坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

カテゴリ:我が街 西尾市 > 西尾御朱印巡り

こんにちは、坊主女です。西尾御朱印巡り、第3回は西尾市幡豆町にある妙善寺です。これまでの記事はこちらをどうぞ→西尾御朱印巡り目次 かぼちゃ伝来の地、妙善寺   かぼちゃ寺の由来   境内にあふれるかぼちゃ 御朱印にもかぼちゃ   境内   御朱印 まとめ   【 ... 続きを読む
妙善寺 TOP
こんにちは、坊主女です。

西尾御朱印巡り、第3回は西尾市幡豆町にある妙善寺です。


これまでの記事はこちらをどうぞ→西尾御朱印巡り




かぼちゃ伝来の地、妙善寺

妙善寺の始まりは古く、今から1300年近く前(奈良時代)に行基菩薩の開基によります(妙善寺公式HPより)。

御本尊は阿弥陀如来様ですが、妙善寺の通称である「ハズ観音」と言われるのは本堂右におられる十一面観音立像。

そして忘れてはいけないのが、妙善寺はかぼちゃ伝来の地として「かぼちゃ寺」とも言われていることです。

かぼちゃ寺の由来

なぜ妙善寺が「かぼちゃ寺」と言われているのか?

それは妙善寺にこんなお話が残っているからです。

昔々、妙善寺の和尚だった利春僧都(りしゅんそうず)が床についている時、枕元に金色の観音様が現れ

「授けたい福徳があるので明日の朝浜へ出てみるが良い」

と言われたそう。


気になった和尚が夜も明けきらぬうちに浜へ出てみると・・・

浜にもかぼちゃ、沖にもかぼちゃ!

初めて見るかぼちゃをどうしていいかわからなかった和尚ですが、考えた挙句煮てみたところ今まで味わったことがないぐらいの甘さと美味しさ。

そこで和尚は村人のために月に一回かぼちゃをふるまうようにしたのです。
(妙善寺公式HPより)

そのかぼちゃが流れ着いたとされるのが、妙善寺を出てすぐにあるこちらの浜。
IMG_6994
この日は息をのむほどの空でした。

海も穏やかで心も癒されましたよ。

境内にあふれるかぼちゃ

妙善寺に残っているお話の中でも村人にかぼちゃが振舞われていましたが、妙善寺では毎年冬至の日(12月22日)に「かぼちゃしるこ会」が催されます。

かぼちゃしるこ会では全国から寄贈されたかぼちゃを祈祷した後、参拝者にしるこが振舞われるとのこと。

品評会もあるそうで、かつては160kg(!!)にもなるかぼちゃも寄贈されたとか。


私は10月末に妙善寺を訪ねましたが、すでにたくさんのかぼちゃが届いていました。
かぼちゃ1
かぼちゃ2
これだけの量でも私はびっくりしていたのですが「まだまだこんなもんじゃない」とのこと。

今年の冬至の日にはかぼちゃしるこ会に訪れてみようかと思っています。


御朱印にもかぼちゃ

そろそろかぼちゃが食べたくなってきたかもしれませんが(笑)、御朱印をもらいに行きましょう。

境内

妙善寺の正面です。
正面

しゃもじはかぼちゃしるこ会から連想されたのかな?
正面(しゃもじ)

境内にはかぼちゃに関するものがいたるところにあります。
かぼちゃ観音(小)

かぼちゃ茶は生まれて初めて見ました。
かぼちゃ茶
種と葉から煮出しているそうですよ。

こちらの観音様は今のご住職が建てられたもの。
かぼちゃ観音(全体)

手にはかぼちゃの花を持っていらっしゃいます。
かぼちゃ観音(花)

現在、ご住職のイチオシはこちら!
中村美律子ポスター

2017年3月に発売されたこのCDですが、その直前には中村美律子さんが直接ヒット祈願で妙善寺を訪れたそう!

ご住職、すっかり宣伝部長になっていました(笑)。

御朱印

御朱印にも、もちろんかぼちゃが描かれています。
御朱印(妙善寺)
かぼちゃの印に直筆のかぼちゃとかぼちゃづくしです。

ご住職が本当にお話の楽しい方で、その勢いがそのまま伝わる御朱印だなぁと思います。

【御朱印をもらうには?】
妙善寺で御朱印を頂ける時間は9:00~17:00です(原則)。

ただご住職がご不在の時もあり、その場合は既に書かれた御朱印を頂けるとのこと。

直筆の御朱印を確実に頂くためには、事前に電話(0563-62-2297)の上お参りされることをおすすめします。


まとめ

今回はかぼちゃ由来の地、妙善寺をお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

ご住職は「毎朝お味噌汁の具としてかぼちゃを食べているおかげで健康だ」と仰っていました。

実際にお話していてもとってもパワフル!

私も毎日かぼちゃを食べようかな、なんて思ってしまいましたよ。

【寺院情報】

<電話番号>
0563-62-2297

<住所>
〒444-0701 愛知県西尾市幡豆町東幡豆森66


<アクセス>
名鉄蒲郡線 東幡豆駅から徒歩3分

<参拝時間>
寺務所は9:00~17:00(原則)

参拝は自由

こんにちは、坊主女です。西尾御朱印巡り、第2回目は西尾市吉良町にある金蓮寺です。第1回はこちらをどうぞ。目次 国宝弥陀堂を持つ金蓮寺   歴史   国宝弥陀堂 笑顔こぼれる御朱印   なんて書いてあるの?   御朱印に込められた意味 まとめ   寺院情報国宝弥陀堂 ... 続きを読む
金蓮寺 TOP
こんにちは、坊主女です。

西尾御朱印巡り、第2回目は西尾市吉良町にある金蓮寺です。

第1回はこちらをどうぞ。




国宝弥陀堂を持つ金蓮寺

愛知県下に国宝建造物は3件しかありません(あと2つは犬山城と如庵)。

その一つが西尾市にある金蓮寺の弥陀堂です。

歴史

金蓮寺の創建は平安時代後期にさかのぼると言われています。

平安時代に幡豆郡司を務めた三河伴(ばん)氏の系図に、額田郡司の娘で伴氏に嫁いだ女性が金蓮寺を氏寺としたとの記述があるとのこと(金蓮寺パンフレットより)。


もとは真言宗のお寺でしたが、江戸時代に入り曹洞宗に改められました。

そのため御本尊は、弥陀堂内に安置されている阿弥陀三尊像(愛知県指定文化財)ではなく、秘仏の不動明王

金蓮寺が「饗庭(あいば)のお不動さん」として親しまれているのもこのためです。

<豆知識>
不動明王は大日如来の化身とも言われていますが、主に真言宗や天台宗などで信仰されています。

国宝弥陀堂

御朱印の前にやはりご紹介しておきたいのが国宝である弥陀堂です。

県内最古の木造建築物である弥陀堂は、平安時代の貴族住宅の影響を色濃く残してはいるものの、様式や手法から鎌倉時代中期の建立と考えられています。

ただはっきり明記された資料はないようで、建築の経緯なども不明だとか。


で、こちらの弥陀堂。

国宝っていうぐらいですから厳重に警備されたいかついイメージがありませんか?

ところがどっこい、拍子抜けするぐらい無防備なんです。


金蓮寺自体も山門などはなく、田んぼの真ん中に溶け込むようにあります。
入り口
ここからすでに弥陀堂見えてますから(笑)。

そしていざ、国宝弥陀堂。
弥陀堂(正面)
無防備というか、親しみやすいというか。

中を見せて頂くにはあらかじめ電話での予約が必要ですが(拝観料200円)、外から眺める分にはいつでもOKなうえ、無料です。

ぐるりと一周回ったり、椅子に腰掛けてぼんやり眺めたり。


正直私は、こんなに身近は国宝は初めてでした。

でも不思議と心が落ち着き、また行きたいと思いましたよ。


笑顔こぼれる御朱印

ついつい国宝弥陀堂を熱く語ってしまいましたが、金蓮寺は御朱印もすごく素敵なのです。

早速ご紹介しますね。
御朱印(金蓮寺)

見ただけで思わず笑顔になりませんか?

なんて書いてあるの?

こちらの御朱印、実はただの可愛い絵じゃないんです。

よく見ると・・・
  • 顔の部分が「国」
  • 胴体が「宝」
  • 手の部分が小さく「み」「ダ」
  • 一番下が「堂」
続けて読むと「国宝弥陀堂」!!

ご住職に解説して頂いた瞬間、思わず「すごい!」と声をあげてしまいました。

御朱印に込められた意味

この御朱印は今から10年ほど前に、現在のご住職(御年88歳!)が考えたそう。

「国」という字が四角くちゃあ味気ない、みたいな感じで丸くしたりしていくうちにいい感じになったとか(笑)。


そしてご住職は

「この御朱印には『世の中ま〜るく 笑顔で元気に』という意味を込めているんだよ」

とおっしゃっていました。


ご住職自身、お話の間じゅうずっと笑顔。

ご不在の時もあるとのことですが、できることなら是非ご住職に直接御朱印を頂いてもらいたいと思います。

【御朱印をもらうには?】
金蓮寺で御朱印を頂ける時間は、原則として9:00~16:00前後です。

ただご住職が不在の際などは、すでに書かれた御朱印に日付のみ入れて頂けるとのこと。

また、ご住職がお歳を召されているため、一度に多くの枚数は書けないそうです。

ご住職に直接御朱印を頂きたいとうことであれば、あらかじめ電話(0563-32-2063)で確認のうえお参りされることをおすすめします。


まとめ

ここまで読んでくださったあなたも、今きっと笑顔でいらっしゃるはずです。

見る人を笑顔にし、幸せにする金蓮寺の御朱印。

是非一度、足を運んでみてくださいね。

寺院情報

<電話番号>
0563-32-2063

<住所>
〒444-0523 愛知県西尾市吉良町饗庭七度ケ入1


<アクセス>
名鉄西尾線・蒲郡線 吉良吉田駅から車で5分

<参拝時間>
境内は自由

弥陀堂は10:00~15:30(電話にて要予約)

いまやすっかりブームとなった御朱印集め。もちろん、私の住む愛知県西尾市にも素敵な御朱印が沢山あります!そこで西尾市でもらえる御朱印をどんどんご紹介。今回は伊文神社の御朱印です。 ... 続きを読む
伊文神社 TOP
こんにちは、坊主女です。


今やすっかりブームとなった御朱印集め。

思い思いの御朱印帳を手に、神社仏閣を巡っておられる方を多く見かけます。

もちろん、私が住んでいる愛知県西尾市にも素敵な御朱印を頂けるところがいっぱい!


そこで今回から「西尾市御朱印巡り」と題し、西尾市内で御朱印を頂けるスポットや実際に頂いた御朱印を神社仏閣大好き坊主女がご紹介していきたいと思います!



西尾の総鎮守 伊文神社

拝殿
西尾市に住んでいる人で知らない人はいないであろう伊文神社。

毎年7月に行われる祇園祭には、全国各地から大勢の方が来られます。

由緒

伊文神社は平安時代、文徳天皇の皇子である八條院宮が三河国渥美郡伊川津の地から転居して来られた際、随遷し奉祀されたと伝えられています(伊文神社公式HPより)。

鎌倉時代の中頃からは西尾城下の総鎮守総氏神として城主や士民一般の崇敬篤く、今に至るまで連綿と奉斎されています。


主祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)。

主祭神以外には大己貴命(おおなむちのみこと)、文徳天皇が祀られています。

行事

神輿
伊文神社の行事と言えばなんと言っても祇園祭でしょう。

毎年7月に行われる祇園祭では御神輿や大名行列、獅子舞などが練り歩き、西尾でもっとも熱い3日間となります。

写真の御神輿は2017年の祇園祭に行った時に休憩していたところを撮らせて頂きました。

神輿の下をくぐると1年間無病息災で過ごせると聞き、しっかりくぐらせてもらいましたよ。


その他、元旦と2日には「正月楽市」と称して飲食の屋台が立ち並んだり、1月7日の「七草粥」では一般の参拝者にも七草粥が振る舞われます。

また、6月30日には「茅の輪神事」が行われ、この日にも屋台が出るそうです(食べ物の話ばかりでゴメンナサイ・・・)。


御朱印を頂く

さて、それでは御朱印を頂きに行きましょう。

境内

伊文神社は大通りを少し入ったところにあります。

すっくと佇む鳥居。
正面鳥居

鳥居をくぐると空気がガラリと変わります。

これは生い茂る木々のおかげ。

管理や整備が大変なため昨今では伐採されてしまう神社も多いそうですが、伊文神社はその木々を残すことで「鳥居をくぐれば神域」と参拝者に感じてもらうことを意図されています。

私自身、鳥居をくぐった瞬間に背筋が「ピン」と伸びる思いがしました。


拝殿はこちらです。
拝殿
まずはきちんとお詣りを。

右を見るとこんな灯籠もあります。
灯籠
西尾市には岩瀬文庫という私設図書館があります。

その岩瀬文庫を設立した記念に建てられた灯籠とのことです。

御朱印

伊文神社の御朱印です。
御朱印(伊文神社)
シンプルだけど美しく、そして気品を感じます。

神社の方に伺ったところ、神社は寺院と比べてシンプルな御朱印が多いとのことでした。

【御朱印をもらうには?】
伊文神社で御朱印を頂ける時間は、原則として9:00~17:00(土日も同じ)です。

しかし、御朱印を書ける方がご不在の場合は頂くことができません。

確実に御朱印を頂くためには電話(0563-57-2838)にて確認した方が良いでしょう。

またお正月は7日ぐらいまで忙しく、お断りすることもあると神社の方がおっしゃっていました。

まとめ

西尾御朱印巡り、第1回をお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

御朱印を頂きながら神様や仏様に手を合わせる時間はとても心が落ち着きます。

これからも随時更新していきますのでお楽しみに!


【神社情報】

<電話番号>
0563-57-2838

<住所>
〒445-0822 愛知県西尾市伊文町17番地

<アクセス>
名鉄西尾線 西尾駅 もしくは 西尾口駅 から徒歩10分

車の場合は境内横に駐車場(20台)あり

<参拝時間>
社務所は原則9:00~17:00(年中無休)

参拝は自由