坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:幸せ > やりたいことをやる幸せ

こんにちは、坊主女です。このブログを始めてからこんなにも更新が止まってしまったのは初めてです。いつも更新を楽しみにしてくださっていた読者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたことと思います。本当にごめんなさい。でもやっと、やっと心から「書きたい!」と思え ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


このブログを始めてからこんなにも更新が止まってしまったのは初めてです。

いつも更新を楽しみにしてくださっていた読者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしたことと思います。本当にごめんなさい。

でもやっと、やっと心から「書きたい!」と思える状態にまで戻って来ました。


更新が滞った理由、それは・・

ブログを始めて1年。

ここまで更新が滞ったのには2つの理由があります。

ミニマルライフへの迷い

desperate-2293377_640
更新が止まるほんの少し前の記事です。

このブログを始める数ヶ月前から始めたミニマルライフ。

今まで数え切れないほどの物を手放し、心も体も軽くなったはずでした。

でも私は、いつのまにかミニマルライフに生き方を束縛されているような気持ちになり、ミニマルライフそのものに迷いを覚えるようになってしまいました。


このままミニマルライフを続けていくべきか。

やめるなら、このタイトルはもう掲げられない。

そもそも私はこのブログをどうしていきたいのだ?


ミニマルライフへの迷いは、いつしか自分のブログの方向性の迷いに変わっていきました。

ブログを書く手が止まった理由の一つは間違いなく「ミニマルライフへの迷い」です。


でも実は、更新が滞った最大の理由は別のところにありました。

甲状腺機能低下症、という病

thermometer-1539191_640
今だからこそわかるのですが、かれこれ1ヶ月以上前から慢性的な体調不良が続いていました。


体がだるい、すぐ疲れる、頭が回らない、気力が出ない、など。


でも私は「一時的なものだろう」「暑さにやられているだけだろう」などと思い、病院へ行くことなど考えもしませんでした。

ところが体調はどんどん悪化。

ブログの文章を書くことはもちろん、日中起き上がっていることすら困難になってしまいました。

そこでやっと病院に行って検査を受けたところ「甲状腺機能低下症」と診断を受けたのです。


詳しい説明は省略しますが、座っているのも本当に辛い状態でした。

もちろん頭も全く回らないし、パソコンの画面を30分見続けるのも困難なほど。


ブログは書きたい、でも書けない。

気持ちの焦りと書けない悔しさの狭間で本当に苦しかったです。


復活ののろしは「捨ててやる!」

lyzz-hana-2553162_640
結果的にほぼ寝たきり生活を2週間近く送っていたのですが、薬が徐々に効き始めてきたのか私の心にも少しずつ力が戻って来ました。

そんな先日、昼寝から目覚めた私は突然こう思ったのです。

捨ててやる!

なんでもいいからとにかく捨ててやる!

そう思った私は布団から飛び出し、自分の身の回りを徹底的に見直しました。


とはいうもののすでに要らない物などほとんどありません。

それでも私を突き動かしたもの。

それは捨てなければ変わらないという狂いそうなまでの衝動でした。

捨てたもの

このままじゃダメだ、私はもっと先へ進みたい。

そう思いながら捨てたものの数は多くありませんが、私にとって「訣別」の覚悟を込めたものばかりです。

①多動力(他10冊以上の本)

あれだけ激推ししていた堀江貴文さんの「多動力」。
IMG_4564

今回手放しました。

理由は強すぎる言葉に疲れたから。

言っていることはもっともだし、納得もしました。

でも私が最終的に目指したいのはそこじゃない、と思ったのです。


この「多動力」以外にも、長らく手元に置いていた10冊以上の本を手放しました。

本を手放すのは「考え方」を手放すのと同じこと。

私の「新しい考え方を取り入れたい」という気持ちの現れなのだと思います。

②整理収納アドバイザー関連のテキスト

3ヶ月ほど前「整理収納アドバイザーの資格を取ろう」と通信教育を始めました。

でも・・・最初からなんとなく思っていました。

私がやりたいのはこれじゃない、と。

これを言ってしまうと身も蓋もないのですが、始めた手前3日坊主はいかん!と一応通信教育で学べるところまでは学びました。
2級 認定証 (1)

修了証 (1)
このまま1級まで受けることも可能です。

でも私の価値は資格で決まるわけじゃないし、そこにしがみついている自分がみっともない

そう思ってテキスト一式捨てました。

③ミニマルライフへのこだわり

chain-2421769_640
床に臥せっている間、ミニマルライフや自分のブログの方向性については幾度となく考えました。

考えに考え、時には放置し、また考えた末の私の結論。それは、

どーでもええやん(笑)

です。


だってぶっちゃけどうでもいいんですよ、自分がミニマリストでもそうでなくても。

私は私だし、私の考えは私の人生そのもの。

ミニマルライフなんて私のほんの一面でしかないんだから、こだわること自体ナンセンス。


やっとそう思えるようになり、ミニマルライフへのこだわりを捨てることができました。


舞い戻った坊主女

seagull-1926678_640
これら以外の細々したものも捨てましたが、捨てた後の私の心は「スッキリ!」の一言。

今、滞った空間からやっと抜け出せそうな気がしています。


もうブログに関して迷いはありません。

ミニマルライフに関係なく、私が思うこと、私が感じることをそのままに書いていこうと思っています。

タイトルの変更も一時は考えましたが、「坊主女のミニマルライフ」で覚えてくださっている方もいらっしゃるのでそのままにしておきます(語呂とリズム感もいいので)。


まだ体調が万全でないため更新頻度は落ちると思いますが、気持ちはしっかり持ち直しています。

どうかのんびりと更新をお待ちいただければと思います。

こんにちは、坊主女です。好きなこと、趣味にしていること、やりたいこと。そんなことにすら理由が必要でしょうか?理由を説明し、他人に納得してもらわなければならないでしょうか?般若心経が好きです冒頭から煽りを入れておいてそれか!と突っ込まれそうですが(笑)。以 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


好きなこと、趣味にしていること、やりたいこと。

そんなことにすら理由が必要でしょうか?

理由を説明し、他人に納得してもらわなければならないでしょうか?


般若心経が好きです

般若心経
冒頭から煽りを入れておいてそれか!と突っ込まれそうですが(笑)。


以前ご紹介しましたが、私は写経も趣味です。

写経するのももちろん般若心経です。

ただ、写経はそれなりに時間もかかりますし「よし!」という気合いも必要です(それが好きなのですが)。

だから私にとって写経は「心が落ち着かない時」や「迷いが生じた時」に繰り出す必殺技のようなものなのです。


これに対し、般若心経を声に出して唱えると3分ほどで終わります。

なので私は毎日般若心経を唱えています。

かれこれ1年半にはなるでしょうか、毎日です。

旅行に行った時などは主人の目を盗んで(笑)唱えています。


もちろん般若心経に込められた意味も、この本を読んで一通りは知っています。
哲夫 本

この本を書いているのはお笑い芸人さんですが、すごくわかりやすいです。

般若心経ってありがたいお経だなって思います。


でも、私が般若心経を声に出して唱えるのは理由があってのことではありません。

唱えてたら気持ちがいいんです。ほんとそれだけなんです。


なぜ「好き」に理由がいるんだろう?

why-1780726_640
本当は般若心経のことをずっとブログに書きたいと思っていました。

私が好きな般若心経のことをもっと知ってもらいたいと思っていました。


それなのに心の奥にあったこんな気持ちが私を躊躇させてしまっていました。
  • もっとちゃんとした理由がないといけない
  • 誰にでも納得してもらえる効果を示さないといけない
  • 変な趣味だと思われて読んだ人がドン引きしたら悲しい
我ながらチキンですね。坊主頭のことは嬉々として書けるのに(苦笑)。

だから開き直って書くことにしました。


だって、そもそも「好き」に理由なんていらないと思うのです。

好きなものは好き。それだけだと思うのです。


それで読者の皆様が離れてしまったら仕方ありません(淋しいですけどね)。

それが怖くて好きなことを書けないより、自分の心に正直に書いていきたい。

やっぱり私はそう思います。


もっと心の震えを感じて!

love-2515141_640
今回の私のような迷いは、実は生き方そのものにも当てはまるのでは?と思います。


好きなことはあるけどお金にはならないから今の仕事を続ける。

やりたいことはあるけど家族のことを考えると諦めざるをえない。

夢を語ったところでバカにされるだけだから誰にも言わない。


本当にそれでいいのでしょうか?

心はそれで満足するのでしょうか?


人は誰だってワクワクやドキドキと言った心の震えがあるはず。

そんな心の震えを閉じ込めず、もっと感じてみればいいと思うのです。


このことを自分にも言い聞かせ、私はもっともっとやりたいことをやっていこうと思います。

いつまでもワクワクする心を持っていたい。こんにちは、坊主女です。やりたいことをやる、やりたいようにやる。できることならそうしたいけど、周りに迷惑がかかるんじゃ・・・。そんな風に思って、一歩を踏み出せない方が多いのではないでしょうか。 かく言う私もその一人 ... 続きを読む
いつまでもワクワクする心を持っていたい。
こんにちは、坊主女です。

やりたいことをやる、やりたいようにやる。
できることならそうしたいけど、周りに迷惑がかかるんじゃ・・・。

そんな風に思って、一歩を踏み出せない方が多いのではないでしょうか。 
かく言う私もその一人でした。

<目次>

やりたいことをやる=自分勝手だと思っていた

現在住んでいる地域へ引っ越したのを機に、私は仕事を辞めました。
▶︎引っ越します。ミニマルライフの終着駅はここだったのかもしれない。

そして今、外へ働きに出ず日々自宅でやりたいことをさせてもらっています。
少なからず収入にはなっていますが、フルタイムで働いていた頃には到底及びません。

やりたいことをやり、毎日ワクワクしながら暮らしている。
それなのに、私は心のどこかで主人に後ろめたさがありました。

毎日一生懸命働いてくれている主人に対して、私は自分勝手なのではないか。

そういう思いが拭えなかったのです。

実は、独りよがりの思い込みだった

後ろめたさはいつしか不安に変わりました。
不安が不安を呼び、もう抱えきれなくなったある日、私は主人に思いを打ち明けました。

私ばかりやりたいようにやらせてもらっていていいのか?
そのことについて不満はないのか?


てっきり私は責められるとばかり思っていました。
ですが、返ってきた返事はあまりにも予想外なものでした。

あなたは働きに出るとピリピリイライラするでしょ?
それだったら好きなことをやって、機嫌よく家で待ってくれていた方がよっぽどいいよ。


たしかに主人の言うとおりです。
私は働きに出ると、「家事も仕事も完璧にこなさなきゃ」と思ってしまっていました。
その結果、常にイライラしている状態が続いてしまっていたのです。 

それよりも、やりたいことをやってご機嫌でいてくれた方がいい。 
そう言ってくれた主人に感謝すると同時に、私はこう思いました。

やりたいことをやった方が、周りも幸せなるんだ!


遠慮は無用!やりたいことをどんどんやろう!

childrens-1256840_640
「よし!じゃあ犯罪を犯そう!」とか「裸で街を歩いてやろう!」とかは違いますよ。
(それは「強烈な不足感」から来る行動でしかありません) 

自分が心から「やりたい!」と思うことをやる。
そうすると毎日が楽しくなり、幸せな気持ちで日々を過ごすことができます。
自分が幸せで満たされると、その幸せは周りの人に溢れ始めます。
それはまるでコップの水が溢れるかのように。

だから遠慮しなくていいんです。
まずは自分からやりたいことをやり、幸せになる。
それが周りの人を幸せにする一番の近道なのですから。


松岡修造さんの熱さはカッコいいと思う。こんにちは、坊主女です。私は以前からずっと、一度きりの人生、やりたいことをやってほしいと伝え続けています。でも実は、「やりたいことが何なのかわからない」という方も多いのではないかと思うのです。<目次>「今」「ここ」か ... 続きを読む
松岡修造さんの熱さはカッコいいと思う。
こんにちは、坊主女です。

私は以前からずっと、
一度きりの人生、やりたいことをやってほしい
と伝え続けています。

でも実は、
「やりたいことが何なのかわからない」
という方も多いのではないかと思うのです。

<目次>

「今」「ここ」から逃げようとしていた

今だから告白しますが、4月に入ってからの私は絶不調でした。
ブログの更新が止まるぐらいでしたからね。
振り返れば振り返るほど、「我ながらひどいな」と思ってしまいます。

一言で言うと、私は逃げようとしていました。
不調の原因は私にあるのに、そこから目をそらし続けていました。

昔の友人を懐かしんだり、新たな出会いが必要だと思ったり。
どこかへ旅に出たら解決するかもと思ったり。

まさに「今」「ここ」から逃げようとしていたのです。

今、自分にできることを考えるように

そんな私に「喝!」を入れてくれたのが先日の緊急搬送でした。
▶︎坊主女緊急搬送!「今日が人生最後の日だったら」を真剣に考えた1日。

この日以来「今を全力で生きる」と決めた私は、自然と
今の自分にできることからひとつずつやっていこう
と思うようになりました。 

本当に小さなことです。

今生きていることに感謝する。
笑顔で毎日を過ごす。
全力を尽くす。
思いを伝える。

それらが何か具体的な形になっているかというと、まだそうではありません。
ただ、不思議なご縁が繋がり始めているのを感じています。
歯車が噛み合い始めています。

それもこれも、まずは目の前のことに全力を尽くし始めたからだと思います。

全力を出して初めて見えてくることがある

norway-772991_640
全力を出せばやりたいことが見えてくるの?
あなたはそう疑うかもしれません。

でも、山頂に行かなければ見えない景色があるように、
今の自分のてっぺんまで行かなければ見えないことがあると思うのです。 

てっぺんに行くには、麓から一歩ずつ歩いて行かなければなりません。
決して楽な道のりではありませんから、全力を出さなければいけません。

そうやって登りきった先で見えるもの。
それこそが「本当にやりたいこと」ではないかと思うのです。 

だからこそ、まずは今の自分で、今いる場所で全力を尽くす。
それが「やりたいこと」への一番の近道だと思います。 

「全力少年」という歌があるなら、全力中年がいたっていいじゃない。こんにちは、坊主女です。日々全力で生きていらっしゃる方には大変失礼な記事であることをお許しください。ですが、この記事を読みながら私は今を全力で生きている!と胸を張って言える人はどれくらいいる ... 続きを読む
「全力少年」という歌があるなら、全力中年がいたっていいじゃない。
こんにちは、坊主女です。

日々全力で生きていらっしゃる方には大変失礼な記事であることをお許しください。
ですが、この記事を読みながら
私は今を全力で生きている!
と胸を張って言える人はどれくらいいるでしょう。

恥ずかしながら私だって、つい先日までは自信を持って言えませんでした。

<目次>

全力を出さなくなった理由

子供の頃は毎日があっという間。
「生きる」なんて意味も考えずに、いつも全力で走っていたような気がします。

それが大人になるにつれズルくなったのか、怖くなったのか。
いろんな理由をつけて「手を抜く」ようになりました。

失敗するのが怖いから、最初から全力を出さない。
全力とか一生懸命とかって、なんかカッコ悪い。
どうせなら楽して美味しい思いをしたい。
もう、諦めた。

理由は人それぞれでも、共通するのは
「逃げる気持ち」
だと思います。

では何から逃げてる?

もうおわかりですよね。
一番逃げてはいけない、自分の本当の気持ちから逃げてるんです。

全力で生きると決めたら、毎日が楽しくなった

running-573762_640
先日の緊急搬送から私は一貫して同じことを伝えていますが、それは私の決意でもあります。
▶︎坊主女緊急搬送!「今日が人生最後の日だったら」を真剣に考えた1日。

人生は一度しかない。
本当にやりたいことをやる。
「今」を全力で、精いっぱい生きる。

今の世の中では暑苦しい考え方かもしれません。
でも私は決めました。
自分の気持ちに正直になり、全力で生きる、と。

そうすると不思議なもので、同じ景色がキラキラと輝いてきました。
自然と顔が上を向き、笑顔になりました。

今は毎日が楽しくて仕方ありません。
特別なことが何もなくても、
ただ生きていることが楽しい、生きていることが嬉しい。

今はこんな風に思いながら毎日を過ごしています。

自分の気持ちに嘘はつかないでほしい

全力で生きるといっても勘違いはしないでください。
家事に育児に仕事にと、24時間何から何まで全力投球では体が持ちません。

私の思う「全力で生きる」とは、
自分の本当の気持ちに正直に生きることであり、
諦めない、逃げないということです。

根性論ではありません。
あなたの人生の主人公はあなたなのです。
後悔してほしくないんです。

だからこそ、自分の気持ちに嘘はつかないでほしい。
自分の気持ちに正直に、全力で生きる。
そうすれば、今以上に楽しい毎日が待っているに違いありません。