当の好き」が見えてくる

heart-583895_640
物に溢れていた頃でも、私は
自分の好きな物しか持っていない
と思っていました。

でもそれは、物を買い続ける自分を正当化するための言い訳だったのかもしれません。
その証拠に、これだけ物を手放しても不自由しないどころか、
手放さなければ良かったと思う物が何一つないのです。

そして今手元にある物たち。
これらが「本当に好き」な物なのだと思います。

物を減らしたからこそ「本当の好き」に気づきました。
これからも自分の心に正直に、好きな物だけに囲まれた生活を送っていこうと思います。

バナナはおやつに入るんですか? こんにちは、坊主女です。 ミニマリストのキーワードTOP5に入るであろう「私服の制服化」。 私もずっとやりたいなぁとは思ってます。 思ってるんですけどね・・・。 最終目標はスティーブ・ジョブズのっけからゴール地点が高すぎる(笑)。 ... 続きを読む
バナナはおやつに入るんですか?
こんにちは、坊主女です。

ミニマリストのキーワードTOP5に入るであろう「私服の制服化」。
私もずっとやりたいなぁとは思ってます。
思ってるんですけどね・・・。

最終目標はスティーブ・ジョブズ

のっけからゴール地点が高すぎる(笑)。
でも究極はここだと思ってます。

イッセイ・ミヤケの黒タートルネック。
リーバイスのジーンズ。
ニューバランスのスニーカー。

来る日も来る日も同じ服。
新商品のプレゼンも、普段の仕事も同じ服。

憧れる、憧れるわぁ。
だがしかし、翻って今の私。

先日購入したリーバイスのジーンズは毎日穿き倒してます。
▶ボトムスの購入は3年ぶり!?新しい服はやっぱりテンション上がります。

トップスはパーカー2枚をとっかえひっかえ。
IMG_3984
ほぼ制服化されてる、と思います?
違うんですよ。
私には大きな大きな疑問があるんです。

お出かけ用の服は、置いてちゃダメなの???

確かに、日常生活の範囲内はもはや制服化されてると言ってもいいです。
そもそも持ってる服自体が少ないですし。

でもね、たまにお出かけする時ぐらいはおしゃれしたくないですか?
ワンシーズン10回も着ないけど、置いてちゃダメですか?

ってことなのです。

私はミニスカート&ハイヒールが大好き。 
お出かけの時は必ずこのスタイルです。
▶坊主でミニスカート。譲れない戦いがそこにはある。  
▶坊主だろうがミニマリストだろうが、ハイヒールだけは譲れない

今数えてみたら、自分が「お出かけ用」と位置付けている服は、
  • ミニ丈のワンピース 4枚
  • ミニスカート 2枚
がありました。
これらの服、別枠で考えちゃダメかなぁ。
それだったら、残りの服ごっそり全捨てして「究極の制服化」するんだけど。

と、日々甘えたことを考えているのです。 
でもやっぱりダメだよね・・・。

真のミニマリストへの道はまだまだ遠い

こんなところで迷っているあたり、私もまだまだだなぁと思います。

おしゃれしたい欲もガッツリあるし、
お出かけしたい!遊びに行きたい!という欲もたっぷりある。

でも、ミニマリスト=世捨て人なわけじゃない。
欲のある自分も自分として、広い心で受け止めようじゃないか。

こんな余裕が持てるのは、やっぱりミニマルライフを送っているから。
欲も、迷いも、煩悩も。
すべてを受け入れつつ、時にはのんびり進むのも悪くないと思います。

ジーンズと言えばリーバイス。リーバイスと言えばジェームズ・ディーン世代。こんにちは、坊主女です。ミニマルライフを始めてから服は手放す一方。昨年購入したのもユニクロのブラトップのみ。▶2016年、大量の服を処分しましたが、購入したのはたった1種類のTシャツだけ。 ... 続きを読む
ジーンズと言えばリーバイス。リーバイスと言えばジェームズ・ディーン世代。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフを始めてから服は手放す一方。
昨年購入したのもユニクロのブラトップのみ。
▶2016年、大量の服を処分しましたが、購入したのはたった1種類のTシャツだけ。 

そんな私が、少なくとも3年ぶり(もっとかも)にボトムスを購入しました!

<目次>

味がある、というよりみすぼらしくなっていたジーンズ

私はお出かけ時はスカートです。
それもミニスカート大好きなので、中途半端な丈は随分前に処分しました。
▶坊主でミニスカート。譲れない戦いがそこにはある。

じゃあなぜジーンズ持ってるの?
ということになりますが、家事や近所のスーパーへ行く時などに穿いています。

そして、現在持っているズボンはこのジーンズ1本のみ。
購入して10年近く経っている(覚えてない)ため、愛着はあるのですが・・・。
IMG_3780
年季、入ってます。
膝の穴は今流行りのダメージジーンズではなく(笑)、穿きすぎて開いてます。
IMG_3782
味があると言えば聞こえはいいですが、さすがにみすぼらしい。
わかってはいたものの、私の必殺の呪文
「でもまだ着れるし」
で、3か月以上(!)放置していました。

突如湧き上がった物欲。購入したのはこちら!

穿けば必ず穴に指がひっかかり、その度に「買い替えかなぁ」と思案する日々。
ふと見れば、ミニマリストの皆さんはユニクロやGUを上手に使いこなしていらっしゃる。

なら私も、とお店に行っても「欲しい!」と物欲を掻き立てる物は何もない。
それじゃあ今のままでいいよなー。

こんな無限ループに入りかけた先日、主人とジーンズの話で盛り上がりました。

この穴あきジーンズのこと。
近所にあったジーンズ専門店の話。
学生の頃はリーバイスの赤いタグに憧れたよねー、という話。

そ・う・だ!リーバイスだ!

私の頭の中で「パチン!」とスイッチが入りました。

ミニマリスト=ユニクロとかそんなの関係ねぇ!
ジーンズなんて長く穿く物。気に入った物の方がいいに決まってる!

そのすぐ翌日、この田舎(失礼)を駆けずり回り購入したのがこちらです。
IMG_3772
(リーバイス) Levi's312シェイピングスリム ウィメンズ 濃加工色 24

いわゆる「スキニータイプ」です。
穿いてみると、とてもストレッチが効いていて穿きやすい!
IMG_3792
こういうの、慣れてなくてスミマセン・・・。

ジーンズを購入したのが本当に久しぶりだったのですが、
近頃は柔らかく、ストレッチの効いた素材が主流なんですね(時代遅れ)。
あのゴワゴワした布地がだんだん「くったり」と馴染んでいく過程が好きだったのですが。

ともあれ、このタグにコーフンを隠せないワタクシ。
IMG_3773
学生の頃は高くて手が出なかったもんな・・・。

帰宅後すぐ主人に見せびらかしにいくぐらい(笑)、大満足の買い物でした。

<最後に>気持ちよくお金を使うと、人は笑顔になるのだ

ミニマリスト=ケチではない、と私は思っています。
ですが近頃の私は、
物を増やすことだけでなく「買い替え」ですら恐怖を覚えがちになっていました。

そんな矢先に購入したこのジーンズ。
はっきり言って「物欲のまま」に買いました。安くもありませんでした。

でもね。
袋を手にした帰り道、ずっと笑顔だったんです。
とっても嬉しくて、とっても幸せで。

そして思いました。
気持ちよくお金を使うと、人は笑顔に、幸せになるんだって。

そのことをこの1本のジーンズが教えてくれました。
これからも「本当に欲しい物を気持ちよく買う意識」を常に持っていようと思います。

オチのない話は落ち着かない(オチだけに)。こんにちは、坊主女です。2月も終わりに近づき、春の訪れを感じつつも寒さの残るこの時期。そんな時に!事件が!<目次>一着しかない冬用ダウンコートが・・・破れた! 答:3.セロテープに決まってんじゃん <最後に>手放す時期 ... 続きを読む
オチのない話は落ち着かない(オチだけに)。
こんにちは、坊主女です。

2月も終わりに近づき、春の訪れを感じつつも寒さの残るこの時期。
そんな時に!事件が!

<目次>

一着しかない冬用ダウンコートが・・・破れた!

まさかの事態が起こってしまいました。

どこで?どうやって?そしてなぜ今なんだ!
そんな思いが頭を駆け巡りながらも、破れたコートを見て呆然と立ち尽くす坊主女。

一見するとわからないんです、ほら。
IMG_3593
まだわからない。
IMG_3594
こんちわ~。
IMG_3595
後ろだから気づかなかっただけで、本当は随分前から破れていたのかも。
しかし!そんなことは今となってはどうでもいい。

もうすぐ暖かくなるのはわかっていても、今はまだダウン必須(なんせ寒がり)。
そして、ミニマリストの私がコートを何着も持っているわけがない
どうする?どうする!?

さてここで問題です。
以下の選択肢のうち、坊主女が選んだのはどれでしょうか。
  1. 破れた服なんて運気が落ちる!すぐに手放して新しいコートを購入よ!
  2. 手放すには手放す。が、とにかく今あるもので寒さをしのぐべし!
  3. え?セロテープで補修だろ?
シンキングタイム、スタート!

答:3.セロテープに決まってんじゃん

いや、だってセロテープでしょ。
今シーズン着ると言ってもおそらく1ヶ月も着ないはず。
そのために新しいコートを購入は・・・私にはできません

早速補修作業です。
IMG_3597
こ、これは・・・さすがにいかん。

そこで慌てて調べ、探し求めたのがこちら。
IMG_3604

こういうものがちゃんとあるのです。
色は透明と黒があり、私は手芸屋さんで購入しました。

開けるとこのようになっています。
IMG_3605
長さ30センチ、幅は7センチあり、これを切って使いました。

どや!
IMG_3609
遠目から見たらわからんやん!

ちょっと寄ってみよう。
IMG_3610
いける・・・やろ!

私はいけると判断しました(というか信じた)。
これで今シーズン着倒して、気持ちよく手放すことができます。

<最後に>手放す時期は物が教えてくれるようになった

断捨離を始めた当初には思いませんでしたが、持ち物が減るにつれ
「まだ使える」と思っている物が突然破れたり壊れたりすることが増えました。

それはきっと、手放せない私の為に
大丈夫、もう手放してもいいよ
と物が教えてくれているのではないかと思うのです。

元来物持ちがよく、長く使っている物ほど手放せない私。
そんな私だからこそ、物の声に耳を傾けながらこれからも手放していきたいと思います。

こんにちは、坊主女です。今までも服は定期的に見直し、整理してきました。そして今回はまた新しい視点での整理に取り組んだ、はずなのですが・・・。▼過去の履歴はこちら▼▶ワードローブを数えてみて愕然。恥ずかしながらその総数と押入れも公開します。 ▶もう一度服と ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

今までも服は定期的に見直し、整理してきました。

そして今回はまた新しい視点での整理に取り組んだ、はずなのですが・・・。

▼過去の履歴はこちら▼
▶ワードローブを数えてみて愕然。恥ずかしながらその総数と押入れも公開します。 

▶もう一度服と向き合って断捨離。55着→果たして何着に? 

▶部屋着って本当に必要?再考したら49→〇〇着まで減りました!
 


古い布類は邪気の温床と知り、血の気が引いた

私は良く言えば物持ちがいい、悪く言えばケチなので古くなっても使い続ける人間です。

その最たる物が「洋服」でした。


特に結婚してからはほとんど服を買っておらず、それ以前の服も10年選手がずらり。

でも買い替えとなるとお金がかかるし、それなら今ある服でいいと思っていました。


ところが「月の浄化術」という本を読んだ私は血の気が引いてしまったのです。


この本には次のようなことが書かれていました。
  • 布類は邪気の温床である
  • 直接肌に触れるものが多いから、古いエネルギーをめいっぱい吸い込んでいる
  • 布類を処分、買い替えると波動が一気に変わる
要するに

古い布類はダメ!絶対!

と連呼されていたのです。


・・・私、古い服しか持ってない。

毛玉だらけだったり、ヨレてたり、くたびれた服しかない。



もうやるしかない、と思いました。

たとえ着る服がなくなっても、くたびれた服は断捨離する、と。


あるわあるわ、くたびれた服たち

意を決して押入れを開き、今まで見ないふりをしていた古い服たちを片っ端から取り出します。

毛玉だらけのセーター。
IMG_3117

よれよれのカットソー。
IMG_3119

シワだらけな上に「よくこんな柄を」と思うようなミニスカート(いやほんと)。
IMG_3121 IMG_3123

写真にすら撮れないぐらいボロボロのパジャマ×2。

下着3組。タイツすべて。変色しかけたヒートテック。その他諸々。

私としてはかなり手放したと思います。


<迷い>なぜ、清々しくないんだろう

本当は、ここまで手放したら「気持ちも押入れもスッキリ!」なはずでした。

でも、実際の私の心はとてもモヤモヤしています。


私は今まで、着ない服を断捨離することに迷いはありませんでした。

ところが今回のように、まだ着れる服を「くたびれているから」という理由で断捨離したのは実は初めてです。

だから心のどこかで「モッタイナイ」と思ってる。

私はこんな人間だったんだろうか。

これでよかったんだろうか・・・。


<吹っ切る>「モッタイナイ」ものほど、手放した時の見返りも大きい

でも違う、と先述の本の著者であるKeikoさんは仰っています。

「モッタイナイ」ものほど、手放した時の見返りも大きい、と。


そう、私は間違ってはいない。

「モッタイナイ」ものを手放した私の元へは、新しい何かが必ずやってくる。 

私が変わらなければ、世界は変わらない。

変わることを恐れちゃいけないんだ。


ここまで考えてやっとスッキリしました。

「モッタイナイ」ものをあえて手放す。

それは新しい自分への第一歩なのかもしれません。


こんにちは、坊主女です。以前、ワードローブの見直しをして総数49着まで減らした私。でももっと減らせるのでは?と今回更に見直しに取り組みました。▼過去の取り組みはこちら▼▶ワードローブを数えてみて愕然。恥ずかしながらその総数と押入れも公開します。▶もう一度服 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


以前、ワードローブの見直しをして総数49着まで減らした私。

でももっと減らせるのでは?と今回更に見直しに取り組みました。

▼過去の取り組みはこちら▼
▶ワードローブを数えてみて愕然。恥ずかしながらその総数と押入れも公開します。

▶もう一度服と向き合って断捨離。55着→果たして何着に【画像あり】⁉ 


部屋着という存在は必要なのか?

今回の見直しの最大のポイントはココ。

部屋着という存在は必要なのか?という点です。

最初は「あえて」部屋着を購入

ミニマルライフを始めようとして一番最初に手をつけたのは、やはり自分の服でした。

そして、その頃の私は「部屋着として着るから置いておく」は手放せない最大の言い訳だと思っていたんです。

だから「あえて」部屋着と位置付けてユニクロのブラトップを購入しました。

この時の判断は正しかったと思っていますし、そのおかげで服の整理が加速したのも事実です。

部屋着を着るタイミングがなくなった

でも今の私の一日を見てみると・・・。
  • 朝は起きたらすぐ「出かけられる格好」に着替える
  • ブラトップは下着としても使えるのでもはや普段着
  • 入浴後は作務衣で過ごす(あまりの着心地の良さに手放せない)
そう。日々の暮らしに部屋着の入り込む余地がないのです。


今の私に部屋着は必要ない。

それがわかった私は、部屋着を一斉に断捨離することを決めました。


部屋着以外も断捨離

部屋着はもちろんですがが、それ以外の服も合わせて断捨離しました。

断捨離した服

青
これは学生時代に買った福袋に入っていた物で、かれこれ20年弱(!)も着ていました。

時代のせいかラメ感がハンパないです(苦笑)。

そのラメ感のせいで、最近は「何かの下」にしか着ることがなくなっていました。潮時です。


オレンジ
このトップスは母からもらったのですが、私では絶対に選ばない色。

選ばない、ということはあまり好きではない色なのです。

なので手放します。


さて、今回手放した服の数です。
  • 部屋着:上1着 下2着
  • トップス:夏2着 冬1着
  • アウター:2着
  • ワンピース:1着
これで、総数40着になりました。

断捨離後の押入れを公開

服が減ったので収納用品も減りました。

断捨離後の押入れを公開します。

まずは整理前。
押入れ 前

続いて整理後。
押入れ 後
衣装ケース半分は主人の物と入れ替え、空いた3つを処分しました。


多少すっきりはしたのですが、私としてはまだまだ減らしたい。

次は下着関係かな、と思っています。


一度整理したら終わり、ではない

クローゼットや本棚などは、一度整理すると達成感も相まってそこで満足してしまいがちです。

ですが放っておけばいつのまにかまた物が増えてしまったり、乱雑になってしまったり。 

さらには以前は「必要」と思っていたけれど、時が経てば「不要」となる物もあります。


私の場合は今回の「部屋着」がまさにそうでした。

一度整理したら終わりではなく、定期的に自分の持ち物を見直す。

そうやって常に自分に適正な量の持ち物をキープしていきたいと思います。

坊主頭の今、湿気に悩まされることはありません。こんにちは、坊主女です。クローゼットや押入れは、湿気がとても気になる場所ですよね。ずっと湿気との戦いだった私の実家は木造の古い家だったので、すきま風の寒さに悩まされることはあっても湿気に悩まされることはあまり ... 続きを読む
坊主頭の今、湿気に悩まされることはありません。
こんにちは、坊主女です。

クローゼットや押入れは、湿気がとても気になる場所ですよね。
closet-912694_1280

ずっと湿気との戦いだった

私の実家は木造の古い家だったので、すきま風の寒さに悩まされることはあっても湿気に悩まされることはあまりありませんでした。
しかし、実家を離れマンション暮らしを始めると、湿気の多さにまず驚き、「いかに湿気を取り除くか」ということに頭を悩ませることになりました。

今まで幾度か引っ越しもしましたが、やはり一番湿気が溜まるのがクローゼットや押入れでした。 

特に、今住んでいるところの押入れは、
北側・日が当たらない・窓もない・台所や風呂が近い
という「湿気さんどうぞこちらへ!」と言わんばかりの条件が揃っていて、本当に苦労していました。

いろんな湿気対策をしましたよ、ほんと。

①乾燥剤を置く
置いていたのはホームセンターなどで売っているごくごく普通の乾燥剤です。
IMG_2835 IMG_2837
これらを1個置いたぐらいでは猫パンチほどの効果もなく、 2個、3個・・・と増やし続け、それでも溜まる湿気と出費にイライラしていました。

②すのこを置く
下の段にはすのこを置いていました。
効果はゼロではなかったと思うのですが、劇的に効果があったのかというとそうは思えません。

③換気する
こまめに換気ができればまた違ったのかも?と思いますが、
今まで昼間はずっと働いていましたから、換気って正直なかなかできなかったです。
今日こそは!と思った休日に雨が降ったりすると、やる気も何もすっ飛んでしまったものです。 

④脱いですぐの服はしまわない
ジャケットなどは毎回洗うものではありませんが、一日着ていたらどうしても汗や外の湿気を吸ってしまうので、一旦部屋で干してから収納していました(できるかぎり、です)。


その他、対策としては「重曹を使う」や「新聞紙を丸めて入れておく」「除湿器を使う」などもあるかと思いますが、基本がめんどくさがりなので、結局やっていた対策は
乾燥剤を置いておき、定期的に入れ替える
ぐらいのものでした。

そしてこの、乾燥剤を買いに行く手間や代金が本当にもったいないと思っていたのです。

服を減らして気がついた

今の私の押入れはこんな感じです。
82cabb1b.jpg
これは、先日改めて自分の服を見直した時に撮った写真です。
▶ワードローブを数えてみて愕然。恥ずかしながらその総数と押入れも公開します。 

事あるごとに服の整理はしていましたが、やっとここまできました(まだまだ減らせるとは思うのですが)。
そして、押入れがスッキリしたことでじゅうぶん満足していたんですけどね。


そういえば、そろそろ乾燥剤取り替えないとって思って押入れから取り出してみたところ・・・

あれ?いつもより水が溜まってない!

ズボラなために、前回交換した日時がわからないのですが、
乾燥剤の減りが明らかに遅くなっていました
びっくりして衣装ケースの中や吊り下げてあるものもチェックしましたが、どれも減りが遅い!

そして、前回と今回の間に起こったことは・・・
服を減らし、押入れを整理した
ことだけ。

まさか、こんな思わぬ効果があるとは!
と一人でバンザイをしてしまいました。

物を手放して得られる効果は無限大

infinity-1837430_1280

服を減らせば押入れやクローゼットに風が通るようになり、湿気が溜まりにくくなる。
考えてみれば当たり前なのですが、こんなに劇的に変わるとは思いませんでした。

服だけではなく、どんな物でもそうなのですが、
手放すことで得られる効果は無限大だと思うのです。

掃除がしやすくなる、心にゆとりが生まれる、物を大事にするようになる・・・。
挙げだしたらキリがありません。


そのためにやることはたった一つ。

手放す。 


これだけです。 

性格はガサツですが、手先は器用。 こんにちは、坊主女です。   予備ボタンに思い入れ?ではないんです。   一度も使ったことがないのに予備ボタンを保管していた スーツやコートなど、ちょっとしたお値段の物には必ず「予備ボタン」がついていますよね。 私は生まれ ... 続きを読む
性格はガサツですが、手先は器用。

こんにちは、坊主女です。

 

予備ボタンに思い入れ?ではないんです。

 

一度も使ったことがないのに予備ボタンを保管していた


スーツやコートなど、ちょっとしたお値段の物には必ず「予備ボタン」がついていますよね。

私は生まれてこの方一度も使ったことはありませんでした。

それなのに、恒例の「いつか使うかも」の思いがあり、ずっと手放せずにいました。

 

でも、ミニマルライフを目指し始めて大量の服を断捨離した時に、

これは今後も絶対に使わないし、そもそも必要ない

と判断し、私の予備ボタンは服と一緒に処分していました。

 

今回は、唯一残っていた主人のスーツ用の予備ボタンです。

IMG_2800

一応他人の服のボタンだから・・・と取っておいたのですが、付き合っていた頃に仕立てたスーツの物ですし、スーツ自体も年に1,2回しか着ませんから、

いらん!

と判断して処分しました。

 

これで、我が家に予備ボタンは存在しなくなったのですが、ふと

そうだ、ついでに裁縫箱も整理しよう

と思って取り出しました。

 

思い出の詰まった裁縫箱


今はどうなのかわかりませんが、私が小学校の頃は中学年ぐらいになると授業に「家庭科」が加わり、学校指定の裁縫箱を全員が買っていました。

大きな箱は処分してしまったのですが、その中の「おはりばこ」だけはずっと持っています。

IMG_2805

ザ・昭和!(笑)

箱の中身やその他の裁縫道具はこちらです。

IMG_2804

やっぱり昭和ですね。今の子供たちはもっとおしゃれな物を持っているのかしら。

 

この裁縫道具を見ると、私は必ず祖母のことを思い出します。

祖母は、自分の洋服はすべて自分で縫っていたぐらい裁縫が得意で、大好きでした。

毎晩毎晩、遅くまでミシンをかけたり、繕い物をしたり。

その時間は祖母にとってとても楽しく、大切な時間なのだと子供心に感じていました。

 

そんな祖母に教えられて、私は小学校に入る前から裁縫をしていました。

もちろん小物程度でしたが、キルトで三つ折りの財布を作るぐらいの腕前はありました(今は絶対に作れません)。

結局私は裁縫が趣味、ということにはなりませんでしたが、これらの裁縫道具を見る度に祖母のことを思い出し、懐かしさでいっぱいになります。

 

整理しようとおはりばこを開けてみたものの、天国にいる祖母、その祖母との思い出で胸がいっぱいになり、明らかに量が多すぎる「まち針」だけを処分して元の場所にそっとしまいました。

 

「要・不要」と「思い入れのある・なし」は分けて考える


head-1623792_1280

物の処分を考える時に、「これは必要だから」と処分できない物があるかと思います。

本当に必要ならかまいませんが、心に「チクリ」と引っかかりがある場合、それは、

思い入れがあるために、必要ではないのに「必要だ」と必死に言い聞かせている

ことがけっこうあります。

 

初めてのデートで買ったお揃いのカップ

夫に褒められたワンピース

頑張った自分へのご褒美で買ったアクセサリー

 

発想がちょっと乙女チックで我ながら気持ち悪い(苦笑)。

私が言いたいのは、そのカップは実は使い勝手が悪かったり、ワンピースやアクセサリーは今の自分には似合わなかったりしているのに、「思い入れ」だけで手元に残していませんか?ということ。

 

思い入れがあるから不要でも置いておく、でも構わないと思います。

ただ、

「いる・いらない」と「思い入れがある・ない」の二つの基準は全くの別物です。

私は、この二つの基準を分けて考えることで、「物を残すか残さないか」の判断がとても早くなりました。

ぜひ一度、試してみてはいかがですか?

こんにちは、坊主女です。先日自分のワードローブの総数を数えてすっかり「ミニマリスト失格」の烙印を自らに押して凹んでいます・・・。 改めて服と向き合って処分を考えました確かに凹みましたが、逆に言うと「今自分が持っている服」が全部チェックできました。その中で、 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

先日自分のワードローブの総数を数えてすっかり「ミニマリスト失格」の烙印を自らに押して凹んでいます・・・。


改めて服と向き合って処分を考えました

確かに凹みましたが、逆に言うと「今自分が持っている服」が全部チェックできました。

その中で、今回服を断捨離するにあたって以下のポイントを意識しながら服の整理をしました。

①服そのものは気に入っているが今の自分に似合わない服

実は、私がなかなか捨てられなかった服の多くがこのポイントに当てはまります。

服のデザインや色は気に入っているし、買った当時は似合っていたけれど「今の自分」には似合わない服。

そりゃそうですよね。
買った当時はストレートのロングヘアだったのに今は坊主頭ですから(笑)、似合う服が変わるのは当然の話。

さらに歳も取りましたから雰囲気も変わっています。

 
そんな服の一部がこちらです。
img_2764 img_2765
綺麗な色なんです。着心地もいいんです。

でも私、鮮やかな色のトップスが似合わないんです。


本当は気づいていました。

だけど「鮮やかな色のトップスを着ると顔色が明るく見える」という理論を信じていました。

確かにそうかもしれないけどやっぱり私には似合わない。だから処分します。

②1年間着ていない服

これも今までなかなか捨てられませんでした。

好きな服なんです。
だから「特別な日に着よう」とか「着るのがもったいない」と思って結局着ないままでした。

考えてみれば「たんすの肥やし」の方がよほどもったいないし、服も淋しがりますよね。


それらもご紹介します。
img_2766 img_2767
坊主女の趣味が垣間見えますなぁ(笑)。

どちらも好きなんです。でも、ニットのワンピースは坊主頭にはもう似合わない・・・。

そんな理由もあって今回処分することにします。

③ほつれ、ほころびの目立つ服

私は相当物持ちがよくて、今あるワードローブの中で15年ほど(!!)着ている服もあります。

ですが「安くていいから数多く」買っていた時期の服は、案の定ほつれたりほころんだりしていました。

そんな服を持っていると運気が下がるとも聞きますし着ていて気持ちも良くないので、これらも今回処分します。

 

さて、総数はどこまで減ったのか?

ご紹介した服以外にも何着か処分しました。

処分した服の数です。

  • トップス:3着(夏用1着・冬用2着)
  • ワンピース:2着
  • 部屋着:1着(下)

計6着。なので総数は49着になりました。

うーん、あんまり減ってないか・・・。

むやみやたらと処分するのは嫌ですが、これからも定期的に服のチェックをしながら本当に好きな服だけを残していけるようにしたいと思います。


☆その後さらに断捨離。いったい何着まで減らせたでしょうか!?☆