坊主女のミニマルライフ

ミニマルライフを突き進んだら坊主頭にたどり着きました。

カテゴリ:幸せ×ミニマリスト > 引き寄せ

こんにちは、坊主女です。私はミニマリストになってから、本当に多くのものを手放してきました。でも、気がつくとまたぎゅっと握りしめ、そのことにさえ気づかなかったり。そんなことを繰り返すたびに「結局、手放すことでしか手に入れられないんだよね」とつくづく思います ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私はミニマリストになってから、本当に多くのものを手放してきました。

でも、気がつくとまたぎゅっと握りしめ、そのことにさえ気づかなかったり。


そんなことを繰り返すたびに「結局、手放すことでしか手に入れられないんだよね」とつくづく思います。


握りしめていた「こだわり」

握りこぶし
マイルールの話
でもそうですが、私は他人から見たらどうでもいいことでもしつこくこだわってしまう傾向があることに最近気づきました(遅い)。

ミニマルライフへのこだわり

先日、このブログの更新が1週間以上滞ってしまったのはご承知のとおりです。


体調不良もあり、迷いもあり、更新が滞った理由は1つでは片付けられません。

でも、理由の一つに「ミニマルライフへのこだわり」があったことは事実です。


ミニマルライフをやめたら、このブログの軸はどこに置いたらいいんだろう?

ミニマリストとしての私じゃなくなったら、私はどうなるんだろう?


なんだか「彼氏に捨てられたら生きていけない女」みたいですね(笑)。

自分で読んでて恥ずかしくなりますが、迷いの真っ只中にいる時には気づきもしませんでした。

私がミニマルライフに執拗なまでにこだわっている、なんて。


手放したら、手に入れた

パー
そんな私がブログの更新を再開できたきっかけの一つは「物を捨てた」ことでした。

そしてもう一つは「どーでもいい」とミニマルライフへのこだわりを捨てたことです。


ただ、再開した当初は「手放したことに対する清々しさ」しか感じていませんでした。

多くのものを手に入れていることに気づいたのは最近になってからです。


私が手に入れたもの。

それはのびのびと書きたいことを書ける「自由」と、他人の評価に怯えることなく書ける「自信」でした。


この二つは、ずっと手に入れたかったけど手に入れられなかったもの。

こだわりを捨てたからこそ、ごく自然に私の中に宿ったのだと思います。


世の中はすべてそうなっている

book-1210030_640
手放せば手に入る。

一度ぐらい聞いたことがあるとは思いますが、これはもはや「法則」としか言いようがないのだと思います。


物を手放せばより良い物が手に入る。

お金への執着を手放せばお金が手に入る。

「結婚したい!」という思いを手放せばパートナーが見つかる。

他人からの評価を追い求めなくなれば評価があがる。


なぜだろう?と考えてみました。

①手放すことでスペースができる

水が満タンのコップに水が注げないように、スペースがなければ新しい物を呼び込めませんよね?

物を手放すことでスペースが生まれ、新しい物が入ってきやすくなるのだと思います。

②不足感は不足感を引き寄せる

少し引き寄せの話になりますが、「欲しい」という気持ちは不足感の裏返し。

「欲しい、欲しい」と思うほど「足りない、足りない」と言っているのと同じこと
なので、足りない現実がやってきます。

だからこそ「欲しい」という気持ちを手放せば手に入る、ということなのだと思います。


手に入れたければ手放そう

girl-2510934_640
あなたは今、手に入れたい物はありますか?

それは、思えば思うほど遠ざかっていませんか?


もしそれが努力や根性でどうにかなるのなら根性振り絞ってください。

でも何をやってもどうにもならないのなら、実は私のように心のどこかで何かにこだわり、ぎゅっと握りしめているからかもしれません。


大丈夫。

その握りしめた拳をひらき、こだわりを手放せば欲しいものは必ず手に入ります。


手に入れたければ手放す。


難しいけれど、私はこれからも「手放す生き方」を続けていこうと思っています。




こんにちは、坊主女です。先日から本気で引き寄せを再開しています。基本に立ち返ってみると「いかに自己流でやっていたか」ということに気づき、反省しきりです。無理やり幸せを探していたと気づく私は引き寄せに関しては奥平亜美衣さんの本しか読んだことがなく、方法も亜 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


先日から本気で引き寄せを再開しています。

基本に立ち返ってみると「いかに自己流でやっていたか」ということに気づき、反省しきりです。


無理やり幸せを探していたと気づく

mystery-1773200_640
私は引き寄せに関しては奥平亜美衣さんの本しか読んだことがなく、方法も亜美衣さんのおっしゃるとおりに実践しています。

いいことノート

亜美衣さんがおっしゃっている中で一番実践しやすいのが「いいことノート」。

その日あった「いいこと」をノートにどんどん書くことにより、毎日を「いい気分」で過ごせるようになるというものです。


このノートを、私は引き寄せの法則を知った時からずっと書き続けていました(実際にはiPhoneの日記アプリに入力しています)。

が。

どうも最近「引き寄せてる感」がなかったのです。

読み返して愕然

そこでここ数ヶ月の「いいことノート」を読み返してみたところ、愕然としました。


私は無理やり幸せを探していたんです!


もちろん本当に「嬉しい!」「幸せ!」と感じたことも書いてありました。

でもなんかこじつけというか「これ、ほんとは思ってないでしょ?」と自分で突っ込みたくなるようなことも正直書いてありました。


実は私は幸せな「フリ」をしていたんだ。

その結果「本当は幸せじゃない」という気持ちになり、不足感を引き寄せてたんだ!

こうわかると、今の自分の状況に納得せざるを得ませんでした。


大切なのは心の底から信じられること

自分は無理やり幸せを探していた。

そのことに気づけたのは亜美衣さんの本を片っ端から読み返したおかげです。

毎日読み返しています

中でも改めて書い直したこの本は、今毎日のように読み返しています。
トレーニング 表紙


この本は実際に書き込みができるようになっています。

たとえばこんな感じ。
全面 (1)
このように自分の気持ちを書き出していくことで「実践的に」引き寄せのトレーニングができるという本です。

「いい気分」でいるために

亜美衣さんは「引き寄せ力」を高めるには毎日をできるだけ「いい気分」で過ごすことが大切とおっしゃっています。

この本に書かれたそのコツを読んで、私は自分の間違いに気づきました。
現状を変えようとするのではなく、現状の中に「自分が心から”ここはいいな”と思える部分」を探すこと
(中略)
無理のない範囲、心の底から信じられる範囲で、今より少しだけ気分のよくなる考えを見つけること
心から、心の底から信じられないと意味がないんですよね。


例えば嫌なことがあったとして
  • この経験のおかげで私は億万長者になれるんだ!ありがとう!
なんて信じられません(でも私はこういう考え方をしていました)。

そうではなくて
  • こんな嫌なことがあったけど「こうされたら嫌だ」ということがわかって良かった
ならすんなり受け入れられます。


このように「自分が心の底から信じられること」を見つけて「いい気分」になることが大切なんだ。

そのことに改めて気づくことができ、本当に感謝しています。


何かが変わり始めた

fractal-1765218_640
引き寄せを本気で再開してまだ数日ですが、何かが確実に変わり始めているのを感じています。

そもそも今回ご紹介した本だって「アマゾンなんか待てない!」と思って近所の小さな本屋さんをはしごし、最後のお店で見つけたのですから。


これからもっともっとすごいことが起こるんだろう、とワクワクしています。

自分の気持ちに正直に、これからも「いいこと探し」を続けていこうと思います。



こんにちは、坊主女です。あれがない、これもない、こんなことすらできない。私たちはなぜか「ない」にばかり目を向け、悩みがちです。本当はすべて「ある」はずなのに・・・。家計簿を見てため息実は私、このところ家計簿を見てため息をつくことが増えてしまっていました。 ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


あれがない、これもない、こんなことすらできない。

私たちはなぜか「ない」にばかり目を向け、悩みがちです。

本当はすべて「ある」はずなのに・・・。


家計簿を見てため息

実は私、このところ家計簿を見てため息をつくことが増えてしまっていました。
calculator-428294_640

節約に対する考え方

私はミニマリストになってから固定費をしっかり見直しました。

その代わり、日々の光熱費や食費などを過度に節約することはしていません。

やりすぎると心が荒むのがわかっているから
です。


では逆に、湯水のようにお金を使い贅沢をしているかと言うともちろん違います。

むしろ必要な物にしかお金を使いませんし、どちらかと言えば「使っていない」方だと思います。

なぜ「ない」んだろう

そんな我が家ですが、家計管理は「Zaim」というアプリを使っています。
レシートの読み込みも簡単ですし、パソコンとの同期もできるので重宝しています。


このアプリに日々家計を入力しているのですが・・・。

この数ヶ月、自分では使っていないと思っていたのに実は出費がかさんでいたんです。

あれだけ固定費を減らしたのに、決して贅沢していないのに。

なぜだろう、なぜ「お金がない」んだろう。


そんな風に家計簿を見ながらため息ばかりついていました。


「ある」に気づいたら世界が変わり始めた

ダメだとわかっているのに「ない」にしか目が向かず、余計に自分を責める日々。

気持ちさえも落ち込んでいた私を救ってくれたのは先日読んだ「引き寄せ」の本でした。

「ある」に気づく

先日もご紹介したこの本。
引き寄せ


著者の奥平亜美衣さんは、どの本の中でも毎日をできるだけ「いい気分」で過ごすことが大切と仰っています。

そのためには無理のない範囲で今より少しだけ気分のよくなる考えを見つけましょう、と。


そこで私は考えました。
  • 今の生活で「買いたい」と思う物はきちんと買えている
  • 日々の暮らしには少しも困っていない
  • 住む家があり、ライフラインも整い、美味しい食事が食べられる
ここまで考えると、私はむしろ恥ずかしい思いさえしてきました。


今まで何を「ない」「ない」と思っていたのだろう。

私には何もかも「ある」じゃないか。

こんなにも幸せで豊かじゃないか!!



見える世界が変わり始めた

やっと「お金はある」に気づいた私。

すると他にもどんどん「ある」に気づくようになったのです。
  • やりたいことができる環境が「ある」こと
  • ブログを読んでくださる沢山の読者の存在が「ある」こと
  • そもそもやりたいことが「ある」こと
ここで私は「ハッ!」としました。


近頃の私は、今の環境を「自分で掴み取った」という傲慢な思いがあったのでは?

本当は最初からすべて与えられていて、そこに「あった」んだ。

なんてありがたいことなんだろう!

なんて幸せなことなんだろう!!


この瞬間、私の目の前の世界が「ガラリ」と変わる音がしました。

私には何もかもが「ある」。

そう見えるようになったのです。

そしてそれは私の心に幸せと豊かさを与え、限りない感謝の気持ちをもたらしてくれたのです。


もう一度「引き寄せ」に取り組んでみます

climbing-to-the-top-2125149_640
私は今まで、引き寄せについてはほとんどブログに書いてきませんでした。

それはミニマリストになる前からずっと実践していたし、当たり前になっていたから。

でも当たり前になっていたからこそ今回のような失敗をしてしまったのだと思います。


ちょうどいい機会なので、もう一度真剣に「引き寄せ」に取り組んでみたいと思います。

その結果がどうなったか?や実践している引き寄せの方法もご紹介していきます。

皆さんが実践している「引き寄せ」があればぜひ教えてくださいね。

こんにちは、坊主女です。 幸せは「なる」もの?「ある」もの? はたまた「してもらう」もの? 今回は幸せに対する考え方一つで人生は大きく変わってしまうかもしれないというお話です。 久々に「引き寄せ本」を読み返す引き寄せの法則、と聞けば今や知らない人はいな ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


幸せは「なる」もの?「ある」もの?

はたまた「してもらう」もの?

今回は幸せに対する考え方一つで人生は大きく変わってしまうかもしれないというお話です。


久々に「引き寄せ本」を読み返す

引き寄せの法則、と聞けば今や知らない人はいないぐらい有名になりました。

本屋さんにもあふれんばかりの「引き寄せ本」が売られています。

初めて読んだ本

私が引き寄せの法則を初めて知り、実践し始めたのは2015年9月のことでした。

当時は何もかもがうまくいかず、藁にもすがる気持ちでこの本を手に取ったことを覚えています。
引き寄せ マンガ


私は今でも、引き寄せに関する本は奥平亜美衣さんの著書しか読みません。

考え方や方法が合っているのだと思います。


この本を読み、引き寄せを実践し始めてから私の人生は大きく変わりました

今の私になる最初の転機だったのかな、と今では思います。

久しぶりに読み返した本

そんな引き寄せの法則ですが、自分では途切れることなくずっと実践しているつもりでした。

「いいことノート(その日あったいいことを書くノート)」は毎日書いています。

日々を良い気分で過ごすことも意識しています。


でも「なんだか最近うまくいかないなぁ」と思うことが増えていました。

そこで初心に帰ろうと奥平さんの別の著書を読み返すことにしたのです。


この本も何度読んだかわかりません。

それなのに、今回読み直してみて「私は全然引き寄せを実践できていなかった!」と目から鱗がボロボロ落ちる思いがしました。


幸せに対する甘えに気づく

奥平さんは「自分で幸せになる覚悟を持つことが大切」とどの著書でも仰っています。

周りの誰かや何かではなく、自分。

私はこの「幸せになる覚悟」というスタンスがとても好きです。

夫への甘え

ところが私は、本を読み返してみて心のどこかで「夫に幸せにしてもらおう」と思っている自分に気づきました。

今、私はやりたいことをやれる恵まれた生活をしていますが、収入はほとんどありません。

だから収入面では主人に頼りっきりです。

その引け目もあるのですが、自分のことはさておいて「主人になんとかしてもらおう」という甘えた気持ちがあることに気づいてしまったのです。

改めて覚悟を決める

このままではいけない。私はそう思いました。

夫婦と言えども他人。

夫に幸せに「してもらう」のではなく、自分で自分を幸せに「する」。

その覚悟がなければやりたいことをやり続けてはいけないんだ。


言葉にするときつく聞こえるかもしれませんが、こう考えることでむしろ私は楽になりました。

やりたいことをやり続けるという生き方に迷いがなくなったからです。


自分を幸せにできるのは自分だけ

私は心の根底にずっと一つの思いがあります。

それは人間は所詮1人だということ。

生まれる時も死ぬ時も、そして生きている今も。

だからこそ自分を幸せにできるのは自分だけだとも思うのです。


自分で自分を幸せにする。

その覚悟はきっと世界を動かす最初の一歩になると私は信じています。