下駄の鼻緒が切れても縁起は悪くありません。
こんにちは、坊主女です。

あなたは、着物についてどんな風に思っていますか?

ずっと着物が着たかった


私は、昔から着物が好きでした。

祖母も母も沢山着物を持っていましたし、祖母などは洋服を着るのと同じぐらい簡単に着物を着こなしていましたから、子供ながらに「すごいなぁ」と思っていました。
好きだ好きだと言いながら、好きなだけで着ることができませんでした。習いに行けばそれなりには着れるようになるのに、「忙しい」とか「レッスン料が高い」とかあれこれ言い訳をしていました。

でも、これではいつまでたっても着ることができない、と今年に入って一念発起。

幸いにも、自宅に来てお稽古をしてくださる「きもの りらく」という教室を探し出すことができ、祖母や母から受け継いだ着物を一緒に確認しながらお稽古を進めることができました。
通う形の教室だとこうは行かなかったので大変ありがたかったです。

一通りのお稽古をつけて頂き、今日初めて自分で着た浴衣で外出しました。

着物を着ると気持ちも姿勢も「しゃん」とする


image
着物の良さはこれに尽きると思います。

帯で腰回りを「ぐっ」と締めるのですから、姿勢が良くなるのは当然といえば当然の話です。
しかし、それ以上に気持ちもしゃんとしますし、体の動きが制約される分所作も優雅になります。
洋服の何倍もの時間と手間をかけて着るからこそ、気持ちが整い、それが体の隅々まで行きわたるのだと思います。

着物こそミニマリストのための服だと思う。


今でこそ洗える着物も売られていますが、昔は着物を洗うことなど滅多になくせいぜい半襟を付け替えて洗う程度でした。
ということは、洗濯で布が傷むことがほとんどないということです。
さらに、ほつれたりしたら丁寧に繕いながら着ます。そうすることで祖母・母・子・孫まで着物を受け継ぐことができます。

一着の着物を、大事に大事にメンテナンスしながら着ていく。
まさにミニマリストのための服ではないかと思うのです。

私は、いつか普段着に着物を着る生活がしたいと思っています。
以前は夢でしかありませんでしたが、今は必ず実現させる目標です。