坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:幸せ×ミニマリスト > 幸せとお金の関係

炊き込みご飯?かやくご飯?まぜご飯?(私はまぜご飯)。こんにちは、坊主女です。欲しいなら与える。与えるが先。その通り、とわかっていてもなかなか「ポン!」と実践できないもの。そんな私にとある出来事がありました。<目次>人生で初めての「お隣さんへおすそ分け」 ... 続きを読む
炊き込みご飯?かやくご飯?まぜご飯?(私はまぜご飯)。
こんにちは、坊主女です。

欲しいなら与える。
与えるが先。

その通り、とわかっていてもなかなか「ポン!」と実践できないもの。
そんな私にとある出来事がありました。

<目次>

人生で初めての「お隣さんへおすそ分け」

先日、母からたけのこが届きました。
たけのこ
それはもう大きくて、しかもこの倍の量!
すぐに母にお礼の電話を入れたのですが・・・

夫婦二人暮らしではさすがに多すぎる。
義両親にあげてもまだ多い。
どうしよう。

その時ふと、
お隣さんにあげてみようかしら
と思い立ったのです。

近所づきあいなんて皆様からすると当たり前なのかもしれません。
でも、都会でマンション暮らしをしてきた私にとって「お隣さん」はせいぜい挨拶を交わす程度。
物をあげるなんてむしろ迷惑では?とすら思っていました。

いや、でもやってみよう。
なぜか迷いなく思い、すぐにおすそ分けにいったところ本当に喜んで頂けました。

そしてその夜。
インターホンが鳴ったので出てみるとお隣さんが。そして
「実家の畑で取れた野菜なんですけど、どうぞ」
と言って差し出された袋にはとれたてのお野菜が!

かえって気を遣わせてしまったのですが、本当にありがたく頂戴しました。

もらったのは「物」だけではなかった

この出来事だけを見ると、
たけのこをあげたらお野菜をもらった
という「物々交換」的な面しか見えないかもしれません。

ですが、私がもらったのは「物」だけではありませんでした。

お隣さんがとても喜んでくださったことが、ものすごく嬉しかったのです。
その「嬉しさ」は、お返し以上に「喜び」と「幸せ」をもたらしてくれました。

あげたのは私のはずなのに、そんなことは忘れるぐらいに多くのことを頂きました。

<最後に> もっともっと「与えられる人」に

もっとお金があれば、
もっと才能があれば 、
いくらでも「与える」のに。

「与えるが先」と言いながら、私はやっぱり心のどこかでそう思っていました。
でもやっぱり「与えるが先」でした。間違いなくそうでした。

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへの中でKeikoさんもこのようにおっしゃっています。
プアな人は「もらう」ことを求め、
リッチな人は「与える」ことに喜びを覚える
いきなり1億円を寄付する、なんてことはもちろんできませんが、
自分のできる範囲から、できることを
惜しみなく「与えられる人」になろうと思います。

若かりし頃の私は血の気が多かったなぁ(遠い目)。こんにちは、坊主女です。与えると入ってくる。この法則を近頃よく耳にします。でも私には与えられるほどのお金がない・・・。そんなあなた、ご心配なく。与えられるものは決して「お金」だけじゃありません。千田琢哉さん ... 続きを読む
若かりし頃の私は血の気が多かったなぁ(遠い目)。
こんにちは、坊主女です。

与えると入ってくる。
この法則を近頃よく耳にします。

でも私には与えられるほどのお金がない・・・。
そんなあなた、ご心配なく。
与えられるものは決して「お金」だけじゃありません。

千田琢哉さんの過激なフレーズにドギマギする

千田琢哉さん。ご存知の方も多いと思います(ホームページ:次代創造館)。
私は本屋さんで度々お名前を見かけながらも、手に取ることはありませんでした。
Wikipediaによると、死ぬまでに1,000冊の本を出すとおっしゃっているとか) 

そんな先日、ちょっと気になる本を見つけたので購入しました。
IMG_4051

なかなかミニマリスト好みのタイトルです(笑)。

ページを開いてみると1行目からこんな感じ。
手っ取り早く人生を変えたければ、捨てることだ。
綺麗事を抜きにすると、捨てることによってしか人生は拓けないのだ。
おぅおぅ、なかなかかっ飛ばしますなぁ。

そのまま読み進めていくと、もっともなことも沢山書いてはあるのですが、
中にはこんなフレーズも。

「理解できないことは、一生かけても理解できない」
たしかにそうだけど・・・ちょっとショック。

「三流とは縁を切り、ひたすら自分の実力を磨こう」
は、はい・・・。

私がまだ20代だったら「おっしゃ、やったろか!」となったかもしれません。
でも今の私にはちょっと鼻息荒すぎるな・・・。 
そんな風に思いながら読み進めていると、最後のページで手が止まりました。

時間を増やしたければ、時間をプレゼントすること。

この世で最高のプレゼントとは、時間のプレゼントなのだ。
千田さんはこのようにおっしゃっています。

また、プレゼントと言っても難しく考える必要はなく、
  • 待ち合わせ場所には相手よりも少し早く到着する
  • 締め切りのある仕事は少し早めに終わらせて渡す
  • 大切な人の記念日はちゃんと会って祝ってあげる
といったこと。
これには「まったくその通りだ」と納得しました。

待ち合わせや締め切りに遅れるのは「相手の時間を奪う」行為。
逆にちょっと早くするだけで「時間をプレゼント」することになります。
会ってお祝いなどは何にも勝るプレゼントですよね。

そして、そうやって「時間」をプレゼントしていると
相手からも「時間や、時間以上のプレゼント」が返ってくるそう。

千田さんは「お金持ちより時間持ちになりたい」とおっしゃっています。
そんな彼だからこそ「与えると入ってくる」の法則を「時間」で体現しているのだと思います。

出し惜しみしなければ、必ずそれ以上のものが入ってくる

これはお金に限った話ではないのだと改めて思います。
今回の「時間」だけでなく、「情報」や「知恵」などもそう。

自分が持っているものを惜しみなく出せば、必ずそれ以上のものが入ってくる。
自分のところで「流れ」を止めてはいけないのだと思います。 

だから私も、私の持っているものを惜しみなくこのブログで出していこうと思います。


こんにちは、坊主女です。 「引っ越して、旅行に行ったら転職活動頑張る。」 そんな主人の言葉を真に受けて計画した今回の旅行。 ▶「プロに頼む」という選択肢で、ストレスを手放し時間と満足を手に入れる。   正直なところ、引っ越しの後片付けに追われていて旅行の準備 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。

「引っ越して、旅行に行ったら転職活動頑張る。」

そんな主人の言葉を真に受けて計画した今回の旅行。
▶「プロに頼む」という選択肢で、ストレスを手放し時間と満足を手に入れる。
 
正直なところ、引っ越しの後片付けに追われていて旅行の準備はまったくなのですが出発の日が近づいてきました。

<目次>

旅行は贅沢なのか?

元々、私は「趣味=旅行」ではありません。

旅に出る時には「目的(誰かに会う、何かを見るなど)」が大切。

だから目的さえ達成できれば交通手段や宿泊場所はなんでもOKなのです。

そのためか、私にとって「旅行そのものが目的」の旅行はどこか「贅沢なもの」という感覚がありました。


では主人は私と反対なのか?

というと、主人も旅行そのものすらほとんど行ったことがない人です。

そんな主人が旅行に行きたいという理由は「夫婦としての思い出作りがしたいから」


普段からあまり外出をしない私たち。

さらに共に無職の時期なんて人生でそうそうありません。

「思い出」というお金に変えられないものを得るための旅行は決して贅沢ではないのだと思います。


ミニマリストはケチなのか?

旅行が贅沢、と思う私はケチなんだろうか?

と考えているうちに「単に私がケチなのか、ミニマリストとしての私がケチなのか」と頭がこんがらがってきました。


これについてはっきり言えることは

ミニマリストになってから自然とお金を使わなくなった。

しかし、必要な物には潔く(大きなお金でも)払えるようになった。

ということです。


ミニマリストになる前の私は「ただのケチ」でした。

「捨てるのがもったいない」と着ることのない服をためこみ、 欠けている食器も平気で使い、食費を削っていました。

それなのにお金は貯まらず、心はどんどん貧しくなってくる一方でした。


でもミニマリストになってからは、不要な物を手放すことで空間が生まれ、心にゆとりが生まれました。

必要な物が減った分、本当に必要な物にお金をかけることができるようになりました。

その結果、大切な物だけに囲まれ、心豊かに暮らすことができるようになりました。


だからミニマリスト=ケチではありません。

これは断言しておきたいです。 


気持ちよくお金を使い循環させていく

今年は様々なことを「循環させる一年」だと年始から考えています。
▶年始7日間で10万以上の臨時収入!私がやった2つのこと。


旅行に行けば美味しい食材もあるだろうし、大切な人に贈りたいお土産もあるはず。

旅先の人々のもてなしも楽しみです。

そういったことには惜しみなく、気持ちよくお金を使い、循環させていきたい。

それが必ず自分のところへ帰ってくるのだと思っています。

私は元々ツイてます。こんにちは、坊主女です。お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。<目次>主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた 主人がツキまくり始めた! <最後に>「ツイ ... 続きを読む
私は元々ツイてます。
こんにちは、坊主女です。

お賽銭チャレンジとは初詣でお賽銭として千円札を入れたことなのですが、このチャレンジを機にどんどん奇跡が起こっているんです。

<目次>

主人も一緒にお賽銭チャレンジをしていた

お賽銭として千円札を入れることは、主人には事前に話したりしていませんでした。
ですが、私が千円札を入れようとすると

俺もやる

と、私より先にお賽銭箱に投入してたんですよね。

元々主人はこういうお金の使い方をする人ではあります。
ゲンを担ぐというか、「運の流れ」を気にする人です。

ですが、常々私が思っていたのは
運の流れを気にするわりに、自分で運の流れを止めてしまっている
ということ。 

文句言いなんですよ、要するに。
私は他人の文句を言うのも聞くのも大嫌いなのですが、しょっちゅう文句言ってます。
もったいないなぁってずっと思っていました。

主人がツキまくり始めた!

girl-1339685_640
運の流れを自分で止めていた主人。
でも、千円札をお賽銭として入れたあと、ふと

今年はなんだかいい一年になりそうだ

って言ったんです。 
私もそれに乗っかって、「うんうん、きっといい一年になるよ!」って洗脳(笑)し続けました。
そうしたら、今までの運のなさがひっくり返ったかのようにツキ始めたんです!
  • おみくじで「大吉」を引いた(本人曰く30年ぶり)
  • 出るはずのなかった冬季賞与が出た
  • 急きょ仕事の日程が変わったおかげで雨の日に外出しなくて良くなった
  • 食べたかった物が安くで食べられた
  • やたらと「ラスト1個」を手に入れてくる
  • ずっと探していた本が小さな本屋さんで見つかる
  • 行きたかった展覧会が引っ越し先で引っ越し後すぐに開催
「ツキ」だけでいうと、主人の方がツキまくってます。
本人は不思議がっていますが、私は「お賽銭チャレンジ」のおかげだと確信しています。

そして、こういった話を聞くたびに私も
すごいね!ツイてるね!ありがたいね!
とオーバーすぎるぐらいオーバーに連呼し、主人に
「自分はツイてる人間なんだ」
と思い込ませるようにしているので、これからもますますツイていくと思います。

<最後に>「ツイてる」と思えるようになった人が「ツイてる」人

例えば、傘をさしている時にその傘にハトのフンが落ちて来たらどう思いますか?

もう!この傘使えないじゃない!ツイてないわ!
傘をさしていたおかげで一張羅にフンがつかなかった。ツイてる!

そうなんです、起こった物事は一緒でも、それをどう受け止めるかだけなんです。

これはツキに限った話ではなく、身の回りに起こるすべてのことについて言えます。
それなら、(多少強引でも)いい風に物事をとらえた方がいいに決まっています。

このように思考を選択しているうちに、プラスにしか物事を考えられなくなり、
いつのまにかいい事しか起こらなくなってきます。

だまされたと思って是非やってほしいです。
人生、変わりますから、ほんとに。

坊主頭なんてぶっ飛んだことしてますが、けっこう堅実なんですよ。こんにちは、坊主女です。ミニマルライフとお金は切ってもきれない関係、と思っています。今年はお金に関することも書いていきたいな、と。<目次>夫婦2人、1年間で300万円以上貯めました 2017年は出費の1年 ... 続きを読む
坊主頭なんてぶっ飛んだことしてますが、けっこう堅実なんですよ。
こんにちは、坊主女です。

ミニマルライフとお金は切ってもきれない関係、と思っています。
今年はお金に関することも書いていきたいな、と。

<目次>

夫婦2人、1年間で300万円以上貯めました

piggy-bank-970340_640
300万円、という数字が多いのか少ないのかわかりませんが、
昨年11月の時点で300万円の貯金ができていました。

我が家の構成は以下のとおりです。
  • 夫婦2人、賃貸マンション暮らし(家賃8万円)
  • 10月までは共にフルタイムで勤務(10月末で私は退職)
  • 主人は転職1年目のため、給与は最低ランク
あまり情報を開示できなくて申し訳ありません。

確かに10月までは2馬力のフル稼働でしたが、主人の年収は決して高くありません。
でも、仮に主人の収入だけだったとしても100万円近くは貯めています。

本当は家賃などもっと削れるところはあるとは思うのですが、私一人で暮らしているわけではありませんから、ここまで貯めることができれば十分だと思っています。

2017年は出費の1年だからこそ、2つの目標

今年は(というかあと10日ほどで)「引っ越し」という一大イベントがあります。
▶引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。  

すでに引っ越し先も決まっているので契約金や引っ越し費用、その他諸々振り込んでいますが、
なかなか派手にぶっ飛んでいっています(笑)。

さらに、私が拒絶していた「車購入」ですが、これもやむなしの雲行き。
▶「田舎暮らしに車は必須」と言う主人への違和感。暮らしもせずになぜ言うの?  

ということは、昨年の貯金がチャラになる可能性だってあります。
だからこそ、2つの目標を立てました。

①現状の貯金額を下回らないようにする
②お金を使う時は気持ちよく、感謝して使う 

①は最低限の目標です。
私が大事にしたいのはむしろ②の目標。

今年はどうしても出て行ってしまうお金が多いです。
その度に

「あ~、またお金が減っていく・・・」

と思ってしまうのではなく、

「いい部屋を借りられた。いい車を買えた。
本当に嬉しい。本当にありがとう!

と思って使うことができれば、回りまわって自分の元へ帰ってくると思うのです。
money-965062_640

お金を循環させ、「みんな幸せ」な一年にしたい

先日の記事でも書きましたが、
「お金も愛も人脈も、循環させればどんどん増えていく」
のは本当だと思います。
▶「現金すくい取り」に見る、お金を循環させることの大切さ。

気持ちよくお金を使えば、
使った私も、受け取った人も、さらにその先の人も、
みんな幸せになれるはず。

今年はこういったお金の使い方をして、「みんな幸せ」な一年にしたいと思います。

お正月って何かと気を遣いません?少々お疲れ気味。こんにちは、坊主女です。現金すくい取り!?なんかすごそう!こんな風に思いませんでしたか?私は目が釘付けになりました。<目次>スーパーの初売りで行われていた「現金すくい取り」企画 お金を循環させればお店もはやるん ... 続きを読む
お正月って何かと気を遣いません?少々お疲れ気味。
こんにちは、坊主女です。

現金すくい取り!?なんかすごそう!
こんな風に思いませんでしたか?私は目が釘付けになりました。

<目次>

スーパーの初売りで行われていた「現金すくい取り」企画

supermarket-949913_640
この企画をしていたのは最寄りのスーパーです。
昔ながらのお店なので初売りも遅かったのですが、どんな仕組みかというと・・・。
  • 初売りの日、新聞折り込みにチラシが入る
  • チラシに宝くじのように番号が入っている
  • 当日、スーパーに行くと当選番号が貼ってあり、何等かによって現金をすくえる回数が異なる
  • 口の広い瓶に入ったお金を、「おたま」ですくえるだけすくって「1回」とカウント
私はこんな企画をやっているのを初めて知ったのですが、はっきり言って下心アリアリでスーパーに向かいました。
そりゃとーぜんでしょ(笑)。こんなところで聖人君子気取ってる場合じゃないです。

そして当選番号を確認すると・・・4等!1回すくえる!!
列がけっこう伸びていたのでワクワクしながら並び、そろそろかな~とのぞいてみました。
そしたらですね。

瓶には「ピッカピカの10円玉」がこれでもかと入っていました。
そして、わたしがすくえたのはこれだけです。
IMG_3071
しめて220円也。 

この企画、あなたはどう思いましたか?

お金を循環させればお店もはやるんだ

10円すくうだけなの?なんだかつまらない。

そう思った方もいらっしゃるかもしれませんが、 私はそうは思いませんでした。

だって、チラシ持っていっただけで(当選していれば)すくえるんです。
スーパーで買い物をする必要もないんです。
しかも、どれもが「ピカピカ」の10円なんです。

つまり、スーパーは日頃のお客様に感謝の気持ちを込めて、何かの対価としてではなくこのお金を放出しているんです。

これってまさに「お金を循環させている」ということだと思います。
そして実際にこのスーパーはとてもはやっていて、買い物していても楽しいんです。

なるほどな~、と納得しました。

お金も愛も人脈も、循環させるほど増えていく

「お金を手に入れたいならまずは使うこと」

というのは沢山の方が本に書いていらっしゃいますし、一度は聞いたことがあると思います。

私が先日読んだこちらの本にもそのようなことが書いてありました。

Keikoさんは、この本の中で
「愛でもお金でも人脈でも、常に循環させていると、どんどん増えていく」
とおっしゃっています。

そしてさらに、
「循環させるために最低限必要なのが『スペース』であり
スペース作りのためにまずは『手放す』ことが必要」 

とおっしゃっています。 

手放す→循環させる。
この一年は、私もこのサイクルを意識しながら物を手放し、循環させていきたいと思います。