こんにちは、坊主女です。


私はエアコンを使いません。
これはミニマリストだからではなく、昔からエアコン(特にクーラー)が極度に苦手なためです。

引越し前の部屋にはエアコンを付けていなかったぐらい。

今暮らしている部屋には元々エアコンがついていましたが、主人専用の部屋にあるためやっぱり私は使いません。


でも暑いでしょ?と聞かれたらもちろん暑いです(笑)。

暑いのですが、それをはるかに上回るメリットがあるとも思っています。


そこで今回は私が実践している暑さ対策エアコンを使わないメリットをご紹介したいと思います。


実践している暑さ対策

何度も言いますが、いくらエアコンは苦手と言っても暑いものは暑いです(笑)。

特に昨今は部屋の中でも熱中症で倒れるぐらいの暑さですから対策は必須。

そこでまずは、私が実践している暑さ対策をご紹介していきます。


【1】首に保冷剤を巻く

首には大きな血管が通っているため、ここを冷やすと体全体の温度が下がります。

専用のものも売っていますが、ケーキなどを買った時の保冷剤を手ぬぐいやタオルに包んで首に巻けばじゅうぶんです。

ほんと、使っているのはこういうもの。

寝るときには大変重宝します。

同じ理由で、腋の下や肘・膝の関節を冷やすのも効果的ですよ。


【2】ベランダに打ち水をする

打ち水をすると水が蒸発する際に地表から熱を奪ってくれるので涼しくなります。

実際に周囲の気温は2℃ほど下がることもあるようです。


ただ、打ち水をするのはタイミングが大切です。

オススメは早朝か夕方。

つまり太陽がガンガン照っていない時間ですね。

もし真昼間に打ち水をしてしまうと、すぐに蒸発してしまううえかえって蒸し暑くなってしまうので逆効果なんです。ご注意あれ。


【3】太陽の光を遮る

私の住んでいるマンションは、東と南に窓があるため日差しがものすごく入り込みます。

そのため日中外出しているときには遮光カーテンを閉めています。

本当は一日中遮光しておけば太陽の光自体は遮れるのでしょうが、それだと気分が滅入るので外出時だけ。

それでも部屋の気温の上昇がかなり抑えられますよ。


【4】サーキュレーターを使う

サーキュレーターは扇風機ではありません。

扇風機が「羽で風を起こし、その風を直接体にあてて涼むもの」であるのに対し、サーキュレーターは「部屋の空気を循環させることで部屋の温度を一定にするもの」です。


我が家で使っているサーキュレーターはバルミューダという会社のもの。

デザインにこだわりのある主人のたっての希望で購入しました。

1〜4まで風の強さを変えることができ、角度もこのように90度まで傾きます。

ただし首振り機能や予約機能はありません。

また風がかなり強いので、寝る時などは使わない方がいいと思います。


効果的な使い方としては、このサーキュレーターのお尻をこのように窓側に向けて回します。

すると、外の涼しい風が部屋の中に送り込まれ循環するというわけです。

窓が少なく風が循環しにくい家はかなり重宝すると思います。


エアコンを使わないメリット

ここまで私が実践している暑さ対策をご紹介してきましたが、私はエアコンを使わないメリットは多いと思っています。

そこでここからは、エアコンを使わないメリットをご紹介していきます。


【1】電気代が安くなる

light-bulb-1640351_640
どなたでも想像のつくメリットとは思いますが、やはり安いです。

2016年の数字ですが、真夏の我が家の電気代です(夫婦2人暮らし、2LDK約60㎡)。
  • 6/15~7/13(29日間) 130kwh 2,638円
  • 7/14~8/16(34日間) 161kwh 3,399円

日数の誤差はあるものの1か月3,000円弱といったところでしょうか。


この数字エアコンを使うご家庭と比べるとかなり安いと思います。


【2】夏バテしない

人間には本来、気温の変化に自然に対応する能力が備わっています。

それがエアコンを使うとどうなるか?

「エアコンの寒さ」と「外のうだるような暑さ」を行き来することになるので、調整を司る交感・副交感神経のバランスが崩れてしいます

その結果もたらされるのは夏バテ


職場等のエアコンは致し方ない面もありますが、家でエアコンを使わない生活を長く続けている私は夏バテ知らずです。

また、主人も以前は部屋でガンガンクーラーつけっぱなしだったそうですが、私と暮らすようになってから「夏バテしなくなった」と言っています。

確かな効果があるようです。


【3】肌にいい

エアコンの効いた部屋に長くいると肌が乾燥してきませんか?

お風呂に入って汗をたっぷりかくと肌の調子が良くなりませんか?


エアコンのない生活で汗をかくのが肌にいいのは当然の結果とも言えます。

私が肌断食を実践しているのもありますが、肌を守ってくれる常在菌にとって汗は大事な食料。

その食料をエアコンがないことで存分に与えることができます。


エアコンを使わないおかげで私の肌は丈夫に、そしてきめ細かくなりました。
 

【4】季節の変化に敏感になる

基本的には窓を開けっ放しなので「風」に敏感になります。

季節の変化を「風」で感じられるようになります。


気持ちのいい風が吹いてくると心がす〜っと気持ちよくなります。

虫の声が聞こえてくると耳を澄ましたくなります。

まさに季節を「肌で」感じることができるようになる、といったところでしょうか。


まとめ

以上、エアコンを使わない私が実践している暑さ対策と、そのメリットをご紹介してきました。


冒頭でもお伝えしたように、私はエアコンが本当に苦手なために使わない暮らしをしています。

ですが、ここ数年の暑さは私たちが子供の頃の暑さとは比べられないぐらいのものです。

エアコンを我慢してしまったために熱中症で亡くなったというニュースも聞きます。


節約やエコの観点からエアコンの利用を減らす人もいるでしょうが、体を壊してしまっては何の意味もありません。


あくまでもご自分の体とよく相談したうえで、時には「エアコンを使わない」という選択をしてみるのがいいと思います。

でもその時には、きっと驚くほど自分の体の声が聞こえてくるようになりますよ!