坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:ありがとうの奇跡 > 神社で伝える感謝の気持ち

来年のお正月は1万円札を入れてみようと思ってる。こんにちは、坊主女です。神社にお詣りに行った時、必ず入れる「お賽銭」。入れる金額については諸説ありますし、私もあまり知りません。ただ、私が実際にやっていて不思議な効果があったものをご紹介したいと思います。<目 ... 続きを読む
来年のお正月は1万円札を入れてみようと思ってる。
こんにちは、坊主女です。

神社にお詣りに行った時、必ず入れる「お賽銭」。
入れる金額については諸説ありますし、私もあまり知りません。

ただ、私が実際にやっていて不思議な効果があったものをご紹介したいと思います。

<目次>
hand-517114_640

お正月に「千円札」を入れて以来抵抗がなくなった

私は、子供の頃からずっと「お賽銭=小銭」でした。
大抵は「ご縁がありますように」と言いながら「5円」だけ。
よほど奮発しても「100円」が限界でした(それでも人生に数回)。

そんな私が、始めてお賽銭として「お札」を入れたのは、今年のお正月
この時は千円札を入れ、年始7日間で10万円以上(!!)の臨時収入がありました。

だからというわけではないのですが(ほんとか?)、「お賽銭にお札を入れる」ということにまったく抵抗がなくなってしまったのです。

毎月1日と15日に氏神様にお詣りする時も。
大きな神社でも小さな神社でも。

小銭入れを出すこともなく、お財布から新札の千円を取り出しお賽銭箱へ入れるようになりました。

臨時収入の額が本当に増えたんです!

理由はわかりません。
ただ事実として「増えた」のです、臨時収入の額が

思いもよらないところから突然だったり、時には現物支給だったり。
はたまた「買おう」と思っていた商品がとんでもなく安くなっていたり。

その度に私は、
これはきっと神様が何かしてくださったんだ、ありがたや〜
と手を合わせます。

本当にやっていることはそれだけです。
give-and-take-556151_640

金が欲しけりゃ金を出せ!

なんかトチ狂った強盗犯みたいなこと言ってますが(笑)、お賽銭の額と臨時収入の関係を考えているうちに思ったんです。

実際多くの本に書かれていますしね。
その中の一冊がこちら。

私が最近よくご紹介している本です。

この本の中で「ドSの宇宙さん」はお金についてこう言っています。
  • 宇宙は無限のエネルギー体
  • お金は、人の『感謝』や『愛』が形になったエネルギー体
  • エネルギーは停滞を好まず、流れて始めて活用できる
  • お金が欲しいなら、まずお金を払ってエネルギーを循環させなければいけない
つまり
「お金が欲しければ、まず自分から『感謝』しながら『愛』を乗せてお金を払うことが大切」
なのです。

最初はなかなかできないかもしれません。
でも、
「自分が放ったプラスのエネルギーは必ず自分に返ってくる」
と思えばできそうな気がしませんか?

是非一度やってみてください。
そして、「こんな臨時収入が!」「こんないいことが!」なんてことがあれば教えてくださいね!

ブログを読んでくださってる皆様には「感謝」しかありません。こんにちは、坊主女です。私は、毎月1日と15日に氏神様にお詣りに行っています。▶︎毎日1日と15日。伝えるのは「感謝の気持ち」です。 お詣りの際には手を合わせ、神様への感謝の気持ちを伝えています。そんな ... 続きを読む
ブログを読んでくださってる皆様には「感謝」しかありません。
こんにちは、坊主女です。

私は、毎月1日と15日に氏神様にお詣りに行っています。
▶︎毎日1日と15日。伝えるのは「感謝の気持ち」です。 

お詣りの際には手を合わせ、神様への感謝の気持ちを伝えています。
そんな風に手を合わせて感謝する機会は、日常生活ではあまりないと思っていたのですが・・・。

<目次>

手を合わせていることすら忘れていたなんて!

多くの人が、食事の前には「いただきます」と手を合わせ、食事の後には「ごちそうさま」と手を合わせていると思います。

私もそうやって食事ごとに手を合わせていたのですが、ただの習慣になっていました。
だからその行為に「感謝の気持ち」 はこもらず、手を合わせていることすら忘れていたのです。

そんな先日、いつものように朝食前に「いただきます」と手を合わせた時のこと。
突然胸にある思いが込み上げて来ました。

あぁ、私は生きている、生かされている!
なんとありがたいことなんだろう!
なんと幸せなことなんだろう!


その時初めて、自分が日常生活で何度も手を合わせていたことに気づきました。
そして改めて思いました。

手を合わせて感謝すると、より「生かされている」ことに気づく

これは実際やってみてもらいたいのですが、
  • ただ単に「ありがとうございます」と言った時
  • 手を合わせて「ありがとうございます」 と言った時
全然感じ方が違うと思いませんか?

おそらくほとんどの方が、
「手を合わせた時」の方がより「ありがたい」と思った
とお答えになると思います。

その「ありがたい」という気持ちは、何かの行為や善意に対してではなく
生かされていることへの感謝の気持ち
ではないかと思うのです。

この世に生まれて来たこと、生きていること。
それは自分一人の力では決してなく、周りやもっと大きな存在に生かされているからこそ。

そのことに気づき、「ありがたい」と自然に思えるようになる。
「手を合わす」という行為にはそんな力があるのではないかと思うのです。
guardian-deity-of-children-1759508_640

特別なことはしなくていい

手を合わせるのは神様や仏様の前だけ。
手を合わせるのは特別な行為。
神棚や仏壇のない現代の家ではなかなか機会がない。

私は心のどこかでこう思っていました。
でも実は、日々の暮らしの中で当たり前に手を合わせていました。
そして、日々を無事に暮らせることこそが何よりありがたいのだと気づきました。

もしあなたが食事の前後に手を合わせていないなら。
是非一度、「いただきます」と言いながらゆっくり手を合わせてみてください。

きっと心に感謝の気持ちがあふれ、幸せを感じることができるはずです。

冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。こんにちは、坊主女です。 今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。 氏神様へのお詣り私は特に信心深い方ではありません。 神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした ... 続きを読む
冒頭の小ネタがあると、やっぱり落ち着く(笑)。
こんにちは、坊主女です。

今の土地に引っ越してきてから、毎月1日と15日に欠かさず行なっていることがあります。

氏神様へのお詣り

私は特に信心深い方ではありません。
神社にお詣りするのは初詣と観光ぐらいのものでした。

ですが、今の土地へ引っ越すときにふと
この地域の氏神様ってどこにあるんだろう
と気になったのです。 

まったくの新参者なんだからきちんと挨拶しておいたほうがいい、
と何かが教えてくれたのかもしれません。 

そうやって調べた氏神様に、引っ越してからすぐにお詣りしました。
それ以後「行かなければ」というより、不思議と「行きたい」と思うようになり
1日と15日には欠かさずお詣りに行っています。

伝えるのは「感謝」の気持ち

神社といえば、今ではすっかり「お願いごと」をする場所になっていますが、
実は元々は「感謝」をしに行く場所です。

今日まで無事生きてこれたこと
日々健康で暮らせていること
こうやって自分の足でお詣りに来れたこと

そういった「生かされていることそのもの」に感謝するのです。

とはいうものの、最初の頃はつい「お願い」しそうになっていました。
それでも何度か通ううちに、自然と「感謝」の気持ちが湧いてくるようになりました。

幸いなことに神主さんもいないような小さな神社なので、神様を独り占め(笑)。
たっぷりと時間をかけ、日々の感謝を伝えることができます。

そうやってお詣りを終えると、心が穏やかになっていることに気づきます。
呼吸が深くなっていることに気づきます。

そんな効果を感じ、また感謝の気持ちで神社を後にします。

なんでもない日に、お詣りに行ってみませんか?

近所に神社がない、氏神様がわからない。
そんな方も多くいらっしゃるかもしれません。
(こちらで聞けば氏神様はわかるようです→神社庁一覧
また、「わざわざお詣りするなんて」という考えもあるでしょう。

ですが、日常生活で「ありがとう」と言ったり感謝の気持ちを持つことはあっても、
手を合わせることはなかなかありません。

神社へいけば自然と手を合わせます。
手を合わせると、日々への感謝の気持ちがより強くなります。

別に決まった日でなくてもいいんです。
「ちょっと行ってみようかな」
そう思った日に一度お詣りし、感謝の気持ちを伝えてみてください。

心が温かく、穏やかに気持ちになれますよ。


私は元々ツイてます。こんにちは、坊主女です。お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。<目次>主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた 主人がツキまくり始めた! <最後に>「ツイ ... 続きを読む
私は元々ツイてます。
こんにちは、坊主女です。

お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。

<目次>

主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた

お賽銭として千円札を入れることは、主人には事前に話したりしていませんでした。
ですが、私が千円札を入れようとすると

俺もやる

と、私より先にお賽銭箱に投入してたんですよね。

元々主人はこういうお金の使い方をする人ではあります。
ゲンを担ぐというか、「運の流れ」を気にする人です。

ですが、常々私が思っていたのは
運の流れを気にするわりに、自分で運の流れを止めてしまっている
ということ。 

文句言いなんですよ、要するに。
私は他人の文句を言うのも聞くのも大嫌いなのですが、しょっちゅう文句言ってます。
もったいないなぁってずっと思っていました。

主人がツキまくり始めた!

girl-1339685_640
運の流れを自分で止めていた主人。
でも、千円札をお賽銭として入れたあと、ふと

今年はなんだかいい一年になりそうだ

って言ったんです。 
私もそれに乗っかって、「うんうん、きっといい一年になるよ!」って洗脳(笑)し続けました。
そうしたら、今までの運のなさがひっくり返ったかのようにツキ始めたんです!
  • おみくじで「大吉」を引いた(本人曰く30年ぶり)
  • 出るはずのなかった冬季賞与が出た
  • 急きょ仕事の日程が変わったおかげで雨の日に外出しなくて良くなった
  • 食べたかった物が安くで食べられた
  • やたらと「ラスト1個」を手に入れてくる
  • ずっと探していた本が小さな本屋さんで見つかる
  • 行きたかった展覧会が引っ越し先で引っ越し後すぐに開催
「ツキ」だけでいうと、主人の方がツキまくってます。
本人は不思議がっていますが、私は「お賽銭チャレンジ」のおかげだと確信しています。

そして、こういった話を聞くたびに私も
すごいね!ツイてるね!ありがたいね!
とオーバーすぎるぐらいオーバーに連呼し、主人に
「自分はツイてる人間なんだ」
と思い込ませるようにしているので、これからもますますツイていくと思います。

<最後に>「ツイてる」と思えるようになった人が「ツイてる」人

例えば、傘をさしている時にその傘にハトのフンが落ちて来たらどう思いますか?

もう!この傘使えないじゃない!ツイてないわ!
傘をさしていたおかげで一張羅にフンがつかなかった。ツイてる!

そうなんです、起こった物事は一緒でも、それをどう受け止めるかだけなんです。

これはツキに限った話ではなく、身の回りに起こるすべてのことについて言えます。
それなら、(多少強引でも)いい風に物事をとらえた方がいいに決まっています。

このように思考を選択しているうちに、プラスにしか物事を考えられなくなり、
いつのまにかいい事しか起こらなくなってきます。

だまされたと思って是非やってほしいです。
人生、変わりますから、ほんとに。

こいつぁ春から縁起がいい! こんにちは、坊主女です。 我ながら本当に驚いています。 本当に、7日間(正確には4日間)で10万以上の臨時収入が飛び込んできました! まったくの想定外、天から降ってきたとしか思えないお金に感謝しかありません。 いったい何をやったの? ... 続きを読む
こいつぁ春から縁起がいい!
こんにちは、坊主女です。

我ながら本当に驚いています。
本当に、7日間(正確には4日間)で10万以上の臨時収入が飛び込んできました!
まったくの想定外、天から降ってきたとしか思えないお金に感謝しかありません。

いったい何をやったの?
と気になりませんか?(なりませんか、そうですか・・・)

ならなくても(ええんかい)、私がやった「2つのこと」をお話したいと思います。

<目次>

一、初詣のお賽銭で「千円札」を入れた

これは超人気ブロガーであるハピコさんが、ご自身のブログ「のんびり楽しく貯金」の中で「今年の初詣で挑戦する!」とおっしゃっていたんです。
初詣で「小銭ではなく、お札を入れる」ことに挑戦する。:のんびり楽しく貯金

それを読んで
私もやる!
と決めていました。

当日、そんな大金をお賽銭箱に入れたことがない私は参道あたりからソワソワ(笑)。

よし、入れるぞ!
と思った時、それを見ていた主人が
俺もやる!
と先に千円札を投げ入れました(ハピコさんのご主人と一緒だわ♪)。

慌てて私も千円札を投げ入れ、昨年一年の感謝を伝えて神社を後にしました。


そのまま私の実家へと帰省して一泊。
翌日の朝、母に手招きされると・・・

「これで何か美味しいものでも食べなさい」
とお年玉(?)をもらってしまいました。
大の大人が申し訳ないと思いつつ、感謝感謝で受け取りました。

母そしてハピコさん、本当にありがとうございます!

二、公共のトイレを「素手」で磨いた

私の家にトイレブラシはまだありますが、毎日の掃除はすべて「素手」でしています。
▶毎朝15分の掃除で一日のスタートを気持ちよく。
▶ミニマリストだけど、私の家にあるもの3つ。

トイレ掃除をするとお金が貯まる。
自宅以外のトイレを掃除したらさらにゼロの数が増える。
小林正観さんが著書「ありがとうの神様 」でこう仰っていたことはずっと頭に残っていました。

ありがとうの神様
 
[著:小林正観]
楽天ブックスはこちら  

残ってはいたんですが、そりゃゼロの数が1つ増えるのは嬉しいけど、さすがによそ様の便器に手は突っ込めないわ・・・とずっと思っていたんです。 

ところが正月休みも明けて、立ち寄ったスーパーでお手洗いをお借りしたのですが、便器にすごく気になる汚れがあったんです。

トイレブラシもない、でもすごく気になる。
どうしよう、どうしよう・・・。

・・・。

ええい!

と便器に手を突っ込んでその汚れを取りました。
お札をお賽銭箱に投げ入れるよりはるかに勇気がいりましたが、汚れが取れてとても気持ちが良くなり、清々しい気持ちで家に帰りました。


そしてまた翌日。
何気なく銀行口座を確認すると、主人の職場から見覚えのない金額の振込みが。

確かに年末調整で還付はされるはずだけど、こんなに多い額じゃないし・・・
と思って帰宅した主人に確認すると、

特別にボーナスを出してくれたらしい

なんて言うじゃないですか!
あと数日で辞める人間に、しかも時期でもないのに、さらに出るはずじゃなかったのに!!!

ボーナスを頂けたことはもちろん嬉しかったですが、
主人の頑張りを評価して頂けたことがもっと嬉しくて、手を合わせて感謝しました。

主人そして職場にまたまた感謝です!

<最後に>お金の流れを、止めない。

年始からお金に関する記事を続けて更新していましたが、こういうことがあったからなんです。
そして、改めて思いました。

手に入れたいなら、手放すべきだ
、と(もちろんトイレ掃除も大事!です)。

お金も運もご縁も、独り占めして囲い込んでしまってはそれ以上のものは得られない。
感謝の気持ちを込めてそれらを手放せば、必ずより大きなものが手に入る。

やっぱり今年は「循環」の一年になるのだなぁと確信しています。
そしてもちろん、読者の皆様にも何かを「循環」させていけたら・・・と思っています。