こんにちは、坊主女です。


私は約3ヶ月ほど前から完全な肌断食を実践しています。

その後すぐに「湯シャン(お湯だけで髪を洗う)」も始めました。

ですがこちらは完全に移行したわけではなく、自分なりに無理なく続けています。

 

湯シャンに変えた理由、実は・・・

puppy-1022421_1920
私は、肌断食の中でも宇津木龍一先生が提唱されている宇津木式スキンケアを実践しています。

宇津木式スキンケアは、メイクはもちろん基礎化粧品や洗顔料など顔につけるものすべてを基本的には使いません。

でも、シャンプーやトリートメントを洗い流す時にはどうやっても顔を流れてしまいます。

頭皮のためだけでなく肌のためにも湯シャンがベストと思い、湯シャンを始めました。


・・・というのはあくまでも表向きの理由。

本当はシャンプーとトリートメントやめたら楽になるんじゃない?」というめんどくさがりなミニマリスト丸出しの理由でした。


とはいえ、いざ始めてみると湯シャンの方がよほどめんどくさかったのですが・・・。



現在の湯シャンスタイル

湯シャンを始めてから3か月経ちました。

現在は
  • 基本は湯シャン
  • 週1回程度石鹸のみで洗う
というスタイルで落ち着いています。

週1回程度、というのは自分の感覚で「ベタつくな」とか「かゆみがあるな」という時なので多少前後します。

それでも5日~10日の間です。


石鹸は無添加がいいとのことでこちらを使用しています。


化粧石鹸は匂いもきついですし、余計な成分も入っているので無添加の方がいいと思います。

(とはいえ、いわゆるシャンプーやトリートメントに比べれば全然肌には良いです。)


湯シャンを始めた頃は坊主頭ではありませんでしたが(笑)、シャンプーから石鹸への移行は特に問題ありませんでした。

洗ったその日は少しキシキシするものの、翌日はむしろふわっとしたぐらい。

トリートメントの代わりにクエン酸を使うとよい、ともありましたが私には不要でした。

 

続けることを第一に

勉強や筋トレなら多少頑張らないといけないこともあるかもしれません。

でも自分の体に直接かかわることですから負担や苦痛を伴ってまでやる必要はないと思います。

それを無理した結果やめてしまっては何の意味もありません。


自分のできる範囲で無理なく。

ミニマルライフを続けていくためにも大切なことだと思います。


☆肌断食に興味を持たれた方はこちらもどうぞ☆