坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:幸せ > 日々の幸せ

「もっと太れ」と言われるんですが・・・。やだ。 こんにちは、坊主女です。   11月は結婚記念日や誕生日以外にもイベントが目白押しだったのですが、イベントが続いたおかげで体はテキメンにダメージを受けていました。 食生活の乱れ、生活習慣の乱れがもたらした体 ... 続きを読む
「もっと太れ」と言われるんですが・・・。やだ。

こんにちは、坊主女です。

 

11月は結婚記念日誕生日以外にもイベントが目白押しだったのですが、イベントが続いたおかげで体はテキメンにダメージを受けていました。

camel-1348472_1280

食生活の乱れ、生活習慣の乱れがもたらした体調不良


最もダメージを受けたのは、先日主人と外出した際のことでした。

主人の仕事に便乗する形で一日外出したことがあったのですが、その日は二人ともくたびれてしまって「軽く食べて帰ろうか」ということになり、寄ったのは串カツ屋さん。

我が家は揚げ物はまずしません。そんな二人がコテコテの揚げ物を食べた結果は・・・。

 

主人は帰りの電車の時点で「気分が悪い」と言い出し、帰宅とともにトイレに直行。

あらあら、なんて思っていた私も翌日には同じ状態に。

一日動けず食べられず、やっと回復した夜にだけしっかり食事を摂る。

 

・・・もうお分かりですよね。

食事を抜いた後のドカ食いで、今度は体重がガッツリ増えました。さらに、胃を随分やられたようで今も吹き出物に悩まされています。

そんな自分に自己嫌悪でぐるぐるグルグル。やれやれです。

 

「シンプルな変わらぬ暮らしが一番幸せ」と痛感


若い頃は「変わらない毎日」がとても嫌いでした。常に刺激を求めていました。

イベントとあらば出かけ、飲んで食べて騒いで、それでも体はピンピンしていました。

ですが、歳を取ったから?結婚して落ち着いたから?

いずれにせよ、休みの日はどちらかというと家でのんびりしていた方がリラックスできますし、外食よりも自宅でゆっくり食事をする方が楽しいと思えるようになりました。

 

食事の内容にしてもそうです。

決して精進料理のような物ばかりを食べているわけではありませんが、和食中心の粗食な方だと思います。味付けも薄いです。

そして、変わった物を買ってくるよりも、スーパーでその時々安い食材=旬の食材を買ってきてシンプルに料理する方が美味しいと感じるようになりました。

 

こうして見ると、日々の生活にしても食事にしても、特別の変化があるわけではありません。

ですが、この「シンプルで変わらぬ生活」を今は望むようになりましたし、心も体も快適に過ごせていることは間違いありません。

 

こうやって生きていられること自体が幸せ


board-142741_1280

そうなのです。毎日イベントがなくても、刺激的なことがなくても、

今こうやって生きていられること自体に幸せを感じ、感謝できるようになりました。

こんなに満ち足りた豊かな生活はないと思えます。

 

こんな風に思えるようになったのも、ミニマルライフを目指し始めてからです。

身の回りの物を減らすことで、本当に大切な物に対して感謝の気持ちが湧き、大切に使うようになりました。

食材にしてもそう、日々の出来事にしてもそう。

余計な物はいらない。ただ、こうやって毎日暮らせることが本当にありがたい。

これからも、心豊かな生活を送り続けるために、ミニマルに暮らしてゆきます。

気持ちは20代。きっとずっと20代。 こんにちは、坊主女です。   今日は11月22日(いい夫婦の日)が有名ですが、坊主女の誕生日でもあります。 40歳を無事迎えられたことに感謝したい 20歳の時には、「自分が40歳になる」ことも「40歳の自分」も到底想像することができま ... 続きを読む
気持ちは20代。きっとずっと20代。

こんにちは、坊主女です。

 

今日は11月22日(いい夫婦の日)が有名ですが、坊主女の誕生日でもあります。
birthday-cake-380178_1280

40歳を無事迎えられたことに感謝したい


20歳の時には、「自分が40歳になる」ことも「40歳の自分」も到底想像することができませんでした。

そんな40歳を坊主頭で迎えることになるとは、去年の私も想像できませんでした(笑)。

 

それでも、まずは40歳を無事迎えられたことに感謝したいです。

産み、育ててくれた両親、友人、そして主人。

沢山の人々の支えがあって今の自分があります。

日々感謝の気持ちはありますが、それもこれもこの世に命を受け、生きているからこそ。

誕生日には改めて感謝の気持ちでいっぱいになります。本当にありがとう。

 

これから先はもっともっと「手放す人生」を加速させていきたい


私は今年になってミニマルライフを目指し始めましたが、それは「今年40歳を迎えるにあたって今後どう生きていくべきか」を考えたからでもあります(詳しくはプロフィールで)。

沢山の人や物に囲まれて暮らすのはもう十分。大切な人と大切な物だけに囲まれ、心豊かな生活を送っていきたい。

そう思ったからこそミニマルライフをスタートさせました。

 

現在、物は相当少なくなりましたし、人間関係も整理できました。

仕事も辞めましたし、年明けには「都会」を捨てて新しい暮らしも始まります。

ですが、まだまだ手放さないといけないものがあるように思うのです。

 

それは「心」の部分。

私にはまだまだ「執着」という「心」があります。「欲望」という「心」があります。

人間だったら誰しも持つ気持ちだとは思いますし、ゼロにするのはとても難しいとも思います。

それでも、執着や欲望があるから人間は苦しむのだと思います。

これから先の老いていく人生、もう苦しむのは御免です。

もっと心軽やかに、穏やかに生きていきたい。

だからこそ私は、これからはもっともっと「手放す人生」を加速させていきたいと思うのです。

気持ちはまだまだ20代。ガンガン行きますよ(笑)。


update-1672351_1280
悟りきった老人みたいなことを書き連ねましたが、私の気持ちはまだまだ20代。

前向きな気持ちもドッサリ持っています。

何かを始めるのに遅すぎるということもなければ、年齢を理由に躊躇するなんてあほらしい。

 

「もう40歳」ではなく、「まだ40歳」。

私はこれからの人生が楽しみで仕方ありません。もう、ワクワクしっぱなしです。

これからの坊主女が何をやらかすか!?

乞うご期待です!