坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:お金のこと > 家計のヒミツ

以前は大量に持っていたクレジットカード。ミニマリストになってから一旦すべてを手放し、今は楽天カード1枚だけを使っています。ミニマリストの私がクレジットカードとして楽天カードを選んだ理由を大公開します! ... 続きを読む
credit-card-1583534_640
こんにちは、坊主女です。


年会費無料、ポイント還元、割引あり・・・。

いろんな誘い文句につられて、気がつけば財布がクレジットカードでパンパンになっていた。

そんな経験はありませんか?


すべてのカードを解約し、楽天カード1枚へ

私は元々クレジットカードがあまり好きではなく、可能な限り現金で支払いたい人です(考えが古いのかもしれませんが)。

そんな私ですらミニマルライフを始めた当初、財布には6枚ものクレジットカードが入っていました。

そのどれもこれもがまさに「誘い文句」につられて申し込みをしたものばかり。

メインで使っている1枚ですら特別メリットがあるわけでもない。


これじゃダメだ。きちんと見直さなければ!

そう考えて手持ちの6枚はすべて解約、新しく選んだのが楽天カードというわけです。
クレカ (1)

楽天カードを選んだ理由

他社とも比較したうえで、私が楽天カードを選んだ理由は以下のとおりです。

①年会費永年無料

クレジットカードの年会費ってすごく「損した気分」になるのは私だけでしょうか。

特別なサービスを望むのならともかく、私のようなたまにしか使わない人間には年会費永年無料は嬉しいです。

②日々の暮らしの中で使うポイントが楽天スーパーポイントぐらい

私はポイントカードを1枚も持っていません

なぜなら使う場所もないしカードが邪魔だからです。


ですが楽天スーパーポイントは基本的にネット上での管理ですし、通販の際にはよく使います。

暮らしの中で一番使うポイントが貯まった方がいい、というのが楽天を選んだ2つ目の理由です。


楽天カードは当然ですが楽天スーパーポイントが貯まり、使えます

それに最近ではミスタードーナツマクドナルド、デパートでも大丸松坂屋などでは提示するだけでポイントが貯まりますから、クレジット機能を使わなくてもお得です。


ポイントに関して言うと「楽天カード新規入会キャンペーン」が随時行われていて、入会するだけでめちゃくちゃポイントがもらえたりします。


私は入会時にもらったポイントで家のタオルを総替えしました。本当に助かりました!


③家族カードで支払いを一本化

実はこれが、私が楽天カードに決めた最大の理由です。


我が家は家計の口座を1本に統一(私名義)しています。

普段は特に困らないのですが、主人名義で契約しているもの(特に車関係)は私の名義からでは当然落とせません。

そうなると家計管理がややこしくなるので、なんとか私名義の口座から落とせないか。

そう考えた時に「家族カード」を思いついたのです。


そこで各社の家族カードについて調べたのですが、家族カード自体取り扱いのないものもあれば年会費がかかるものも多い!

その条件をクリアしてくれたのが楽天カードというわけです。

楽天家族カードのいいところはポイントがメインのカードに付くこと。

でも、家族が勝手に使ったら?

という点については、我が家はカードの管理も私がしているのでその心配はありません。

仮にご家族に渡しても、利用明細が一目瞭然なので無駄遣いはすぐわかります。


楽天カード1枚に絞ることで支払いが一本化され、家計管理がとても楽になったことが私にとって一番良かったです。


最後に

今回は、ミニマリストの私が楽天カード1枚に決めた理由をご紹介しました。

本当は各カードの特性をよく理解すれば、もっとお得に節約できるのかもしれません。

でも私はクレジットカードを使うこと自体が滅多にないため、1枚に絞った結果楽天カードに落ち着きました。


結局は自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが一番だと思います。

そしてなによりも「ご利用は計画的に」ですね!

こんにちは、坊主女です。今の日本で暮らしていれば、よほどのことがない限り0円にはならない光熱費。「固定費を削る方が節約になる」とわかっていても、毎月の「使用量のお知らせ」に一喜一憂する光熱費。引っ越しを機に状況が大きく変わり、どれほどの額になるか戦々恐々 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


今の日本で暮らしていれば、よほどのことがない限り0円にはならない光熱費。

「固定費を削る方が節約になる」とわかっていても、毎月の「使用量のお知らせ」に一喜一憂する光熱費。


引っ越しを機に状況が大きく変わり、どれほどの額になるか戦々恐々としていました。

この度ガス代と電気代が出揃ったので、引っ越し前と比較しながらご紹介したいと思います。

<目次>


現在の暮らし方、引っ越し前後での状況の変化

bedroom-1872196_640

変化のない状況

まずは、引っ越し前と変化のない我が家の状況です。
  • 夫婦二人暮らし
  • 気候はそこまで変化なし
  • 洗濯は毎日
  • 入浴はほぼシャワーのみ
  • 部屋の広さ(2LDK→3LDKとなったが平米数や照明の数はほぼ同じ)
  • メインの暖房はコタツ

変化した状況

続いて、引っ越し前後で変化した状況です。
  • 都市ガス→プロパンガス
  • ガスコンロ→IHクッキングヒーター
  • クーラー0台→1台(6畳用。最初から部屋に設置あり、主人のみ使用)
  • 洗濯機買い替え(節電になっているはず)
  • 共働き→現在共に無職(家にいる時間が圧倒的に長い)


いよいよ結果発表!

ではいよいよ、昨年(引っ越し前)と比較しながら2月の結果を発表したいと思います!

【ガス代】
  • 昨年:30日間 23㎥  4,819円
  • 今年:28日間 6.6㎥ 5,670円

【電気代】
  • 昨年:29日間 148kwh  3,233円
  • 今年:28日間 178kwh  4,290円

高いのか?安いのか?

それぞれ見ていきます。

プロパンガス、高い!

まずプロパンガス。

覚悟はしていました。そのためにIHクッキングヒーターに替えたぐらいです。

おかげで使用量は激減させられた(23→6.6)にも関わらずこのお値段とは!

基本使用料が高いとか言うけど、さすがにこれは何とかしてほしいなぁと正直思います。

電気代は意外と抑えられてる!

続いて電気代。

先に書いたように、光熱費のほとんどを電気に移行させました。

加えて夫婦二人とも家にいる時間が圧倒的に長く、主人は部屋で暖房を多用。

それでも上昇がこの程度で収まったのは良かったです。 


<最後に>光熱費の過度な節約は、心がすさむから

pug-801826_640
以前の私は、光熱費を1円でも安くしたいと過度な節約をしていました。

食器洗いにお湯を使わなかったり、暖房すらつけなかったり。


ですがそんな節約をしたところでお金が貯まるわけがありません。

逆に心がすさみ、貧しくもないのに貧しさを感じてしまうようになりました。


今はそんな暮らしをするよりも
  • 温かいお湯が出ること
  • 快適な部屋で暮らせること
  • 家族が笑顔でいられること
に感謝しながら気持ちよくガスや電気を使い、お金を払った方がよほど幸せだと思っています。


決して無駄遣いはしません。

ただ、過度に節約することもしません。

家族が幸せに暮らせる光熱費の使い方を、これからもしていこうと思います。 

こんにちは、坊主女です。気になるけど聞けない、そんなよそ様のお財布事情。私も結婚前には「夫婦の財布は分ける?一緒にする?」「貯金用の口座は必要?」なんてことをせっせと調べ、結婚後も色々試してみました。そして行きついた現在のスタイルをご紹介します。<目次> ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


気になるけど聞けない、そんなよそ様のお財布事情。

私も結婚前には「夫婦の財布は分ける?一緒にする?」「貯金用の口座は必要?」なんてことをせっせと調べ、結婚後も色々試してみました。

そして行きついた現在のスタイルをご紹介します。

<目次>
wallet-867568_640

収入・支出・貯金、すべて1つの口座で管理

え~~、そうなの?
と言われるのかどうかわかりませんが、今はこのスタイルです。


収入と支出に関しては最初から1本の口座にしています。

そもそも、結婚する時に主人から「お金の管理が苦手だからやってほしい」という申し出があったぐらいなので、結婚を機に1本口座を作りそこでまとめて管理。


貯金については、当初は毎月一定額を別口座に取り分けていました。

ですがこの方法、私には合っていないと気づいたんです。

というのも、結局「今、我が家にお金がどれだけあるか」を把握するのに口座の残高を足すという作業が必要ですよね?

そのために二つの口座を見て、計算して、というのが面倒だし把握しにくいと思ったのです。

1本の口座にしておけば「残高=今我が家にあるお金」とひと目で把握できますし、私にはこの方法が合っています。


それでお金は貯まるの?
という疑問もあるかもしれません。

これについて、私は月初に必要予算を一気に降ろし、それ以降口座を触らないようにしています。

先取り貯金ではなく、先取り予算とでも言えばいいでしょうか。


こうすることで「今手元にある現金でやりくりしなければ」となりますし、自然とお金が貯まりました


夫婦それぞれに「専用口座」を一つずつ

これは言うなれば「存在が公になっているへそくり口座」です。 

「お小遣い専用口座」という感じかな。


私達夫婦は、「結婚するまでに貯めたお金は自分のもの」と考えています。

なので独り身の時に使っていた口座をお互いそのまま持っています。


お小遣いはお互いにその口座で管理。

貯めようが、使おうが、投資しようが干渉しないルール。

だから互いの口座にどれだけのお金があるかは知りません。


夫婦二人暮らしだからこそ、尊重すべきプライバシーもあると思っています。


<最後に>自分と家族に合ったお金の管理方法を

coins-948603_640
本屋さんに行けば「貯金・節約」に関する本が氾濫し、インターネットで探せば膨大な情報が得られます。

いろんな方法があるなぁ、と感心するのですが、そのやり方が自分と家族の暮らしに合っているかは別問題。

そして正解は一つではないとも思います。


お金について考えることは、恥ずかしいことでもやましいことでもなくとても大切。

だからこそ真剣に考えるべきですし、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

坊主頭なんてぶっ飛んだことしてますが、けっこう堅実なんですよ。こんにちは、坊主女です。ミニマルライフとお金は切ってもきれない関係、と思っています。今年はお金に関することも書いていきたいな、と。<目次>夫婦2人、1年間で300万円以上貯めました 2017年は出費の1年 ... 続きを読む
坊主頭なんてぶっ飛んだことしてますが、けっこう堅実なんですよ。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフとお金は切ってもきれない関係、と思っています。
今年はお金に関することも書いていきたいな、と。

<目次>

夫婦2人、1年間で300万円以上貯めました

piggy-bank-970340_640
300万円、という数字が多いのか少ないのかわかりませんが、
昨年11月の時点で300万円の貯金ができていました。

我が家の構成は以下のとおりです。
  • 夫婦2人、賃貸マンション暮らし(家賃8万円)
  • 10月までは共にフルタイムで勤務(10月末で私は退職)
  • 主人は転職1年目のため、給与は最低ランク
あまり情報を開示できなくて申し訳ありません。

確かに10月までは2馬力のフル稼働でしたが、主人の年収は決して高くありません。
でも、仮に主人の収入だけだったとしても100万円近くは貯めています。

本当は家賃などもっと削れるところはあるとは思うのですが、私一人で暮らしているわけではありませんから、ここまで貯めることができれば十分だと思っています。

2017年は出費の1年だからこそ、2つの目標

今年は(というかあと10日ほどで)「引っ越し」という一大イベントがあります。
▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。  

すでに引っ越し先も決まっているので契約金や引っ越し費用、その他諸々振り込んでいますが、
なかなか派手にぶっ飛んでいっています(笑)。

さらに、私が拒絶していた「車購入」ですが、これもやむなしの雲行き。
▶「田舎暮らしに車は必須」と言う主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの?  

ということは、昨年の貯金がチャラになる可能性だってあります。
だからこそ、2つの目標を立てました。

①現状の貯金額を下回らないようにする
②お金を使う時は気持ちよく、感謝して使う 

①は最低限の目標です。
私が大事にしたいのはむしろ②の目標。

今年はどうしても出て行ってしまうお金が多いです。
その度に

「あ~、またお金が減っていく・・・」

と思ってしまうのではなく、

「いい部屋を借りられた。いい車を買えた。
本当に嬉しい。本当にありがとう!

と思って使うことができれば、回りまわって自分の元へ帰ってくると思うのです。
money-965062_640

お金を循環させ、「みんな幸せ」な一年にしたい

先日の記事でも書きましたが、
「お金も愛も人脈も、循環させればどんどん増えていく」
のは本当だと思います。
▶「現金すくい取り」に見る、お金を循環させることの大切さ。

気持ちよくお金を使えば、
使った私も、受け取った人も、さらにその先の人も、
みんな幸せになれるはず。

今年はこういったお金の使い方をして、「みんな幸せ」な一年にしたいと思います。