坊主女の生きる道

一度きりの人生、やりたいことだけやって生きませんか?

タグ:愛知県

【うなぎ割烹 みかわ三水亭】西尾市一色町は全国有数のうなぎ産地。実は国産うなぎの20%以上が一色産うなぎなのです!安くて美味しい一色産うなぎを食べるため一色町にある三水亭さんにお邪魔しました。うなぎを食べてスタミナバッチリ! ... 続きを読む
こんにちは、坊主女です。


私は2017年1月に愛知県西尾市に引っ越してきましたが、西尾市の一色町は知る人ぞ知るうなぎの名産地。

なんと国産うなぎの20%以上が一色産なんですよ!ご存知でしたか!!

しかも他よりも相当お安く食べられると聞いて行かないわけには行きません。


とある日曜日、夫婦2人で出かけました。


一色産うなぎはここがすごい!

三水亭のご紹介をする前に、まずは一色産うなぎについてご紹介したいと思います。


一色うなぎ漁業協同組合のHPによると、西尾市一色町にうなぎの養殖が導入されたのは明治27年。

100年以上の歴史を誇ります。


2014年のデータになりますが、一色産うなぎの生産量は4,200トン。

これは愛知県全体の85%にあたるだけでなく、全国生産量でも24%弱にあたります。

国産うなぎの5分の1が実は一色産うなぎだったんです!


さらに一色産うなぎは全国で唯一、川(矢作川)の清流を利用して育てられています。

そのため生臭さがほとんどありません!


こんなにすごいうなぎなのに、なぜ知名度が低いのか私には疑問で仕方ありません。

それはともかく予習段階で高まる期待。

いよいよ三水亭さんへGO!です。


うなぎ割烹 みかわ三水亭

うなぎ割烹 みかわ三水亭」さんは、平成21年にオープンしたお店。

意外にも一色町で初めてのうなぎ料理専門店です(地元の人は「うなぎはわざわざお金払って食べるもの」ではなかったらしいです)。


11:00オープンではあるものの、週末だし相当混むと聞いていたため早めに出かけました。


外観

入り口はこちらです。

門を抜けるとこんなに広々とした芝生が!
良い天気だったのでめちゃくちゃ気持ちよかったです。

着物でなかったら走り出してました(笑)。


奥に進むと滝が見えてきます。

涼し〜〜!

池には鯉もたくさんいます。

テーブルもあるので待ち時間はここで過ごすのも良さそう。
椅子

とうろうもあります。
とうろう

そのとうろうを撮影する坊主女。
主人が隠し撮りしてました(笑)。

ちなみに三水亭さんは2017年4月29日に「三水亭 はなれ」をオープンしています。

こちらは完全予約制とのこと(ただし現在は相当予約困難です)。

建物はモダンな雰囲気ですね。
はなれ全体

いよいよ母屋へ向かいます。

待ち時間

三水亭さんにお邪魔するにあたり、一番考慮しておかなければならないのは待ち時間です。

7月初旬の日曜日、開店10分前に到着した際の待ち状況はこんな感じ。
これ、そうとうエグいです。

紙に名前を書く方式ですが私たち夫婦は40組目、開店時には50組を超えていました


もちろん予約も受け付けてはいるのですが、一定数まで埋まったら電話すらつながらないとのこと。

さらに7月の週末はすでに予約は埋まっているそうなので、直接行くしか方法はありません・・・。


順番待ちの紙は当日10:00から置いているそうなので、先に書いてからどこかへ出かけてもいいかもしれませんね。

ただ、名前だけ書いてどこかへ出かけた場合でも13:30には必ず戻ってきてほしいとのこと。

その際にいない場合は自動的にキャンセルとなります。ご注意を。


いやー、すごい。


いよいよ実食!

40番目に名前を書いた私たち。

やっと店内に入れたのは1時間30分後の12:30(!)でした。

待つのが嫌いな私でも、ここまで待てば否が応でも期待が高まります。


メニューはこんな感じ。
こちらがメインですね。

でもこれ、すでにめちゃくちゃお安くないですか??

名古屋あたりだと軽く4,000円超えてきますよ。


そしてこちらもなかなか惹かれます。

迷いに迷った私たち、注文したのは以下です。
  • 肝焼き
  • 白蒲焼
  • うな重

まずやってきたのは肝焼き。
大きい!プルプル!

これ、たまらんでしょ!

いただきま〜す!
なにこれ!生臭さがまったくない!!!!

これには本当にびっくりしました。

昔食べた肝焼きは生臭さがきつく「こんなものなのだ」と思っていたのですが全然違う!

内臓系が苦手な主人も「めちゃくちゃ美味しい!」とあっという間にペロリ。


続いてやってきたのが白蒲焼です。

右が白焼きとよばれるもの。いわゆる「素焼き(何もつけずに焼く)」です。


私は関西出身ですが、生まれてこのかたずっと「うなぎはたれで食べるもの」と思っていました。

だからものすごく興味があったので注文したんです。


お皿に取ります。
すでによだれが止まらない(笑)。


添えられていたのはお醤油、わさび、岩塩など。

私はお醤油とわさびでいただきました。
これがもうね、めちゃくちゃ美味しいんです!!!

皮がパリッ、身はふっくら。これがうなぎなの!?って感じです。


なんでも、一色町のあたりはうなぎを蒸さずに生のまま焼き上げるスタイルが主流なんだそう。

さらに三水亭さんは備長炭を使っており、さらに旨味が閉じ込められているんですね。


もちろん通常の蒲焼も。
たれが決して主張せず、素材の味を引き立ててます。

香ばしさがまたたまらない!


最後に登場したのは主人が注文したうな重。
ごめんなさい、自分が頼んだものじゃないから画像がイマイチ・・・。

上段がうなぎ、下段がご飯になっています。


そのほかこちらがついています。
  • 小鉢
  • 吸物
  • つけもの
  • デザート
量としては男性なら少し物足らないかもしれません。

主人もあっという間にたいらげていました。


待ち時間は本当に長かったですが「待った甲斐があった!」と思わせる美味しさでした。

これでスタミナもバッチリついたはず!


まとめ

西尾市一色町の「うなぎ割烹 みかわ三水亭」さん、いかがでしたでしょうか。

待っている間に他のお客さんが「浜松のうなぎもいいけどやっぱり一色のうなぎが好き」と言っておられたのがとても印象的でした。


暑い夏を乗り切るために、ぜひ一度一色町のうなぎを召し上がってみてくださいね!


【店舗情報】
<住所>
愛知県西尾市一色町坂田新田西江95−10


<電話番号>
本館:0120ー718ー819
はなれ:0120ー717ー819

<営業時間>
[昼]11:00〜14:00(オーダーストップ)
[夜]17:00〜20:00(オーダーストップ)
 ※11月〜3月の期間中、平日は19:00でオーダーストップ

<定休日>
毎週水曜日

<席数>
カウンター席 5席
テーブル席 6席
堀りごたつ 3席
個室(椅子席) 2席
和室(椅子席) 5席

<喫煙>
店内全面禁煙(店外に数カ所灰皿設置あり)

<駐車場>
バス10台
乗用車50台

ピンククラウンがタクシーとして走ってる?しかも愛知県西尾市で⁉︎初めて見かけた時に私は目を疑いましたが、本当にピンククラウンがタクシーとして走っていたんです!鮮やかなピンク色のタクシーが颯爽と走る姿を見かけたらあなたは幸せになれるかも⁉︎ ... 続きを読む
これでも若い頃はブイブイ‥‥(以下略)。
こんにちは、坊主女です。

私はミニマリストでもあり歩くことが好きでもあるため、日々の生活では車の必要性を感じていません。
でも、もし機会があるなら一生に一度は乗ってみたいと思っていたのが「ピンククラウン」

それがまさか、愛知県西尾市で、しかもタクシーとして走っているなんて!!!
ピンククラウン

ピンククラウンはなぜ珍しい?

そもそも「ピンククラウン」とは何か?

これは、トヨタが2013年クラウンアスリートの特別仕様車"ReBORN PINK"として限定受注生産したものです。

受注時期は2013年9月1日〜9月30日の1ヶ月間だったのですが、受注台数は650台

1台600万円(!!)の、しかもド派手なピンク色の車が650台も売れたんですよね。

この数字だけ見ると「多い!」と思うかもしれませんが、日本で走っている乗用車は約6千万台。
(平成28年3月末現在、軽自動車含む)
 
つまり、日本にある車の0.00001%でしかないのです!(おそらく今はもっと少ないはず) 

ピンククラウンがどれほど珍しいか、おわかりいただけましたか?

ピンククラウンタクシーなんてあるの!?

ただでさえ珍しいピンククラウン。
それがタクシーとして走っているの!?


なんだか頭の中が「?(はてな)マーク」でいっぱいになりそうですが、調べて見たらありました。

東京や福岡、岡山など、たしかにタクシーとして走っているみたいです。

ただどの地域も台数は1,2台とごくごくわずか。


だから、私が西尾市内でピンククラウンタクシーを見かけた時の衝撃がどれほど凄まじいものだったかおわかりいただけると思います。

導入した「一色タクシー」さんに聞きました!

西尾駅前でピンククラウンタクシーを見て以来、気になって仕方がなかった私。

とうとう導入されたタクシー会社に電話をし、取材をさせて頂きました。

そのタクシー会社は、西尾市にある「一色タクシー株式会社」さんです!

色々話を聞かせて頂きましたよ。


導入されたのは2017年4月28日。

走っている時間帯は、 ドライバーの勤務シフトにより日中のこともあれば夜間のことも。

基本的には西尾市内を走っているとのことですが、お客様のご用命があればどこにでも向かうというごく普通のタクシーだそうです。

料金についてですが、
ピンククラウンタクシーを予約時に指名した場合は、指名料として別途1,000円が必要です。

しかし(ここ注目)!
乗車料金は他のタクシーと全く同一料金です。
「ひょっとして高いのでは?」
と敬遠されるお客様がいるそうなんです。

でも心配なさらずどんどん乗車してください!

とタクシー会社の方は仰っていました。

見かけた人は幸せになれる!?かも

ピンク色って、なぜか人の心を幸せにします。

ましてや日本に数百台、超レアな車とくれば出会う確率は奇跡的。

そんなピンククラウンタクシー。
見かけた人はきっと幸せになれる!?
かもしれません。


会社情報

<会社名>一色タクシー株式会社

<電話番号>0563-65-2555(直通ダイヤル)

<住所>〒444-0305 愛知県西尾市平坂町坂下7番地


<料金>一色タクシー株式会社ホームページをご参照ください。

さあ、軍配はどちらに!?こんにちは、坊主女(@bose_lady0806)です。プロフィールにも書いていますが、私は現在愛知県の西尾市というところに住んでいます。で、西尾市ってどこ?というあなた、ここです。私は主人と知り合うまで、西尾市の存在を知りませんでした(西尾市の皆 ... 続きを読む
さあ、軍配はどちらに!?
こんにちは、坊主女(@bose_lady0806)です。

プロフィールにも書いていますが、私は現在愛知県の西尾市というところに住んでいます。

で、西尾市ってどこ?
というあなた、ここです。

私は主人と知り合うまで、西尾市の存在を知りませんでした(西尾市の皆様ゴメンナサイ)。

でも引っ越してみたらとってもいい街!
紹介したいことがいっぱい!


というわけで、「西尾市坊主大使(非公認)」として様々な場所を紹介していきたいと思います!

御菓子司 穂積堂

第1回目にご紹介するのは、西尾市にある和菓子「穂積堂」さん。

実は西尾市、抹茶の原料である甜茶(てんちゃ)の生産量が全国トップクラスなのです!
平成29年3月には、「西尾の抹茶」として地理的表示(GI)の登録が決まったぐらいです。

そんな西尾市は、抹茶を取り扱った和菓子屋さんがとっても多い !
どこから伺おうか迷ったのですが、今回は穂積堂さんにお伺いしました。


明治45年創業の穂積堂さん。
穂積堂 看板
店内の写真は・・・
チキンのためお願いすることができませんでした。(次は必ず!)
なので、入り口からの写真でお許しください。
玄関
店内には机が6人ほど座れる机が1卓あり、イートインスペースとなっています。

これが、「茶ぼーず極み」だ!


実は、穂積堂さんを一番にご紹介したかったのは「ある商品」があったからです。
それがこの「茶ぼーず」たち!
3種類
どや!(笑)

上から順に時計回りで
  • 濃茶・茶ぼーず極み(税込324円)
  • 茶ぼーず いちご(税込162円)
  • 茶ぼーず 抹茶(税込162円)
となっています。

でね・・・。
これがやりたかったんですよ。
坊主ならび
撮影してくれた主人は呆れておりました(笑)。

本当はすぐ食べたかったのですが「茶ぼーず極み」だけは冷凍状態だったため、自宅へお持ち帰り。
(他の2つはお店で頂きましたよ)。
夕食後のデザートとして頂きました。

改めて「茶ぼーず極み」です。
きわみ アップ
美しい・・・。

お皿に取り出します。
きわみ
割ってみますね。
断面
これは、
  • 一番内側が抹茶わらび
  • その周りに抹茶プリン
  • 外側は抹茶餅
となっています(お店で食べた「茶ぼーず」にはわらび餅の部分がありませんでした)。

さてそのお味は・・・。

濃い!抹茶が濃い!!
そしてすべてが柔らかい!!!


フォークなんかで切ろうと思ってもふわとろで切れませんでした。
フォーク
ぶにゅ。
それぐらい柔らかく、かつ濃い!

坊主女、大満足です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

穂積堂さんは、今日ご紹介した「茶ぼーず」シリーズ以外にも抹茶を使ったお菓子がたくさんあります(オンラインショップもあります)。

是非一度、ご賞味あれ!


<店舗情報>

住所:〒445-0845 愛知県西尾市鶴舞町54-1

アクセス:名鉄西尾線「西尾駅」より徒歩20分(車だとおよそ6分)

電話番号:0120-57-2096(0563-57-2096)

営業時間:9:00~19:00 

定休日:火曜日

イートインスペース:あり(喫茶はなし) 

道端をカメが堂々と歩いていました。こんにちは、坊主女です。主婦だからできない。忙しいからできない。必要な物が揃わないからできない。人は何かにつけ「できない」に目を向け、その理由をでっちあげます。かく言う私もその一人でした。<目次>「田舎だからできない」と ... 続きを読む
道端をカメが堂々と歩いていました。
こんにちは、坊主女です。

主婦だからできない。
忙しいからできない。
必要な物が揃わないからできない。

人は何かにつけ「できない」に目を向け、その理由をでっちあげます。
かく言う私もその一人でした。

<目次>

「田舎だからできない」と思っていた

countryside-387672_640
今の土地に引っ越してきて4ヶ月が経ちました。
食べ物も美味しく、水も空気も綺麗な本当に良いところです。
▶︎田舎に引っ越してよかった3つのこと

でも当然のこととはいえ、以前住んでいた大阪と比べるといろんなものが「ない」です。
お店も、品物も、情報も。

そして、友達や親族のほとんどが関西に住んでいるので人付き合いも「ない」です。

自分の調子がいい時はそんなことも全く気にならないのですが、少し調子が悪くなるとすぐに「ない」ことばかりに目がいくように。

田舎だから、欲しい情報がすぐに得られない。
田舎だから、大きく情報発信ができない。
田舎だから、目立つ格好はできない。
田舎の人はおとなしいから、仲良くなれない。

こんな風に「ない」「ない」と嘆き、一人で勝手に不足感を募らせていました。

「田舎だからこそできる」と気づく

ですが、為末大さんの「諦める力」を読んで以来、私の考え方に変化がありました。

まずは先日記事にしたように、
自分ができないことや無理なことの克服は諦め、自分の強みを伸ばすことに全力を傾ける
と決めました。
▶︎「諦める力」が私に教えてくれたこと

そして、そう決めたことで
「できない」に目を向けるのではなく、「できる」に目を向ければ世界が変わる
と気づいたのです。

田舎だから、情報を得るための工夫をすることができる。
田舎だから、地域に根ざした情報発信ができる。
田舎だから、目立つことができる。
田舎だから、一度仲良くなれば深い人付き合いができる。

このように考え方のベクトルを180°ひっくり返すだけで、「田舎」という環境が都会よりもはるかに素晴らしいフィールドに思えてきました。
そして、田舎の方がむしろ私の強みを活かせるのではないか、とまで思うようになりました。

まさに世界が変わったのです。

あなただからできることがきっとある

今、私は自治体が出している広報誌のサポーターとして冊子作りに協力したり(西尾市広報サポーター)、地元のお店で商品を買い、積極的に話しかけたりしています。
もちろん、着物で出かければ声をかけていただいたりもします。
▶︎【もっと自由でいいじゃない】いよいよ「毎日着物生活」始めます!

こうやって毎日を過ごし始めると、「田舎だからできない」と思っていた頃が嘘のよう。
毎日がとても楽しく、幸せです。

「◯◯だからできない」という気持ちは、「諦め」ではなく「逃げ」だと思います。
「◯◯だからできる」と考えれば工夫も生まれ、いつしか世界も変わります。

主婦だからできる。
忙しいからできる。
私だから、できる。

そんな風に考え始めると、もっともっと人生は楽しく、幸せになっていきますよ。