坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:生き方 > 時間

結婚する直前まで「夜行バス」や「青春18きっぷ」で旅してました。 こんにちは、坊主女です。 結婚していてもしていなくても、「帰省」をする必要がない人は少ないと思います。  そして、帰省と言えば「お金も時間もかかる」のが悩みのタネ。 みなさんはどのように対応さ ... 続きを読む
結婚する直前まで「夜行バス」や「青春18きっぷ」で旅してました。
こんにちは、坊主女です。

結婚していてもしていなくても、「帰省」をする必要がない人は少ないと思います。 
そして、帰省と言えば「お金も時間もかかる」のが悩みのタネ。

みなさんはどのように対応されていますか? 

<目次>

引っ越し後初の帰省

私の実家は京都市。
引っ越し前は大阪に住んでいたので、「帰省」と言うほどでもありませんでした。

そんな私が引っ越した先は愛知県。
ご実家がもっと遠い方は山ほどいらっしゃるにせよ、私からすればじゅうぶん「遠い」です。
これはお盆とお正月ぐらいしか帰れそうにない、と思っていました。

ところが、先日転職した主人に早速泊りがけの研修が発生。
▶︎【祝】夫の転職先が決定!今後の家計で「あるチャレンジ」をしてみます。

「せっかくの機会だし、お母さんも寂しがってるだろうから帰ってあげたら?」
という主人の言葉に甘え、1泊ですが帰省することにしました。

そこで早速、帰省のための交通手段を調べ始めたのですが・・・。

安さを優先すれば、時間がかかる。
早さを優先すれば、お金がかかる。


ガルルル・・・・(笑)。
さぁ坊主女、落としどころはどこにする?

発想を変えて「どっちも」取る!

帰省費用は安く抑えたいけど時間はもったいない。
そう思った私は考えました。

移動時間を有意義に使えたら、むしろ「価値ある時間」に変わるはず!

ちょうど、最近買ってまだ読めていない本が数冊あります。
整理収納アドバイザーの勉強もしたいです。
それらを移動時間に持ち込めば・・・

低コストで高パフォーマンスな時間の使い方ができる!
まさに「お金」も「時間」も両取り!


というわけで、今回の帰省は「高速バス(名鉄バス)」を選択しました。
時間は新幹線の2倍以上かかります。
でも、費用はただでさえ半額以下。

しかも!!ちょうどキャンペーン中だったんです!
そのため費用はなんと4分の1以下
(参考サイト:名鉄バス おトクな運賃!「早割1」の導入について

そこまで費用を抑えることができた上に、自己研鑽の時間もたっぷり!
浮いたお金でまた本が買える!
というように、とても有意義な帰省になりました。

「お金と時間の価値ある使い方」を常に意識する

今回の例はあくまで私の場合です。
小さなお子さんを連れての場合や、飛行機を使わざるを得ない場合などいろんなパターンがありますから、一概に当てはまらないのは当然です。

ただ、帰省に限らず常に頭に置いておくべきなのは
お金も時間も、いかに価値ある使い方をするか
ということ。

人にとって、「お金」と「時間」は本当に有限な資源です。
ぼーっとしていればあっという間になくなってしまいます。

だからこそ、
これにお金を使うのは自分にとって価値があるのか?
ここに時間をかけるのは自分にとって価値があるのか?

という、「自分にとって」の価値を常に意識する。

そうすることで、大切なお金と時間を無駄にすることなく、
「自分にとって」有意義な使い方ができるようになるはずです。


超合理主義者ではありませんよ、あしからず。 こんにちは、坊主女です。 先に言っておきますが、人生において全てのムダ=不要なわけでは決してありません。 とはいえ時間は有限。 誰にとっても「ムダな時間」はさっさと手放すべきです。 <目次> 人生の3大ムダ時間 ... 続きを読む
超合理主義者ではありませんよ、あしからず。
こんにちは、坊主女です。

先に言っておきますが、人生において全てのムダ=不要なわけでは決してありません。
とはいえ時間は有限。
誰にとっても「ムダな時間」はさっさと手放すべきです。

<目次>

人生の3大ムダ時間とは?

私は、人生には3つのムダ時間があると思っています。
何も生み出さず、自分を見失う、そんな時間。

一つずつ見ていきます。

①後悔する時間
過去に起こった出来事は絶対に変えられません。
それを悔やむ時間など、問答無用でムダ時間です。

②不安に思う時間
不安は、まだ来ない未来に対して抱く気持ち。 
そして、明日のことですら誰もわからないのです。
どうなるかわからないことを不安に思う。ムダです。

③他人の目を気にする時間
他人を自分の思い通りになどできません。
「私のことをこう思ってほしい」と思ったところで無理なのです。
思い通りにならないことを考え続けるのはムダです。

これらのムダ時間は、増やそうと思えばいくらでも増やせます。
逆に、「ゼロ」にもできます。

どうすればムダ時間を手放せるのか?

答えはシンプルです。

「今」この瞬間のことだけ考え、生きる。

結局これに尽きると思うのです。

過去・未来・他人。
これらはすべて「今の自分」から離れたところにあります。
つまり「ムダ時間」は、今の自分から心が離れるから生まれるのです。

それならば、今の自分に心を戻せばいい。
それが、「今」この瞬間のことだけ考え、生きるということなのです。

人生は「今」の連続。

私たちは、今まで生きてきた時間を「過去」、これから生きていく時間を「未来」と言っています。
でも決して勘違いしないでください。

私たちは「過去」も「未来」も生きられない。
生きているのは「今」、生きられるのは「今」。
ただひたすらに、「今」を全力で生きるだけ。

心ここにあらずでは、今を全力では生きられません。

体と心を「今」に一致させる。
そうすれば「今」を全力で生きることができ、ムダな時間を手放すことができますよ。

冒頭の小ネタも、かなり時間かかってます。こんにちは、坊主女です。なんだかよくわからないけど毎日忙しい。やりたいことが沢山あるのに時間がない。こんな風に思っているあなた、一度「時間の家計簿」をつけてみませんか?<目次>私が時間の家計簿をつけ始めた理由 見えて ... 続きを読む
冒頭の小ネタも、かなり時間かかってます。
こんにちは、坊主女です。

なんだかよくわからないけど毎日忙しい。
やりたいことが沢山あるのに時間がない。

こんな風に思っているあなた、一度「時間の家計簿」をつけてみませんか?

<目次>

私が時間の家計簿をつけ始めた理由

以前の私も、「なぜこんなに時間がないんだろう」と嘆いてばかりでした。
そんな時に出会ったのが、以前にもご紹介したちきりんさんの「自分の時間を取り戻そう」です。
関連記事:「私は、やらない」。こう決めると本当にやりたいことが見えてくる。
IMG_3768
この本の中で、ちきりんさんが
朝から晩まで何をしていたか、1週間でいいので詳細な行動記録=時間の家計簿をつけてみると「使途不明時間」が見えてくる
と仰っていたので、まずはやってみようと思い立ちました。

見えてきた! 使途不明時間

この「時間の家計簿」は誰に見せるものでもないので、できるだけ細かく正直につけてみました。
その結果見えてきたことは・・・
  • 毎日の掃除に手を取られている(30分~1時間)
  • 特に用事もないのに毎日スーパーに行っている(30分~1時間)
  • ブログに付随する作業に時間がかかりすぎ!(写真加工など) 
などです。

これらの時間は、書き出すまでこんなに時間がかかっているとは思いませんでした。
自分が毎日スーパーに行っていることすら気づいていませんでした(苦笑)。

このように、「時間の見える化」をすることで「使途不明時間」が明らかになりました。

「時間がない」を解決する

さて、不明な時間が明らかになったところで満足してはいけません。
大切なのはここから。

明らかになった時間のうち、
  • 止めたい
  • 止めるわけにはいかないが大幅に減らしたい
項目をピックアップし、対策を立てなければなりません。

私の場合、
  • 掃除(特に雑巾がけ)は2日に1回にする
  • スーパーへ行く回数を減らし、買う物は事前に決めておく
  • ブログの「作業」面はお金をかけても効率化する
などの対策を考えました。
これだけでも1日1時間は確保できます。良かった。

<最後に>本当に価値あるものに時間を使うために

時間はお金と違って目に見えないため、無駄遣いに気づきにくいです。
だけど実は、お金以上に失っているものは大きいかもしれません

時間には限りがあります。
その時間を、自分にとって本当に価値あるものに使うために。

まずは「時間の家計簿」で、時間の無駄遣いを洗い出してみて下さい。 
きっと、あなたが時間を取り戻す第一歩になるはずです。